台本・物語・歌詞
素材一覧
ひと言セリフ
お題集
ランダムに
セリフお題
ランダムに
エチュードお題
おススメ
エチュードお題
声劇スゴロク
劇多め / 劇少なめ
画像・背景
素材一覧
雲と空の
画像素材
楽曲など向け
歌詞素材
BGM素材一覧
ボイス素材一覧 作曲関連いろいろ ギャラリーです イラスト・マンガを
描くときのお題
利用の規約
です(`・ω・´)ゞ


※更新終了しました
  更新終了に関する詳細は コチラ

2人用台本 【男1 女1 】 悠久ロマンファンタジー 少々ミステリー要素 #168 秘められた内容と、3500年前の記憶…

 

2人用台本 【 男性 1人女性 1人

台詞数 : 82
所要時間 : 約 10分



【 掛け合い台本 #168 タイトル 】

秘められた内容と、3500年前の記憶…



【 配役 】

A : モリ・ヨシヒロ ♂ ( セリフ数 43 ) 少々攻め + ナレーション
B : ムラシキ・サズカ ♀ ( セリフ数 39 ) 少々受け

**********

【】 : モノローグ
〔 〕 : ナレーション


―――――
秘められた内容と、3500年前の記憶…
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-585.html

A : ヨシヒロ ♂ :
B : サズカ ♀ :
―――――


【 ジャンル 】

悠久ロマン ファンタジー系
少々ミステリー要素

フシギな世界観系



【 話の流れ的なモノ 】

自分の 『 研究 』 に興味を持ってもらおうと
研究室に サズカ を連れてきた ヨシヒロ

しかしソコで サズカ
フシギなチカラ を発揮し始める 。。。

と、いう 少々ミステリー系? な、感じの
悠久ロマン ファンタジー台本作品 です☆

ゼヒ、バンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆

□□□□□□□□□□□□□□□




B 「 コレ、は……?

A 「 3500年前に書かれた 『 日記 』 だよ (笑)


B 「 に、っき……?

A 「 うん (笑)


B 「 そんな 『 昔の人 』 の……

A 「 ww


B 「 なに…?

A 「 いゃ 『 驚いたんだろうな? 』 って思って (笑)


B 「 ぅん… スゴク……
   そんな 『 昔の人 』 がって…

   どんなコトが… 書いてあるの……?



A 「 ww

B 「 な、なによ…っ( 少し怒り )


A 「 日記だよ (笑)
   本当に日記


B 「 ぇ……?


A 「 現代の 『 人達 』 だって書いているダロ?
   ソレとまったく一緒 (笑)


B 「 本当に?

A 「 ぅん

B 「 そ、そんな、普通に… っていうかじゃあ
   『 普通なコト 』 が… 書いてあるの?



A 「 そぅ… 『 今日はカレーを食べた 』 とかw

   まァ、カレ-って言っても…
   あくまで 『 カレーみたいなモノ 』 であって
   今でいう 『 カレー 』 とは
   もちろん チョットは違うんだけど


B 「 ぅん…

A 「 そんなような内容w


B 「 本当にそんな
   『 普通なコト 』 が書いてあるんだ……



A 「 そぅ、スゴイだろ?
   そんなのが 『 今の時代 』 まで
   残っていたりするんダヨw


B 「 そ、そぉ……


A 「 普通に、その当時の
   『 生活 』 の内容が書かれているんだ

   『 今日は疲れた 』 とかw
   『 昨日、アルテミアルザ で買い物をした 』 とかネ


B 「 本当に… ただの
   『 日記 』 … なんだね…… ( 苦笑 )



A 「 そぅなんだ
   でも意外とそぅいうのって 『 多い 』 んダヨ


B 「 そぅなの?


A 「 ぅん… 『 遺跡の発掘 』 とかをしていると
   色んなモノが出てくる…

   ソレで 『 文字盤 』 が出て来たときは
   皆がこぞって 『 ソコに書いてある内容 』 に期待をする

   なにか 『 歴史上の大発見 』 につながるようなコトが
   書かれているんじゃないかってネ (笑)


B 「 そ、そぉ…

A 「 でも、たいていは、こぅいう ごくありふれた
   『 日常の記録 』 … みたいなw
    そぅいうのが多いんダヨ



B 「 でも……

A 「 ん?

B 「 そぅいうのこそ 『 大事 』 なんじゃないの?

A 「 さっすが♪

B 「 な、なによ……( 照 )


A 「 ソコをワカってくれるのは 『 嬉しい 』 な?♪

   ボクの 『 研究 』 は
   そぅいった 『 日常の記録 』 とかを記した ( しるした
   地味 ~な 『 発掘物 』 を研究する内容が多いから (笑)



B 「 『 退屈 』 だったりする?

