台本・物語・歌詞
素材一覧
ひと言セリフ
お題集
ランダムに
セリフお題
ランダムに
エチュードお題
おススメ
エチュードお題
声劇スゴロク
劇多め / 劇少なめ
画像・背景
素材一覧
雲と空の
画像素材
楽曲など向け
歌詞素材
BGM素材一覧
ボイス素材一覧 作曲関連いろいろ ギャラリーです イラスト・マンガを
描くときのお題
利用の規約
です(`・ω・´)ゞ


※更新終了しました
  更新終了に関する詳細は コチラ

2人用台本 【女1 男1 】 酔っ払い系w ラブコメディ 少々コミカルなマイペースキャラw お酒の席のハナシ #322 『 好き 』 って… ただ一言、そう言えたら、イイのに…♪

 

2人用台本 【 女性 1人男性 1人

台詞数 : 627
所要時間 : 約 48分



【 掛け合い台本 #322 タイトル 】

『 好き 』 って… ただ一言、
  そう言えたら、イイのに…♪



【 配役 】

A : ミホ ♀ ( セリフ数 325 ) 少々受け
B : サトナカ ♂ ( セリフ数 302 ) 少々攻め

**********

【】 : モノローグ
〔 〕 : ナレーション


【 役表 】
――――――――――
『 好き 』 って… ただ一言、そう言えたら、イイのに…♪
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-916.html

A : ミホ ♀ :
B : サトナカ ♂ :
――――――――――


【 ジャンル 】

酔っ払い系 ラブコメディw
少々コミカルなマイペースキャラw

お酒の席のハナシ


【 話の流れ的なモノ 】

同窓会 で、久しぶりに顔を合わせて
お酒が入っている場面
と、ある二人 の ちょっと ラブコメ的な おハナシ です☆

良かったら、バンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆♪


【 シチュエーション 】

居酒屋カラオケ屋



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



A 〔 卒業してから
   2年ぶりの同窓会…

   ワタシが好きだった
   サトナカ君も来るっていう
   ハナシだったんですけど

   実際、来ていて顔を合わせるなり
   すぐに、ほとんど二人で飲み始めました♪


*******************


A 「 久しぶりだネ?♪

B 「 あァ…、結局アレ以来
   まったく連絡取って無かったっけ…?


A 「 そうだよ?
   電話…、くれるかな? って…
   待っていたのに……


B 「 ぇ? そ、そうなの…?

A 「 なァ~んてネ♪


*******************

A 【 久しぶりに逢って…
   イキナリ、自分の気持ちを
   おもてに出してしまうっていうのは
   なんか軽率けいそつな気がしたので
   チョット誤魔化しちゃいました…w


*******************


B 「 アレから、どうしてたの?
   仕事は順調?


A 「 ぅん、まァ…、サトナカ君は?

B 「 ソレがさ…、つとめていたトコ…

A 「 そういえば…、そっか……

B 「 ぅん…、イキナリだったから
   みんな慌てていたよ
   結局、最後の月は給料未払いで
   みんな散り散ち ぢりって感じだったし…


A 「 倒産しちゃったんだっけ?
   大手おおてだったのにネ…?


B 「 まァね…、でも 『 石油の値段 』 が
   あんだけ上がっちゃったらサ…
   一概いちがいに 『 会社だけの責任 』 って感じじゃ無かったから
   みんな 『 しょうがないか… 』 って感じだったよ


A 「 そぅ…、今…じゃァ、何しているの?

B 「 バイト三昧ざんまいだよw

A 「 えぇ? ホントに?
   就活のときあんだけ頑張ったのに?


B 「 うん…、まァな?
   でもサ、バイトって結構楽しいんだゼ?


A 「 そうなの? なんで?

B 「 なんていうか…、ココだけのハナシって感じだけどサ

A 「 ぅん、なに…?

B 「 責任とかが全くいらないっていうかサw

A 「 なにソレ…w

B 「 こんなに気楽に仕事をしていて
   金貰っちゃってイイのかな? って思うくらいw


A 「 へぇ~~~、なんか…
   チョット羨ましい……


B 「 三日に一回はバイト仲間と
   飲みに行っているような感じだし


A 「 なにソレ…、大学生の頃と変わんないじゃん

B 「 そうなんだよ、みんな超仲良くてサ
   今度 『 旅行 』 に行く計画とか立ててんだゼ?


A 「 ほとんどサークルみたい…

B 「 そう、も、ホント、働いているって感覚まるでゼロw

A 「 ww 変わんないネ? なんか

B 「 そう? 一応、社会人を経験して
   その 『 会社の倒産 』 とかも経験してとか…
   コレでも、色々あった方かなとは
   思ってはいるんだゼ?


A 「 だから、ソレがw

B 「 なに? どういう意味?

A 「 悪い意味じゃ無いから…、怒んないでよw

B 「 怒っては… 居ないけど……

A 「 いっつも、そうだったw

B 「 オレ?

A 「 ぅん、なんていうか、何があっても
   次の瞬間には笑っているっていうような


B 「 そんなんだったっけ?

A 「 うんw だから、みんな言っていたの

B 「 なんて?

A 「 サトナカ君は、多分地球が滅びても
   生き残っているってw


B 「 なんだよ、ソレ… ( 苦笑 )

A 「 ww

B 「 まァ、でも確かに…
   能天気なタイプといえばそんなような気もするけど…


A 「 『 気もするけど… 』 なんてレベルじゃないよw

B 「 そんなに?

A 「 ぅん…、だから……


*******************

A 【 そんな、何があっても
   いつも 『 楽しげ 』 なアナタのコトが
   ワタシは……♪


*******************


B 「 んで、そっちはどうよ?
   上手く行ってんの?


A 「 んと……、どっちのハナシ?

B 「 ぅんと……、そうだな
   ま、両方聞きたいけど…
   とりあえず、カレシのコトかな


A 「 気に成る?

B 「 まァ、少しはネ?

A 「 へぇ~~、気に成ってくれているんだ♪

B 「 いゃだってよ
   いっつも モテモテ だったからな? ミホ は


A 「 そうかな?

B 「 いゃ、そうだったでしょ?
   ウチのサークルでも
   みんなで 『 協定 』 結んでいたくらいだったしよ


A 「 なに、そのハナシ… ( 苦笑 )

B 「 今だからバラしちゃうけどサ

A 「 ぅん…

B 「 抜け駆ぬ がけ 』 は、ゼッタイ無し
   ミホ にアタックをするときは
   必ず、オレ達全員にまず報告してからって、さ


A 「 なに?w その変な 『 協定 』 …

B 「 独占禁止法ってあるジャン?
   なんかあんな感じでサ


A 「 どくきん法? アタシが?w

B 「 そう

A 「 なに、ソレ…、意味あるの? その協定…w

B 「 いゃ、とにかくサ
   誰かが仮に ミホ と付き合えるコトに成ったとしても
   ゼッタイに、オレ達との友情を壊すような
   『 付き合い方 』 はしないっていうようなサ


A 「 例えば?

B 「 さっきも言ったけど、三日に一回は飲んでいただろ?

A 「 うん…、みんないっつも二日酔いだったw

B 「 だろ?w

A 「 うんw

B 「 んでサ、まずはその 『 飲み会 』 に
   出来るだけ顔を出すコト


A 「 アタシと付き合ってもってコト?

B 「 そう、だって カノジョ が出来ちまって
   急にオレ達との 『 付き合い 』 が減っちまったら
   なんか寂しくなるだろ?


A 「 そういうコトか…

B 「 うん…、あとは…
   とにかく、いつの間にか 『 付き合っていた 』 とか
   そういうのはゼッタイ無し、みたいなサ


A 「 あァ、ぅん、なんかそういうのは
   ワカル気がする…


B 「 おぉ、ワカってくれるか?

A 「 ぅん…、アタシもソレで一度…
   高校生の頃だけど…、友達無くしてるから


B 「 なんだよソレ…、なんか切ないな?

A 「 ぅん…、もう少し酔いがまわって来たら
   ハナシてもイイかもって感じくらい
   チョット悲しかったかな? アレは……


B 「 よし! じゃ、今日はジャンジャン飲もう!

A 「 おぅ♪

B 「 イイぞ? っていうか
   ミホ 飲めないんじゃ無かったっけ?


A 「 いやソレがネ?

B 「 ぅん、なに?

A 「 カクテルなら飲めるってワカッタの

B 「 あァ……

A 「 なに?w

B 「 まァな? オレ達
   いっつもビールばっかり飲んでいたからな?w


A 「 そうw
   だから、ビールとか焼酎とかが
   なんていうか 『 お酒 』 っていうモノだっていう
   固定概念みたいなのがあったから…


B 「 カクテルだったら
   全然イイっていうのを見つけたってワケか?


A 「 ぅん…、そう、チョット高くついちゃうけどネ

B 「 ソレが、アレか? アイツと付き合ってから
   ワカッタとか、そういうコト?


A 「 ぅん、まァ…

B 「 野郎…、今日来てネェけど
   ミホ と色んなトコに出掛けて
   楽しんでいたっていうワケか


A 「 まァ…、そんな感じ…… かな?w

B 「 んで? 続いてんの? ミナミ とは

A 「 直球で聞いて来たネ?w

B 「 まァ、イイだろ? 酒の席だし

A 「 ホント、変わって無いw

B 「 そう?

A 「 そうだよ、何かっつぅと 『 酒 飲んでいるから 』
   なんでもアリだろ? みたいなノリ…w


B 「 まァ、大学生だったからな、あの頃は

A 「 ww でも、今でもあのときくらいの
   ペースで飲みに行っているんでしょ?


B 「 おぅ、ガンガン飲んでるゼ、へべれけだゼ

A 「 そんなんで、仕事出来るの?w

B 「 出来るんだよ、ソレがサ

A 「 イイなァ…? なんか…
   アタシも、今んトコ一旦いったん離れて
   フリーターやってみようかな…?


B 「 なんなら、ウチに来いよ

A 「 本気で言っているの?w

B 「 うん、ウチ 『 時給 』 も結構イイし
   場所柄も良くてサ、イイ客ばっかなんだゼ?


A 「 そうなんだ
   ちなみに、なんのバイトなの?


B 「 カラオケ屋

A 「 カラオケか…

B 「 客居ないときなんか、ヒマじゃん?
   だから、交代で歌 うたったりしているんだゼ?


A 「 なにソレ…w

B 「 しょうがネェだろ、だって客居ないときは
   そんなにするコトもネェんだし


A 「 んで、三日に一回は飲みに行っているの?

B 「 そう

A 「 ほとんど、遊びに
   行っているみたいじゃない、ソレ… ( 苦笑 )


B 「 『 みたいじゃない 』 っていうか
   ほぼ、ガチで 『 遊びながら 』 金貰っているって感じだよ


A 「 ww

B 「 だから、まァ、もしもだけど
   本当に仕事キツイとかで、辞めるっていうんなら
   ウチ紹介してやるよ、ソレによ


A 「 なに?

B 「 アルバイト出来るのって
   若いウチだけジャン?
   ある程度、年齢行ったらやっぱどっかに
   就職しとかないととかそんな風になっちまうだろ?


A 「 そうだネ…

B 「 なに、なんか仕事でつまづいてるコトでもあんの?

A 「 ……

B 「 まァ、そうだよなァ?
   オレも 『 コアナッグ 』 んときは
   休日返上とか深夜まで残業とか
   ほぼ当たり前みたいな感じだったしな


A 「 さすが大手おおて

B 「 うん…、馬車馬ばしゃうまのように働くっていうのは
   あんな感じだな? って、思うゼ
   特に今と比べちゃうとサ


A 「 ww ソレ、ホント 『 バイト 』 って呼べるの?w

B 「 呼べ… 無くも無いんじゃないかな?
   でもサ、どっちかっていうとサ、実はな?


A 「 うん、なに…?

B 「 今の方が 『 イイ働き方をしている 』 って感じがしてんだよ

A 「 そうなの?
   だって 『 コアナッグ 』 みたいな大会社で
   バリバリ残業して、っていうのと…
   さっき聞いたような、ヒマなとき
   『 カラオケ 』 してたりしてって…w


B 「 いゃ、ソレがサ…
   なんていうか…、そんな環境だから
   イヤでもみんな仲良くなんじゃん?


A 「 そういうモノかな?

B 「 そうじゃネ?
   オマエんトコ、今 『 友達 』 みたいな人って居るか?


A 「 …… 居ない…、正直、そんな人が
   出来るような場所とは思えない……


B 「 だろ? オレも確かに 『 充実感 』 はあったよ?
   『 一流企業 』 でガンガン働いていてサ
   残業手当なんかもつくと
   給料も相当貰っていたしよ


A 「 じゃあ、なんかおごってよw

B 「 いゃだから、今はもう無いんだってば
   『 コアナッグ 』 はサ


A 「 そっか…、だから 『 電話 』 くれなかったの?

B 「 まァな? 正直、そんなヒマ無かったからな?
   忙し過ぎて


A 「 イイなァ…? ウチの会社…
   そんなに 『 給料 』 イイっていうワケでもないし…
   友達なんて出来るような 『 雰囲気 』 ゼロだし…


B 「 …………

A 「 どうしたの?

B 「 いゃ、オマエがどうすんのが
   一番イイのかな? って、今一瞬考えちゃってサ


A 「 そっか…、で、どういう風に考えてくれたの?

B 「 さっき、言い掛けたコト言ってイイか?

A 「 ぅん、なに?

B 「 正直、言うとな?

A 「 ぅん

B 「 オレは今の方が充実してる

A 「 ……

B 「 一流企業に就職決まったってときは
   オレ 『 勝ち組 』 じゃネ? とか、思っていたけどよ
   働き始めたら、つぅか
   正社員成っちゃうと仕事しか出来ネェんだよ


A 「 ぅん…、そんな感じだよネ……
   アタシも今、そんな感じ……


B 「 だろ? でも、今んトコはよ

A 「 ぅん…、どんな感じなの?

B 「 まず、バイト仲間が仲が良いと
   店の雰囲気が良く成るっていうのがあってよ


A 「 あァ…、ソレは…ワカル気がする……

B 「 そう成ると、だ

A 「 ぅん、なに?

B 「 来るお客さん達も、自然と楽しく成るんだよ

A 「 ……

B 「 ワカルか?

A 「 ぅん…、ソレ……
   一番、大事だよ、ネ……


B 「 そうなんだよ
   大事なんだよ、コレがサ、よし! 飲もう!


A 「 ww いゃだから、飲んでるから、もうw

B 「 いゃ、もっと飲もうゼってコトだよ

A 「 もう酔っ払っているでしょ?
   さっきのハナシの続きちゃんとしてよ?w


B 「 あァ、忘れてた

A 「 ww

B 「 んでな?

A 「 ぅん

B 「 何処までハナシたっけ?

A 「 ww 酔っ払い過ぎ…w

B 「 オレ、酔いまわんの早いな?

A 「 早過ぎw

B 「 んで、どこまで言ったっけ?

A 「 だから、バイトの人達が仲が良いと
   お店の雰囲気も良くなるよ、みたいな
   そういうコトを言ってたトコw


B 「 そうそう、そうなんだよ

A 「 酔っ払い過ぎだからw

B 「 酔ってネェよ

A 「 ソレ、酔っ払いが一番言う
   定番ゼリフだからw


B 「 そうか? じゃ、今オレは酔ってんのか?

A 「 うん…、かなり酔っていると思うけどw

B 「 んで、なんだっけ

A 「 もぅ…w

B 「 そう、そうなんだよ、ワカルか?
   大事なんだよ、そういうのがよ


A 「 ww ワカってちゃんと話してる?w

B 「 ハナシてるよ、愛してるよ ミホ

A 「 ww 抜け駆ぬ がけダメなんじゃ無かったっけ?

B 「 そうだった
   んで、どうなんだよ? ミナミ とはよ?


A 「 さっきのハナシはもうイイの?w

B 「 イイよ、またあとでタップリと聞かせてやるよ

A 「 なんか、スゴイ長く成りそうw

B 「 長い、オレ…、どうしたら短く成れるかな?

A 「 なにがよwww

B 「 いやw 『 長い 』 って言われたから
   なんかが 『 短く 』 成らないとイケないような気がしてよ


A 「 酔っ払い過ぎw

B 「 どう成ってんだよ、だから ミナミ とは?

