台本・物語・歌詞
素材一覧
ひと言セリフ
お題集
ランダムに
セリフお題
ランダムに
エチュードお題
おススメ
エチュードお題
声劇スゴロク
劇多め / 劇少なめ
画像・背景
素材一覧
雲と空の
画像素材
楽曲など向け
歌詞素材
BGM素材一覧
ボイス素材一覧 作曲関連いろいろ ギャラリーです イラスト・マンガを
描くときのお題
利用の規約
です(`・ω・´)ゞ


※更新終了しました
  更新終了に関する詳細は コチラ

2人用台本 【女1 男1 】 失恋ドラマ社会人系 色々なコトが上手く行っていないツンデレキャラw 友情ドラマ 少々ラブコメ系 ハイテンション長ゼリフ系 #324 と、ある同僚の失恋ラプソディ

 

2人用台本 【 女性 1人男性 1人

台詞数 : 100
所要時間 : 約 16分



【 掛け合い台本 #324 タイトル 】

と、ある同僚の失恋ラプソディ


【 配役 】

A : サヤカ ♀ ( セリフ数 49 ) 攻め
B : カズヒロ ♂ ( セリフ数 51 ) 受け

**********

【】 : モノローグ
〔 〕 : ナレーション


【 役表 】
――――――――――
と、ある同僚の失恋ラプソディ
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-923.html

A : サヤカ ♀ :
B : カズヒロ ♂ :
――――――――――


【 ジャンル 】

失恋ドラマ、社会人系
色々なコトが上手く行っていない
ツンデレキャラ


友情ドラマ、少々ラブコメ系
ハイテンション長ゼリフ系


【 話の流れ的なモノ 】

30に成って失恋をしてしまった サヤカ
ソレを心配している同僚カズヒロ
サヤカ を慰めに来ている、と、いう場面の
チョット、ラブコメ調のおハナシですw

良かったら、ゼヒやってみてください (`・ω・´)ゝ☆♪


【 シチュエーション 】

オフィス

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



B 「 ほら…、コーヒー♪

A 「 ……

B 「 ひと息どう?w

A 「 なんでっ

B 「 『 なんで 』 って?w

A 「 なんで、みんなそうなのっ!?

B 「 『 そうなのっ!? 』 ってのは…?w

A 「 次から次へとひっきり無しにっ!

B 「 ww いゃ、まァ、何ていうか… ( 苦笑 )

A 「 そうよ、アタシは可哀想なオンナよ
   3年も付き合ったカレシに捨てられて

   オマケに、マンションの抽選には外れて引っ越せないっ
   上の階の住人は夜中に成るといつもドンチャン騒ぎ
   仕事から帰ってユックリテレビだって観れやしないっ!
   その上、宝クジだって外れるし!

   さっきっから、ボールペンの出もよく無くて
   書類を何回も書き直し!
   何なのよ、このボールペンを作っている会社!
   カスれる文字が、ほら
   こんなにたくさん書けますよ? とでも宣伝したらっ!?

   ソレにっ、ソレにっ、今年に成って突然、花粉症に成って
   鼻水は止まらないわっ、眼もショボショボして
   おかげでちっとも仕事がはかどらないっ!

   んでもって 『 美味しい 』 って評判の
   ラーメン屋に 2時間も並んで食べてみたら
   なに? コレ、って感じの普通のラーメン!
   アタシの 2時間を返してって言いたかったわっ!?

   その上、車を運転すれば信号はみんな赤だし!
   まるで、アタシのやるコトを全てお見通しで
   その全てにブレーキを掛けさせている
   みたいで、にくったらしいっ! って!
   ホントっ、なにもかもが上手く行かないのっ!

   そうよ! アタシは結婚まで約束していた
   カレシにボロ雑巾ぞうきんみたいに捨てられたっ!
   可哀想なっ! オンナなのよっ !!!!


B 「 ………… ( 苦笑 )

A 「 …… ふぅっ、ふぅ~~
   ふぅ~~ふぅふぅ~~~~ ( 汗 )


B 「 ……大丈夫…? ( 苦笑 )

A 「 じゃ、無いかも… って、なによ?
   アンタもなんか言いに来たっていうワケっ?


B 「 まァ… いちおうは… ネ…w

A 「 なによ、言いたいコトがあるんなら
   さっさと言いなさいよ
   どうせ、安っぽい 『 なぐさめの言葉 』 でも
   掛けに来たんでしょうよっ


B 「 …… ぅん… そんなトコ…w

A 「 ふん…、ったく
   全てが、にくったらしくてしょうがないわ?


B 「 … まァ、そう言わずにw
   コーヒー冷めないウチに少し飲んで


A 「 … なによ…、コーヒーくらい
   言われなくたって自分で、熱っ! ってっ!
   なにコレっ! 舌ヤケドするじゃないっ!?


B 「 えっ、そっ、そっか、ひょっとしたら
   長いハナシに成るかな? って、思って
   チョット熱めにお湯を沸かしたんだけど… ゴメン…w


A 「 なによ? アンタまでアタシに
   イヤな想いを味あわせたいのっ!?


B 「 いゃゴメンw そっ、そんなつもりじゃ…っ

A 「 ったく、熱過ぎるわよ!
   もうイイ加減、イヤな目にうのはコリゴリだわ!?


B 「 いゃ、ゴメン本当に… 大丈夫…?

A 「 大丈夫じゃないわよ
   なに? アンタ、アタシをからかいに来たワケ?
   可哀想なみずぼらしいオンナが居るって


B 「 ………… そんな風に、見える…?

A 「 ………… 見えない……
   ゴメン… 今のは撤回てっかいして……


B 「 ww イイよ、ソレくらい…w
   …… みんな、キミのコト… 心配しているんだよ…


A 「 …………

B 「 そりゃあ、今すぐ 『 元気 』 に成れとは言わないけどサ
   その辺は、みんなだってちゃんと… ワカッテいるよ


A 「 だったら、なによ
   同情なら間に合っているんですけど


B 「 ………… 同情だと想う…?

A 「 じゃ、無かったら何よ……

B 「 ………… みんなキミのコトが…
   スゴク…、好きっていうか……


A 「 …… なに言ってんのよ、もう……
   失恋中なのよ? アタシは…
   『 好き 』 とか言われて喜ぶとでも?


B 「 ww ゴメン、オレの失言だネ
   言い直すよ
   みんなキミのコトが… 『 大事 』 … なんだよ


A 「 ……っ

B 「 家族みたいなモンだろ? ウチの会社ってサ

A 「 ………… ぅ、ぅん、まァ………

B 「 だから、キミのプライベートのコトも
   みんなが知っているワケで…
   普通の会社だったら
   キミに恋人が居るくらいのトコロまでは
   伝わったりするのかもしれないけど…


A 「 …………

B 「 その人と、どの位の関係とか…
   いま、どう成っているかとか…
   そんなコトまで、知るような間柄あいだがらって
   普通あんまり成らないと想うんだよ…


A 「 …… なによ? イイようにとらえろっていうコト…?

B 「 うん、まァ…、そういうコトかな…?
   って、コーヒー、そろそろイイんじゃないかな?w


A 「 ったく……


*******************

B 〔 そう言って、ようやく少し冷めて
   飲める温度に成ったコーヒーをすする サヤカ


*******************


A 「 まだ、舌がヒリヒリするわ……

B 「 ゴメンw ソレについては謝るよw
   熱いの持ってき過ぎた…w


A 「 ったく、アンタにまでコケにされているのか?
   って、思っちゃったじゃない…


B 「 ゴメン、ゴメンw
   確かに…、上手く行かないコトっていうのは
   たくさんあるのかもしれないけど…
   なんていうか… みんなキミに早く…
   元の 『 明るいキミ 』 に… 戻って欲しいって……
   そういう風にサ…


A 「 ………… 心配し過ぎよ、みんな……

B 「 ぅん、まァ…チョットはネ……w

A 「 子供じゃ無いんだから、少しは放って置いて欲しいわ?
   パソコンつければメールが入っているし
   『 早く元気出して 』 とか…
   ランチのときなんか食べるヒマも無い程ひっきり無しに
   耳にタコが出来る位、聞かされたわよ


B 「 …… なんて?w

A 「 『 きっとすぐに、またイイ人が出来るから 』 とか…
   そんなようなコトを…
   あの交通調査のカチカチして数を数えるヤツで
   回数を記録したいって思った程よ…


B 「 ww

A 「 アタシだってネェ…
   もうイイ大人なんだから
   自分の気持ちくらい、自分で整理するって言うのよ…


B 「 まァ、ワカッタけど…w
   に、しては、さっきはえらい見幕けんまくだったかな……?w


A 「 …… ふぅ~~~、ってっ!

B 「 なに?w

A 「 しょうがないでしょっ !!!

B 「 ww

A 「 アタシは、もう 30なのよっ!?

   結婚するからイイかって
   想っていたオトコに捨てられたのよっ!?
   人生、終わったみたいな気持ちにされたわよっ!

   こっから 『 イイ人が現れる 』 ?
   そんなのは 20代までのハナシ!
   そりゃあ、昔はオトコが寄って来て困るなんて
   ゼータクな悩みを抱えていたコトもあったわよっ!

   でも! もう 30なのっ!
   ソレに何処に居るっていうのよっ!?
   そんなにコロコロとイイオトコが
   その辺に転がっているっていうんなら
   アタシだってこんなに取り乱したりしないわよっ!

   でもネっ! そんなオトコは
   そうそう居るっていうワケでは無いのっ!
   世の中そんなに簡単には出来て居ないのっ!