A 「 まァ、ときにはネ?w
   でも… 結構 『 面白い 』 のもあるんダヨ?


B 「 本当に?

A 「 ぅん♪
   ひそかに誰かのコトを 『 スキ 』 って
   想っている人の 『 日記 』 とかw

   その 『 結末 』 は
   どぅなったんだろう? って想うと
   まるで 『 恋愛系の推理小説 』 でも
   読んでいるような ワクワク感 があるトキがあるよw


B 「 なにょ、それは…… ( 苦笑 )

A 「 ま、チョット 『 悪趣味 』 かな?w
   他人の 『 プライバシー 』 を楽しんでいるようでw


B 「 ぅ、ぅん… 正直 チョット……って
   思ったりもしなくはないけど… ( 苦笑 )
   でも… そぅなんだ


A 「 ぅん…

B 「 スゴイね?

A 「 ぇ?

B 「 だって、3500年前の人達の
   『 日記 』 なんでしょ?


A 「 ぅん

B 「 そんな 『 人達 』 にも
   今の 『 ワタシ達 』 と変わらないような
   『 普通の生活 』 があって
   『 恋愛感情 』 とかも あってって…
    そぅ思うと、なんかスゴイなァって思う…



A 「 ww

B 「 な、なに……? ( 苦笑 )

A 「 キミ、『 考古学 』 に向いているかもネ?w

B 「 な、なによイキナリ…… ( 汗 )


A 「 学問って一見 ( いっけん
   お堅いようなモノに見えるのかもしれないんだけど

   色々な発見の裏には、たいてい
   そぅいった、何かに対しての 『 好奇心 』 とか (笑)
   『 想像力 』 って いったモノが
    原動力に成っているコトが多いんだよ♪


B 「 い、イキナリ そんなコト言われても… ( 苦笑 )


A 「 ハハハッハハw
   ま、チョット言ってみただけw

   でも、キミが少しでも 『 考古学 』 に
   興味持ってくれたらなァ~? って

   実は、チョット 『 期待 』 してたんだw



B 「 そ、ソレで、コレを…?( 少し怒り )

A 「 ぅん♪w


B 「 もぉ… 変なコト 企まないでよ( 少し怒り )

A 「 ゴメンゴメンw
   でも… キミが言ってくれた通り…

   3500年前の人達にも
   それぞれに 『 色んな想い 』 があって
   『 色んな生活 』 があって…



B 「 わ、ワカッタわよ… 認めるわよ…

   アンタの 『 研究 』 がっていうか
   『 考古学 』 なんて 『 なんかダサい 』 って言ったのは…
    取り消すわよ…… ( 汗 )


A 「 ぁ、ぃゃ、そのっ 別に!
   そぅいうつもりでってコトではなくてっ

   純粋にその 『 面白さ 』 っていうか
   なんていうか、そぅいうコトを…… ( 汗 )


B 「 イイ! 『 悪かった 』 って言ってるでしょ!?

   きちんと 『 謝った 』 んだから
   ソレを素直に受け取りなさいよネ?



A 「 ご、ゴメン… ( 汗 )


A 【 って、結局なんか コッチが謝っているし… ( 苦笑 )

   って、でも少しは
   『 納得 』 してくれたみたいで良かったのかな?

   わざわざこんなへんぴなトコロにある
   『 研究室 』 まで来てもらったの…w




B 「 コレ……

A 「 ん?


B 「 ココ… 欠けてる……

A 「 あぁ、ソレか… そぅなんだ

   ソコで欠けてて、残りの部分が
   いまだに 『 見つからず 』 に
   発掘が続けられているけど…

   まァ、おそらくもぅ出て来ないだろうな?


B 「 そぅなの…?

A 「 観たコトあるだろ?
   つぎはぎだらけで、ところどころが
   『 代わりの粘土 』 で出来ている縄文土器とかサ?


B 「 ぅん……

A 「 ソレも多分、そぅいうのの
   一つに成るだろうな?



B 「 こ、コレ…… ( 汗 )

A 「 な… ぅん……っ!?


***************


A 〔 見ると、サズカの持っている
   文字盤 が 光 を発し始める……



***************


A 「 な…っ、オマエっ、一体……っ !!!!? ( 驚 )


B 「 アタシ… 知ってる……っ!?
   このヒト…っ! ( 汗 )



A 「 なっ、何言ってるんだオマエっ! ( 驚 )
   そ、ソレさっきから言ってるけどっ

   『 3500年前の人達 』 がつづった
   『 日記のひとかけら 』 なんだゾっ!? ( 汗 )



B 「 アタシだってワカラナイっ! ( 汗 )

   でもっ! でもっ! 知ってるっ!?
   アタシこのヒトをっ !!!!! ( 汗 )



***************


A 〔 更に 光 を帯びて ( おびて ) 行く 文字盤……


***************


A 【 なっ、一体…っ!? ( 汗 )

   一体、なにがどぅ成っているって いうんダヨっ?