A 「 もぅ…w
   とりあえず… 別れた……


B 「 ぇぇぇぇぇえええっ?
   付き合って、そして別れたのかよっ?


A 「 そうw
   付き合って、そして別れたのw


B 「 なんという…

A 「 ぅん…、色々… あってネ……

B 「 色々あったのか…

A 「 色々あった

B 「 そのアレは、なんなんだよ?

A 「 『 そのアレは 』 ってなによ?w

B 「 その 『 アレ 』 だよ、アレと言えばアレだろ

A 「 なに?w

B 「 新しいスニーカーで 『 アレミナ 』 って
   いうのがあってよ、スゲェいいんだよ


A 「 なんのハナシなのよ、もぅ…w
   酔っ払い過ぎ、サトナカ君…w


B 「 オマエも一度、いてみろよ

A 「 なんでよw

B 「 き心地がたまんネェんだゼ?
   今度、スキーでも行くか?


A 「 もう……w
   この 『 酔っ払い 』 が…w
   ハナシをちゃんと 『 一個 』 にしぼってw


B 「 なんだよ 『 一個 』 にしぼるって

A 「 なんで、この流れでイキナリ
   『 スニーカー 』 のハナシに成って
   そして、次の瞬間には
   『 スキーに行く 』 コトに成ってんのよw


B 「 ソレはだな、一言で言うとだ

A 「 なに?w

B 「 ひとめぼれっていうヤツだ

A 「 ww もうワカンナイw
   ちゃんとハナシを、なんていうか
   ちゃんとハナシをしてw


B 「 え~~~っと、だな…
   そうアレだ、アレってトコロから
   なんか 『 アレミナ 』 に成ったんだよ


A 「 思い出したかw

B 「 思い出した、ハイ!

A 「 もぅ… 酔っ払ってるなァw

B 「 ハイ!

A 「 何に 『 返事 』 をしているのよ…ww

B 「 とりあえず返事をしてみました

A 「 ww

B 「 だからな? アレだよアレ

A 「 『 スニーカー 』 のハナシはもうイイからネ?w

B 「 スニーカーじゃネェよ
   なんで今 『 スニーカー 』 なんだよ


A 「 自分で言ってたくせにw

B 「 だから、違うよ
   アレだよアレ、アレのコトだよ


A 「 だから、なんの 『 アレ 』 なのよ?

B 「 その…、アレだ?

A 「 なに?

B 「 別れた理由はなんだったんだよ

A 「 急に戻ったww

B 「 急に戻りました

A 「 いま、ハナシて
   ちゃんと聞いてくれるのかな…?w


B 「 ハイ!

A 「 返事スゴイいいw

B 「 返事スゴイいいです

A 「 ww、あのネ?w

B 「 おぅ、だから、なんで別れたんだよ

A 「 ちゃんと聞いてくれるの?

B 「 ちゃんと聞いて、その、ちゃんと、その、聞く
   オレは今からちゃんと聞く
   オマエのハナシをちゃんと聞く


A 「 ww

B 「 ソレで? どんなコトがあったんだよ?

A 「 そう…、あのネ?

B 「 うん

A 「 って、チョット待ってw

B 「 なんだよ

A 「 コレ言えないかもしれないww

B 「 なんだよ、オマエ…
   オレはちゃんとオマエのハナシを聞く
   決心を固めたトコロだっていうのによ


A 「 いゃ、ソレはアリガタイんだけどw

B 「 まァ、アレか

A 「 なに?

B 「 まだ、あんまり人に言いたくない時期とか
   あと、言えない事情とかが色々とあるっていうワケか


A 「 ぅん……、もう少ししたら……
   っていうか…、チョット、サトナカ君が
   酔っ払っていないときに言いたいかも……


B 「 だからオレは酔って無いって

A 「 いやゼッタイ酔っ払っているからww

B 「 じゃ、今度スキー行くか

A 「 ww

B 「 オレ滑れるように成ったんだゼ?

A 「 ww こっからは 『 スキーのハナシ 』 って
   いうコトでイイのかな?


B 「 まァ、だってよ、ミナミ のコトは
   言いたくネェんだろ?


A 「 ぅん…、まァ……

B 「 まァ、そのアレだ

A 「 なに?

B 「 仕事で、なんかとかも言っていたワケだしよ?
   マジで行かネェ?


A 「 何処に?

B 「 スキーだよ

A 「 ソレ、本気で言っているの?w

B 「 おう、オレは本気で今言っているよ
   今のオレは本気で言っているよ
   本気のオレが今オマエをスキーに連れてって


A 「 なに、ソレ…

B 「 オマエをスキーに連れてって
   カミングスーン


A 「 映画…?w

B 「 映画です、今春カミングスーン

A 「 ww

B 「 気晴らしだよ、イイ気晴らしになんだろ?

A 「 どうだろ…? 日帰りとかのだったら
   まァ、いつでも行けるとは思うけど…


B 「 よっしゃ、じゃ、ワカッタ! ハイ!

A 「 だから、何に返事をしているのよ
   さっきから…w


B 「 こないだオレさ

A 「 www また、ハナシ変わるの?w

B 「 いや、そのチョットまァ、変わんだけど

A 「 まァ、いいよ、なに?w

B 「 サトナカって 『 何、考えているのかワカラナイ 』 とか
   言われたんだけどよ、どう思うよ、ひどくね?


A 「 アタシも今、おんなじようなコトを
   思っているかもしれないw


B 「 なんだよ、オマエもヒドイのかよ
   ったく、オマエだけは
   この世の中でオレのコトを
   ワカってくれていると想っていたのによ


A 「 まァ、ワカってアゲたいとは想うけど…w

B 「 じゃ、ワカってくれよ

A 「 なにをよw

B 「 チョット、さっきからオレばっかり飲んでネ?
   オマエも飲めよ


A 「 いや、結構飲んでいると思うんだけどw
   まァ、イイ…、じゃ、なんか頼もっか?


B 「 おぅ、頼もう! タノ・モー 47歳 職業 軍人!

A 「 ワカッタから、もぅ…ww


*******************

A 〔 サトナカ君が
   急にそんなコトを言い出したので
   とりあえず、店員さんを呼びましたw


*******************


B 「 えっと、トマトのあの冷やしたヤツと
   サイコロステーキ、2つ


A 「 2つも頼むの?

B 「 ………… 2つ

A 「 ワカったわよw
   じゃ、えっとサイコロステーキを 2つと
   サトナカ君、何飲むの?


B 「 オレ? オレはオマエの愛情が欲しい

A 「 ww この酔っ払いが、じゃビールでイイ?w

B 「 ハイ!

A 「 ww 返事イイw
   じゃ、ビールと…、アタシは カシオレ で



*******************

A 〔 と、そんな感じで店員さんに注文しましたw

*******************


B 「 カシオレって何の略か知っているか?

A 「 ぇ?w いゃ、カシスオレンジ でしょ?w

B 「 違うんだよ…

A 「 いゃ、違く無いと思うんだけど…w

B 「 カンパリソーダ・オレの略だよ

A 「 いやゼッタイ違うと思うんだけど…w
   何ソレw 『 シ 』 は何処に行ったのよ…w


B 「 『 シ 』 は… 『 しばらく実家に帰らせて貰います 』 の 『 シ 』 かな

A 「 なにソレ、切ない……w
   ソレと最後の 『 オレ 』 は何よw


B 「 オレ? 『 オレ 』 の意味は
   『 オレは将来、オマエと結婚する! 』 かな?


A 「 意味が、ワカラナイんだけど… ( 苦笑 )w
   なにw カンパリソーダ・オレは将来、オマエと結婚する! って…
   なんの 『 略 』 なのよ…w
   っていうか、サトナカ君ホント酔っ払い過ぎw


B 「 いゃ、やっぱりサ…
   ミホ とこうやって久しぶりに飲めるって成るとサ…
   なんていうかこう…、テンションが
   やっぱいつもと変わるワケよ、ワカルか?


A 「 イイ意味で言ってくれているの?

B 「 イイ意味、オレはイイ意味で言った
   今オレはイイ意味で、ミホ にイイ意味を言った


A 「 ww

B 「 悪い意味では言ってはいない
   オレは今、イイ意味で ミホ にイイ意味を言った


A 「 ワカッタから、もぅ…w

B 「 んで、なんだ? オマエ

A 「 ん、なに?

B 「 カレシとは別れたワケだし

A 「 ぅん…

B 「 仕事もなんか、イマイチって感じなのか…
   どうすんだよ、マジでウチのバイト来るか?


A 「 なんかハナシ聞いていたら
   チョット本気でそんな風にもって想っちゃうかも…


B 「 ウチの場合、コネっていうか
   知り合いとか友達とかだと即採用だゾ?


A 「 そうなの?

B 「 うん、ほとんどそんなんで
   入って来ているヤツばっかだし


A 「 そうなんだ
   なんかイイなァ? ホントに楽しそう
   そのカラオケ屋さん


B 「 イイなんてモンじゃ無いって感じかな?
   マジでサ


A 「 ぅん、なに?

B 「 客居ないとき、歌 うたえるし…
   あんまりヒマなときは勝手に酒作って
   飲んだりしているときもあるんだゼ?


A 「 ww ソレ、イイの? ホントに…w

B 「 金曜日が忙しいからよ
   そのときに、とにかくみんなが代わる代か  がわる
   酒を色々と作れないとイケないワケよ


A 「 うん、で? ソレで何でお酒飲んじゃうの?

B 「 だから、その 『 練習 』 とかが必要じゃん?
   だから 『 練習 』 をしてんだよ


A 「 ww で、その作ったヤツを飲んでいるとw

B 「 そう

A 「 なに、ソコのカラオケ屋さん、ホントに…w

B 「 なんか歌いたく成って来たな?

A 「 カラオケのハナシをしていたから?

B 「 うん、って、とにかくなんか歌いたくネ?

A 「 歌いたく無いっていうコトは無いけど… いま?w

B 「 そうだ、じゃ、今からよ
   ウチのバイトんトコ行かネェか?


A 「 まだ、みんな飲んでるよ? 抜けるの?

B 「 なんだよ、オレと二人で
   抜け出すのはイヤなのか?
   だとしたら、オレは悲しむゾ?


A 「 いゃ、まァソコまで言うんなら… ( 苦笑 )
   じゃ、1次会っていうか
   同窓会がお開きに成ったら… イイよ?
   カラオケ連れてって?


B 「 よし! じゃ、そうしよう!
   オトコに二言にごんは無しだゾ?


A 「 一応、オンナなんですけど、アタシw

B 「 じゃ、武士に二言にごんは無しだゾ?

A 「 ww 武士でも無いんだけどアタシ…w

B 「 オマエ、武士じゃないのか?

A 「 当たり前でしょ?w

B 「 『 武士 』 でもなく 『 オトコ 』 でも無いんだとしたら
   オレは今、誰と酒を飲んでいるんだ?


A 「 オンナの子ですw

B 「 『 オンナの子 』 には二言にごんがあるのか

A 「 ぅん…、結構あるかもw

B 「 だとしたら、オレは悲しむゾ?

A 「 ソレなんなの? さっきから…w
   サトナカ君を意地でも悲しませちゃイケないの? 今…


B 「 比較的… 悲しませてはイケません

A 「 何と、比較してなのよw

B 「 行こうぜ、カラオケ

A 「 まァ、イイけど…w
   とりあえず、同窓会終わったらネ?


B 「 ワカッタ、早く終わんネェかな? 同窓会

A 「 ww 身勝手みがって過ぎww

B 「 バカ、オマエな?身勝手みがってなくらいの方が
   ちょうど良く出来ているんだよ
   世の中っていうのはよ


A 「 そんなかたよった 『 世界 』 はイヤですw

B 「 そうか? じゃ、ソレについてはあとで教えてやる

A 「 なんで今 『 説明 』 してくれないの…?

B 「 イチゴのショートケーキってあるだろ?

A 「 あるけどw って、またハナシ飛ぶの?w

B 「 飛ばネェよ、ちゃんと今、あの、その、ちゃんとだよ

A 「 ショートケーキが、じゃあ、なに?w

B 「 オレはな?

A 「 ぅん

B 「 イチゴは最後まで取って置くって
   そう言いたかったんだよ


A 「 もぅw 酔っ払い過ぎてて、チョット着いてイケないw

B 「 ミホ…

A 「 なに…?

B 「 オレを見捨てるな……

A 「 ww

B 「 アレ、イチゴの? ってコトはよ?

A 「 うん、なに?

B 「 イチゴがのっていないヤツの部分が
   『 ショートケーキ 』 っていうコトなのか?


A 「 知らないわよ、そんなの…w

B 「 バカ、オマエ、コレは超大事なコトだろ

A 「 何処がよ…w

B 「 イチゴのショートケーキってコトはサ
   『 ショートケーキをください 』 って言ったら
   イチゴがっていないのを
   出されるかもしれないじゃネェか


A 「 だから、知らないって、そんなの…w

B 「 オマエ、家に帰ってイチゴがっていなくて
   ただの三角形のあの白いののヤツだけが
   箱に入っていたらどうすんだよ
   怒られちゃうじゃネェかよ


A 「 誰によw

B 「 みんなにだよ

A 「 何処の誰よ、だからソレはw

B 「 みんなにだよ
   親戚とか、友達とか、親戚一同とか


A 「 www

B 「 『 ショートケーキ 』 っていうのは
   『 ショートケーキ 』 っていう食いモンなのか?


A 「 知らないってだから、もぅホントに…w

B 「 早くカラオケ行きてぇな

A 「 もう…w サトナカ君… 自分の世界で動き過ぎ…w

B 「 ワールド・ワイド・サトナカ …… 8時間スペシャル
   片時かたときも眼が離せない、そんな 8時間


A 「 ww


*******************

A 【 アタシ、なんでこの人のコト…
   好きなんだろ…w
   チョット、ワカラなく成って来ています
   正直、いま……w


*******************


B 「 お、サイコロステーキ来た♪

A 「 嬉しそうw

B 「 サイコロステーキトークをしてやろうか?

A 「 またハナシ変わるの?w

B 「 え? いゃ、サイコロが来たからサ

A 「 サイコロが来た、っていうと
   なんか、食べ物じゃないみたいな感じがする


B 「 そうか? オレん中ではサイコロも食べ物だぜ?

A 「 なにソレ… もぅイイw、じゃ、サイコロステーキトークを して?
   ホントにそんな 『 トーク 』 があるんならネ?w


B 「 あるよ

A 「 じゃ、して?w

B 「 初めて 『 旅行 』 をしたハナシ~
   略して~


A 「 なに?w

B 「 ハジバナ!

A 「 『 旅行 』 が入ってない…ww

B 「 サイコロステーキトークだよ

A 「 全然 『 ステーキ 』 関係無く成っているしw

B 「 アレはオレが 5歳の頃だった…

A 「 始まるんだ?w

B 「 うん、始まる

A 「 ww

B 「 思えば 5歳のオレはまだガキだった…

A 「 ソレはみんなそうですw

B 「 その 5歳のオレは旅に出た

A 「 で?w

B 「 旅を楽しんだ

A 「 ww


*******************

A 【 アタシ、ホントに
   なんでこの人のコトが好きなんだろ… ( 苦笑 )w
   いま本気でチョット
   悩み始めているみたいな感じがしているワタシです…w


*******************


B 「 そして 6歳に成ったオレは小学校に入学した

A 「 ww

B 「 無事、入学した

A 「 いや、大体普通みんな
   無事、入学するからw


B 「 もうカラオケ行かネ?

A 「 ww ハジバナはどう成ったのよ…w

B 「 小学校に無事入学しただろ?

A 「 うん、で?

B 「 ソレで終わりだよ

A 「 ほとんど 『 旅の内容 』 が
   語られて無かったんだけど…ww


B 「 ハジバナだよ

A 「 ワカッタから、もぅ…w


*******************

A 【 この 『 酔っ払い 』 が…w

*******************


A 「 じゃもぅ、しょうがないなァ…
   今からすぐカラオケ行く?


B 「 おう、行こうゼ?
   オマエの為にっていう
   とっておきの曲があるんだよ


A 「 本当に?