   言うだけだったら、なんとだって言えるわよっ!
   誰にでも必ず、一人は世界中の何処かに
   『 人生の伴侶はんりょ 』 って想える大事なヒトが居るって
   アタシだってそう願っていたわよっ!
   このヒトがその人なんだ? って
   でも違ったのよっ!
   そんな状態で何を信じればイイっていうのよっ!

   何回も言うようだけど、クチではなんとでも言えるのよっ!
   でも世の中はそんなに甘くないの!
   上手くは出来ていないのよっ!

   アタシはもう !!!! 30なのよっ !!!!!


B 「 …………w

A 「 …… ふぅっ、ふぅ~~
   ふぅ~~ふぅふぅ~~~~ ( 汗 )


B 「 …… 余計な… おせっかいかもしれないけど…w

A 「 なによ……

B 「 一言ひとことだけ言ってイイかな…?w

A 「 なによ、言いたいコトがあるんなら
   さっさと言いなさいよ…っ


B 「 まだ、キミのコトが心配…w
   少なくとも…、いまの様子を見ている限りでは…、ね…w


A 「 …… ふん……


*******************

B 〔 苦虫を噛み潰か つぶしたような顔で
   ふたたびコーヒーをすする サヤカw


*******************


A 「 なによコレ…、美味しいじゃないのよ……

B 「 ww 庶務課しょむかのサトウさんからの差し入れ
   ウチの課と… ソレと… キミにって…w
   どっかの 『 高級品 』 らしいよ?w


A 「 …… ったく…、なんでみんなしてそうなのよ……

B 「 ww 言ったろ…、キミのコトがっていうより…
   ウチの会社の場合…


A 「 なによ…

B 「 一人一人、みんなが 『 大事だ 』 って…

A 「 …………

B 「 だから…、一人で抱え込まないで…

A 「 ………… ぅ、ぅん……

B 「 良かったら、もう一杯持ってくるけど?w
   せっかく高いヤツらしいからサ
   もしかしたら、みんなにバンバン飲まれちゃって
   早くしないと無くなっちゃうかもしれないから?w


A 「 ぅん…、ソレじゃ……
   もう… 一杯…… 欲しい… かな……


B 「 ワカッタw
   んじゃ、持ってくるけど…、さっきみたいに…


A 「 『 さっきみたいに 』 ってなによ

B 「 いゃ、まだその… ためこんでいるようなモノがあるんなら…w
   って、まァ、コレはあくまで仮定として言っているだけで
   キミが? っていうワケでは無くてサ…w


A 「 イイわよ…、そんなまわりクドイ言い方をしなくても……

B 「 そっか、っていうコトなら… 率直そっちょくに言っちゃうけど…w
   ためこんでいるようなモノがあるんなら全部、吐き出して…
   聞くだけだったら… いくらでも出来るからサ


A 「 …… ぅ、ぅん…

B 「 じゃ、もう一杯持ってくるから
   そのあいだにっていうか
   なんかあるんなら… 思いっきり、ネw


A 「 … ワ… カッタ……、あの…

B 「 ん… なに…?

A 「 アリガ…… ト……

B 「 ww どういたしまして…
   まァ、困ったときは… っていうか
   こういうときは… お互い様でっていうコトでw


A 「 ぅ、ぅん……

B 「 いつも仕事、手伝って貰っているいるしサ
   コレは…、そういうのへの…
   少しばかり… オレからのお礼って想ってくれたら…


A 「 ワカッタ……、って
   もう… とにかくワカッタから…
   早くコーヒー持ってきて


B 「 あ、ぅん、ゴメンw
   急いで行ってくるw



*******************


B 【 と、こんな調子で
   様子を観に来てみたら、案の定…、と、いうか…w

   だいぶ、傷心しょうしん中の様子の サヤカ…w

   オトコにとって…、30に成っての
   失恋っていうのが仮にあったとしたら、きっと…
   軽く受け流して、時間が解決してくれるみたいな感じで
   気持ちの整理を付けられたりするとは想うんだけど…

   オンナの子って…
   なんていうか色々と大変な部分があるのかな?
   って…、改めて想いました… ( 苦笑 )

   っと、早くしないと サトウさんが持ってきてくれた
   高級品のコーヒーが無くなってしまうかもしれないので
   急いでれに行って来ようと思いますw

   ソレに…、観て貰ったとおり…
   到底とうてい 放って置けるような状態じゃない サヤカ のコトが…

   まだ… かなり…

   心配、なので……w




   END
オフィス・ドラマ系 社会人ドラマ系 ツンデレ系 恋愛ドラマ系 社会人の話 少々友情ドラマ系 恋愛ドラマ系 少々青春群像ドラマ系 少々青春ドラマ系 少々ほのぼの系 少々コメディ系 失恋系 テンション高い系 テンポ重視系 テンポが速い系 少々人生観系 失恋エピソード系 ハイテンション系 ロマンティック・コメディ系 少々カワイイ系 大人の恋系 悩める主人公系 少々暴走キャラ系 長ゼリフ系 少々人生の話系 少々頑なな気持ち系 少々叫び有り系 少々乙女の純情系 少々夢見る乙女系 少々熱い話系 少々熱い友情系 少々熱い情熱系 大人の話系 失恋ドラマ系 社会人の悩み系 少々恋の病い系 少々濃いキャラ系 少々ラブコメ系 少々ラブコメディ系 マジメなハナシ系 少々日常会話風 日常のやりとり風 日常ドラマ系 ヒロイン系 少々ドタバタ系 少々青春ロマン系 同僚系 色々なコトが上手く行かない系 オフィス 会社系 職場内系 ちょっとキュンと来る台本素材 ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材
掛け合い台本2人用 男1女1不問0 ショートストーリー台本素材 二人芝居用台本系 寸劇系


 

2人用台本 【女1 男1 】 社会人恋愛ドラマ系 少々乙女チックな恋の悩み 日常ドラマ 大人の話系 #298 職場の美人、その、とある 『 悩み 』 の物語 EP 2

 

2人用台本 【 女性 1人男性 1人

台詞数 : 143
所要時間 : 約 16分



【 掛け合い台本 #298 タイトル 】

職場の美人、
 その、とある 『 悩み 』 の物語 EP 2



【 配役 】

A : アリサ ♀ ( セリフ数 71 ) 少々受け
B : ヒロキ ♂ ( セリフ数 72 ) 少々攻め

**********

〔 〕 : ナレーション


【 役表 】
――――――――――
職場の美人、その、とある 『 悩み 』 の物語 EP 2
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-850.html

A : アリサ ♀ :
B : ヒロキ ♂ :
――――――――――


【 ジャンル 】

社会人恋愛ドラマ系
少々乙女チックな恋の悩み系

日常ドラマ 大人の話系


【 話の流れ的なモノ 】

仕事完璧至上主義 』 だった、アリサ
しかし、その アリサ が、どうやら 『 恋の悩み 』 を
抱え始めた… と、いう感じの 社会人恋愛系 台本作品 です

良かったら、ゼヒバンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆♪

【 シチュエーション 】

と、あるオフィス

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



B 「 恋愛をするのが恐いって?

A 「 えぇ、…そぅ……

B 「 事務所一の美人が?

A 「 そこが問題……

B 「 詳しく、聞いてもイイかな?

A 「 なに…?

B 「 相手の人のコトをどう想っているワケ?

A 「 相手の人って?

B 「 気に成る人が出来たんだろ?

A 「 ……

B 「 今までだって、一度たりと
   キミの口から 『 恋をするのが恐い 』 だ、なんて
   聞いたコトは無かったから


A 「 やっぱり、ワカっちゃう…?

B 「 まァね? ココへ来て 8年キミが入社してから 5年
   色んな人を観て来たし…、モチロン君のコトも観て来た


A 「 何でもワカッているような口ぶりネ?

B 「 ソレなりにワカッているつもりではあると想うけど?

A 「 ぅ~ん……

B 「 キミは、最近 職場に溶け込むコトに成功した

A 「 うん…

B 「 仕事絶対至上主義の、なんでもこなす完璧な社員
   その上、美人…、周りに対して
   ビリビリとプレッシャーを与えていた


A 「 ぶり返さないでよ

B 「 ハハハ、いやちょっと話の流れでネ?

A 「 続けて

B 「 ありがとう、んでもってだ
   キミは人情味も持ち合わせて尚且なおか
   仕事もこなすステキな女性に変身した
   んで、こうも言っていたよネ?


A 「 なに?

B 「 『 男性社員からのアプローチ 』 が
   増え過ぎて困っているって


A 「 うん…、ソレとなにか?

B 「 その時点では…、キミは確かに少し困惑しながらも
   問題っていう問題は発生していなかったんだ


A 「 何が言いたいの?

B 「 つまりキミが…

A 「 なによ

B 「 『 恋に落ちた 』 ってコトさ

A 「 ハァ?

B 「 ハハハハw

A 「 わ、笑わないでよ…

B 「 ゴメンゴメンw、モテ過ぎて困っているなんて
   言っていたときは、要はキミから誰かを好きに
   成る相手っていうのが居なかったから、そうだろ?


A 「 うん…、まァ……、コレと言って…
   っていうか 『 面倒くさい 』 とか想っていたし…


B 「 でも今は、ソレが 『 面倒くさかったコト 』 から
   『 気に成るコト 』 に変わったワケだ


A 「 ……

B 「 ボクから言えるコトがあるとしたら…

A 「 なに? 言ってみて?

B 「 最近のキミは、とても素直に成った…
   まァ、仕事が出来ない人を見下したりとか…
   上司に対しても平気で楯突たてついてみせるトコロとか
   そういう、正直なトコロは昔からだけど……


A 「 何が言いたいの?