   コレはァーーっ !! ( 汗 )





   つづく ……?
歴史ファンタジー系 あり得ない世界観系 少々異世界紀行系 ナレーション系 少々モノローグ系 少々ミステリー系 少々悠久ロマン系 研究室系 よくワカラナイ世界観の中系 少々時間旅行要素 謎の世界観系
掛け合い2人 男1女1不問0 ショートストーリー台本素材 寸劇系


 

2人用台本 【女1 男1 】 星空ファンタジーロマン 少々夢見る乙女系 #114 星降る夜空に想いを馳せて☆

 

2人用台本 【 女性 1人男性 1人

台詞数 : 82
所要時間 : 約 6分



【 掛け合い台本 #114 タイトル 】

星降る夜空に想いを馳せて☆



【 配役 】 右の()内は セリフ数 です

A : ヨウコ ♀ ( 41 ) 少々攻め
B : ミヨシ ♂ ( 41 ) 少々受け


【 ジャンル 】

冬の星空ファンタジーロマン
少々夢見る乙女系

少々ラブコメ要素


【 話の流れ的なモノ 】

ベランダで 『 冬の星空 』 を眺めながら

地球以外の何処かに
ヒト 』 のような 『 存在 』 が居る星が
あるとイイなァ…?♪ と、いうような
想いを馳せている ヨウコ
その話に付き合っている ミヨシ との

少々ラブコメ? っぽくもある? 掛け合い作品 です☆

良かったらゼヒ
 バンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆



□□□□□□□□□□□□□□□




B 「 何、観てるんだ?


A 「 ん…? 流れ星…

B 「 ぉぉ、どの辺?☆


A 「 もぅ、流れちゃったわよ (笑)


B 「 そ、そうか… っていうか

   何をそんなに、一人 暮れなずんで
   『 星空 』 に何かを想い描いているんだぃ?


A 「 ぅん……?♪w


B 「 誰か 『 ステキな人 』 … でも?

   今 キミのすぐ横には
   この 『 世界一のイイ男 』 が
   寄り添って居るっていうのに♪



A 「 どの クチ が言うのかしらネ…?w

B 「 ww


A 「 ん~~っとネ?

   何処かに、あるのかなァ? って



B 「 … 何が?


A 「 別の… 星……☆


B 「 別の、星…?


A 「 そぅ… ワタシ達じゃない
   誰か 『 別のヒト 』 というか…

   なんか、そういうような 『 存在 』 が居る星♪



B 「 まァ、ぅん… えっと、でも…
   あるんじゃ… ないかな?


A 「 本当に、そぅ想う?


B 「 まぁネ…? だって 100億光年先に行っても
   まだ、宇宙の 『 向こう側のカベ 』 みたいなのは
   観えて来ていないワケで……


A 「

B 「 ソコまで 『 広い範囲 』 を
   くまなく探すコトが出来たなら…

   オレ達のこの 『 星 』 だけに
   オレ達みたいなのが 居る っていう考え方の方が
   かえって 『 難しいのかな? 』 っていう
   気がするからサ…



A 「 ぅ~ん… 30点…… (笑)

B 「 な、なんだょ… (´-ω-`; )


A 「 なんか 『 理屈 』 っぽくてイヤ、かな?w


B 「 そ、そうかょ…… (´-ω-`; )
   結構、頑張って 『 答えて 』 みたってのに…


A 「 ww


B 「 じゃあ、オマエの、その…なんだ?
   ソレに関する 『 見解 』 ってのは
   どうなってんだ…?



A 「 ん?

B 「 いや、だからさ、オレ達の他に
   『 人間 』 みたいのが居る
   『 星 』 があるのか? どうか? っていうさ…



A 「 そうネェ…?♪

B 「 ……


A 「 まぁ、ある と、言えば 『 ある 』 し…
   ない と、言えば 『 ない 』 かな…? (笑)



B 「 な、なんだよそれ
   ずるいゾ…… ( ・`ω・´;)


A 「 ww

   イイでしょ? その方が
   なんだか 『 ユメ 』 があって♪w



B 「 な、なんだよ、オレは一生懸命
   答えたっていうのに…っ ( ・`ω・´;)


A 「 ww

B 「 …… ( ・`ω・´;)


A 「 まぁ、っていうか
   どっちにしろ…ネ?