B 「 こうこう曲だよ

A 「 交響曲こうきょうきょくでしょ?w

B 「 そう、ソレソレソレ

A 「 カラオケでどうやってやるのよ…w

B 「 こうこう曲、ジェームズ・シアード 第一楽章 7番

A 「 本当にあるの? そんな曲… ( 苦笑 )

B 「 あると言えば、ある

A 「 じゃ、無いと言えば?ww

B 「 無いかもしれない

A 「 じゃ、無いんじゃないのよww


*******************

A 〔 ホントに、この 『 酔っ払い 』 が…w
   とか、そんなコトを思いながらw

   とりあえず、そんな感じで
   酔っ払いに酔っ払ったサトナカ君と
   彼のバイト先である
   カラオケ屋さんにやってきました♪

   サトナカ君は 『 バイトの人達 』 と
   なにやらやりとりをしている様子

   空いている部屋があるので
   使わせて貰えるみたいです


*******************


A 「 本当にイイの?
   タダで使っちゃえるっていうコト?


B 「 あァ、いっつもこんな感じだよ


*******************

A 〔 お店に着くまでに
   少し酔いがめてくれたらしく
   ようやく少し、ちゃんとハナシが
   出来るように成って来ているサトナカ君です…w


*******************


B 「 さすがに酒とか食いモンとかまで
   タダっていうワケには行かネェから
   チョット買ってくるわ


A 「 ぇ? ど、どういうコト?

B 「 オマエ、適当に何か歌ってろよ
   10分くらいで戻ってくっからよ


A 「 わ、ワカッタ…


*******************

A 〔 そんな感じで、お酒、と食べ物を
   適当に色々と買って来てくれました

   い、イイのかな…? 本当に…
   とか、チョットそんな風にも思ったけど…

   せっかく、二人に成れたので
   チョット甘えてご馳走に成っちゃうコトにしました♪


*******************


A 「 みんな、イイ人そうだネ?

B 「 おう、イイ人っていうか
   やっぱ、ココの店がそんな感じだからな
   他のヤツもよ? 夜中フラッとやってきて
   空いている部屋で
   歌って行ったり良くしているんだゼ?


A 「 そうなんだ…
   店長さんとか何も言わないの?


B 「 あァ…、なんだろうなァ?
   ココって、そういうの言う社員 居ないんだよなァ…


A 「 イイなァ、なんか… じゃ、ホントに…
   歌っちゃってイイのかな…


B 「 おう、イイよ、なんだよ
   オマエ、待っているあいだ
   歌っていなかったのかよ?


A 「 ぅ、ぅん…、だって……
   なんか…、ホントにイイのかな? って思っちゃって…


B 「 オマエって相変わらずだな?

A 「 そ、そう? なにが…?

B 「 自己主張みたいなの、全然しないよな?
   まァ、ソレがオマエの
   モテる理由なのかもしれないけどよ


A 「 ん? そ、そうなの……?

B 「 まったく、ミナミ の野郎は
   なんで、こんなイイ娘を……


A 「 …………

B 「 って、そのハナシはヤメとくか
   湿っぽくなってもしょうがネェからな


A 「 ぅ、ぅん……


*******************

A 【 一応、ハナシたいとは想うんだけど…
   『 別れた理由 』 を言っちゃうと……

   『 サトナカ君のコトが… 』 だからな…… ( 苦笑 )w


*******************


A 「 交響曲こうきょうきょく 聞かせてよw

B 「 ぇ?

A 「 さっき、言ってたじゃん?w
   交響曲こうきょうきょく 歌うって


B 「 オレ、言ってたの? そんなコト


*******************

A 【 どうやら、酔っ払っていて
   憶えて居ないようです… ( 苦笑 )w


*******************


A 「 イイよ、じゃ、もぅ…w
   普通に歌おう?♪


B 「 おう! まず何からいっかな?


*******************

A 〔 そのあと、サトナカ君の
   買って来てくれた、お酒を飲んだり
   カラオケをしたりで二時間ほど過ごして…
   なんとなく一段落したので

   ユックリとおしゃべりを始めました…


*******************


B 「 オマエが、また大学生の頃みたいに
   自由に遊べる時間が増えたら
   ココとか色んなトコにしょっちゅう行けるのにな?


A 「 ぇ?

B 「 いゃ、まァ、オレ個人の願望なんだけどサ

A 「 さっき言っていた 『 協定 』 っていうの…

B 「 ぇ? あァ、抜け駆ぬ がけして
   オマエに 『 告白 』 をしないっていうヤツ?


A 「 そう、ソレ……

B 「 ソレが、なに?

A 「 その 『 協定 』 の中に
   サトナカ君も… 入っていたの…?


B 「 ………… ぇっ!?

A 「 あのネ?

B 「 お、おぅ、なんだよ急に改まって…

A 「 ミナミ君 と別れた理由……

B 「 お、おぉぉっぉぉぉ、な、なんだよ
   話す気に成ったか? イキナリ


A 「 …………

B 「 いゃ、でも無理すんなよな?
   まだ気持ちの整理が付いていないなら
   またあとで気が変わるっていうようなコトも
   あるかもしれないゾ?


A 「 そう…、優しいよネ?
   サトナカ君って、ふとしたときに…


B 「 なんだよオマエ急に… ワカッタ、聞いてやるよ
   話すと楽に成るっていうコトもあったりするからな


A 「 うん…、アリガト……

B 「 んで? 何があったんだ? アイツと…

A 「 ぅん、えっとネ…

B 「 おぅ

A 「 『 別れよう 』 って言い出したのは…
   アタシの方からなの……


B 「 んあ゛? マジで?

A 「 ぅ、ぅん……

B 「 オマエから? オマエが…
   っていうか、なんでだったんだ?


A 「 …………

B 「 …… オマエから言ったっていうのは
   意外だったな……


A 「 そ、そう……?

B 「 ぅん…、オマエって
   誰かと付き合ったりとかしたら
   その人に一途いちずに成るタイプって感じだったからよ…


A 「 そ、そういう風に、見えているんだ…
   アタシって……


B 「 ぅん…、さっきも言っていたけどよ?
   オマエ 『 自己主張 』 とかしないで
   トコトン人に 『 合わせてくれるタイプ 』 って感じだからよ?


A 「 そ、そっか……

B 「 別れる 『 切っ掛け 』 はなんだったんだ?

A 「 …… そ、そうだよネ…
   ソレを言わないと、伝わらないよネ……


B 「 まァな? 無理に話せとはモチロン言わネェけど…
   せっかくだから、全部聞きてぇな、ココまで来たら…


A 「 …… 驚かないで聞いてくれる……?

B 「 んあ゛? あ、あァ…、ワカッタ……
   でも 『 実はアタシはオトコなんです 』 とか言われたら
   チョット驚いちまうかもしれネェけどw


A 「 そっ、そんなコト言わないよ…w
   オンナの子だよ? アタシは… 武士でも無いし…w


B 「 オマエ 『 武士 』 じゃネェのかよ

A 「 違うって言っているでしょ?w

B 「 なんだよ…、武士じゃネェのかよ……

A 「 なんで、ソコで残念がるのよ…
   アタシが 『 武士 』 なワケ無いでしょ?w


B 「 『 武士 』 でも無い 『 オトコ 』 でも無いって成ると
   残された選択肢は 『 カレーハウスの店長 』 くらいに成るゾ?


A 「 なんなのよ? ソレ……w
   普通に 『 オンナの子 』 って
   選択肢も入れて置いてよ…w


B 「 ワカッタよ、まァ、じゃオマエは
   普通のオンナの子なんだな? ワカッタ
   じゃ、大抵たいていのコトでは驚かネェよ


A 「 ソレ、あの、どういう 『 世界観 』 なの…?w
   いつかちゃんと聞かせてくれないと
   到底とうてい 理解出来ないんだけど…w


B 「 まァ、イイよ驚かネェって約束するから話せよ

A 「 ぅ、ぅん……

B 「 で、何があったんだ?

A 「 好きな人が居るって… 気づいちゃったの……

B 「 んあ゛? ミナミ のヤツ、浮気をしていたのかっ?

A 「 ぇ? いゃ、あの、そっ、そうじゃなくて…… ( 汗 )

B 「 ん? 『 好きな人 』 がってのは、じゃあその……

A 「 ぅん…、アタシ…… が、って、コト……

B 「 っ!?

A 「 やっ、やっぱり驚かせちゃった……?

B 「 いゃっ、うぇあっ、いやっ!
   ベイベー、イェー、チェケラッチョっ!


A 「 何、言ってんの?w

B 「 いゃ、チョット自分を落ち着かせる為にな…… ( 汗 )

A 「 そんなコトを言うと落ち着くの……?ww

B 「 うん

A 「 どういう 『 つくり 』 をしているの?
   サトナカ君ってホントに……w


B 「 『 チェケラッチョ 』 って言うと落ち着く つくり かな…

A 「 ソレ、ホントわかんないんだけど……w
   『 世界観 』 が独特過ぎて……w


B 「 まァ、イイよ落ち着いたよ
   オマエがじゃあ 『 他の誰か 』 のコトが…
   って、いうコトか……


A 「 ぅ、ぅん… そう……

B 「 ふぅ~~ん、まァ、でもしょうがネェんじゃネェかな?
   ソレは… 人の心に 『 くさり 』 は掛けられネェしよ


A 「 ぅ、ぅん……

B 「 そっか、でも、まァなんか、チョット安心したよ

A 「 ぇ? な、なんで…?

B 「 いや、ミナミ のヤツが何か 『 勝手なコト 』 をして
   オマエが傷ついて別れたってんなら
   一回、文句言いに行ってやらネェとって
   思っていたんだけどよ


A 「 ぅ、ぅん……

B 「 オマエから 『 別れよう 』 って言ったっていうコトは…
   傷ついてんのは ミナミ の方ってコトに成るワケだろ?
   一回、酒瓶さけびんでも持ってアイツんトコ行ってくるわ


A 「 …………

B 「 ま、オマエも気にすんなよ
   『 悪いコト 』 したっていうワケじゃネェんだし
   自分に正直に、ソレに 『 本当に好き 』 って
   想っている相手じゃないんなら
   無理して付き合う方が
   もっと相手を傷つけちまうってコトにも
   成っちまったりするからな


A 「 …… あ、アリガト……
   ホントに… 優しいよネ… サトナカ君、って……


B 「 ったく、しょうがネェなァ?
   オマエら…、せっかく モテモテのオマエ を
   射止いとめたってんで
   ミナミ は、みんなから羨ましがられていたのによ


A 「 …………

B 「 まァ、気にすんな
   でも良かったよ、ちゃんと、何ていうか
   その… 『 理由 』 が聞けてよ?


A 「 ぅ、ぅん…、アリガ… ト……

B 「 こう成ったら意地でも
   オマエを 『 スキー 』 に連れて行かネェとな?


A 「 ぇ? な、なんで? ( 苦笑 )

B 「 新しく 『 好きな人 』 が出来たにせよよ?
   まだ、ソイツと付き合えているって
   いうワケじゃネェんだろ?


A 「 ぅ、ぅん……

B 「 じゃあ、やっぱ 『 失恋 』 したっちゃァ
   『 失恋 』 したコトには変わりはネェんだ
   なんか 『 気晴らし 』 とかした方がイイだろ?


A 「 ぅ、ぅん… そうだよ、ネ……

B 「 よっしゃ! 酒が残り少なく成ってきたけど
   『 気晴らし 』 の前哨戦ぜんしょうせんだ!
   あと 1時間くらいノンストップで歌いまくるゾっ!


A 「 ぅ、ぅん…♪w

B 「 お互い10曲くらいは歌いてぇな?
   間奏かんそうが長いヤツは出来るだけ無しな?


A 「 ぅん、ワカッタ♪


*******************

A 〔 と、そんな感じで
   残り、と、いうか 1時間くらいサトナカ君と
   思いっきりカラオケをして楽しんでから
   充分、満足して 『 バイトの方達 』 にお礼を言って
   お店を出ました♪


*******************


A 「 今日 居た人達と行くの?

B 「 ん? なにがだ?

A 「 『 スキー旅行 』

B 「 お、行く気に成ったか?

A 「 うん♪

B 「 そうだな、フジシロ と ヒロト と
   あと…、ナツミ も行くとか言っていたし
   全部で、7、8人くらいに成るかな


A 「 そっか、大勢だネ? 楽しみ♪

B 「 だな? その 『 好きな人 』 っていうのも
   連れて来てイイゾ?


A 「 ぇ? ぅ、ぅん……


*******************

A 【 連れて来てもイイ、っていうか…
   サトナカ君… なんだけど……♪ ( 苦笑 )


*******************


A 「 多分、呼ばないと想う♪

B 「 そっか、ま、自由にしてくれ

A 「 ぅん♪


*******************

A 【 呼ばなくても来てくれるから… ネ…♪w

*******************


B 「 じゃな? あんまりクヨクヨすんなよな
   ミナミ のコトはオレに任せとけ
   酒持って押し掛けてって
   元気付けに行って来てやるからよ


A 「 ワカッタ♪
   ホント、アリガト… サトナカ君って……


B 「 ん? なんだ?

A 「 うぅぅん、なんでもない♪

B 「 おぉぉぉ

A 「 なに?w

B 「 いゃ、なんか 『 オンナの子 』 の
   『 なんでもない♪ 』 って言うのって
   カワイイなって想ってよ


A 「 ww

B 「 オマエが 『 武士 』 じゃ
   無いっていうのはワカッタよ


A 「 だから、当たり前でしょ?w
   大体、今の時代に 『 武士 』 なんて居ないからw


B 「 いやワカンネエぞ?

A 「 いゃ、ゼッタイ居ないからw

B 「 そっかw ま、そんじゃな
   時間あるとき、いつでも電話でもなんでもしてくれよ
   オレいつでも、時間空けられるからよ
   アソコのバイト融通ゆうずうきき捲くるから


A 「 ぅん、ワカッタ♪

B 「 久しぶりに モテモテのオマエ と
   タップリと遊べて楽しかったよ


A 「 アタシも、楽しかった♪

B 「 おぅ、じゃ、またな

A 「 うん♪


*******************

A 【 そう言って、サトナカ君と別れて
   家路いえじに着きました

   なんだか、凄く楽しかった…♪

   やっぱり、好きな人と二人で
   一杯 過ごせたから、かな…?♪

   『 本当に好き 』 って想える人…
   その人と 『 過ごせる時間 』 って
   スゴイなァって、改めて想いました…♪

   でも…、一杯一緒に居れたけど…

   結局、最後まで
   言えなかったです… まだ… ( 苦笑 )

   ただ 一言ひとこと… 『 好き 』 っていう…
   その… 一言ひとこと を 。。。♪




   END
ラブコメ系 ラブコメディ系 コメディ系 恋愛ドラマ系 社会人の話 ほのぼの系 少々恋愛ロマン系 少々モノローグ系 少々ヒロイン系 少々ハッピー系 少々ナレーション系 少々青春群像系 少々大人の恋系 少々大人の話系 同窓会系 居酒屋系 マイペースキャラ系w 少々ほのぼの系 ハッピー・ラブコメ系 少々ハイテンション系 少々日常会話風 少々日常の風景 少々日常のやりとり風 少々ナンセンス系w 少々超展開系w 少々友情ドラマ系 社会人 フリーター アルバイター コミカル系 カワイイ系 片想い?系 少々モノローグ進行系 少々かみ合わないやりとり場面ありw 少々日常ドラマ系 少々社会人の悩み系 少々濃いキャラ系w 少々シュール系w 少々コント系 ボケキャラ系w 少々キュート系 ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材
掛け合い台本2人用 男1女1不問0 長編台本素材 二人芝居用台本系 寸劇系


 

2人用台本 【男1 女1 】 学園青春ハッピー・ラブコメ 少々ドタバタコメディ 両想い告白場面系 少々叫び有りw #315 ブルーな 舌 で、告白を♪w

 

2人用台本 【 男性 1人女性 1人

台詞数 : 229
所要時間 : 約 20分



【 掛け合い台本 #315 タイトル 】

ブルーな 舌 で、告白を♪w


【 配役 】

A : ユータ ♂ ( セリフ数 121 )
B : カナエ ♀ ( セリフ数 108 )

**********

【】 : モノローグ
〔 〕 : ナレーション
SE : 効果音


【 役表 】
――――――――――
ブルーな 舌 で、告白を♪w
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-881.html

A : ユータ ♂ :
B : カナエ ♀ :
――――――――――


【 ジャンル 】

学園青春ハッピー・ラブコメ
少々ドタバタコメディ系

両想い 告白場面系
少々叫び有りw


【 話の流れ的なモノ 】

思い切って ユータ に 『 告白 』 をした カナエ
しかし、そのとき二人とも… ナゼかw
青い舌 』 をしている、と、いうw
そんな 『 二人 』 の ラブコメ系 告白場面 の 台本作品 です☆

良かったら、ゼヒやってみてください (`・ω・´)ゝ☆♪

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



B 「 アタシと… 付き合ってください……

A 「 は…?