B 「 今まで無かった、キミのもう一個の 『 素直な一面 』 が
   出てきたってコトだよ


A 「 なんなのよ、その 『 もう一個の 』 っていうのは…

B 「 さっきも言ったろ?

A 「 なにが

B 「 『 キミは恋に落ちた 』 って

A 「 ハァ? こっ、このっ、このアタシが恋?
   ココは 『 職場 』 よ? そんなトコで、このアタシが…


B 「 ハハハハハハw

A 「 何よ、だから笑わないでよ!

B 「 ゴメンって、だからw

A 「 何なのよ、ソレ…、どういうコトよ……

B 「 誰でも最初から 『 完璧に恋を成就じょうじゅ
   出来る人なんて少ないよ


A 「 ……

B 「 キミもその 『 例外 』 では無かったってワケだ♪

A 「 随分と楽しげに言ってくれるじゃない……

B 「 まァね?♪
   キミの中からどんどん 『 素直で女の子らしい面 』 って
   いうのが、出て来ているのが観ていて微笑ましくてサ


A 「 ヒトゴトだと想って…

B 「 まァね? ソレに関しては否定しないがw

A 「 ったく、結局どういうコトなのよ?

B 「 どういうコトも、こういうコトも無いよ
   キミがさっき 『 部屋に入って来て最初に言った言葉 』
   もう一度、想い出してみるとイイ


A 「 アタシ、何て言ってた?

B 「 キミは、こう言っていたよ
   『 恋をするのが恐い 』 ってネ


A 「 ……

B 「 つまり…、誰かを好きに成ったってコトさ
   コレまでの仕事完璧至上主義だったキミが
   コトもあろうに 『 職場 』 で…、誰かにネ?w


A 「 ったく、さっきから何、ニヤニヤしているのよ…

B 「 いやw、何ていうか、以前よりずっとイイよ
   ずっとイイ…


A 「 人が困っているのに、何がイイってのよ?

B 「 以前よりずっと人間らしい一面が出てきたって思うよ

A 「 何よソレ… んで、アタシ…、どうしたらイイの……?

B 「 誰だって、最初は恐いんだ

A 「 本当に…?

B 「 あァ…、その相手の人が
   『 大事な人 』 でアレばある程ネ?


A 「 ワタシ…、恐がっているのかな?

B 「 ……

A 「 ネ、どうしたらイイの?
   失敗するのが恐い…


B 「 アリサ… 『 恋愛 』 に一番
   必要なモノは何だと想う?


A 「 な、何って……?

B 「 『 恋愛 』 に、イ・チ・バ・ン、大事なモノは?♪

A 「 …… 愛…、愛情……?

B 「 ソレも一つの要因だとは思うよ

A 「 愛情が全てじゃ無いの…?

B 「 …… もし 『 愛情 』 が全てだったら
   終生しゅうせい、と、いうか…離婚する夫婦なんていうのは
   この世の中から居なくなるよ


A 「 じゃ、…、後は……、何が…必要なの?

B 「 ふぅ……

A 「 言ってよ、ソレを知りたいから
   アナタにこうやって相談しに来ているんだから…


B 「 ハハハ、頼られるってのは悪くない気分だw

A 「 茶化さないで

B 「 ゴメンw、『 恋愛 』 に対して一番 必要なモノ…

A 「 うん……

B 「 ソレは… 『 失敗を恐れないコト 』
   ソレが一番、大事なコトだよ


A 「 ……

B 「 少なくともボクは、そう想っている

A 「 ……

B 「 誰だって恐いんだよ…
   相手のコトを 『 本気で好きな人 』 って
   想えば、想う程にネ?


A 「 このアタシに 『 失敗 』 をしてみろっていうの…?

B 「 まァ、平たく言えば、そういうコトに成るかな

A 「 ……

B 「 『 完璧な女 』 で居るのもイイかもしれない…
   でも、もし…キミの中で……


A 「 中で…?

B 「 誰かを 『 いとしく想う気持ち 』 って、いうのが
   芽生えて来たっていうんなら…


A 「 ……

B 「 思い切って、飛び込んでみたらイイんじゃないかな

A 「 ……

B 「 人生は一度きり…、更に 『 本当に好き 』 って想える人と
   出逢える機会なんていうのには限りがある…
   そのウチの一回が今
   キミの毎日に現れているのだとしたら…


A 「 ソレを逃すべきじゃないと…?

B 「 うん♪ まァ、そんなトコかな

A 「 ふぅ……、アタシに出来ると想う?

B 「 何をサ…?

A 「 人並みの普通の恋愛……

B 「 言ったろ?

A 「 ……

B 「 恋愛に一番必要なモノは
   『 失敗を恐れないコト 』 だって


A 「 ……

B 「 今、ボクにはそういう相手は居ない
   でも、仮にボクがキミの立場だったら
   きっと…


A 「 きっと…?

B 「 ボク自身も、ドキドキして…
   その先どうしたらイイかって悩んで
   上手く行かなかったコトを想像してしまって
   恐がっているだろうな? って想う


A 「 アタシだけじゃ無いってコト?

B 「 そう…、誰もが通る道なんだよ

A 「 …… アタシだけ、じゃ、なく……

B 「 そう…、みんなが抱えている悩みなんだよ
   ソレにこう考えてみたらイイ


A 「 なに?

B 「 『 死が二人をわかつまで 』 そう言って
   世の中の夫婦達は 『 結婚 』 をするんだ


A 「 うん……

B 「 でも、実際、『 死が二人をわかつまで 』 寄り添い遂げる
   夫婦なんてのはそんなには多く無い


A 「 みんな…、どっかで 『 挫折ざせつ 』 しているってコト…?

B 「 そういうコト、赤信号みんなで渡れば恐くない
   みんなが 『 失敗 』 しているってコトなんだよ

   だからキミ個人が慎重に成り過ぎて…
   せっかく誰かを 『 好き 』 って想えるように成った
   『 その気持ち 』 を…、無いコトにしてしまうのは
   余りにも勿体無い…


A 「 ……

B 「 ボクはそう想うけどな

A 「 …… あ、アリガトウ…

B 「 いえいえw、恋愛経験とぼしいオレの言葉で
   今のキミにとって少しでも 『 足し 』 に成れれば
   何よりだよw


A 「 なんか…、ワカッタ……、ちょっと吹っ切れたかも……
   アタシ……


B 「 そう♪ じゃ、一応、陰ながら応援させて頂きますw

A 「 ぅ、ぅん……

B 「 また、もし迷うコトがあったら…
   遠慮なく言って来てくれ……
   こう見えても 『 恋ばな 』 は嫌いじゃないんだ?w


A 「 何なのよ、ソレ…、アンタの楽しみにされる為に
   行動する気は無いわよ


B 「 ハハハハw ゴメンゴメンw

   『 この橋、渡るべからず 』 ……
   でも、一休さんは、その 『 はし 』 ではなくて
   『 橋の真ん中 』 を正々堂々と渡って、向こう岸に辿り着いた
   まずは 『 行動 』 をしなくちゃ


A 「 うん……、そうだよ、ネ……

B 「 じゃ、そろそろイイかな?
   こう見えても、オレも一応仕事を抱えているっちゃ
   抱えているんだ?w


A 「 あ、ご、ゴメン…… ( 汗 )

B 「 いや、イイよ 『 恋ばな 』 は嫌いじゃない
   では、イイ 『 報告 』 が聞けるのを待っているよw


A 「 アリガト……


******************


B 〔 そう言って、部屋を出て行った アリサ
   暫くは、やはり躊躇ちゅうちょしていたようだったが…

   仕事も出来て、その上美人
   中身には女の子らしい
   しおらしい面も持ち合わせている彼女

   そんな人からアプローチをされて
   断る男性が居るハズも無く…

   どうやら、アリサ にとっての
   初めてのオフィスでの恋は順調に

   そのスタートを切るコトが
   出来ていた様子だった……♪




   END
少々ヒロイン系 少々ツンデレ系 恋愛ドラマ系 社会人の話 少々ラブコメ系 少々ほのぼの系 大人の恋系 大人の話系 社会人ドラマ系 少々日常ドラマ系 オフィス 会社系 職場内系 少々キュート系 OL系 同僚系 日常会話風 日常の風景 日常のやりとり風 オフィスラブ系 職場恋愛系 少々マジメなハナシ系 恋の病い系 少々社会人の悩み系 少々ロマンティック・コメディ系 少々乙女チック系 キュンと来る台本素材 ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材
掛け合い台本2人用 男1女1不問0 ショートストーリー台本素材 二人芝居用台本系 寸劇系


よろしければ ↓ の Ep 1 も合わせて 『 ご活用 』 くだされば幸いです
 Episode 1 も男女比、キャストはそのままの 2人です☆

2人用台本 【 女性 1人男性 1人

#293 職場の美人、その、とある 『 悩み 』 の物語w

所要時間 : 約 17分、台詞数 : 110

ジャンル : 社会人の話 少々コメディ系
        日常ドラマ 大人の話系職場でのと、ある悩み


 

2人用台本 【女1 男1 】 社会人ドラマ 少々コメディ系 職場でのと、ある悩み 日常ドラマ 大人の話系 #293 職場の美人、その、とある 『 悩み 』 の物語w

 

2人用台本 【 女性 1人男性 1人

台詞数 : 110
所要時間 : 約 17分



【 掛け合い台本 #293 タイトル 】

職場の美人、
 その、とある 『 悩み 』 の物語w



【 配役 】

A : アリサ ♀ ( セリフ数 54 ) 少々攻め
B : ヒロキ ♂ ( セリフ数 56 ) 少々受け

**********

〔 〕 : ナレーション


【 役表 】
――――――――――
職場の美人、その、とある 『 悩み 』 の物語w
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-831.html

A : アリサ ♀ :
B : ヒロキ ♂ :
――――――――――


【 ジャンル 】

社会人の話 少々コメディ系
職場でのと、ある悩み

日常ドラマ 大人の話系



【 話の流れ的なモノ 】

冷たい人 』 そんな風に思われている、一人の 美人
ソレをどうにかしたいと、ヒロキ に 『 悩みを相談
一応 『 解決 』 はしたモノの
今度は、また新たに 『 別の悩み 』 が…w と、いう
コメディ調の社会人ドラマ作品 です

良かったら、ゼヒバンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆♪

【 シチュエーション 】

とある、オフィス

□□□□□□□□□□□□□□□□□□



A 「 アタシってそんなに 『 冷たい人間 』 ?