B 「 ぅ、うん…


A 「 『 想像 』 するしか 無いのかな? って…


B 「 ぇ……?


A 「 ぅん…

B 「 ……


A 「 仮に、そういう 『 存在 』 が
   どっかに 『 居る 』 ってワカッタとしても…

   結局、実際に 『 その星 』 まで行って
   確かめるっていうのは、きっと…
   『 出来ない 』 っていう気がするから…



B 「 弱気だな?

A 「 そぅかしら?w


B 「 だって、そうだろ? ひょっとしたら
   向こうから来てくれるのかもしれないし?


A 「 (笑)


B 「 な、なんだよ…… ( ・`ω・´;)

A 「 そうネ♪w


B 「 な、なんだよ、そんな笑うなよ
   オレだって、オレなりに
   考えているんだからよ ( ・`ω・´;)


A 「 あら? 初耳だわ?w


B 「 だから、笑うなって…っ!

   と、とにかくオレはとにかくな?
   『 居る 』 って思っているゾ!?


A 「 ほぉ、じゃ、ソレをちゃんと
   説明してみて?w



B 「 だから、さっきも言ったけどサ

A 「 ぅん


B 「 こん… だけ、広いんだゼ? 宇宙は
   ってコトは、サ

   それこそ、文字通り
   『 星の数 』 ほど、可能性があるワケじゃん?



A 「 ww
   おぉ、上手いコト言ったw


B 「 だろ?♪

   だから~ 『 居る 』 んだよ


A 「 ww そうネ?

B 「 だから、笑うなって…っ! ( ・`ω・´;)

A 「 ww


B 「 ……


A 「 いつか… まァでも
   えっと… どっちかっていうと…

   アタシは… ネ? やっぱり
   向こうから 『 来てくれる 』 んじゃ、なくて…


B 「 うん


A 「 向こうに… 『 行ってみたいなァ 』 って思うの

   アタシ自身が…♪



B 「 おぉ、結構
   ロマンチストだったんだな? オマエ…


A 「 そうだゾ? 知らなかったかァ?♪w


B 「 ぉ、ぉうょ…… ( ・`ω・´;)

A 「 ww
   まァ、いいやゴメン…w

   ちょっと 『 星空 』 がキレイだったから
   ノンビリし過ぎちゃった♪


B 「 ぉ、ぉぅ
   ゼンゼン構わないゼ… ( ・`ω・´;)



A 「 そいで? じゃ、イイよ
   『 話の続き 』 聞いてアゲようじゃないの?w



B 「 そ、そうなんだよ ソレでよ? って

   やっぱ 部屋ん中 で話さネぇか? (´-ω-`; )
   ベランダだと寒くってしょうがネェよ


A 「 ww


B 「 な、なんだよ… ( ・`ω・´;)


A 「 相変わらずw
   『 ムード 』 とか、そういうのを
    一切、理解しないのネ? アンタは…w


B 「 な、なんだよソレ… (´-ω-`; )


A 「 せっかく、こんなに
   キレイな 『 星 』 がたくさん
   出ているっていうのにw


B 「 だ、だって寒いんだモンよ… ( ・`ω・´;)


A 「 まったくもぅ
   相変わらずネ? 本当に…w


B 「 な、何がだよ… ( ・`ω・´;)


A 「 もぅ、イイわw

B 「 な、ならイイけどよ…… (´-ω-`; )


A 「 ww



   END
冬の夜空 少々恋愛ドラマ系 ファンタジー系 ホームドラマ系 少々ラブコメ系 スペースファンタジー系 ほのぼの系 宇宙航海系 ロマン系 SFドラマ系 家のベランダ 宇宙空間系 天体観測 日常のやりとり風 少々夢見る乙女系 異星人 宇宙人 別の生命体
掛け合い2人 男1女1ナレ0 ショートストーリー台本素材



 

2人用台本 【女2 】 青春ロマンファンタジー 朗読モノローグ 少々ゆり要素 #100 もう一人の 『 ワタシ 』 と共に♪

 

2人用台本 【 女性 2人

台詞数 : 127
所要時間 : 約 15分



【 モノローグ系 掛け合い台本 #100 タイトル 】

もう一人の 『 ワタシ 』 と共に♪



【 配役 】

A : ミリカ ♀ ( セリフ数 66 ) 受け
B : ルル ♀ ( セリフ数 61 ) 少々攻め

**********

【】 : モノローグ
〔〕 : ナレーション



【 ジャンル 】

青春ロマンファンタジー
朗読 掛け合い劇

少々ゆり?要素



【 話の流れ的なモノ 】

あるとき、ふと 『 もう一人の自分?
と、遭遇した ミリカ

状況を 良く飲み込めないモノ
その胸の内に 『 強く明るい未来 』 を
なんとなく感じ始める。。。☆

と、いった感じの
 大人の青春系朗読掛け合い劇 です☆


チョット不思議な感じの掛け合いを
 ゼヒ、楽しんでやってみてください (`・ω・´)ゝ☆




□□□□□□□□□□□□□□□




A 【 ワタシの内に眠る

   もう一つのたましい……


   ふと、目覚めたとき

   もう一人の 『 ワタシ 』 が居た…



**********


A 『 アナタは誰なの?