********************

A 【 んだって?
   コイツは今、何て言った…? ( 汗 )

   『 付き合ってください 』 ?
   まっ、まさかっ、コレ何かのゲームかっ!? ( 汗 )

   いや待て…、ココは何処だ? 学校だ…っ
   間違いない… 学校の中庭だ……っ

   オレは確かにコイツに放課後呼び出されて…
   ココへやってきた…

   でも、コイツは今 何て言った…っ!? ( 汗 )

   つっ、『 付き合ってください 』 ……っ?
   マジかよっ! ウソだろっ!?
   マジかよーーーーーーーーーーーーっ!? ( 汗 )


********************


B 「 ダ…、ダメですか……?

A 「 いやっ、あの…っ、えっと……っ
   チョっ、チョット待ってくれっ!
   すっ、少しっ、考える時間が欲しいっ


B 「 そっ、そうです、か……

A 「 いやっ! 違うんだっ! そっ、そうじゃないんだっ!

B 「 … なっ、何がですか……?

A 「 あのっ、何日も待ってくれっとかいう
   そういう 『 待って欲しい 』 っていう
   意味じゃ無いんだっ! ( 汗 )


B 「 …… ぇ…?

A 「 そのっ! チョットだけっ!
   ほんのチョットだけ時間をくれっ! ( 汗 )


B 「 ………… ハイ……

A 「 ちゃっ、ちゃんと答えるから…っ
   すっ、すぐにちゃんと答えるから……っ
   でもホントに、チョットだけ待ってくれっ!


B 「 ワ… ワカリ、ました……


********************

A 【 待て待て待て待て…っ
   とりあえず、コレで、2、3分は時間が稼げるハズだ
   そのあいだに考えろ! 考えろ! オレっ!
   今、一体どういう状況なんだっ!?

   今オレは…っ、全校切っての美少女…っ
   カナエ を前にしている…

   そして何て言ったっ!?
   つっ、『 付き合って欲しい 』 ?
   コレ本当 何のゲームなんだっ!? ( 汗 )

   どっかで誰かが、ドギマギしている
   オレを撮影して、ソレをネットにアップするとか
   そういうたぐいのヤツかっ!?
   いやっ、だとしてどうするっ!
   もし本当だったら、どうするっ!? ( 汗 )
   こんなチャンス、ゼッタイに二度と来ないゾっ!?

   幸い、カナエ とは少しは仲は良い方なハズだっ!
   コイツがそんなイタズラのようなコトをする
   娘じゃないのは確かだっ!

   だとしたらっ! だとしたらっ !!!
   オレの選択肢は一つなんじゃないのかっ!?


********************


B 「 こっ、困らせちゃっていたら… ゴメンなさい……

A 「 違う! そっ、そうじゃないんだっ! ( 汗 )


********************

A 【 いやっ!? そうなのかっ!?
   オレは今 困っているのかっ!?
   いや、違う違う違う違う!
   ゼッタイにそんな風に想わせてはダメだっ!
   そんなコトをしたら、もし本気で言ってくれているんだとしたら
   この娘を悲しませてしまうコトに成っちまうっ !!!!

   落ち着け ユータ! とっ、とりあえず落ち着くんだっ!
   そっ、そうだっ、こうしよう、ココは少し人目につくっ
   だから…、余り人目に付かないトコロまで
   とりあえず、そうだっ!


********************


A 「 チョっ、チョットさ…っ
   おっ、落ち着いて話しがしたいんだ…っ


B 「 ハ、ハイ……

A 「 購買こうばいの自販機んトコに行かネェか?

B 「 ぇっ、ぇぇ…… ワカリました……


********************

A 【 アソコなら人目に付かないっ!
   どっかから影に隠れて
   撮影するとかは出来ないハズだっ!

   そうすれば、あとは、ソコで
   ハナシの続きをすれば、何事も無く…
   イタズラだったとしてもっ!
   『 モノ笑いの種 』 に成ったりはしないっ!
   ソレにっ! カナエ はっ
   きっとそんなコトをたくらむヤツじゃないっ!

   よしっ、とにかく、今はあの自販機の前にっ !!!


********************


A 「 とっ、とりあえずよっ、チョっ、チョット驚いちまって
   のっ、のどが乾いちまったからサっ


B 「 め…っ、迷惑… だったのでしょうか……っ

A 「 いやっ! あのっ !!! 決して迷惑なんかじゃっ !!!!! ( 汗 )


********************

A 【 とっ、とりあえず、今は!
   なっ、なんかとにかく本気で何か飲んで
   落ち着きてぇ気分に成ってきた…っ!


********************


A 「 ゴメン、とにかく… ハ、ハナシは
   アソコに行ってからってコトで… ふぅふぅ…… ( 汗 )


B 「 ハ、ハイ……


********************

A 【 ゆっ、夢でも観ているのか? オレ…っ ( 汗 )
   あっ、相手は カナエ だゾ!?
   超美少女の カナエ だゾっ!?
   コレ何かの 『 物語の中 』 とかなんじゃ無ぇだろうなァっ!?
   だとしたら恨むゾ!? コレを書いているヤツ !!



B 〔 焦りに焦っている ユータ と二人…
   購買こうばい前の自販機のトコロまで着いていく ワタシ…



B 【 どっ、どうし、よう… 思い切って……
   告白しちゃったけど… ユータ君 超焦ってる…
   ワタシ… やっぱり、何か困らせちゃって、いるのかな……


********************


A 「 ふぅふぅふぅふぅふぅ……


********************

A 【 歩いてきただけだってぇのに
   何でこんなに息が切れてんだ? オレ… ( 汗 )


********************


A 「 な…っ、何か、飲むか……?

B 「 ぃ、ぃぇ…… アタシは、別に……

A 「 そっ、そっか… じゃ、じゃあオレ
   『 ブルー・スマッシュ 』 飲むわ…
   コっ、コレ飲むとよ… 舌が青くなんだよな…?
   がっ、学校で、こんな化学調味料 はいりまくりの
   飲み物、う、売るんじゃ、ネェってんだよ、な?
   まっ、まったく…… ( 苦笑 )


B 「 そっ、そうだよ、ネ……


********************

B 【 『 ブルー・スマッシュ 』 … ワタシも飲みたい……
   で、でもさっき 『 いらない 』 みたいなコト…
   言っちゃった… から、な……


********************


A 「 ゴクゴクゴクっ


********************

A 〔 『 ブルー・スマッシュ 』 を一気に飲み干すオレ…

********************


A 「 どっ、どうだ? 舌、青く成ってっかっ?

B 「 … ぅ、ぅん…… スゴ、ク……
   青く… 成って、る……



********************

A 【 ってっ! なにバカなやりとりしてんだっ! オレーーーっ !!!
   今、こんなコトをやっている場合じゃネェっ !!!!


********************


B 「 やっ、やっぱりアタシも飲むっ!

A 「 そっ、そうかっ? じゃ、チョット待ってなっ!?

B 「 ぇっ、イイよっ、自分で買うからっ

A 「 いゃ、イイよ、のどが乾いたっつって
   ココに連れてきたのはオレなんだから
   オっ、オレが払うよ!


B 「 ぇっ、でっ、でも……っ


********************

B 【 どっ、どうしよう…、どうしたらイイんだろうワタシ……
   オっ、オトコの人に… どっ、どう甘えたらイイのか…
   ワっ、ワカンナイよ……っ



SE : ガチャン

A 〔 自販機から 『 ブルー・スマッシュ 』 を取って
   カナエ に手渡すオレ


********************


B 「 ぁ、ぁりがとう……


********************

B 【 結局、買って貰っちゃった 。。。

********************


A 「 いやっ、いっ、イイよ
   ぜっ、全然っ、こっ、こんなのぐらいっ
   でっ、でも……


B 「 なっ、な、に……?

A 「 舌 青く成っちまうゾ…?

B 「 ウフフフフフフ♪w

A 「 なっ、何? オレ、何か変なコト、言ったっ!? ( 汗 )

B 「 うぅぅぅん…w だって…、なんか…、オカシくて…… ( 笑 )


********************

A 【 なっ、何だっコレはっ!?
   やっぱり、どっかで
   この様子を撮っているヤツラでも居るのかっ!? ( 汗 )


********************


B 「 青く成ってもイイから、飲むネ? ( 笑 )
   アリガトウ


A 「 いやっ、こっ、コレぐらいのコトっ


********************

B 【 そのあと、ゴクゴクゴクと
   一気に 『 ブルー・スマッシュ 』 を飲み干したワタシ…
   ワタシも… 実のトコ… かなり緊張しているみたい……


********************


A 「 ふぅ… 美味かった……

B 「 ぅん… 美味しいよネ? コレ……

A 「 うん…、でも……

B 「 でも…?

A 「 舌 青く成っちまったな? オレ達…

B 「 ww


********************

A 【 なっ、何だっ、普通に笑ってくれているのかっ!?
   ソレとも、やはりコレは何かの 『 トラップ 』 なのかっ!?
   どっ、どっちかワカラン、しかし! 覚悟を決めろっ! オレっ !!!!!


********************


A 「 と…っ、とりあえずだけど……っ

B 「 ぅ、ぅん… なに……?

A 「 さっ、さっきのハナシのコトなんだけど、サ……


********************

B 【 いっ、いよいよ返事…?
   どうしよう… 心拍数が半端じゃない、アタシいま… ( 汗 )


********************


A 「 オレ、まだ……


********************

B 【 ダっ、ダメってコトっ!?
   まだ、付き合う気は無いとか
   言われちゃうの? アタシ……っ! ( 汗 )


********************


A 「 あのっ、なっ、なんて言うかサ!

B 「 ぅ… グスッグスッ…… (´;ω;`)


********************

A 〔 突然、泣き出してしまった カナエ
   ソレを観てメッチャ焦り出すオレ…っ


********************


A 「 チョっ! あのっ! なっ、なんでっ!
   チョっ、泣かないでっ !!!!



********************

A 【 ダっ、ダメだっ、展開が色々あり過ぎて
   マジで付いていけネェーーーーーーっ! ( 汗 )


********************


B 「 ダメってコト……? グスッグスッ…… (´;ω;`)

A 「 いっ、いやっ、あのっ !!! ( 汗 )

B 「 ……っ?

A 「 そっ! そうじゃ無ぇんだっ !!!!

B 「 …… そ、そうじゃ… 無い、の……?

A 「 ゴメン、その…っ

B 「 『 ゴメン 』 ってコトは
   やっぱりダメなの…? (´;ω;`)


A 「 そっ、そうじゃなくてっ! オレっ、まだっ!
   オンナの子と付き合ったコトが無くてっ !!!!
   どっ、どうしたらイイのかがワカラナイんだっ!


B 「 っ!?

A 「 でもっ! でもっ! 告白してくれたのは
   マジで超ウレシイんだよーーーーっ !!!!!


B 「 っっっっ!? ソ…、ソレって……?

A 「 ふぅふぅふぅふぅ……


********************

A 【 ダメだ…、かっ、肝心の言葉が
   ナカナカ言えネェ……っ ( 汗 )



B 【 は…、早く答えを聞かせてーーーー……
   アタシもう、この緊張感に、耐えられない…… ><


********************


A 「 とにかくサっ! カナエ のコト!
   付き合ったあとにっ、オレ
   幻滅されちゃうくらい
   デっ、デートとか、そういうのとか
   超下手くそだとは思うんだけどっ!


B 「 ぅ、ぅん…………

A 「 つっ、付き合ってくれ! このオレとっ !!!!

B 「 っっっっ!!?

A 「 このあと、どうすりゃイイのか
   マジ全然、ワカンネェけどっ! とにかく カナエっ!


B 「 ハ、ハイ…

A 「 オっ、オオオっ! オレのっ、カノジョにっ!
   成ってくれーーーーっ !!!!


B 「 っっっっ!♪

A 「 ふぅふぅふぅふぅふぅ……


********************

A 【 ダメだ… きっ、記憶が飛びそうだ……
   今、オレなんて言ったんだ……っ?
   ソレすら、もう思い出せ無ぇくらいだ… ふぅふぅふぅ……


********************


B 「 よ…っ、喜んで……♪

A 「 っ!?

B 「 って…っ、なんか…… 逆、じゃない……?w

A 「 ぇ? なっ、何? 何、逆って…
   チョっ、チョット、なっ、なんかとにかく
   『 今のは冗談 』 とか、そういうのはヤメテ、くれよな?
   オレ、マジいま死にそう… ふぅふぅふぅ… ( 汗 )


B 「 いや…、そ、そういうコトじゃ、なくて…… ( 笑 )

A 「 な、なんだろう…、なんかオカシかった、かな……
   ふぅふぅふぅ……


B 「 もう一本飲んどく?♪w 大丈夫? ユータ…

A 「 いや…、どうしよ……
   もう一本いっとくか… ふぅふぅふぅ……



********************

SE : ガチャン

A 〔 『 ブルー・スマッシュ 』 をもう一本買って
   ゴクゴクゴクと速攻で飲み干すオレ…


********************


B 「 大丈夫かな? ホントに…w

A 「 ゴっ、ゴメン…、なんかオレ
   とにかく、いまマジで死にそう……


B 「 いや…、あのネ……?

A 「 なっ、何…、やっぱ、冗談なワケ……?
   どっかでコレ観られているとか、そういうの……?


B 「 そっ、そんなんじゃ無いよ…
   ヒドイなァ… そんなコト、心配しいてたの……?


A 「 ぇぇっ、いや、まァ、チョット……

B 「 そういうのじゃないよw
   そうじゃなくて…っ


A 「 ぅ、ぅん…… なに……?

B 「 アタシの方から 『 告白 』 したのに… って♪w

A 「 っ!? ( 汗 )

B 「 だから…、なんか途中から 『 逆 』 に
   ユータ から言われちゃった、から…… ( 笑 )


A 「 アレっ? あっ、あっ、そうか……

B 「 ウフフフフフ♪

A 「 アハ、アハ、アハハハハハハハw


********************

A 【 ふぅ…………、とっ、とにかく……
   なっ、なんとか成ったみてぇだ… イイ方向に… ふぅ……


********************


B 「 ネェ、聞いてイイ?

A 「 ん…、なっ、何を……?

B 「 さっき、言ってくれたコト… ホント?

A 「 さっきって…、あっ、ぅん……
   とっ、とにかく、さっき言ったのが… オレの気持ち…っ


B 「 良かった♪

A 「 アハハハ、オ、オレの、方こそ…っ
   だっ、だって、こ、こんなに カワイイ娘 からなんて…
   ガチ 何かの 『 ゲームじゃね? 』 とか想っちゃって… ( 苦笑 )


B 「 『 ゲーム 』 じゃないよ?
   本気で言ったんだよ? アタシ、ヒドイなァ……


A 「 そっ、そっか、ゴメン…っ、いやっ、あの……っ
   だとしたら、どっちにしろ、マジでオレ死にそう……


B 「 なっ、なんで? やっぱりイヤだったのっ? ( 汗 )

A 「 いやっ! そっ、そうじゃネェんだっ!

B 「 ほっ、ホントに…っ?

A 「 ぅ、ぅん…、そっ、その 『 逆 』 で…

B 「 『 逆 』 で…?

A 「 ウレシ過ぎて、死にそう、っつぅか……

B 「 そうなんだ♪ また 『 逆 』 だネw

A 「 ぅ、ぅん…w
   なっ、なんていうか生きてて良かったァ、っていうか…
   なんか、マジで、オレいま… 息出来ないくらいヤバイ感じ…っ


B 「 チョっ、チョット、深呼吸して…?w

A 「 ぅ、ぅん…… すぅ~~~、はぁ~~~~っ

B 「 落ち着いた?w

A 「 ぅ、ぅん…… チョットだけ……


********************

A 【 とりあえず、何かイイ感じってコトには成ったのか?
   まだイマイチ、ピンと来てはいないが…
   おそらく、今きっとオレは 『 幸せの絶頂 』 とかいうのを
   味わっているトキのハズだ…
   うん… ゼッタイそうだ、そうに違いない…っ


********************


B 「 ネ、あと、もう一つ言っていい?w

A 「 なっ、何? 何か変なコト言わないくれよ?
   もう、オレ今なんかイッパイイッパイだから、サ…っ


B 「 ぅん…、でも変なコトかも……w

A 「 なっ、なんダヨ…、とにかく 『 今のは冗談 』 とか
   そういうのは勘弁してくれよな? ( 汗 )


B 「 だから、そういうんじゃ無いって言っているでしょ?