B 「 ……

A 「 そりゃ、確かに 『 一匹狼 』 的な性格を
   しているとは想うけど…


B 「 確かにな?

A 「 何がイケないの? 何がアタシの中で
   問題と成っている部分なの?
   ソレがワカラナイんだけど


B 「 キミは確かに、理知的で、聡明で
   いつも色んなコトを完璧にこなしている


A 「 うん…

B 「 でも、ほとんどの人は…
   そんな風に上手く器用には立ち回れないんだよ


A 「 アタシだってそれなりに悩んだりするコトはあるわよ

B 「 その部分が根本的に質が違う、と、いうか…

A 「 どんな 『 違い 』 よ

B 「 さっきも言ったけど
   キミはとても聡明で優秀な社員だ
   でも、ソレは周りに対してプレッシャーを
   与えているっていうコトにも成ってしまうんだよ


A 「 ハァ? 仕事が出来て何が悪いのよ

B 「 まァ、ソレに関してはネw
   間違って無い、間違ってないよ、キミは


A 「 だとしたら、何がイケないって言うの?

B 「 う~ん、何ていうか
   間違って無さ過ぎるっていうのが問題かな…


A 「 ……

B 「 人っていうのは、日々色んなコトを考えていて
   色んな悩みやら不満なんかを抱えながら
   ソレを表に出さないようにして
   みんな、なんとか周りの人達との人間関係を保っている


A 「 それで?

B 「 でも、キミは違う

A 「 何が違うの?

B 「 思ったときに、思ったコトを言い
   言ったコトは全て完璧にやってのける
   その上、美人と、来てる


A 「 アタシ、褒められている?
   今ひょっとして


B 「 まァね

A 「 ソレの何がイケないのよ
   だって、ココは職場よ? 仕事をきちんと
   するの何て当たり前じゃない


B 「 まァ…、ソレはそうなんだが……

A 「 なによ

B 「 さっきも言ったように、誰もがキミみたいに
   完璧に振舞えるって人ばかりじゃ無いんだよ
   ソレに


A 「 ソレに?

B 「 キミはココの職場の人の全員の名前を言えるかい?

A 「 いゃ、関係ある人しか知らないし
   知る必要も無いじゃない


B 「 ソコなんだよ

A 「 ……

B 「 キミは、理知的で必要なモノと
   そうでないモノの切り分けが非常に的確に出来ている
   でも、キミの知らないトコロで
   色んな人達も色んな仕事をしているんだよ
   電話の応対だったり、備品の管理だったり
   もっと広く言ってしまえば、トイレの掃除をしている
   オバさん達だって広い意味で言えば、同僚だ


A 「 ……

B 「 でも、キミは仕事上関係ある人以外は眼中に無い
   ソレはキミの中で必要な人とそうでない人を
   瞬時に見分ける鋭い洞察力があるからだとも言える


A 「 お褒めに預かり光栄だわ?

B 「 まァ、最後まで聞いてくれ
   キミならどう思う、自分よりも仕事が出来て頭もイイ
   そんな人が自分の名前も存在もまるで認知しておらず
   社内でスレ違っても知らん顔
   そういう人に対して好意を感じるかい?


A 「 う~ん、あんまり感じないかもしれない……

B 「 だろ? ソレに
   キミは仕事が出来て頭もイイ、ソレに美人だ…
   ソレが要は周りに対して
   『 見えない壁 』 を作ってしまって居るんだよ


A 「 どうしたらイイの?

B 「 ……

A 「 どうすれば、そんななんか 『 冷たい人 』 なんて
   思われないように成れるの?


B 「 ソレには…

A 「 ソレには?

B 「 キミ自身が変わらないと…

A 「 まず、要点を言ってよ
   『 変われ 』 って言われて 『 ハイ、そうですか 』 なんて
   すぐにそんな変われるとは想わないわ?


B 「 まァね? ソレに関しては全く同意だよ
   ソコでだ


A 「 なに?

B 「 まずは、ココの職場の同僚の全ての人達の名前を覚える
   そして、仕事以外の 『 立ち話 』 なんかをする時間を
   誰とでもイイから一日、5分くらい持つようにしてみたら
   何かが変わって行くんじゃないかな?


A 「 まァ、5分くらいだったら…、アタシにも出来るかもしれない…

B 「 ソレでイイんだよ
   キミは悪人じゃない、確かに仕事が出来ない人なんかを
   見下したりとか、そういった多少難のある部分は無くは無いって
   感じもするけど…、根の部分では明るくて素直で
   思ったコトを真っ直ぐ口に出来る、ソレだけでも尊敬に値するよ


A 「 そういうモノなの?

B 「 あァ、みんな色んな悩みを抱えていても
   普段はソレを表に出すコトが出来ずに
   うわべだけのイイ顔をして 『 本音 』 なんて
   少しも出せずに居る人の方が世の中多い
   でもキミは違う


A 「 ……

B 「 思ったコトを言い、ソレを態度にもハッキリと出し
   仕事が出来ない人に対しては冷徹なまでに見下してみせる
   そんな風にして、キミは普段みんなが心の奥に隠しているコトを
   臆面おくめんも無く、さらけ出すコトが出来る


A 「 イイ意味で言っているの? ソレ

B 「 あァ、そうだよ、とても大事なコトだよ
   要はみんなキミみたいに成りたいんだよ
   その上、キミは根暗じゃない、パーティに出れば
   くったくの無い笑顔でお酒を飲んではしゃいだり
   そんな一面があるのに対して、今度仕事場では、と、成ると
   間違ったコトがあれば、烈火のごとく怒って来たりする
   ある意味、キミはみんなの出来ないコトを
   平然とやってのける 『 スーパーマン 』 みたいな存在なんだ


A 「 アタシが 『 スーパーマン 』 ねぇ…

B 「 さっきも言ったが、キミは根暗じゃない
   根はとっても素直で明るい性格だ


A 「 ……

B 「 だけど…、なんていうかその
   完璧過ぎてみんなキミに対して
   近寄るコトが出来ないで居るんだよ
   ソレに仕事が出来ない人に対してはハッキリと見下す

   そういう部分が、色々とひっくるめて
   『 冷たい人 』 そんなイメージを作ってしまっていると
   オレはそう思うんだけど…


A 「 そうなの…、えっと… 何て言ったっけ?

B 「 ん? 何が?

A 「 アタシが 『 変わる 』 には、っていう部分

B 「 あァ、ソレは、だから、まずココで働いている人達は
   どんな形であれ、少なからずキミと関わりがある
   その人達の名前をまずは覚えてみる
   ソレが出来たら、5分でイイから…


A 「 イイから?

B 「 仕事とは全く関係の無い 『 立ち話 』 なんかを
   誰とでもイイからしてみたらイイんじゃないかな?
   って、オレは想うよ


A 「 ……

B 「 そうすれば、今、キミと周りの人達との間にある
   『 氷の壁 』 みたいなモノが少しずつ溶けて行くんじゃないかな?


A 「 本当にアタシ、変われると思う?

B 「 あァ、モチロン…、ソレに変われる変われないなんて考えずに
   まずは 『 行動をしてみる 』 …
   ソレが大事なんじゃないかって…、オレは想うよ


A 「 そっか…、アリガト……

B 「 アハハハハw

A 「 なによ?

B 「 いや、キミに 『 れい 』 を言われたのなんて
   ひょっとしたら初めてなんじゃないか? とか
   今、そんな風に想ってサ… ( 苦笑 )


A 「 アタシ、そんなに不遜ふそんな 『 態度 』 を取ってた? 今まで… ( 苦笑 )

B 「 ぅ、ぅん…、まァ……、余りよろしい 『 態度 』 って感じでは…
   無かったかもしれないかな……? 正直言うとネ ( 苦笑 )


A 「 ワカッタわよ、要は 『 譲歩じょうほ 』 をすればイイっていうコトね?

B 「 まァ、簡単に言えばそんなトコかな

A 「 とりあえず、アリガト、あ、でも

B 「 ん? 何?

A 「 このハナシはココだけのってコトにしといて

B 「 ww

A 「 何をしても、卒なくこなす 『 完璧な女 』 っていう
   レッテル自体は気に入っているから♪


B 「 ワカッタよw
   ま、変化があって、なんかまた想うようなコトがあれば
   いつでも待ってるし、なんていうか健闘を祈ってるよ


A 「 うん、それじゃ

B 「 うん…


B 〔 ソレから、アリサは、一応オレの言ったコトを
   実際に 『 実行 』 していたようで…
   半年も経った頃には、すっかり以前の
   『 鉄の女 』 みたいなイメージは払拭ふっしょくされていっていた…
   ってトコまでは、良かったのだけれども…… ( 苦笑 )


*****************

A 「 ね、チョットいい?