B 『 ワタシはアナタ…

A 『 ぇ……?


***********

A 【 正直、最初は

   意味がワカラナかった…


***********


A 『 アナタがワタシって

   ど、どういうコト……? (´-ω-`; )



B 『 どういうコトっていうか……

   つまり… そういうコトだから… (笑)



A 『 いゃ、そこで
   ほほえまれても…… (´-ω-`; )



B 『 アナタの中に 『 ワタシ 』 が居る理由?

   って、コトかな?


A 『 ま、まぁソレを説明してくれると
   一番助かるというか…… (´-ω-`; )



B 『 そぅ……

A 『 ……


B 『 簡単に言うと
   『 超能力 』 みたいなモノかしら


A 『 超能力……? (´-ω-`; )

B 『 ww


A 『 いや、ちょっと
   わ、笑わないでよ…… (´-ω-`; )


B 『 ゴメン (笑)

A 『 …… (´-ω-`; )


B 『 そうだよネ? 普通はそんなの
   『 なにそれ? 』 って成るモンね


A 『 ぅ、ぅん……

   最近は確かに色んな
   シチュエーションのラノベとかがあって
   『 超能力 』 とか、そういうのは結構 出ては来るから

   あんまり驚かないと言えば驚かないけど…


B 『 ww

   『 まさか自分に 』 って? (笑)


A 『 ぅ、ぅん…… (´-ω-`; )


B 『 つまり……

   アナタはもう一つの 『 自分 』 を
   手に入れたってコト


A 『 ぅん……、ぅ、ぅん? (´-ω-`; )


B 『 ワっカンナイかな? (笑)

A 『 正直、全然…… (´-ω-`; )

B 『 ww

   別に偶然出来たとか
   なんか 『 神がかり的なモノ 』 に触れてとか

   そういうコトでは無くて……


A 『 ぅ、ぅん…… (´-ω-`; )

B 『 一応は…

   『 アナタが望んだから 』
    ワタシが出てきたんだけど… な?


A 『 ぇ…… (´-ω-`; )


B 『 なにその 『 反応 』 はw

A 『 いゃ、だって
   『 望んだ 』 って……、ぇ……? (´-ω-`; )



B 『 子供の頃は自然とみんな持っている
   『 能力 』 らしいの


A 『 (´-ω-`; ) ……

B 『 なに?w


A 『 いゃ、なんかアタシが 『 子供っぽぃ 』 って
   コトなのかな? って思って…… (´-ω-`; )


B 『 ww
   まぁある意味そう言えるのかもw


A 『 (´-ω-`; ) ……


B 『 イイ意味でネ (笑)
   ソレも凄く、イイ意味で。。。♪

   だから ガッカリ しないで (笑)



A 『 そ、そぅ……

   そうだとイイんだけど…… (´-ω-`; )



B 『 ww

   アナタが 『 次のステップ 』 に入ったって
   コトだと思う、アタシもその辺は

   よくワカラナイけれど


A 『 次のステップ……? (´-ω-`; )


B 『 多分…、今の自分を何処かで
   『 変えたい 』 って思っていると思うの


A 『 そ、そりゃあ

   っていうか、そんな部分は
   山ほどあるけど…… (´-ω-`; )



B 『 ♪ (笑)
   だから…… きっと……☆


A 『 (´-ω-`; ) ……

B 『 ……


A 『 さっき

B 『 ん?


A 『 『 超能力 』 って言ったよネ?

B 『 うん


A 『 どんなコトが出来るの?

B 『 ww

A 『 だ、だから笑わないでよ…… (´-ω-`; )


B 『 ww
   ゴメン♪



A 『 な、何が出来るのかな?

   この 『 アタシ 』 に…… (´・ω・`)



B 『 聞きたい?♪

A 『 ぅ、ぅん……


【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【


 B 『 色んなコト♪


】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】



A 『 ぇ……?

B 『 アナタが、もう一度心に
   『 描き始めたコト 』 の



A 『 もう一度……?