A 「 そ、そっか…、じゃ、な、なに……?

B 「 ぅん…w あのネ……?

A 「 ぉ、ぉう… なんだ?

B 「 ユータ、舌 真っ青w

A 「 チョっ! いやっ、あのっ! コレはっ!

B 「 2本も飲んじゃったからネ?w

A 「 チョっ、いやあの! 何ていうか!
   きっ、緊張し過ぎちゃってよっ!


B 「 ww

A 「 そっ、そんなに青いか…?

B 「 ぅんw さっき 『 死にそう 』 とか言っていたけど
   本当にそんな感じの色……w


A 「 そっ、そっかw

B 「 でも、アタシも青いでしょ? ほら


********************

B 〔 と、言って舌を出してみるワタシw

********************


A 「 本当だ…、オマエもなんか
   死にそうな色してんな…?


B 「 そんなコト言わないでよ
   生きているよ? ちゃんとアタシは…w


A 「 そっかw アハ、アハハハハハ

B 「 ♪w


********************

A 【 そんなこんながあって、どうやら…
   オレは学校切っての美少女と……

   つっ、つつっ、付き合えるコトに…
   成った、っていうコトらしい… って
   コレ本当 何のゲームだよ…… ( 汗 )


********************


B 「 だァから、本当に本当って言っているでしょ?
   さっきから何度も


A 「 いや、だけどよ…?
   『 なんで、オレに? 』 って思うジャン…?


B 「 もう…、ソレを言わせるかな……?
   ちゃんと 『 付き合おう 』 って言っている カノジョ に…


A 「 ゴ、ゴメン…

B 「 あ、でも… 理由知りたい?♪

A 「 ぉ、ぉう……、いっ、一応
   ハッキリと… そういうのが聞けるんだったら…
   きっ、聞いて置きたい……



B 「 舌が青いから、かな?w

A 「 なんダヨ、ソレ……っ !!!!

B 「 ww


********************

B 〔 と、いうコトで…
   チョット、ドタバタしたけど…w

   アタシ達、二人はなんだかんだ言って付き合うコトに…♪


********************


A 「 オレ、ホントさァ…

B 「 なに…?

A 「 デートとか超下手だけど、イイの…?

B 「 イイよ? そんなの…♪ でも…

A 「 『 でも… 』 なんだ?

B 「 他の 『 飲み物 』 も飲むようにしてw

A 「 ぇぇぇぇ? オレ 『 ブルー・スマッシュ 』 好きなのに…

B 「 放課後いっつも、なんかクチ
   チョット青みがかっててなんか人に紹介しづらい…w


A 「 そっ、そう成ると…っ、きゅっ、究極の選択だな……

B 「 なによ ソレ…… ( 苦笑 )

A 「 いや カナエ を取るか…、ブルー・スマッシュを取るか……

B 「 もう、ホントにっ!w でも、いっつも
   クチの中が青く成ってくるのはヤメテっw


A 「 ワカッタよ、もう…
   何か他のも飲むようにするよ…


B 「 ヤッタ♪ アタシの方を選んでくれるんだ?♪

A 「 あァ、そりゃァな… カノジョより大切なモノなんて…
   今のトコロ、オレには見つかりそうに無いし
   オレは、その自分にとって 『 大事な人 』 を大切にするよ
   このセカイ中の誰よりも… な


B 「 ……っ

A 「 どうだ? ちょっとカッコ良く無かった? 今のセリフw

B 「 ぅ、ぅん…、でも、チョット舌 見せて?

A 「 あ、あァ…、あーーーーー


********************

A 〔 と、ベロを出して見せるオレ

********************


B 「 そんな 『 青い舌 』 で、言われてもなァ…w

A 「 なっ、なんダヨ、せっかくチョット頑張って
   カッコつけて言ったのによ…っ


B 「 もう~ 『 アタシを選んでくれる 』 とか言って置きながら
   ついチョット前に 『 ブルー・スマッシュ 』 飲んでいたんじゃん…w


A 「 ぅ、ぅん…、実は… チョットさっき飲んで来たトコ……

B 「 だから、そんなクチで言われても
   イマイチ説得力ありませんw


A 「 ちっ、違うよ、今からダヨ?
   『 ブルー・スマッシュ 』 を飲んでいたのは
   今までのオレで、今この瞬間からオレは変わるよっ


B 「 ホントかなァ?w

A 「 本当だよ、オレは
   オマエを選ぶって決めたんだから


B 「 じゃ、明日 帰るとき、また舌のチェックをするからネ?w

A 「 すっ、するのかよ…… ( 汗 )

B 「 なによ ソレ…w
   やっぱり、チョット諦め切れて無いジャン……w


A 「 ブっ、ブルー・スマッシュ、とは
   なっ、ながの付き合いだからなァ………


B 「 ソコで、落ち込むなーーーっ!w

A 「 ぉ、ぉう……

B 「 ww


********************

B 〔 と、いうコトでときどき
   ユータ の舌の色をチェックしているワタシですw


********************


A 「 なァ、オレ達ってさァ…

B 「 ぅん、なに…?

A 「 何か変な カップル だよな?

B 「 そう? なにが?

A 「 なんで、毎日 舌のチェックをしてんダヨ……
   まるで、なんかよ…


B 「 なに?

A 「 ネコの健康でもチェックしてるみてぇジャン…

B 「 ww ひょっとして、今日 飲んじゃったんでしょ?w

A 「 ぇっ! いやそのっ! ( 汗 )

B 「 もう! だから、その青いクチ
   成ってくるのヤメテって言ってるでしょっ!w


A 「 いっ、いやゴメン
   つっ、つい誘惑に……っ


B 「 負けるなーーーーーっ!w



   END
ハッピー・ラブコメ系 ロマンティック・コメディ系 学園ドラマ系 少々青春ドラマ系 学校系 学校内系 校舎の片隅 告白の場面系 両想い系 少々テンション高い系 カワイイ系 コミカル系 乙女の純情系 少々恋のトキメキ系 少々叫び有り系w 少々初恋系 美少女キャラ系 少々青春群像系 ラブコメ系 ラブコメディ系 学園コメディ系 少々コメディ系 恋愛ドラマ系 キュート系 ほのぼの系 少々ドタバタコメディ系 少々ハッピーエンド系 少々ヒロイン系 少々モノローグ系 キュンと来る台本素材 ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材
掛け合い台本2人用 男1女1不問0 ショートストーリー台本素材 二人芝居用台本系 寸劇系


 

2人用台本 【女1 男1 】 ロマンティック・コメディ 学園青春ツンデレ要素 少々ほのぼの告白場面 実は両想い系 叫び有りw #314 そんな 『 二人 』 のバレンタイン・デー♪

 

2人用台本 【 女性 1人男性 1人

台詞数 : 103
所要時間 : 約 12分



【 掛け合い台本 #314 タイトル 】

そんな 『 二人 』 のバレンタイン・デー♪


【 配役 】

A : ヤヨイ ♀ ( セリフ数 52 ) 攻め・受け
B : シュージ ♂ ( セリフ数 51 ) 受け・攻め

**********

【】 : モノローグ
() : ト書き


【 役表 】
――――――――――
そんな 『 二人 』 のバレンタイン・デー♪
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-876.html

A : ヤヨイ ♀ :
B : シュージ ♂ :
――――――――――


【 ジャンル 】

ロマンティック・コメディ系
学園青春ドラマ 少々ツンデレ系
恋愛トキメキ 少々ほのぼの系

告白場面 実は両想い系
少々叫び有りw


【 話の流れ的なモノ 】

バレンタイン・デー が近づいている頃
ちょっと 『 小細工 』 をしようとした シュージ
しかし、ソレが バレバレ で、あった為
最終的には 『 自分から… 』 と、いった流れに成って行く
と、ある 『 二人 』 のやりとりを描いた 学園ラブコメ系 の 台本作品 です☆

良かったら、バンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆♪


【 シチュエーション 】

教室



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



B 「 オマエ……

A 「 なに?

B 「 オマエって、なんか…

A 「 なによ

B 「 カワイイな?

A 「 ハァ?

B 「 いや、コレまでにそういう風に
   観たコトが無かったからかもしれないけどよ


A 「 なんなのよ一体…

B 「 よく観るとカワイイな?

A 「 なんで、イキナリそんなコトを言い出してんのよ

B 「 いや、何でコレまで
   気づかなかったのかな? って思ってよ


A 「 アンタにそんなコトを言われたって
   全然 嬉しく無いわよ


B 「 いや、そう言うなよ…
   よく観るとよ? いや、よく観なくてもカワイイよ


A 「 なんか裏がありそうネ?

B 「 えっ!? いやっ、そのっ!

A 「 本当は何が言いたいの?

B 「 いやっ、別にっ! じゅ、純粋にオレはだな! ( 汗 )

A 「 どこが何も無いのよ…
   思いっきり動揺をしているじゃないの


B 「 いやっ、そんなコトはっ!?

A 「 ははァ~~ん

B 「 んっ、んなっ、なんダヨ!

A 「 さてはアレね?

B 「 なっ、なんダヨ! 『 さてはアレ 』 って…っ ( 汗 )

A 「 バ・レ・ン・タ・イ・ン

B 「 ぬいあぅぇぉうあ゛っ !!! ( 汗 )

A 「 図星ネw

B 「 そっ、そんなコトはっ! ( 汗 )

A 「 チョコが欲しいからって
   急にそんなコトを言い始めたっていうワケね?


B 「 いっ、いやっ! そっ、そんなんじゃネェよっ !!!!
   オレは純粋にっ!


A 「 純粋に?w

B 「 ひっ、一人のオトコとして純粋に!
   オっ、オマエが カっ、カっ、カワイイとそのっ! ( 汗 )


A 「 ったく、ワカリやすいったら無いわネェ、アンタって人は…

B 「 いやっ、でもっ、その… そっ、そんなに
   ウソで言っているっていうような…
   つっ、つもりでは、ネェよ……


A 「 もう遅いわよw

B 「 ノーーーーーーーーーーォ!

A 「 そんな魂胆こんたんがあるって
   ワカっちゃった以上、アンタになんか
   ゼェーーーッタイに! チョコなんてアゲません!w


B 「 なっ、なんダヨ、ソレーーーっ !!!!

A 「 アンタなんかはネェ

B 「 な、なんダヨ… ( 汗 )

A 「 チョコじゃなくて、そこら辺に居る
   野良ネコとかが食べ残した
   魚の骨にくっついている 肉の欠片カケラ みたいなのでも
   せいぜいカジっていればイイのよw


B 「 ヒッでぇな、オマエ… ソコまで言うか?

A 「 なによ、元はと言えば アンタが悪いんでしょ?
   チョコが欲しいからって
   突然、アタシにおべっかを使って来たりして


B 「 ぅ、ぅっぅぅっぅ… そ、そうだけど……

A 「 そんな 『 おだて 』 にるモンですかw

B 「 バ…、バレてしまいましたか…… (´-ω-`; )

A 「 当たり前よ、バレバレなんてレベルじゃないわよw
   アンタの 『 やっすい小細工 』 なんかに
   引っかかってたまるモンですか、イイ!?


B 「 なっ、なんダヨ…… ( 汗 )

A 「 バレンタイン・デーっていうのはネ
   とっても大事な日なの
   女の子からオトコの子に 『 告白をする日 』 なんダヨ?


B 「 ぅ、ぅん……

A 「 そんな大事なときに 『 小細工 』 を
   仕掛けてくるようなマネなんてして来ないで


B 「 ス、スマンかった……

A 「 ホントにちゃんとワカッタの?

B 「 ワ、ワカリました…
   拙者せっしゃが悪ぅございました……


A 「 ワカレばよろしい
   とにかく 『 バレンタイン・デー 』 っていうのはネ
   ホントに 『 大切な日 』 なの
   だからイイ加減な気持ちで
   オンナの子をたぶらかすようなマネは
   ゼッタイに二度として来ないで


B 「 すびばぜん…………

A 「 ったく、もう…
   ホント、アンタってどうしようも無いわネェ…
   チョット眼を離すとすぐ
   そういうバカなマネばっかりをするんだから…


B 「 らって…、らって…… チョコが欲しかったんだモン……

A 「 気持ちはワカラなくは無いけど、さっきも言ったでしょ?

B 「 ハイ…………

A 「 ホントにちゃんとした 『 特別な日 』 なんだよ?
   ソレをないがしろにするような
   ウソを言って来るのは失礼でしょ?
   アタシのコトを何だと思っているのよ…


B 「 か…、返す言葉もござァせん……
   でっ、でもよ……


A 「 『 でもよ 』 なによ?

B 「 カっ、カワイイって
   お、想ったのは、ホっ、ホントだよっ!


A 「 っ!?

B 「 ソっ、ソレだけはウソじゃネェよ……っ

A 「 チョっ、チョット、何よ イキナリ、ヤメテよ…っ

B 「 いやホントだって、確かに 『 チョコが欲しいから 』 って
   気持ちがあったからっていうのは認めるよ、でもよ
   そっ、そんだけで、オ、オレだって…、そっ、ソレだけで
   オ、オオオ、オンナの子に 『 カワイイ 』 なんて
   いっ、言ったみたりはしネェよ…


A 「 チョっ、チョット、何 イキナリ、ホントに…っ ( 汗 )
   なっ、何を言い出すのよアンタは…っ


B 「 よく観ると…、いや、よく観なくてもよ…
   カっ、カカっ、カワイイって…
   そっ、そう… 想うよ… ホントに……


A 「 ………… んもう……
   何なのよ、アンタってホントに……


B 「 こっ、この際だからよ!

A 「 何の際よ……

B 「 チョっ、チョット、カッコわりぃ感じに
   成っちゃっているダロ? 今の、オレ…


A 「 まァね、確かに…、思いっきり
   『 情けない感じ 』 には成ってはいるけど…


B 「 だから思い切って言っちゃうけど…

A 「 なによ、もう…

B 「 だから! この際だから言っちゃうけどよっ!

A 「 … ぅ、ぅん…… なに……?

B 「 チョコをくれ…………っ

A 「 ぇ……?

B 「 義理のじゃないヤツをっ !!!

A 「 っ !!!!???

B 「 このオレにオマエから
   『 本命のチョコ 』 を渡してくれっ !!!!


A 「 チョっ! えっとっ! ええっ!?
   なっ、何 バカなコトを言ってんのよ!
   アっ、アンタ、ソレ意味がワカって言っているのっ!?


B 「 あァ、思いっきりワカっているよ

A 「 なっ、何よソレ…、何で思いっきり
   開き直って、落ち着いちゃってんのよ…… ( 汗 )


B 「 いちおう、言うだけは言ったからな ……

A 「 …………

B 「 最初に 『 小細工 』 を
   しようとしたコトは謝る、オレが悪かった
   マジで今オレ、すっげぇカッコわりぃのはワカってる


A 「 うん…、思いっきりカッコ悪いわよ…
   アンタは今…、チョットだけど…


B 「 だけど… コレだけはハッキリ言うよ

A 「 …………

B 「 オレはっ、オマエからチョコが欲しい

A 「 かっ、なっ! もっ、もう… ( 汗 )
   なに完全に開き直っちゃってんのよ


B 「 オマエだって言っていただろ?

A 「 なっ、何をよ…

B 「 『 バレンタイン・デー 』 は
   オンナの子にとって 『 特別な日 』 だって


A 「 ぅ、ぅん…、言った… けど……

B 「 ソレを… なんていうか
   オレにとっても… 『 特別な日 』 にしてくれ



A 【 ………… ドキっ ……


B 「 って、言うだけは言ったからな、待ってるとにかく…
   じゃな


******************

教室から出て行く シュージ

******************


A 「 ちょっ…… ( 汗 )


*******************


A 【 なによもう…、ホントにいっつもいっつも
   超マイペースなんだから………

   ったく… って… でもコレって…

   『 告白 』 をされたっていう…

   コトだよ… ネ……? ( 汗 )

   なんだか良くワカラナイ内に…
   なんだか良くワカラナイ形で…
   言われちゃったみたいな風には成っているけれど…

   でも… あァまで
   ハッキリと言われちゃったらな…

   アタシも 『 自分の気持ち 』 を
   素直に伝えてみようかな?