B 「 ん? 何? 最近なんかイイ感じだね? キミ
   前と違って、凄く明るく成ったって見えるよ


A 「 そ、そう…、ソレはイイんだけど……

B 「 何?

A 「 男性社員からの 『 猛アプローチ 』 が最近凄くって……

B 「 ww

A 「 どうしたらイイのかな…?

B 「 ソレばっかりは…、オレにもワカランw

A 「 もう! ちゃんと相談に乗ってくれるって
   言ってくれていたじゃないのよ!


B 「 ww まァ、そう言うなw
   もしも人に 『 好意 』 を持たれるのがイヤっていうなら
   また、前のキャラに戻ればイイのかもしれないけど…
   キミが変わったコトで、最近随分社内の 『 雰囲気 』 が変わったよ
   だから…、個人的には今のままのキミで居て欲しいんだけどな?


A 「 ったく、ヒトゴトだと想って、本当にスゴイんだから
   高飛車で居れば 『 冷たい女 』 、んで、ソレを崩してみれば
   『 男性からの猛アピール 』 このアタシに一体どうしろって言うのよ


B 「 まァ、一歩前進した…
   少なくともそんな風に想える気はしなくは無いけどな?w


A 「 笑い事じゃ無いわよ! どうしてくれんのよ

B 「 ww 『 カレシが居るからお付き合いは出来ません 』 とか
   言っておけばイイんじゃないのか?


A 「 ウソ付けって言うの?

B 「 え!? アリサ、カレシ居ないの!?

A 「 居ないわよ、そんなモン、わずわしいだけよ、オトコなんて

B 「 まったく…、何処まで 『 自由人 』 なんだキミは…w
   まァ、申し訳ないが、モテないオレからすれば
   『 モテ過ぎて困る 』 っていう相談には乗れそうも無いよ
   誰か他を当たってくれw


A 「 まったく、頼りに成らないわネ?

B 「 ソレを言うなよ…w

****************

B 〔 そう言って、オフィスを出て行く アリサ

   天真爛漫てんしんらんまん、自由人、仕事も出来て、その上美人…

   そんな人でも…、どうやら
   色々な 『 悩み 』 っていうのは……

   尽きないようです……w




   END
社会人ドラマ系 コメディ系 少々ツンデレ系 少々恋愛ドラマ系 社会人の話 オフィス 会社系 職場内系 少々日常ドラマ系 少々ほのぼの系 少々同僚系 日常会話風 日常の風景 日常のやりとり風 コミカル系 少々色々なコトが上手く行かない系w 社会人の悩み系 少々マジメなハナシ系 大人の話系 少々キュート系 少々ヒロイン系 ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材
掛け合い台本2人用 男1女1不問0 ショートストーリー台本素材 二人芝居用台本系 寸劇系


よろしければ ↓ の Ep 2 も合わせて 『 ご活用 』 くだされば幸いです
 Episode 2 も男女比、キャストはそのままの 2人です☆

2人用台本 【 女性 1人男性 1人

#298 職場の美人、その、とある 『 悩み 』 の物語 EP 2

所要時間 : 約 16分、台詞数 : 143

ジャンル : 社会人恋愛ドラマ系日常ドラマ 大人の話
        少々乙女チックな恋の悩み系


 

2人用台本 【女1 男1 】 社会人青春ラブコメ 少々ロマンティック・コメディ系 純情青年 片想い?マイペースおねいさんキャラ系 #201 大胆で多忙な 『 あの人 』 への片想い

 

2人用台本 【 女性 1人男性 1人

台詞数 : 85
所要時間 : 約 8分



【 掛け合い台本 #201 タイトル 】

大胆で多忙な 『 あの人 』 への片想い



【 配役 】

A : ミユキ ♀ ( セリフ数 41 ) 少々攻め
B : ノブヒコ ♂ ( セリフ数 44 ) 受け

**********

【】 : モノローグ
〔 〕 : ナレーション
SE : 効果音


―――――
大胆で多忙な 『 あの人 』 への片想い
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-650.html

A : ミユキ ♀ :
B : ノブヒコ ♂ :
―――――


【 ジャンル 】

社会人ラブコメ
少々ロマンティック・コメディ系
純情青年 少々青春片想い?

マイペース おねいさんキャラ系



【 話の流れ的なモノ 】

会社のプレゼンをサボりw
突然、自分の車 』 に乗ってきた 憧れの人♪
その人への 『 想い 』 にドキドキしながら
と、ある 『 1日 』 を過ごした、純情青年? wの
社会人ラブコメ系 掛け合い台本作品 です☆

良かったら、バンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆♪

□□□□□□□□□□□□□□□□□




A 「 あ、ノブヒコくんっ!

B 「 っ!?

A 「 ちょうどイイわ
   チョット乗っけてってくれる?♪


B 「 ぇ、ぇっ? ( 汗 )

SE : バタン

B 〔 ドアを開け 『 助手席 』 に
   飛び乗ってくる ミユキさん



B 【 ぉぉぉぉぉ…… ( 汗 )

   開発部でも有名な 『 美人 』 である
   ミユキさんとの
   この突然の 『 エンカウント 』 に焦るオレ… ( 汗 )



A 「 やっぱり営業の人って得よネ?
   『 社用車 ( しゃようしゃ ) 』 で
   好きなトコロに
   いつでも出掛けられるんだから♪


B 「 いゃあの…っ! ( 汗 )

A 「 ん?w

B 「 ミユキさん、今日 『 プレゼン 』 じゃ
   なかったでしたっけ……っ? ( 汗 )


A 「 まァねw

B 「 いゃあの
   わ、『 笑うトコロ 』 じゃないような
   気がするんですが…… ( 汗 )



A 「 早く出して♪

B 「 は、ハイ…… ( 汗 )

A 「 ソレとも 『 ドライブ 』 行くのに
   アタシみたいなのと一緒じゃイヤ?♪w


B 「 ぇっ! いゃ、あ、あのっ!
   ぇっと、そっ、ソレはっ! ( 汗 )


A 「 ほら、早く♪

B 「 あ、ぇっと、えっと……っ! ( 汗 )

A 「 まァ、本当に 『 ダメ 』 って言うんなら
   降りるけど…


B 「 っ !!!!
   いや、OKですっ !! (; ・`д・´)


A 「 ww

B 「 どっ、どちらに参りましょうっ! (; ・`д・´)

A 「 ww じゃ、とりあえず
   『 ユノワガワ 』 までお願い♪


B 「 高速乗りますかっ!? (; ・`д・´)

A 「 オネガイ するわ♪w

B 「 了解ですっっ !! (; ・`д・´)

A 「 ww

SE : ブゥゥウウウウウウウウン !!!!

B 〔 颯爽 ( さっそう ) と走り出し高速に乗る

   しばらくすると、ミユキさんが窓を開け
   車内に風が吹き込んでくる



A 「 気持ちイイわネェ~♪

B 「 は、ハイッ! (; ・`д・´)

A 「 そんなに緊張しないでイイのにw


B 「 いゃ! でも!
   『 開発部の方達 』 あっての
   わが社ですし! そ、ソレに……っ ( 汗 )


A 「 ん?

B 「 いゃ! な、なんでもありませんっ !! ( 汗 )

A 「 ww

B 「 でも、本当にイイんですか…?
   会社抜け出して 『 こんなコト 』 していて… ( 汗 )


A 「 ん?

B 「 ひょっとして
   プレゼン 『 間に合わなかった 』 とか…… ( 汗 )


B 【 おそるおそる聞くオレ…


A 「 まァね、そんなようなトコかな♪ ( 笑 )

B 「 いゃ、あの…… なっ、なんか
   楽しそうに見えるんですけど…… ( 汗 )


A 「 風が 『 気持ちイイ 』 っていぅだけよ♪w

B 「 そ、そぅなんですか… ( 汗 )

A 「 ソレに ノブヒコ君 と一緒に
   こうして 『 ドライブ 』 よ?
   女の子なら、普通みんな大喜びするわよ♪w


B 「 マっ! マジっっすかっ !!!!? (; ・`д・´)

A 「 www

B 「 か、からかわないでください!
   ボクはっ! ボクは…っ !! (´;ω;`)


A 「 www ネ、でもw

B 「 は、ハイッ! (; ・`д・´)

A 「 ちゃんと 『 前見て 』 運転してよネ? ( 笑 )

B 「 スイマセンっ! ( 汗 )

A 「 www


B 〔 結局、その日 『 ミユキさん 』 は
   自分の 『 プレゼン 』 を
   すっぽかした理由を話すコトは無かった…


   そして、一日いろいろと
   遊びまわってから社に戻ると…
   案の定 というか、モチロン というか… ( 汗 )

   ミユキさん と ボク は
   開発部長 と 営業主任 から

   死ぬ程 怒られたのでした…… (´-ω-`; )


   説教が終わり
   自分の課に向かう ボク と ミユキさん



A 「 ふぅ~、ようやく 『 おこごと 』 から
   解放されたわネ?♪w


B 「 ミユキさん は
   大胆過ぎますよ…… (´-ω-`; )


A 「 そっかな?♪w

B 「 コレまでにも 『 大胆かつ破天荒 』 な
   『 性格を秘めた方 』 だっていぅのは
   色々と 『 ウワサ 』 で
   うかがってはいましたけど…… ( 汗 )


A 「 なァにィ? 大胆な 『 おねえさん 』 はキライ?♪w

B 「 い、いゃ、あのっ!
   けっして、そんなコトはっ !! ( 汗 )


A 「 ん?w

B 「 むしろ、ダイスキですっ !!! (; ・`д・´)

A 「 www

B 「 良かったら、また 『 ドライブ 』 してください!
   ボクの 『 社用車 ( しゃようしゃ ) 』 でっ! (; ・`д・´)


A 「 また今度ネw
   あんまり 『 こんなコト 』 ばっかりやっていると
   本気で クビ になっちゃぅからw


B 「 いゃあの、そ、そぅですよネ…… ( 汗 )

A 「 ゴメンね
   アタシが 『 付き合わせた 』 せいで
   怒られちゃって


B 「 いゃあのっ! 何処までも
   ボクはっ ミユキさん に!
   っていぅか、ミユキさん とっ !! (; ・`д・´)


A 「 ありがと♪w

B 「 なんていぅか、やっぱり…
   ウチの会社は…っていぅか


A 「 ん?