B 『 そぅ……♪


A 『 そ、ソレってだから……

   え、えっとな、何が出来るの…… (´-ω-`; )


B 『 ww


A 『 もぅ…… (´-ω-`; )

B 『 なんでも。。。♪


A 『 ……ぅ~ん……

B 『 (笑)


A 『 な、なんでも
   『 出来る 』 って言われても…

   正直、何がなにやら…… (´-ω-`; )



B 『 ww

   手を、開いてみて♪



A 『 ぇ……?

B 『 いま、一つだけ見せてあげる♪


A 『 ぇ? ぇ? (´-ω-`; )

B 『 手・を・、ひ・ら・い・て 見て (笑)


A 『 ぅ、ぅん…… (´-ω-`; )


*************

A 〔 そう言われたアタシの手の中には

   なにやら 『 球形の光り 』 が現れて

   そこには…

   『 見たことの無い風景 』 や
   『 情景じょうけい 』 が広がっていった……


*************


B 『 何が、見える… かな?

A 『 な、なにコレ…… ( ・`ω・´;)




B 『 イイの♪w

   その調子、その中に何が見えるか
   よぉく、見てみて。。



A 『 ぇ…… な、なんだろう (´-ω-`; )
   どっかの景色…… それに人……

   ど、どういうコトこれ…… (´-ω-`; )



B 『 簡単に言うと
   『 未来のアナタ 』 って……♪

   感じかな?☆


A 『 ぇ……?


B 『 アナタが心に

   『 もう一度、描き始めた景色 』


A 『 (´-ω-`; ) ……


B 『 ソレが今

   アナタの手の上に
   広がっている 『 景色 』☆


A 『 ……? (´-ω-`; )


B 『 どぅ?♪ 自信が付いた? (笑)

A 『 な、なんのよ…… (´-ω-`; )


B 『 ww

A 『 だから、笑わないでよ… (´-ω-`; )

B 『 イイのw
   アナタの 『 想い 』 が

   それだけ人一倍 『 強い 』 ってコトだと思うわ



A 『 『 思うわ 』 って……

   アナタにも、ワカラナイの……? (´・ω・`)



B 『 ぅん、まぁ

A 『 な、なんという…… (´-ω-`; )

B 『 ww


A 『 でもコレ、一体どうなってんの……? (´・ω・`)

B 『 (笑)


A 『 チョ…… だから…… (´-ω-`; )

B 『 言ったでしょ?

   『 超能力 』 って☆


A 『 …… (´-ω-`; )


B 『 人を形づくるモノ
   多分、そういうコトだと思う

   だから 『 アタシ 』 が現れたのだとも



A 『 ぅ~~ん…… 結局、まったく
   ワカラナイんだけど…… (´-ω-`; )


B 『 ww

   とにかく、アリガトウ♪



A 『 ぇ……?


B 『 こうやって 『 アナタ 』 と話せるの
   久しぶりだもの♪


A 『 久しぶり……? (´・ω・`)


B 『 ウフフフフフ♪

A 『 ……


B 『 じゃあ、ワタシは行くから

A 『 ちょ、チョット (´・ω・`)


B 『 ん?


A 『 なんか、全然なに一つワカラナイまま
   なんだけど…… (´-ω-`; )



B 『 そういうトコロが
   アナタの 『 イイところ 』 なのかもネ?♪



A 『 ど、どういうコトよ…… (´-ω-`; )

B 『 ww

   じゃあネ?♪
   ワタシは行くから

   でも忘れないで



A 『 (´・ω・`) ……

B 『 アナタのそばには
   いつも 『 ワタシ 』 が居る

   ぅぅんん、『 アナタの中 』 に…… かな♪



A 『 ぅ、ぅん…… (´・ω・`)



【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【




 B. 大切にしてネ

    『 ワタシ 』 のコト ♪☆





】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】



A 『 …………

   ま、また…… (´・ω・`)


B 『 ん?


A 『 話したり出来る… の……かな…?

B 『 ウフフフフフ♪


A 『 チョ、チョット (´-ω-`; )

B 『 じゃあネ♪ (笑)


*****************


A 【 そう言って 『 彼女 』 は

   その 『 姿 』 を消した……

   今起こったコトが
   どういうコトだったのか

   正直、まったくワカラナかったけど……

   手の平の上に……

   少しだけ 『 温かい感じ 』 が
   残っているのは

   『 確か 』 だった。。。


   また…… 『 会える 』 のかな……?