   2月 14日 バレンタイン・デー

   とりあえず、その日に
   シュージ に言われたからだよ?
   って、いうコトにして

   渡してみようかなって想います

   義理じゃない…

   本命の、チョコレートを… ね 。。。♪




   END
学園ドラマ系 少々青春ドラマ系 学園コメディ系 少々ツンデレ系 恋愛ドラマ系 青春トキメキ系 学校系 教室系 告白の場面系 少々ほのぼの系 恋愛トキメキ系 ヒロイン系 ラブコメディ系 熱い感情系 少々乙女の純情系 少々片想い?系 少々モノローグ系 少々日常のやりとり風 恋の高揚感 コミカル系 少々テンション高い系 カワイイ系 ラブロマンス系 両想い系 バレンタイン・ロマンス系 クラスメート系 恋のトキメキ系 叫び有り系 ちょっとキュンと来る内容系 少々マイペースキャラ系 ハッピー・ラブコメ系 少々恋愛ロマン系 ロマンティック・コメディ系 ハッピーエンド系 少々ドタバタ系 キュート系 キュンと来る台本素材 ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材
掛け合い台本2人用 男1女1不問0 ショートストーリー台本素材 二人芝居用台本系 寸劇系


よろしければ ↓ の EP 2 も合わせて 『 ご活用 』 くだされば幸いです
 Episode 2 は、3人用台本 です☆

3人用台本 【 女性 2人男性 1人

#318 そんな 『 二人 』 のバレンタイン・デー♪ EP 2

所要時間 : 約 33分、台詞数 : 352

ジャンル : 学園ドタバタ バレンタイン・ラブコメディコミカルな 告白 後押し場面
       少々青春 ハッピー・エンドテンション高め ナンセンスボケキャラ系w
       少々叫び有りw


 

2人用台本 【女1 男1 】 恋愛日常コメディ 少々ほのぼの系?w 気の強い乙女チック ツンデレキャラ テンション高めのドタバタラブコメ 少々叫び有りw #311 無趣味なカレシに恋をして♪

 

2人用台本 【 女性 1人男性 1人

台詞数 : 111
所要時間 : 約 11分



【 掛け合い台本 #311 タイトル 】

無趣味なカレシに恋をして♪


【 配役 】

A : カズヤ ♂ ( セリフ数 57 ) 受け
B : ユキエ ♀ ( セリフ数 54 ) 攻め

**********

【】 : モノローグ
() : ト書き
SE : 効果音


【 役表 】
――――――――――
無趣味なカレシに恋をして♪
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-869.html

A : カズヤ ♂ :
B : ユキエ ♀ :
――――――――――


【 ジャンル 】

恋愛日常コメディ 少々ほのぼの系
気の強い乙女チック ツンデレ系

テンション高め ドタバタラブコメ
少々叫び有りw


【 話の流れ的なモノ 】

コレといって 『 趣味らしいモノ 』 が無いカレシである
カズヤ に、チョット意地悪をして葉っぱを掛けてみている
その恋人である ユキエ と、いう場面の
テンション高めの ラブコメディ系のおハナシ です☆

良かったら、バンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆♪

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



A 「 趣味…?

B 「 そう、趣味よ

A 「 なんだよ? イキナリ…

B 「 なんか無いワケ?
   アンタ、そういうの


A 「 う~ん…、コレといって… 無いかな


***********************

SE : バチン

頭を思い切りこづかれる カズヤ

***********************


A 「 いったァ、なにすんダヨっ!? ( 汗 )

B 「 だからダメなのよ、アンタはいつまで経っても!

A 「 何のハナシだよ…

B 「 イイ男に成って無いって言ってんのっ!

A 「 イイ男…? そんなコトいきなり言われてもよ…


***********************

SE : バチン

再び、頭を思い切りこづかれる カズヤ

***********************


B 「 忘れたのっ!?

A 「 なっ、何をダヨ…、いってぇな、さっきから…

B 「 ガーーーーーーッ、もう!
   アンタってオトコはっ !!


A 「 待て! もう叩くのは無しにしろ!
   いくら温厚なオレでもガマンに限界がっ!



***********************

SE : バチン

みたび、頭を思い切りこづかれる カズヤ

***********************


A 「 イッテェーーーッ!

B 「 ちゃんと覚えていなさいよっ!

A 「 だから、何をダヨっ! いってぇな、さっきからホントに…

B 「 言ったでしょ!

A 「 何をダヨ

B 「 アタシと付き合うときにっ!

A 「 なんか…、言ったか……?
   待ーてっ、次、叩いてきたらさすがにオレでもっ!


B 「 くっ、まったく…、コレじゃ詐欺よ、詐欺

A 「 何のハナシだよ、だから…

B 「 言ったでしょ!? って言ってんのよ、だからっ

A 「 だから、何を言ったっていうんダヨ…
   その…、オマエと付き合うって成ったときに……


B 「 ソレを彼女に言わせる気…?

A 「 いや…、まァ… そう言われると確かに…
   オレの責任のような気がして… ってっ!
   だから、なんでダヨ! なんでオレが
   ココで落ち込まなきゃイケねぇんダヨっ!?


B 「 覚えて無いからって! 言ってんでしょっ !!


***********************

SE : バシーーーッ!

ひだり側頭部にまわし蹴りを喰らう カズヤ

***********************


A 「 イッテェーーーーーっ !!!!
   ってぇなっ、オマエーーーっ! ( 怒 )


B 「 オトコでしょっ!?
   オトコだったら、自分が言ったコトくらい
   ちゃんと憶えていなさいよネっ!


A 「 だから、何を言ったんダヨ! オレがっ!

B 「 だァから、ソレをアタシにっ!

A 「 待てっ! 次、蹴りを浴びせてきたら
   さすがのオレでも容赦ようしゃをっ



***********************

SE : ブワシーーーッ!

再び、ひだり側頭部にまわし蹴りを喰らう カズヤ

***********************


A 「 イッテェっつってんダロ!
   とりあえず、その手や足を出して来るのはヤメロ!
   ハナシが進まんっ!


B 「 ったく…

A 「 何のハナシなんダヨ、大体…
   趣味がどうのこうの、っていうようなコトじゃ無かったのかよ…


B 「 だァからっ!

A 「 なんダヨ

B 「 言ったでしょ!?
   付き合うときに、イイ男に成ってみせるってっ!


A 「 …………?

B 「 わ・す・れ・た・の…っ !!!!

A 「 ワーーーーーっ、待て待てっ!
   言っ… た、よう、な… 気は、している……


B 「 今ほど、アンタと別れたいと想ったコトは無いわ!?

A 「 オマエ、冗談でもそういうコトはっ

B 「 アンタが悪いんでしょ!?
   オンナの娘にとっては
   約束っていうのは大事なコトなのっ!


A 「 何の約束ダヨ、だから…

B 「 イイ男に成りなさいっていうのよ、早く!

A 「 ソレと趣味と何の関係があるんダヨ!?

B 「 無趣味のオトコなんて
   ツマラナイでしょって言ってんのよっ!


A 「 なんダヨ、ソレ…
   急にそんなコトを言われてもよ…


B 「 急にじゃ無いわよ
   アンタが自分で言っていたコトなんだから
   今なんか努力している
   っていうようなコトでもあるの?


A 「 んあ゛? ど・りょ・く………?

B 「 あァァァッァァアァァアァァァ! もうっ !!!!

A 「 ヤメロ! 待てっ! そのっ! 暴力反対っ !!

B 「 うぐぐぐぐぐううううう、ったくもう…
   少しは持ちなさいよネ?


A 「 何をダヨ…

B 「 危機感をよ

A 「 何の危機感をなんダヨ…

B 「 このままじゃアタシに愛想を尽かされるとか
   そういうような危機感ってコトよ…


A 「 …………

B 「 あァァァッァァアァァアァァァ! もうっ !!!!

A 「 待ったーーーっ! ワカッターーーっ!
   ワカッタから、実力行使に出るのはもうヤメテくれっ !!!


B 「 ったく…、じゃ、何かを始めるっていう
   約束が出来るの!?


A 「 …… いゃ、その… 今すぐには何も……

B 「 カ・ズ・ヤ くん…… ( 怒 )

A 「 待った! 待った! 待ったーーーっ !!!!
   考える! 考えるからっ! ( 汗 )


B 「 本当にちゃんと考えるつもりで居るのっ!?

A 「 あ、あァ…、オレも… そのオトコだからな…
   ちゃ、ちゃんと、言ったコトは… 実行するサ……


B 「 どのクチが言うのよ、そんなセリフを…
   今の今まで、付き合ったときに
   何て言っていたかをスッポリと忘れていたくせに…っ


A 「 ス、スマン…… ( 汗 )

B 「 1ヶ月

A 「 1ヶ月…? なっ、何の 1ヶ月だ……?

B 「 待ってアゲるわ、トクベツに

A 「 1ヶ月で何をしろって言うんダヨ

B 「 だから、ソレを考えて実行に移していなさいって
   言ってんじゃないのよっ!


A 「 何をダヨ、だから…… ( 汗 )

B 「 ったく、もうホントに、物ワカリの悪いオトコねぇ
   アンタって人はつくづく…


A 「 チョ、チョット待て…、一応、聞くが…
   要はこういうコトか…?


B 「 なによ

A 「 1ヶ月後までに、何かオトコを磨くような
   『 趣味 』 を見つけて、ソレを実行していろっていうコトか?
   このオレに……


B 「 そうよ、そういうコトよ、ようやくワカッタようネ

A 「 …………

B 「 だから、なんで、ソコで既に
   思考が停止状態に入っちゃうのよ、アンタは…っ ( 怒 )


A 「 まっ、待てっ、1ヶ月だゾ?
   そのあいだに、ちゃ、ちゃんと趣味を考えて
   しかもソレを実行していろっていうのか…?


B 「 そうよ、そうやってオトコを磨いて
   イイ男に成って見せなさいよ
   付き合ったときに約束したんだから



A 【 ちっ、まったく……
   下手なコトを言うんじゃ無かったゼ……



B 「 なに…? 何か今、反抗的なコトを考えて無かった? ( 怒 )

A 「 いっ、いゃっ、けしてそんなコトはっ! ( 汗 )

B 「 アンタの考えなんてお見通しなんだから
   余計なコトを考える時間があるんなら
   もっと前進しようとしなさいよ、日々目ざましく!


A 「 簡単に言ってくれるな…

B 「 今まで大目に
   見て来ていただけだっていうだけのコトよ
   全然、変わろうとしていないじゃないのよアンタっ


A 「 いゃ… てっきり、もう
   満足してくれているモノだとばかり……


B 「 ずっと黙っていただけ!
   半年も待ってアゲていたんだから
   少しは感謝をしなさいよネ?


A 「 ま、まァ… 確かに…
   今までは文句も言わずに
   よくオレに着いて来てくれたなと…


B 「 そうよ、アンタみたいな無趣味の退屈なオトコに
   コレだけガマンして付き合ってくれる女の子なんて
   そうそう居ないわよっ!?


A 「 チョット待て、ずいぶんなコトを
   言ってくれるじゃないか、え?


B 「 なっ、なによ

A 「 オマエ、オレのコトが好きじゃないのかっ?

B 「 ぇぇぇぇっ!? いゃっ、ソレはっ ( 汗 )

A 「 どっ、どうなんダヨ、今の口ぶりじゃなんていうか…
   嫌われる寸前っというか、既に嫌われ始めている
   みたいな感じがしているんだが…


B 「 ったく…、その通りよ、今やもう、そう成る寸前よ
   このまま、平々凡々と何も変わろうとせず
   進歩もしようとしないようなら
   本気でアンタとの 『 付き合い 』 について考えるんだからネ?


A 「 チョ! チョット待て! そっ、ソレはっ !!!

B 「 何よ、少しは本気で変わろうっていう気に成った?

A 「 なっ、成った! 成ったから!
   別れるとかそういうのは冗談でも言わないでくれっ


B 「 情けないわネェ… ホントに…… ( 苦笑 ) イイ?

A 「 なっ、なんだ? ( 汗 )

B 「 1ヶ月よ? ソレが期限

A 「 1ヶ月…

B 「 ソレが過ぎたら、アタシの機嫌きげんも期限切れってコト
   ワカッタ?


A 「 ワ、ワカッタ…… ( 汗 )


***********************


B 【 とか、何とか言ってみたりして 。。。
   チョットからかうつもりだったんだけど…w

   案外 カズヤ君 の焦っている顔を観ていたら…
   チョット、意地悪したく成り過ぎちゃたかな?w

   でも… 無趣味で居るより…
   何かに打ち込んでいるオトコの人の方が
   好きっていうのは… 正直な気持ち 。。。

   1ヶ月後、どう成っているのかな?w

   モノは試しにと葉っぱを掛けてみたって
   感じだったけど…

   結構、この結果がどう出るのか
   楽しみにしている…

   カレシにイタズラっぽいコトを仕掛けてみた…
   チョット意地悪な…?w ワタシでした♪




   END
学園ドラマ系 青春ドラマ系 日常ドラマ系 学園コメディ系 キュート系 コメディ系 ドタバタコメディ系 ハイテンション系 カワイイ系 コミカル系 かみ合わないやりとり系 学校系 ヒロイン系 ツンデレ系 恋愛ドラマ系 テンション高い系 テンポ重視系 両想い系 行き違い系 少々乙女チック系 ほのぼの系 少々ロマンティック・コメディ系 熱い感情系 頑なな気持ち系 少々暴走キャラ系 両想い系 ハッピー・ラブコメ系 少々モノローグ系 キュンと来る台本素材 ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材
掛け合い台本2人用 男1女1不問0 ショートストーリー台本素材 二人芝居用台本系 寸劇系


 

2人用台本 【女2 】 学園青春 恋愛後押し場面系 ロマンティック・コメディ #306 恋の大明神、カナ様 ご降臨♪

 

2人用台本 【 女性 2人

台詞数 : 180
所要時間 : 約 18分



【 掛け合い台本 #306 タイトル 】

恋の大明神、カナ様 ご降臨♪


【 配役 】

A : ミキ ♀ ( セリフ数 89 ) 受け
B : カナ ♀ ( セリフ数 91 ) 攻め

**********

〔 〕 : ナレーション


【 役表 】
――――――――――
恋の大明神、カナ様 ご降臨♪
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-861.html

A : ミキ ♀ :
B : カナ ♀ :
――――――――――


【 ジャンル 】

学園青春系 ラブコメ
恋愛 後押し場面系

ロマンティック・コメディ系


【 話の流れ的なモノ 】

片想い中で、なんとなく 物想い に耽っている ミキ
ソコへ、ふと出現した 『 恋の大明神 』 w
に、関する 学園恋愛ドラマ系 台本作品 です☆

良かったら、バンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆♪

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



B 「 なに? ずっと、窓の外なんて眺めちゃって

A 「 …… ん?

B 「 さっきから、ずっとそうしてる、何かあった?

A 「 ぇ……? え? いゃ、えっと……

B 「 ん…?

A 「 あっ、いや、そのっ… たっ、ただ眺めていただけよ

B 「 ホントかなァ?w

A 「 ホントよ…… 窓際まどぎわって得だな? とか、そう想って…
   ただ観ていた… って、ソレだけのコトよ……


B 「 …… ウソw

A 「 ぇ? なっ、何がよ…

B 「 …… スキな人が居るんでしょ?w

A 「 ハァ? ( 汗 )

B 「 全部、顔に書いてあるしw

A 「 そっ、そんな…、なっ、なんでよ ( 汗 )

B 「 …… アンタと何年間、同じクラスに
   成っていると思ってんのよw


A 「 …… まァ、その… 確かに……
   付き合いは長いけど……


B 「 んで?w

A 「 誰かに恋をするなんて、そんな気分じゃ無いから
   ゼッタイに違うのっ!


B 「 ww

A 「 なによ!

B 「 誰か出来たんだw スキな人

A 「 ……

B 「 正直に成りたまえw

A 「 って、んと、ホントにっ、…… も、もう……

B 「 で? 相手は誰なの?w

A 「 …… ふぅ…… もぅ……

B 「 ジーーーーっw

A 「 ちょっ、チョット、からかうのはヤメテっ

B 「 ww ウチのクラスの人?w

A 「 なっ! ちがっ! そっ、そんなワケっ!