B 「 やはり 『 開発部 』 あっての
   わが社ですし

   ミユキさんは…… その
   他の 『 開発部の人達 』 とは違ってその…


A 「 ん? なに?w


B 「 ぃ、ぃえ、なんでもありませんっ !!! ( 汗 )

A 「 ww

B 「 こっ! コレより、オカダ・ノブヒコ 業務に戻り!
   コレまで以上に 『 営業 2課 』 にて
   成果を挙げられるよう精進していきますっ! (`・ω・´;)ゝ


A 「 ぅん♪

B 「 アリガトウございました!
   とても楽しかったです !!


A 「 コチラこそ♪
   そぅいう風に 『 言ってくれる 』 のが
   ノブヒコくん のイイとこネ♪


B 「 うぉぉぉぉぉぉぉおぉぉぉぉぉっ!
   アリガトウございます !! ( 汗 )
   その 『 お言葉 』 ウレシィですっ !!
   なんていぅか、そんな風に言っていただけるのは
   身に余る 『 光栄 』 に想いますっ !!! (; ・`д・´)


A 「 ww

B 「 とっ、とにかくっ!
   今日、ホント楽しかったです!♪
   アリガトウございましたっ !!!


A 「 ぅん♪w
   アタシも楽しかった、ホントにゴメンね?
   無理やりつき合わせちゃってw


B 「 いっ、ぃぇ、けしてそんなコトはっ !!
   そ、ソレでは…、失礼します……っ! (; ・`д・´)


A 「 ぅん♪w


*************


B 【 しかし、その後すぐ
   やはり 『 さすが 』 と、いうか…

   ミユキさんの 『 課の開発品 』 は
   『 プレゼン 』 するまでも無く
   いつものように 『 アッという間 』 に
   製品化が決まり

   コレまでにも忙しかった 『 彼女 』 は
   海外拠点の 『 指導 』 も任されるなど
   更に 『 多忙な人 』 に成っていきました…

   その為というか 『 責任 』 も
   以前とは比べ物に成らない程増え

   今までのような
   『 プレゼンをすっぽかしたり 』 と、いぅような
   大胆 で フリーダム な 行動 は…… ( 苦笑 )

   あの日以来
   取ってはいないようでした…

   まぁソレが モチロン 『 当たり前 』 と言えば
   当たり前 なんだろうけど…


   でも…… いつも 『 外回り 』 から
   社に戻って来たときに…
   会社的に、更には
   『 仕事中 』 にあっては成らないとはいえ

   ひょっとしたら、また 『 ミユキさん 』 に
   突然、運転手を命ぜられて
   あちこち 『 連れまわされる 』 なんてコトが……

   あったら 『 イイなァ~? 』 って
   心のどこかで期待してしまっている
   ボクが居るのは…

   隠しようの無い…


   事実です… (´-ω-`; )♪




   END
ラブコメ系 少々青春トキメキ系 恋愛ドラマ系 社会人の話 少々ほのぼの系 片想い系 少々青春ドラマ系 会社系 デート系 多少両想い系?w 大人の恋系 大人の話系 おねいさん系 オフィスラブ系 少々テンション高い系 少々恋のトキメキ系 職場内系 少々マイペースキャラ系 少々アネゴキャラ系 純情青年系 少々ロマンティック・コメディ系 同僚系 少々モノローグ系 キュンと来る台本素材 ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材
掛け合い台本2人用 男1女1不問0 ショートストーリー台本素材 寸劇系


 

2人用台本 【女1 男1 】 星空観察 少々大人な話?要素w #075 『 冬の星座 』 を、早い時期に観たくはないかぃ…?♪

 

2人用台本 【 女性 1人男性 1人

所要時間 : 約 6分
台詞数 : 48




【 掛け合い台本 #075 タイトル 】

『 冬の星座 』 を、
 早い時期に観たくはないかぃ…?♪




【 配役 】 右の()内は セリフ数 です

A : ユースケ ♂ ( 24 ) ボケ
B : アケミ ♀ ( 24 ) 少々攻め

*********

() : ト書き



【 ジャンル 】

冬の星座
星空観察

少々ラブコメ? 要素w



ぐらむてまてりある 2人用台本 【女1 男1 】 星空観察 少々大人な話?要素w #075 『 冬の星座 』 を、早い時期に観たくはないかぃ…?♪ コンデジで頑張って撮った、東の空に昇って間も無い [ オリオン座 ] ですw 500px × 343px


【 話の流れ的なモノ 】

冬に良く見える 『 星座達 』 を
少し夜更かしして 『 初秋 』 の
真夜中に見よう! と、言う ユースケ

それで、妙に 昼寝を勧める
どうやら 『 一人寝 』 が 『 寂しい? 』 らしい?

と、いう おそらく 社会人コメディ と、いった
感じの 掛け合い台本作品 です☆w


ゼヒゼヒ、冬の 星座達 を眺める為にと
 意気込んで、バシバシ やってみてください ☆w

□□□□□□□□□□□□□□





A 「 よし、今夜は寝かさないゾ!


B 「 な、なによ
   ヤブから棒に…… ( 汗 )


A 「 オマエ知ってたか?


B 「 だから何がよ…… ( 汗 )


A 「 夜空の 『 星 』 を見上げ、何を思う?


B 「 ハァ……? (´-ω-`; )


A 「 何を思う?


B 「 いや、いきなり何よソレ
   だから…… (´-ω-`; )




A 「 何をか思わん!? セィッ ( Say ! ) !!!!

なんか勢いのある感じの
  ポーズを取っている、ユースケ





B 「 何してんのよ
   ソレ…… (´-ω-`; )( 汗 )



A 「 気合を入れてみた
   今夜はだから寝かさないゾ?



B 「 だからどういうコトなのよ
   いきなり…… ( 汗 )



A 「 夜空の 『 星 』 だ!



B 「 うん、で?
   星を観る為に起きているとか
   そういうコト?


A 「 イグザクトリィ! ( 正解だっ!



B 「 なんで、いきなり
   そんなんなのよ…… (´-ω-`; )



A 「 バカっ!

   冬の星空の 『 ステキさ 』 は
   知っているな!?



B 「 ぅ、ぅんまぁ…… (´-ω-`; )

   『 明るい星 』 が多くて
   『 にぎやか 』 よネ?



A 「 そうだっ!
   だが、その 『 冬の星々 』 が
   上に上がるとき!



B 「 …… (´-ω-`; )


A 「 真冬の時期では
   もうかなり 『 早い時間 』 に上がっている為

   街の 『 明かり 』 などにさえぎられて
   イマイチ良く観る事が出来ないんだ!



B 「 そ、そういうモノなの……? (´-ω-`; )


A 「 そうだ!

   しかし!この初秋
   いまくらいの時期であれば!

   『 冬の星座達 』 が
   ちょうど 『 真夜中 』 に上に昇る!



B 「 ぅん…… (´-ω-`; )


A 「 だから、より暗い時間に
   冬の星空達を! 楽しめるのが!



B 「 …… (´-ω-`; )


A 「 今のこの 『 時期 』 なんだ !!!!!


B 「 そ、そぅなのネ…… (´-ω-`; )
   で、ソレで何なのよ



A 「 寝かさないゾ !!?



B 「 もぅ……

   いっつもワケわかんないコトばっかり言って
   振り回すんだから…… (´-ω-`; )



A 「 冬の星を観たく無いのかっ!?


B 「 いやまぁ……まぁじゃ
   そういうコトならイイわよ……



A 「 よしじゃ、早速 『 昼寝 』 だっ!


B 「 まったく。。。


A 「 夜に起きていられる
   イチバンの特効薬! 『 昼寝 』 だっ !!!


B 「 …… (´-ω-`; )


A 「 オレと一緒に
   『 昼寝 』 したいだろ?



B 「 いやそれは無い

A 「 ノォッォォオオオオ!


B 「 まぁだから 『 星を観る 』 ために
   『 昼寝 』 するのは別にイイわよ (´-ω-`; )



A 「 だからソレに備えて
   一緒に寝るゾっ !!!



B 「 いやだから
   アンタと 『 一緒 』 には寝ないから



A 「 ノォォォォォォォッ !!!!
   一人で寝るのは寂しいじゃないかっ!



B 「 何なのよ、ソレ…… ( 汗 )

   じゃあアタシはいいから好きなだけ
   『 昼寝 』 しときなさいよ…… (´-ω-`; )



A 「 星を観たくないのか?
   寝ておかないと観れないんだゾ!



B 「 いやだから、星は観たいけど
   アンタと 『 一緒 』 には
   決して寝ないから (´-ω-`; )



A 「 ノォォォォォォォオォ!