   何をすればイイのか
   ワカラナイけれど……

   『 何にでも成れる♪ 』 ……

   確か、そう言って
   くれていたような気がするから (´・ω・`)

   ソレを胸に
   『 前を向いて 』 歩いて行こうと思う


   今度 逢うときには

   もうチョット、胸を張って

   自信に満ちた状態で
   彼女に 『 逢いたい 』 っていう

   気が、しているから……♪ ☆




    END
ツンデレ 少々ゆり系?恋愛ドラマ 青春ドラマ 掛け合い2人 モノローグ 朗読劇系 ハートウォーム系 ロマンス系作品
大人の話 男0女2ナレ0 ファンタジードラマ ほのぼの系


 

2人用台本 【女1 男1 】 異世界ダークファンタジー 掛け合い自体は明るめです #090 Dive Into Your Voice ~ 声に導かれし者たち ~

 

2人用台本 【 女性 1人男性 1人

台詞数 : 51
所要時間 : 約 9分



【 掛け合い台本 #090 タイトル 】

Dive Into Your Voice
 ~ 声に導かれし者たち ~



【 配役 】

A : シャディア ♂ ( セリフ数 27 ) 受け
B : ジェアナ ♀ ( セリフ数 24 ) 攻め

**********

【】 : モノローグ
() : ト書き
SE : 効果音


【 役表 】
――――――――――
Dive Into Your Voice ~ 声に導かれし者たち ~
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-289.html

A : シャディア ♂ :
B : ジュアナ ♀ :
――――――――――


【 ジャンル 】

異世界ファンタジー系
少々シリアス系

やりとり自体は 『 明るめ 』 です


【 話の流れ的なモノ 】

』 に従い進む ジェアナ

それに 『 半信半疑 』 で
共に 『 』 をしている シャディア

あと、わずか 3日で閉じるこの世界

そこを 『 自由 』 を夢見て
何とか 乗り越えようとしている

二人 』 の物語です


かなり、ファンタジー色 の 濃い作品 になっております
ゼヒ、バンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆

□□□□□□□□□□□□□□



B 「 『 声 』 が呼んでいる……
   早く行かなくては…



A 「 おぃおぃぉぃ…… (´-ω-`; )

B 「 なによ?


A 「 大丈夫か? ( 汗 )

B 「 なにがよ


A 「 今の聞いていると
   相当、アブないヤツみてぇだゾ?



SE : ドムッ!

シャディア の腹を殴る ジェアナ


A 「 ゴフッ…

B 「 そういうコト言ってると殴るわよ?

A 「 も、もぅ、殴ってるじゃネェか…… (´-ω-`; )

B 「 今に成って
   そういう 『 くだらないコト 』 をゴチャゴチャ
   言ってくるんじゃないってのよ


A 「 そうは言ってもよ……
   オレには何にも
    『 聞こえネェ 』 からよ…… (´-ω-`; )


B 「 アンタの 『 心 』 がそれだけ
   よどんでしまっているってコトよ


A 「 本当なのかよ
   ソレよ…… (´-ω-`; )



B 「 あぁもう、何度も 『 説明 』 したでしょ?
   『 声 』 は誰しもが持っている 『 能力 』 だって


A 「 まぁ、いいよ
   んで、今度は どこから
   行こうってんだよ? (´-ω-`; )



B 「 本当にワカっているの?
   っていうか、ひょっとして
   いつまでもアタシと一緒に行動していれば
   イイとか思ってんじゃ無いでしょうネ?


A 「 ぇ…? (´-ω-`; )


B 「 最終的に 『 塔 』 にたどり着いたら

   そこから先は、その人だけが
   『 通れる道 』 を上がって行くしか無いの


A 「 …… (´-ω-`; )


B 「 そのときになっても
   まだ 『 能力 』 を取り戻していなかったら

   アンタ本当、アタシの手で
   『 始末 』 してやるんだからネ?


A 「 こわ……っ (´-ω-`; )


B 「 なに言ってんのよ、一人で何も出来なくて
   『 彼ら 』 に捕まったらどんな風に殺されるのか
   それ位はアンタだってワカってんでしょうよ?


A 「 ま、まぁな…… (´-ω-`; )

   この世の 『 地獄 』 ってのは
   あぁいうモンなのかと……


B 「 …… そうよ

   イイ? 『 感覚 』 は 『 闘い 』 の中でしか
   取り戻せない

   アンタにもバンバン 『 アカード達 ( 魍魎 [ もうりょう ] ) 』 を
   まわすんだから、一匹でも多く倒して

   早くその腐りきった 『 性根 ( しょうね ) 』 を
   叩きなおしなさい



A 「 まったく…… (´-ω-`; )
   ひくも地獄、進むも地獄ってのは


B 「 ……w

A 「 このコトだぜ…… (´-ω-`; )


B 「 イイから行くわよ?
   泣いても笑っても
   あと 3日でこの 『 世界 』 は 『 役目 』 を終える

   ソレまでに 『 塔 』 を
    越えられなかったら……


A 「 ワカッテるよ
   一生 『 ドライミア・バージ 』
   『 地べたに這いずる下等生物へまっしぐら 』
   ってコトになっちまぅんだろ…… (´-ω-`; )