B 「 誰? ムラカミ君とか?

A 「 ち…、違うわよ……

B 「 wwwww

A 「 なによ…

B 「 いや、ウチのクラスの人なんだw
   っていうのが、当たっているんだなっていうのは
   ワカっちゃったってのがオカシくってw


A 「 ちょっ、ホントに! もう…っ
   だから、からかうのはヤメテって言っているでしょっ!?


B 「 誰よ、言っちゃいなさいよ
   確かにアンタは今、別れて
   そんなに時間も経って居ないわよ?
   でも…、親友でもあり、いつも色々と相談に乗って来た
   このアタシに隠し事ってのは、いかがなモノかなァ?w


A 「 わっ…、ワカッタわよ… 言うわよ…

B 「 で? お相手は?

A 「 …… サトシ君……

B 「 おぉぉぉぉぉっ♪

A 「 なっ、何よ、その反応は……

B 「 競争率、高いわよ?w

A 「 ワーカッテルわよ……
   だから、チョット……


B 「 窓の外を眺めていたって、いうワケね

A 「 ホントに…、もう…… カナにはお手上げ……

B 「 そうよ? このカナさんにはすーべーてw
   お見通しなんだからw


A 「 ワカリましたよ、この大明神だいみょうじんカナ様……

B 「 信じるモノは、皆救われる、とかw 言ってみたりして?w

A 「 茶化さないでって言っているでしょ? いつもいつも!

B 「 ww

A 「 とにかく、今はまだそんな気分には
   ゼッタイに成れないんだから
   何にも無いのっ! ホントにっ!


B 「 ……w

A 「 なによ……

B 「 いっつも、そんなコト言って結局… とか……w

A 「 なっ、違うわよ、今回はゼッタイにそんなんじゃ無いからっ
   もう! からかわないでって言っているでしょっ!?


B 「 セッティングしてアゲよっか?♪

A 「 ちょっ!

B 「 なに? スキなんでしょ? だってw

A 「 だーけどっ!

B 「 スキなんだwwww

A 「 ちょっ! もう! ホントにィ!

B 「 短い高校生活よ? ソレに

A 「 ソレに…?

B 「 おんなじクラス、こんなにイイ条件なんて無いじゃない?
   他のクラスの娘達だって狙っているっていうのに


A 「 ……

B 「 果報は寝て待て、で、イイことあると想う?

A 「 いや、ソレは……

B 「 じゃ、行動あるのみ、そうじゃない?♪

A 「 まーた、そうやって、なんか人の悩みみたいなのを
   ネタに楽しもうとするんだから……


B 「 まァね?w アタシの性格良くワカッテいるじゃないw

A 「 もぅ… ホントに、言わなきゃ良かった、だから……

B 「 別にイイじゃない、軽く遊んで
   相手の様子を観るって、ただソレだけのコトでしょ?
   おんなじクラスなんだから
   ソレくらいのコトがあっても全然オカシく無いってモンよ


A 「 アタシが一番イヤなのはっ!

B 「 なによ

A 「 カナが、ソレを楽しんでいるっていうのが
   引っ掛かってるの!


B 「 www

A 「 少しはコッチの身にも成ってよ
   上手く行かなかったらどうするのよ?
   毎日、学校で顔を合わすコトに成るんだよ?
   慎重に成っちゃうのだって当然でしょっ!?


B 「 だーーかーーらーーァw

A 「 なによ……

B 「 ソコは大明神様のおちから
   おすがりしなさいってw


A 「 ……

B 「 悪いようにはしないからw

A 「 どうやってよ……

B 「 恋愛でイチバン大事なコトって何だか知ってる?

A 「 なっ、何よ急に、改まってそんなマジメなコト…

B 「 ww だって、観ていてもどかしいんだモノw

A 「 カナはただ、楽しんでいるだけでしょ…?

B 「 まァ、ソレは否定しないけどw

A 「 だからイヤだって言っているのっ

B 「 ネ、何がイチバン大事だと想う? 言ってみて

A 「 なっ、何がイチバンって…、ん…… ぇぇ? なに……?

B 「 正直で居るコト♪

A 「 ……

B 「 今の自分の気持ちに正直に言って
   ソレでダメで、あと、何を気にするっていうのよ?


A 「 ……

B 「 でしょ?♪w

A 「 ダメ! やっぱり、そんな簡単に
   後で何も無かったみたいに出来るワケ無いっ
   だから、もうダメ! このハナシはオシマイ!


B 「 ww

A 「 なんでもワカル 『 大明神様 』 って言うんなら
   アタシの気持ちを察してよっ、少しは…


B 「 察したからこそ、背中を押しているんじゃないw

A 「 とにかく今はまだダメ!
   新しい人と恋愛するとかそんな気持ちには成れないっ


B 「 じゃ、そうやってずっと
   外の景色を眺めているつもりなんだ?


A 「 イイじゃない、別に… そっ、そうして居たいんだから……

B 「 もう… ホントに……

A 「 なによ……

B 「 極秘情報だから、明かせないんだけど…
   その 『 情報 』 を元に言わせて貰うとしたらネ?


A 「 なっ、何、その意味深いみしんなモノ言いは……

B 「 サトシ君にも 『 気に成っている人 』 が居るみたいよ?w

A 「 ぇぇぇっ!? ウソっ! ヤダっ!
   そんな人がもう居ちゃっているのっ!?


B 「 んで、その 『 気に成っている人 』 っていうのは…
   このクラスの人らしいの?w


A 「 ええええええええええええええっ!?
   ヤダっ! 誰っ!? なにソレっ! なんでっ!
   もう……、やっぱりホントに…っ、だから
   イヤなのよ、あァいう競争率が高い人は……


B 「 www

A 「 なによ……

B 「 アタシから言えるコトはネ?w

A 「 ……

B 「 セッティングしてアゲてもイイよ? ってコトだけw

A 「 だって、スキな人が居るんでしょ? サトシ君……

B 「 だ~か~らっ、セッティングして
   アゲてもイイよ? って言っているの♪
   その二人の、お・た・が・いのためにもネ?w


A 「 ………………………………っ!?

B 「 wwwwwwwwww

A 「 なにソレっ! なにソレっ !! なにソレーーっ !!!!

B 「 ww ワカッタ?w

A 「 えっ、チョットやだっ!?
   えっ!? ぇっ!? ホントにっ!? ( 汗 )


B 「 さァ、どうでしょ?w

A 「 チョット、そんな 『 大事な部分 』 をはぐらかさないでよっ!?

B 「 だって 『 極秘情報 』 なんだモンww

A 「 ええええええええっ!? チョっ! そのっ!
   えとっ! ホントにっ!? ( 汗 )


B 「 アタシは 『 気に成っている人 』 が居る、としか
   言っていないんだけどな?w


A 「 だってっ、だってっ! えええっ!?
   チョっ!? どっ、どうしたらイイのっ!? こういうのってっ!?


B 「 別にイイじゃない、特に喋らない相手でも無いんだし
   軽い感じで、一回遊びに行くだけって考えればw
   なんなら、アタシもくっついて行ってもイイしw


A 「 ……

B 「 なに?w

A 「 もう……、カナ、楽しみ過ぎ……

B 「 wwwwww
   だって、実際楽しいんだモンw


A 「 チョット一回 『 整理 』 させて貰ってもイイ?

B 「 どうぞ?w

A 「 サトシ君は…、このクラスに
   『 気に成っている人 』 が居るのネ?


B 「 そうよ?

A 「 んで、その 『 相手 』 っていうのは………

B 「 さァ…、誰なんでしょうネェ……?ww

A 「 もし、今アタシが考えているコトと違っていたら
   豆思いっきり投げつけるからネ!? カナに、節分のときにっ !!!


B 「 www イイわよ? アタシが鬼ってコトでw

A 「 どっちなのよっ!?
   今のカナは 『 鬼 』 なの? ソレとも 『 恋の大明神様 』 なのっ!?


B 「 どっちでしょうか? ソレはw
   一歩を踏み出そうとして頑張る気が無い人には
   その部分についてコレ以上、詳しくは
   教えられないかな?w


A 「 …………

B 「 さァて、ミキさん、世紀の考え中ですw

A 「 ったく、もう…
   もし違っていたら、ホントに恨むからネ!?


B 「 たまには 『 鬼 』 に成ってみるのもイイかな? なァんてw

A 「 じゃ、ダメじゃないのよっ!
   チョット、ホントにっ、こういう部分で遊ぶのはヤメテ!
   悪趣味過ぎるから、そんなのっ ( 汗 )


B 「 ww まァでも…、単純にネ?

A 「 なに……?

B 「 女の子から 『 遊びに行こう 』 って言われて
   イヤだって思われると想う?
   しかも、普段 結構喋っている人から


A 「 …… まァ…ソレは…… 確かに……

B 「 だとしたら…、迷うコト無くない?

A 「 ホントに信じてイイの? その……

B 「 なに?

A 「 大明神様の言うコトを……

B 「 まーっかせなさい♪ww

A 「 ったくもう……、イマイチ信用成らないんだから……

B 「 買わなきゃ当たるコトは無い宝クジ
   何も動かずに、全てが手に入るんなら
   世の中の人み~んな
   悩みを持っている人なんて居なくなっちゃうわよ?


A 「 ぅん……

B 「 ダメだったら、ダメでイイじゃない?
   急ぐ必要も無いかもしれないけど
   少なくとも、アタシから言えるコトは…


A 「 なに…?

B 「 恋をするチャンスって
   そんなにたくさんあるワケじゃないって想うわよ?


A 「 そういうモノかな…?

B 「 うん、少なくとも…
   アタシはそう想っているけどな?

   誰かが、誰かのコトを
   『 好き 』 って想ってくれている時間って
   意外と短かったりするからネ?
   ソレに…


A 「 ソレに…?

B 「 サトシ君は…、競争率高いんだから…
   何ていうか、女の子から
   アプローチされている回数も多いみたいだし
   ダメだったからって、成ったトコロで
   急に 『 冷たい態度 』 を取るような人じゃ無いと思うわよ?


A 「 そっか……

B 「 ソレと、『 大明神からのお告げ 』 があるっていうのも
   忘れずにネ?w


A 「 ソレ… 本当に信じてイイの…?

B 「 『 気に成っている人 』 が居るっていうのは確か
   でも、アタシから言えるコトはソレだけw
   後は 『 二人の問題 』 ってコトに成るのかな?


A 「 …… ぅ、ぅん… ワ、ワカッタ……

B 「 ダメだったら、盛大に豆をブツけてイイからw
   節分のときに思いっきりネ♪


A 「 ワカッタ……
   じゃ… セッティング オネガイします……


B 「 OK、信じる者は皆救われるw
   この大明神様のちからをみくびるで無いぞよ?w


A 「 もう…、本当にちゃんとやってよネ…?
   なんかどっかフザけているんだから、カナっていつも……


B 「 ww


*******************


B 〔 と、いうコトで、ミキ と サトシ君 のあいだ
   取り持つコトに成ったワタシ♪

   まァ、極秘情報からすれば…
   おそらく…、上手く行くハズなんだけど?

   もしダメだったら… そのときは思いっきり
   豆を投げつけられようかな? とも思いますw

   でもたまには、こうやって
   大明神としてのちからを披露していかないと
   ご利益りやくを信じて貰えなく成っちゃうからネ?w

   さァ、では早速、サトシ君に
   アポを取ってみようと思います

   でも、そっから先は…?
   純粋に二人の問題? って、コトかな?

   さてさて、どう成るコトですやら…♪




   END
学園ドラマ系 青春ドラマ系 青春ロマン系 少々ツンデレ系 恋愛ドラマ系 少々友情ドラマ系 少々デート系 少々片想い系 少々両想い系 乙女チック系 カワイイ系 学校系 教室系 告白 後押し場面系 キュート系 ロマンティック・コメディ系 少々ほのぼの系 ヒロイン系 ラブコメディ系 ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材
掛け合い台本2人用 男0女2不問0 ショートストーリー台本素材 二人芝居用台本系 寸劇系



 

2人用台本 【女1 男1 】 日常のやりとり風 少々ほのぼの系 ラブコメ調 少々モノローグ進行系 食べ物にまつわる話系 #213 ワタシとカレとの 『 スイーツ 』 な関係?♪

 

2人用台本 【 女性 1人男性 1人

台詞数 : 74
所要時間 : 約 12分



【 掛け合い台本 #213 タイトル 】

ワタシとカレとの
  『 スイーツ 』 な関係?♪



【 配役 】

A : カオリ ♀ ( セリフ数 42 ) 少々受け・攻め
B : タケシ ♂ ( セリフ数 32 ) 少々攻め・受け

**********

【】 : モノローグ
〔 〕 : ナレーション
SE : 効果音


―――――
ワタシとカレとの 『 スイーツ 』 な関係?♪
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-671.html

A : カオリ ♀ :
B : タケシ ♂ :
―――――


【 ジャンル 】

日常のやりとり風 少々ほのぼの系
ラブコメ調 ツンデレ要素

少々モノローグ進行系
食べ物にまつわる話系



【 話の流れ的なモノ 】

最初は、ノリ気じゃなかった 『 スイーツ作り
でも 『 恋人 』 が喜んでくれる姿を見る内に
段々と 『 スイーツ作り 』 が負担では
無くなっていくっていぅような カオリの心情 をつづった
少々 モノローグ進行系 の 掛け合い台本作品 です☆

良かったら、バンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆♪


【 出番率 】

カオリのモノローグ が 中心で進んでいくハナシなので
タケシ は、実質 セリフ少な目 です

□□□□□□□□□□□□□□□□




A 「 ハァ? んで、アタシに
   『 ケーキ作り 』 に挑戦しろ、と?


B 「 そぅ、オマエの 『 手料理 』 は
   スンゲェ美味くて、今まで
   イッパイ喰わせてもらってきたけどよ?

   まだ 『 菓子 』 とか 『 スイーツ 』 とか
   なんていうの? なんか、そぅいうヤツは
   喰わせてもらったコト、ネェじゃん


A 「 確かに料理は得意だけど…
   『 ケーキ 』 とかってムズカシイのよ
   ソレにアタシ、あんまり
   『 甘いモノ 』 好きじゃないし…


B 「 なんダヨ 『 カレシ 』 であるこのオレが
   こんなに頼み込んでいるってのに
   なんといぅ 『 冷たい態度 』 ぅぅぅ… (´;ω;`)


A 「 泣くな… ( 汗 )

B 「 カオリ はもぅオレのコト
   スキじゃないんだ… ぅぅぅぅ…… (´;ω;`)


A 「 だから、泣くなってのに……
   ワカッタわよ… そんなに言ぅなら
   やってみるわよ… ( 苦笑 )


B 「 マジでっ!?♪

A 「 コロっと態度が変わるわネェ?
   もぅ……


B 「 だってよ?
   やっぱ カノジョ が 『 クッキー 』 とか
   差し入れしてくれるのって
   なんつぅか 『 青春 』 ってカンジで
   ウレシィじゃん?♪


A 「 まァ… 言わんとしているコトは
   ワカラなくも無いけど……


B 「 ダロ?♪w
   ってコトで 『 スイーツ 』 期待しているから♪


A 「 も、もぅ… 本当に
   調子イイんだから… ( 苦笑 )
   とにかく、あのネェ


B 「 な、なに…?

A 「 『 料理 』 と 『 お菓子 』 ってのは
   全然チガウのよ
   ソレに 『 甘いモノ 』 そんなにスキじゃない
   アタシにとっては特にそぅなの


B 「 そ、そっか…… (´;ω;`)

A 「 ちょ、チョット… ソコでそんなに
   へこまれると、アタシがなんか
   『 悪モノ 』 みたいに成っちゃうからヤメて


B 「 ご、ゴメンよ、カオリ…… (´;ω;`)

A 「 だから、泣くなってのに……

B 「 ムリな 『 注文 』 しちゃっているってコトかな?
   だとしたら… ゴメン……


A 「 いゃ、もぅ… ムリなっていぅか
   んもぅ…、しょ、しょうがないわネェ
   ワーカッタ、ワカッタ、作ってアゲるわよ


B 「 おぉぉぉ♪

A 「 でも、とにかく、やってはみるけど
   上手く行くかどぅかはワカラナイからネ?
   アタシ、本当に全然 『 お菓子 』 は
   作ったコト無いんだから


B 「 なんかゴメン… でもっ!
   超期待してるっ!♪


A 「 ワカッタわよ、もぅ… ( 苦笑 )


A 【 んとに、調子イイんだから
   このオトコは…… ( 苦笑 )



*************

A 【 と、いぅコトで
   アタシの 『 カレシ 』 である
   タケシ たっての 『 要望 』 で
   急遽 『 スイーツ作り 』 を
   させられるコトに成ってしまったワタシ…

   あァは言ってみたけど…
   本当に 『 お菓子とかケーキ 』 って
   ムズカシイのよねぇ…?