B 「 まったく、もぅ…… (´-ω-`; )



  END
ツンデレ 恋愛ドラマ
OL 社会人ドラマ ラブコメディ 冬の星々 冬の星座 オリオン座 星空観察 天体観測 掛け合い2人
マイペースキャラ 寂しがり屋 社会人の話 男1女1ナレ0


ぐらむてまてりある 2人用台本 【女1 男1 】 星空観察 少々大人な話?要素w #075 『 冬の星座 』 を、早い時期に観たくはないかぃ…?♪ コンデジで頑張って直撮りした、東の空に昇って間も無い [ オリオン座 ] ですw 800px × 549px

【 コンデジで頑張って夜空を直撮りして
  撮影した [ オリオン座 ] ですw 】

 

2人用台本 【男1 女1 】 社会人コメディ 夏の夜空 少々ラブコメw #034 七夕 スルメ計画☆

 

2人用台本 【 男性 1人女性 1人

台詞数 : 113
所要時間 : 約 11分



【 掛け合い台本 #034 タイトル 】

七夕 スルメ計画☆
Dried Cuttlefish on Seven Zero Seventh


【 配役 】 右の()内は セリフ数 です

A : ヨウコ ♀ ( 57 )
B : ミヨシ ♂ ( 58 )

**********

() : ト書き
SE : 効果音



【 ジャンル 】

七夕の話
社会人コメディ

少々ラブコメ系
夏の夜空



【 話の流れ的なモノ 】

ヨウコミヨシ 共に
ボケ・ツッコミ と、いう感じです☆

七夕の夜ヨウコ の家のベランダで
ビール片手に夜空を見上げている 社会人二人

の、なんとな~くな やりとりの風景です (^^;)ゞ☆



2人用台本 【男1 女1 】 社会人コメディ 夏の夜空 少々ラブコメw  #034 七夕 スルメ計画☆ 挿絵 500px x 338px

□□□□□□□□□□□□□□




A 「 ね、流れ星に

   何を 『 お願い 』 する?♪



B 「 ……っ!? (汗)

A 「 なに?w


B 「 いや七夕に、あの更に

   まだ他に 『 お願い 』 をしろってか? (苦笑)



A 「 イイじゃない?♪

B 「 欲張りだな? (´・ω・;`)


A 「 イイでしょ?

   『 七夕のお願い 』
   『 流れ星へのお願い 』

   別にイイじゃない?

   どっちも 『 願い 』 を
   叶えてくれるんだから♪


B 「 …… (´・ω・`)



A 「 ね、なんかお願いしなよ?


B 「 じゃ、ビールをもう一本

A 「

B 「 つまみも欲しいゼ?



A 「 あのね… ( 苦笑 )

   せっかくこんなロマンティックな
   晴れた 『 七夕の星空 』 を前に

   さらに仮にも女の子に
   そういうつまんない答え方をしていると

   アッと言う間に、嫌われるわよ?



B 「 …… き、嫌われたくは無い。。。 (´-ω-`; )

   しかし、この星空を前に

   オレはもうビールを
   飲み干してしまいそうなんだ… (´・ω・`)


A 「 もぅ……

B 「


A 「 持って来てあげるから

   その間に、何か考えろ



B 「 か 『 考えろ 』 て… (苦笑)


A 「 考えていなかったら

   つまみは食べさせてやらない


B 「 ノ、ノぉ…… ( ・`ω・´;)

A 「 ww


ビールと、他に何か
  乾き物などを取りにいく ヨウコ



B 「 願いゴトか……


暫くして、スルメと
  ビールを持って戻ってくる ヨウコ




B 「 ス、スルメですか…? (´・ω・`)

A 「 イヤなの?


B 「 い、いや…… (´・ o ・`)

   『 ロマンティックな星空 』
   とか、言っていたのに…

   …… スルメですか… (´-ω-`; )


A 「 いらないなら、やらん

B 「 いや、いただきます! ( ・`ω・´;)

A 「 ww


SE : ムシャムシャ
    ゴキュゴキュゴキュ…


スルメをつまみにビールを飲む 二人




B 「 でも流れ星に 『 お願い 』 って…

   そういえば、したこと無いぞ?


A 「


B 「 そもそも、あんなのに
   『 お願い 』 できるヤツなんて居るのか?


A 「 まぁ、パッって消えちゃうからね?☆


B 「 アレはだからさ

A 「 ん?


B 「 アレに 『 お願い 』 が、出来る位の
   反射神経があるヤツなら

   願う願わない以前に

   『 何だって出来ちゃう 』 とか
   そういう意味なんじゃないのか?



A 「 もぅ……

   本当なんか、ムードとか
   そういうのを解さないのね?

   アンタは…… (´-ω-` )



B 「 スルメを食べながら

   『 七夕の星空 』 の下で
   『 流れ星 』 について
   『 お願い 』 を言えと言われる 『 難しさ 』


A 「 ww


B 「 それが今のオレを

   追い詰めているんだ…… (´・ω・`)


A 「 ww


B 「 オマエは
   何を願うんだよ?


A 「 ぇ?


2人用台本 【男1 女1 】 社会人コメディ 夏の夜空 少々ラブコメw  #034 七夕 スルメ計画☆ 挿絵 300px X 225px



B 「 流れ星にさ?

   七夕のお願いは

   『 仕事が上手くいくように 』 だったろ?


A 「 うん


B 「 流れ星には、何て言うんだ?


A 「 ……


B 「 隠すな、今更
   全部言ってしまえ



SE : モグモグムシャムシャ
    ゴキュゴキュゴキュ…


スルメをムシャムシャと食べ
  ビールをグビグビと飲む ヨウコ



A 「 まぁ、アレかな?

   『 美味しいモノを
     お腹一杯、毎日食べたい 』 とかかな


B 「 ………… (´-ω-`; )


A 「 アンタと居ると
   ムードが出ないのよw


B 「 オレのせいかよ…… (´-ω-`; )

A 「 www



少し黙って
  ビールを飲んでいる 二人

  おもむろにまた ミヨシ が話し始める




B 「 『 流れ星 』 が
    流れて落ちようが

   空にとどまり輝いて
    『 ただの星 』 のままでいようが…


   オレは、意に介さない……


   だって、七夕にこうやって…

   『 好きな人と
    一緒に居られる 』 のなら、ね (。´-ω・)☆



A 「 うおぉぉぉおおおww


B 「 ちょっと キュン としただろ? (。´-ω・)☆

A 「 したかもwww


B 「 惚れたか? (。´-ω・)

A 「 …… (*´ w `*)w

B 「 照れるで無いわ
   カッカッカッカッカッw


A 「 まぁねwww


B 「 だろ?
   やっぱオレはスゲエよ☆


A 「 ww

   まぁでも実際は
   『 流れ星 』 になるようなのは

   殆どが空にある間は
   輝いていないからw



B 「 んあ゛? (´・ o ・;`)
   そうなのか!?



A 「 www あさはかなりw

B 「 うぅぅぅぅ…… (´-ω-`; )


A 「 ww
   ね、そんなのイイから

   二人で
   『 一緒にお願い 』 しない?


B 「 そ、そんなのイイからて…… (´-ω-`; )

A 「 ww

   『 また来年も七夕に
     一緒に空を観られるように 』 って♪



B 「 お、おぅ……! ( ・`ω・´;)




ベランダのへりに
  ビールとスルメの入った皿を置いて

  空を見上げる 二人





AB 「 来年の七夕も

    一緒に…☆



B 「 例え世の中

   色々と上手く行かないコトが
   あったとしても…



A 「 お?w


B 「 例えどんな邪魔や困難が
   あったとしても…


A 「 ……♪


B 「 健やかなるときも
   病めるときも…


A 「 ww


B 「 また二人がここで

   『 一緒の時間 ( とき ) を過ごせるように 』


A 「 うん……♪



AB 「 ヨロシクお願いします☆


SE : シューーーン☆
流れ星が流れる音

ちょうど良いタイミングで流れ星が流れる


B 「 うおぉぉぉおおおぉおっっ !!!!!!!

A 「 www

B 「 今、ちょうど
  行ったぞっ!!? ( ・`ω・´;)


A 「 www


B 「 さすがオレだな!!? ( ・`ω・´;)

A 「 何でアンタの手柄なのよ?w


B 「 イヤコレは!
   今のは完全にオレだろ? ( ・`ω・´;)


A 「 ww
   流れ星が合わせてくれたのよ?

   きっと♪w



B 「 いや!
   今のはやっぱオレのさっきの台詞が
   流れ星をキュンとさせたんだよ!☆

   それで思わず
   落っこちたんだよ! ( ・`ω・´;)


A 「 ワカッタからw


B 「 やっぱオレは
   さすがだな!? ( ・`ω・´;)


A 「 まぁそういうコトでいいよw

B 「 と、いうコトでだ!

A 「 ん?


B 「 流れ星もこうして
   オレ達を応援してくれているコトだし


A 「


B 「 また来年も一緒に
   流れ星を落っことしてやろうぜ? (。´-ω・)b



A 「 おぅw

SE : カン!

仲良く乾杯し、スルメをむさぼり
  思いっきりビールを飲む 二人



SE : ムシャムシャ
    バリバリ、ゴキュゴキュゴキュ



B 「 ムードのカケラも無いな?
   オレ達は…… (´・ω・`)


A 「 www

   スルメをムシャムシャ食べて
   ビールを飲むのの何が悪いかw



B 「 ま、まぁそうだが…… (´-ω-`; )


A 「 昔のエライ人の言葉にもあるわ

  『 スルメを悪く言うモノは、スルメに泣く



B 「 な、なんだ
   それは…… (´-ω-`; ) (汗)



A 「 ww
   それは冗談としてw

   スルメを悪く言うなら
   もう買ってきてやらないぞ?