B 「 ワカッテいるなら
   『 闘い 』 に専念しなさい

   風を感じるとき
   扉は開かれ、真実の 『 輝き 』 を取り戻す

   真の 『 自由 』 は
    闘いの先にしか 『 存在 』 しないのよ




A 「 ワカッタ、ワカッタよ

   『 講釈 』 はもうイイ
    んで? どのルートからいくんだ


B 「 まったく……


A 「 オマエの話聞いていたら
   クサクサしてきて、はぇぇトコ
   ヤツラをブッた切ってやりたくなってきたゼ


B 「 その意気よw

   『 グリミア 』 から行くわ
    ワカッテいると思うけど


A 「 あぁ、イッチバンやべぇのが
   一杯居るって 『 道 』 なんだろ?


B 「 そうよ
   でもネ、ソレがイチバン大事なの


A 「 ……


B 「 自由は 『 闘うモノ 』 にだけ与えられる
   だからこそ 『 派手 』 に行くわよ?


A 「 ワカッタよ

   腹ごしらえも済んだ
   思い残すコトはネェ


B 「 ww
   頼りにしているわ? 相棒w


A 「 本当に 『 相棒 』 なのかネェ? (´-ω-`; )
   ただ単にオマエに振り回されて
   ただただココまでやってきちまったって
   気がするゼ……



B 「 そう思っていてくれて 『 結構 』 よ?

   弁解やらなんやらは
    後でタップリとしてアゲルわ? とにかく


A 「 あぁ、とにもかくにも
   『 塔 』 を越えるのが先ってコトなんだろ



B 「 そういうコトよ

   じゃ、行くわよっ!?


A 「 あぁ


***********


A 【 そう言いながらも

   この 『 旅 』 が始まってから
   ずっと 『 半信半疑 』 が続いている… (´-ω-`; )

   本当にこのオレにも
   『 声 』 なんて聞こえるように成るのか?

   人は誰しも 『 自分の声 』 を持っている
   とかいうけど……

   自分の 『 生き方 』 を指し示してくれる
   そんな便利な 『 声 』 なんてモノが
   本当にあるんなら
   さっさと出てきて欲しいモンだゼ?

   でねぇと、この先もコレからも
   何処まで行っても面倒クセェことばっかりで

   少しも 『 人生 』 を
    楽しめそうにネェからなァ…?



***********


B 「 なにブツブツ言ってんのよ
   そろそろ来るわよっ!?


A 「 あぁ!


SE : ガアアアアアアアアアアアアアア!

二人に襲い来る、無数のアカード達


A 「 うおりゃああああ!

   今日のオレは一味違うゾっ!
   テメェらまとめて! かかってきやがれっ !!!!



B 「 イイ感じじゃないっ?♪
   頼りにしているんだからw


A 「 ワカッテるよ!
  うおおおりゃあああああああ~~っ !!!!



  END
異世界ドラマ ファンタジー系 少々シリアスダーク系 人生観 不思議な力 自由への闘い 自分をつかむ旅路
掛け合い2人 男1女1ナレ0


 

著作権使用フリーのオリジナルの、声劇やボイスドラマ・演劇など以外にも、是非マンガ、ゲーム、小説、ライトノベル等のシナリオやプロット案や劇中劇等にも使用していただきたい、短い掛け合い台本素材、短い声劇台本素材、短いボイスドラマ用台本素材、ナレーション素材や、朗読劇向け台本素材、朗読劇台本素材、ラジオドラマ用台本素材、一言セリフ素材、一人芝居用台本素材、ボイスサンプル用セリフ素材、 ボイスサンプル用台本素材、寸劇用台本素材、ナレーション練習用素材、他にも演劇練習、お芝居練習、声優さんの練習や演劇部活動・サークル活動・舞台・パフォーマンス等にも是非どんどん使っていただきたいエチュードお題、他にネットラジオや生放送等のスゴリーミング放送等で使っていただけるような質問お題や放送ネタお題等も作っています・デザインパターン素材・BGM素材や 効果音素材等も使っています、是非、声劇や舞台・演劇・お芝居やゲーム・マンガ・小説・ライトノベルなどなど、様々な用途に発想自由にどんどんご活用いただければ幸いです

 






















メニューテーブル
一言セリフ素材関連
ナレーションお題
エチュードお題関連
画像・背景
バナー素材関連
BGM素材・ジングル
効果音素材関連
ネットラジオや
生放送などの
ネタ関連
発想支援コンテンツ
 
 
話題とお題  
 
 
  サイトのコト
 などなど
利用規約
Q & A

素材や作品の
 使用例示