B 「 な、なんという…… (´-ω-`; )

   スルメが元でケンカして
   来年一緒に居なかったらイヤだな


A 「 www


B 「 来年の七夕前には
  スルメを買っておくのだ
  必ず一杯買っておくのだ


A 「 自分で買っておけw


B 「 そ、そうする……
   そうしておきます…… (´-ω-`; )


A 「 www


B 「 そして来年も
   きっと一緒に二人でスルメを食おう
   食っていようぞ



A 「 おぅw

SE : カン!

もう一度、乾杯し
  スルメを頬張る 二人



SE : ングング、ムシャムシャ
    バリバリ、ゴキュゴキュゴキュ♪



B 「 やっぱりムードが無いな?
   オレ達は…… (´・ω・`)


A 「 www



 END
社会人コメディ コメディ系 ほのぼの系 初夏の話 夜空の話 ラブコメ 七夕 恋愛ドラマ 社会人ドラマ 夏の思い出 スルメ 社会人の話 少々ロマン系 家のベランダ 将来のコト 人生観 世間話的な内容
掛け合い2人 男1人女1人 男1女1ナレ0



 2人用台本 【男1 女1 】 社会人コメディ 夏の夜空 少々ラブコメw  #034 七夕 スルメ計画☆ 挿絵 400px x 278px


 

2人用台本 【男1 女1】 社会人青春系 少々ほのぼの恋愛要素 #020 オフィスの恋の始まりは、そんな形にいそがしく

 

2人用台本 【 男性 1人女性 1人

台詞数 : 62
所要時間 : 約 7分



【 掛け合い台本 #020 タイトル 】

オフィスの恋の始まりは、
 そんな形にいそがしく




【 配役 】 右の()内は セリフ数 です

A : ユウキ ♂ ( 31 )
B : シホ ♀ ( 31 )

() : ト書き



【 ジャンル 】

社会人青春系
少々恋愛ドラマ

多少ほのぼの系



【 話の流れ的なモノ 】

ユウキ 少々受け
シホ 少々攻め

日々、残業に追われる ユウキ
本当にやりたいコト 』 と、いうコトについて
少し立ち止まって考えたコトを

先輩 OL の シホ
横でなんとなく聴いてアゲている

と、いう感じのおハナシです♪



2人用台本 【男1 女1】 社会人青春系 少々ほのぼの恋愛要素 #020 オフィスの恋の始まりは、そんな形にいそがしく 挿絵 700px x 825px


【 キャラクター 】

先輩 OL
後輩 同僚


【 シチュエーション 】

オフィスでの残業中

□□□□□□□□□□□□□□




A 「 残業残業、また残業

   明日も残業、今日も残業…… (´-ω-`; )



B 「 ……ww



A 「 その分、金貰ってるから

   イイっちゃ、イイけど……


B 「 うん……



A 「 1週間が経つのが

   早すぎるよ…… (´-ω-`; )


B 「 ……w



A 「 だって、振り返ると 1週間

   『 仕事以外のコト 』
   なんにも、やっていないんだぜ…? (汗)



B 「 そうね?w



A 「 家に帰ってゴハン食べて
   風呂に入って、少し部屋を片付けて

   TV を観て…… んで



B 「 あ、もぅ、寝なきゃ?(笑)


A 「 そう !!
   そうなんだよ……! ( ・`ω・´;)



B 「 www



A 「 この仕事が
   イヤって訳じゃないけど

   もう何年も…
   『 自分のコト 』 を

   じっくりと
   考えたコトが無い…… (´-ω-`; )




B 「 自分のコト…?



A 「 うん……


   大学生のときはさ

   勉強にバイトにサークルに、って
   忙しかったけど

   『 自分のやりたいコト 』 を
   毎日考えてた


   たまに…

   それに熱中し過ぎて
   夜中に飛び起きて

   ロクに実行しないような?

   でも…、真実味のある、というか

   色んな 『 将来に向けた計画 』 を

   一生懸命、パソコンに
   書き出したりしていたよ…… (´・ω・`)



B 「 (^o^) ww



A 「 わ、笑わないで欲しいな? (苦笑)


   あの頃は、一応……

   必死に進路を

   『 模索 』 していたんだから…… (´・ω・`)



B 「 …… ゴメンw




A 「 でも、今はさ?
   『 やりたいコト 』

   やれているのかもしれないんだけど…



B 「 うん……


A 「 自分が 『 計画 』 して
   やってるっていうんじゃなくて…


B 「 …?



A 「 ただ 『 仕事 』 があるから
   ソレを、こなしているだけって

   感じがする…… (´-ω-`; )




B 「 それが… 不満?(笑)



A 「 う~ん……

   不満、という…… ワケでは…… (汗)


B 「 ww



A 「 でも、なんていうか…

   自分で…、あの頃みたいに
   夜寝る前に計画した通りに

   1日を思いっきり

   『 自分の思い通り 』 に



   過ごしてみたい…… (´-ω-`; )




B 「 ww



A 「 な、なんだよ…… !!! ( ・`ω・´;)



B 「 それは、みんな

   そう思っているわよ?(笑)




A 「 ぅぅ…… (´-ω-`; )

   よく我慢できるよな……?




B 「 ぅ~~~ん…… (´・ω・`)

  ( 少し考え込む様子の シホ




A 「 な、なんだよ………… (汗)




B 「 『 ガマン 』 するっていうのとは

   ちょっと違っ…ぅ? かな……?

   とか、思ったり、する (笑)




A 「 ぅぅぅ……
   そ、そうか…… (´-ω-`; )






B 「 っと、その前に?♪


A 「


B 「 お腹空いたw


A 「 ぬあっつっ!? ( ・`ω・´;)(汗)


B 「 なんか
   食べに行かない?♪



A 「 ぬあっ……てっ!?

   仕事っ どうすんだよっ!? (汗)



B 「 どぅって? (^o^)♪


A 「 ど! 『 どぅって? (^o^)♪ 』

   って……っ !! ( ・`ω・´;)( 汗 )




B 「 1時間ぐらい イイじゃない?♪


A 「 イ! イイじゃない?♪
   てーーーっ !!! ( ・`ω・´;)


B 「 なによ?w



A 「 食べたら眠くなっちゃうんだよ

   この時間は…… (´-ω-`; )


B 「 www


A 「 満腹中枢と睡魔は
   仲良しさんなんです…… (´-ω-`; ) (汗)



B 「 www

   もう、せっかく気を利かせて
   この素敵な先輩が

   『 誘って 』 アゲてるのに♪

   こういうチャンスを活かさないと


   今後……もっと
   『 煮詰まっちゃうぞ?

   キミは/(^o^)\♪



2人用台本 【男1 女1】 社会人青春系 少々ほのぼの恋愛要素 #020 オフィスの恋の始まりは、そんな形にいそがしく 挿絵 350px x 388px



















A 「 ぬ! ぬぁっつ…… !!! (; ・`д・´)


B 「 ww
   アタシは食べてるから

   横でコーヒーでも
   飲んでいればイイじゃない? (。´-ω・)b



A 「 な、なんという…… !!!! ( ・`ω・´;)



B 「 行かないならw

   アタシ一人で
   行ってこよっかなぁ? ヽ(´ー`)ノ♪


A 「 ちょ !!!! (; ・`д・´)


B 「 www


A 「 ま、むぁ待って……っ !!! ( ・`ω・´;)



B 「 ww

   エレベーターが閉まる前に
   来れなかったらぁ


   置いていくw



A 「 ちょっ !!!! 待っ! (; ・`д・´)

   パソコンをっ !!! (汗)
   その !!!! 待っ!もぅ !! 待っつぁ!!! ( ・`ω・´;)



B 「 ww、ほらもう

   閉まる閉まる~ ( *^艸^)♪w



A 「 ちょっ! あっ! なっ!゛
   パソっコ、ぬぁっ゛ !!!! 待っつぁあっつッ !!! (´;ω;`) !!!


B 「 www



 END

社会人ドラマ 恋愛ドラマ ほのぼの系 オフィス OL 後輩 同僚
青春ドラマ 人生観 社会人の悩み 掛け合い2人 男1女1ナレ0


2人用台本 【男1 女1】 社会人青春系 少々ほのぼの恋愛要素 #020 オフィスの恋の始まりは、そんな形にいそがしく 挿絵 350px x 388px


 

著作権使用フリーのオリジナルの、声劇やボイスドラマ・演劇など以外にも、是非マンガ、ゲーム、小説、ライトノベル等のシナリオやプロット案や劇中劇等にも使用していただきたい、短い掛け合い台本素材、短い声劇台本素材、短いボイスドラマ用台本素材、ナレーション素材や、朗読劇向け台本素材、朗読劇台本素材、ラジオドラマ用台本素材、一言セリフ素材、一人芝居用台本素材、ボイスサンプル用セリフ素材、 ボイスサンプル用台本素材、寸劇用台本素材、ナレーション練習用素材、他にも演劇練習、お芝居練習、声優さんの練習や演劇部活動・サークル活動・舞台・パフォーマンス等にも是非どんどん使っていただきたいエチュードお題、他にネットラジオや生放送等のスゴリーミング放送等で使っていただけるような質問お題や放送ネタお題等も作っています・デザインパターン素材・BGM素材や 効果音素材等も使っています、是非、声劇や舞台・演劇・お芝居やゲーム・マンガ・小説・ライトノベルなどなど、様々な用途に発想自由にどんどんご活用いただければ幸いです