   『 料理 』 だったら、みりん・醤油・塩
   砂糖・調理酒なんかを適当に感覚でやるだけで
   本当パッパッと何となく
   ソレらしく出来ちゃうんだけど……

   お菓子って……
   なんか 『 細かい 』 やるコトがイッパイあって…
   なんていうか、よくワカンナイことが多いから… ( 汗 )
   冷蔵庫で 30分、寝かせたり…… とか

   そぅいう、何の為にあるのか
   よくワカラナイ工程がたくさんあって

   あとあの 『 バニラエッセンス 』 とか…?
   入れる意味あるの? みたいな
   そんな感じでとにかくチンプンカンプン……

   ハァ… 『 作る 』 とは言っちゃったけど……

   やっぱりチョット 『 面倒 』 っていぅか
   正直、気が重いなァ…… っていぅのが

   『 今の心境 』 です… (´-ω-`; )


*************


SE : プルルルルルル

A 【 あっ、タケシからメール……


B 『 どぅ? お菓子作りは進んでる?♪w


A 【 …………
   進んで無い… 全然、進んで無い…… ( 汗 )


   ぇっと、とりあえず
   『 一応はネ? 』 っと、返事… ( 苦笑 )


B 『 スッゲェ期待しているからサ
   月曜日にはありつけるかな?



A 【 げ、月曜日…… ( 汗 )
   明後日じゃないのヨ…

   正直… いくつか
   ケーキ作ってみたんだけど……
   最終的にチョット 『 イイ感じ 』 に
   出来たのは、ロールケーキ位……

   アレはなんか簡単だったんだけど……

   『 簡単なヤツは出来たけど…
     とりあえず、そんなに 『 期待 』 しないで
     待ってて 』 と、返事… ( 苦笑 )



B 『 そっか、ムリ言ってゴメンな?
   でも、スッゲェ期待しているから♪w



A 【 全然 『 ゴメン 』 に成っていないよ、ソレ…
   『 期待しているから♪ 』 とか書いてあるし… ( 汗 )

   うぅっぅ、プレッシャーが
   『 増した 』 だけだわ…… (´-ω-`; )



*************

A 〔 とか、そんなやりとりをしつつ月曜日

*************


A 「 どぅ?

B 「 うんまいっ !!!♪
   さっすが カオリ!
   スイーツも 『 完ぺき 』 だなっ !!!?


A 「 ホントに……?


A 【 一応、なんとか
   良かったみたい、ハァ…… (´-ω-`; )



B 「 やべ、マジ美っ味ぇ
   コレだったら幾つでも喰えるわオレ♪



A 【 ホントにこの 『 甘党 』 はァ… (´-ω-`; )

   結局、イチバンよく出来た
   『 ロール・ケーキ 』 で
   適当にごまかしてみたんだけど

   この反応… 正直、イヤな予感が
   しているワタシです 。。。 ( 汗 )



B 「 美ん味い!
   今度はさ! 『 ガトーショコラ 』 とかいうの?
   アレ作ってくれよ! なんかスッゲェ
   美味そうだからよ?♪



A 【 やっぱり、イヤな予感的中…
   『 次のを要求 』 する発言キター…… (´-ω-`; )



A 「 ちょ、チョット待ってよ ( 汗 )

B 「 ん?

A 「 あのネェ? ソレ作るのだけでも
   結構 『 苦労 』 したんだからネ?
   次から次へとポンポン色々出来るって…
   想わないでよ、ホントに……


B 「 そ、そっか… ゴメン……

A 「 いゃ、だからソコで謝られても……

B 「 (´;ω;`)

A 「 もぅ、泣くなっつぅのにホントに……
   ワカッタ、今度はその
   『 ガトーショコラ 』 をやってみる


B 「 おぉっぉっ!♪

A 「 でも、とにかく

B 「 な、なに…?

A 「 そのあんまり
   『 期待を掛けてくる 』 のヤメて
   とりあえず、チョット
   ほんとシンドイからソレ… ( 苦笑 )


B 「 そ、そっか… ゴメン

A 「 女の子で 『 料理が出来ない 』 みたいな
   カンジに成るのって、スンゴイ
   『 プレッシャー 』 なんだからネ?


B 「 わ、ワカッタ… なんかゴメン……
   ………… ぅぅぅ (´;ω;`)


A 「 だから泣かないでってのに…

   だけど、ブッちゃけ 『 本音 』 言っちゃうけど
   ホントに 『 次から次へはムリ 』 っていぅか…
   そんなにたくさんは作りたくない
   ワタシ…


B 「 ぅぅぅぅ (´;ω;`)

A 「 だから、泣くなってのに…

B 「 だって、だってよ… (´;ω;`)

A 「 ワカッタわよ、もぅ… アレよ、あの…
   とにかく 『 アタシの気が乗ったトキ 』 に
   たまに作ってみるっていぅので
   なんていぅか 『 満足 』 するようにして?


B 「 ぅ、ぅん

A 「 そぅしたら別に…
   たまァに色々作るのは…
   色々 『 勉強 』 に成る部分が無くもないし

   そぅいうのってアタシ自身にとっても
   役に立つっちゃ立つワケだから…


B 「 おぉぉぉぉ、ワカッタ!
   じゃァ! たまに 『 要求 』 する!♪


A 「 ぅ、ぅ、ぅん…… そ、そぅして…… ( 汗 )

B 「 でもコレ、マジで美味ぇよ
   んとに カオリ は何、作っても
   『 完ぺき 』 だな?♪


A 「 だから、ソレが 『 プレッシャー 』 に成るから
   ヤメテって言っているっしょ?


B 「 ぅ、ぅん…… ゴメン…… (´;ω;`)

A 「 もぅ、だから泣くなってのに…… ( 苦笑 )


*************

A 【 と、そんなコトがあって
   当初は全然ノリ気じゃ無かった
   『 スイーツ作り 』 ……

   だったんだけど

   タケシが、いちいち 『 喜んでくれちゃう 』 ので
   なんだかんだと、チョコチョコ
   色んなのに 『 挑戦 』 するハメに
   成っている最近のワタシ…

   まァでもそぅは言っても
   最初は確かに 『 苦労 』 していたんだけど…

   やっていく内にさすがに
   『 慣れて来る部分がある 』 っていぅか
   チョットずつ 『 コツ 』 みたいのが身についてきて

   最近では、少しずつ
   『 お菓子作り 』 を楽しめるように
   成って来ているっていぅのが

   実のトコロ、無くも無いワタシです♪


*************


B 「 美ん味い!
   やっぱ カオリ は何でも出来んだな?
   オレの目に狂いは無かったゼ♪


A 「 なに 『 目に狂いは無い 』 って
   もぅ… 大げさなんだからホントに…… ( 苦笑 )



*************


A 【 とか何とか言いつつ
   やっぱり、スゴク喜んでくれる
   『 カレシ 』 の姿…♪

   そぅいうのを観ていると…

   なんていぅか
   『 頑張れちゃう 』 っていぅか…♪

   こぅいうのって
   『 イイ切っ掛け 』 っていぅのかな?
   みたいに想って

   何となく自分の中でも…
   段々と 『 スイーツ作り 』 を
   するのが楽しみに成って来ている……


   最近のワタシです 。。。♪




   END
学園コメディ系 少々ツンデレ要素 少々恋愛ドラマ系 少々キュート系 少々コメディ系 少々ハッピーエンド系 ヒロイン系 モノローグ系 少々ラブコメ系 学園ドラマ系 少々青春ドラマ系 日常ドラマ系 学校系 少々青春群像系 少々悩める主人公系 食べ物にまつわる話系 日常会話風 日常の風景 日常のやりとり風 ほのぼの系 少々同僚系 キュンと来る台本素材 ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材
掛け合い台本2人用 男1女1不問0 ショートストーリー台本素材 寸劇系


 

2人用台本 【男1 女1 】 学園ラブコメ ハイテンション系w かみ合わない マイペースキャラw 少々間違った情熱 ボケキャラ主人公w #205 ソレだけの 『 根拠の無い自信 』 は、一体ドコから…w

 

2人用台本 【 男性 1人女性 1人

台詞数 : 62
所要時間 : 約 6分



【 掛け合い台本 #205 タイトル 】

ソレだけの 『 根拠の無い自信 』 は、
 一体ドコから…w



【 配役 】

A : コウジ ♂ ( セリフ数 31 ) ボケ 少々攻め
B : ユミカ ♀ ( セリフ数 31 ) ツッコミ 少々受け


―――――
ソレだけの 『 根拠の無い自信 』 は、一体ドコから…w
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-658.html

A : コウジ ♂ :
B : ユミカ ♀ :
―――――


【 ジャンル 】

学園ラブコメ ハイテンション系w
かみ合わない マイペースキャラ系w
少々間違った情熱 ボケキャラ主人公系w

少々叫び有りw


【 話の流れ的なモノ 】

自分を 『 モテている 』 と豪語する コウジ
ソレを 『 まったく、しょうがないわネェ…w 』 って感じで
渋々その 『 ハナシw 』 に付き合っている ユミカ との間での
学園ラブコメ ハイテンション系 な 台本作品 です☆w

良かったら、ゼヒやってみてください (`・ω・´)ゝ☆w

□□□□□□□□□□□□□□□□




A 「 オレはっ!
   オマエのコトが好きなんダヨっ !!!!


B 「 …………

A 「 どぅだ? 少しは 『 ドキッ 』 としたか?

B 「 いゃ 『 別な意味 』 で
   ドキッとしたわよ…w


A 「 なんダヨ 『 別な意味 』 でってのは

B 「 いゃ… もし、そぅなら
   『 迷惑 』 だな? って、思ってw


A 「 バッ! オマエっ!
   何、言ってんダヨっ!
   こんな、イケメンのオレに告白されて
   嬉しくないワケ無いダロっ!?


B 「 イケメンだったらネ?w

A 「 イケメンじゃネェか

B 「 何処がよ…… ( 苦笑 )

A 「 オマエ、ホントなんか
   かわいげがネェやつだなァ…
   少しは 『 ドキッ 』 としろよ


B 「 アンタに 『 かわいげ 』 があるとか
   想われたくないわよ、ゼッタイに…w


A 「 オマエっ! ホントにっ!
   しっ、失礼なヤツだなっ!


B 「 ww

A 「 オマエ、オレはなァ
   自分でこぅ言わないだけで
   モテているんだゾ? ホントは…


B 「 何処がよ……w
   アンタの何処を見れば
   『 モテている 』 なんて
   要素が見つかるのよ… ( 苦笑 )


A 「 バカっ、オマエ!
   んとに失礼なヤツだなっ!


B 「 だったら、彼女作んなさいよ
   そんな 『 モテている 』 っていぅんだったら
   全然モテてないから、一人も居ない
   じゃないのよ、アンタ高校入ってから


A 「 だから!

B 「 なによw

A 「 モテ過ぎて出来ネェんダヨっ!

B 「 ww
   しぬほど 『 バカ 』 って想ったわ?
   アンタのコトを、いまww


A 「 んとにっ! オマエっ!
   だからっ! こんなに 『 モテてる 』 オレが
   誰か一人と付き合っちゃったら
   他の娘達がかわいそうダロ!?


B 「 言ってなさいよ、勝手にもぅ…… ( 苦笑 )

A 「 みんなの 『 アイドル 』 っていぅのはな?
   特定の 『 恋人 』 を作んネェんダヨ
   みんなの 『 夢 』 を壊しちゃイケないダロ?


B 「 何処に居るのよw
   その 『 みんな 』 って、いぅのは……w
   影も形も見当たらないわよw
   アンタが誰かと仮に付き合ったとして
   泣いてしまぅような 『 女の子 』
   っていうのの 『 姿カタチ 』 が…w


A 「 バカっ! オマエっ!
   ワカってネェなっ!
   モテてんダヨ! オレはっ!


B 「 www
   まァ、そぅいう風に 『 想う 』 のは
   イイコトなのかもしれないけど… ( 苦笑 )
   自分のコトを 『 モテないモテない 』 って言って
   ウジウジしているような人なんかよりはネ?


A 「 ダロっ!?
   だから、モテんダヨ、オレは


B 「 ワカッタわよ、もぅ……w
   ハイハイ、アンタはモテてる、オメデトw


A 「 なんダヨ、ソレっ!

B 「 なによ ( 苦笑 )

A 「 そんな 『 投げやりな感じ 』 で言うなっ

B 「 ww
   だって全部アンタの 『 たわごと 』 なんだモノ
   正直 言って……w


A 「 んなコタねぇよ
   モテてんダヨ、オレは


B 「 じゃ 『 ラブレター 』 とか貰ったコトはあるの?

A 「 ラブ… レター………………?

B 「 wwww

A 「 ま、まだダヨ……
   ラブ… レターはまだダヨ……


B 「 認めなさいよ、イイ加減じゃァ…w
   モテているんだったら 『 普通 』 は
   ラブレターの 1枚や 2枚 貰っているはずでしょ?
   アンタ、ゼロなんでしょ?w


A 「 な、何がダヨ…… ( 汗 )

B 「 ラブレター、ゼロ枚なんでしょ?
   いままで生きてきて


A 「 ら、ラブ… レターは……
   ゼロ枚… だよ…………


B 「 だから、もぅ……w
   やめましょ? この中身の無いハナシ
   ホントにもぅ……w


A 「 だっ、なっ、オマエ!
   ココでやめちゃったら
   なんかオレが 『 モテないでいる 』 みたいな感じで
   終わっちゃうじゃネェかよっ!


B 「 『 モテないでいるみたいな感じ 』 じゃなくてっw
   イイ加減、認めなさいって言うのよ
   現実を……w


A 「 んダヨ、ソレ……
   オレはこぅ 『 夢 』 に生きたいんダヨ
   でっかく生きたいんダヨ?
   ワカルか? このオトコらしいロマンが


B 「 もぅイイわよ、ホントに……w
   いつまでアンタの 『 たわごと 』 に
   付き合ってないとイケないのよ
   アタシは…… ( 苦笑 )


A 「 だから 『 ドキッ 』 としたって言えよ

B 「 なにが?

A 「 さっき、オレがオマエに
   『 好きなんだ! 』 って言ったトキにサ


B 「 したわよ? ドキッと

A 「 そうダロ?

B 「 『 別な意味 』 でネ?w

A 「 んダヨ、オマエーーーーーっ! ><

B 「 『 迷惑だなァ? 』 って、そぅ想ったわよ?
   本気で……w


A 「 もぅっ !!!!!
   今度の 『 バレンタイン・デー 』 を見ていろ!
   『 チョコまみれ 』 に成ってきてやる


B 「 ハイハイ、そぅ成るとイイわネ?w

A 「 成る、今年はなんかイケそぅな
   気がするんダヨ、オレは……
   だから、そのトキになって後悔するなよ?


B 「 なにがよ… ( 苦笑 )

A 「 あのトキ、ちゃんと 『 素直 』 に
   『 ドキッ 』 としたって
   言っておけば良かったな? って


B 「 ワカッタから、もぅホントにィーーーっ!ww



   END
学園コメディ系 ラブコメ系w 学園ドラマ系 少々恋愛ドラマ系w コミカル系w ボケキャラ主人公系w マイペースキャラ系w 少々間違った?w情熱系w テンション高い系w 少々ドタバタコメディ系w 少々ほのぼの系w ナルシシズム系w 少々情熱系w 少々切ない系w 少々負けたくない気持ち系w 少々未来を夢見る気持ち系w サークルの部室系 放課後系 少々よくワカラナイ信念? のハナシ系w かみ合わない系w ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材
掛け合い台本2人用 男1女1不問0 ショートストーリー台本素材 寸劇系


 

2人用台本 【女1 男1 】 学園ラブコメ 少々モノローグ進行系 告白の場面 一応両想い 淡々とした、マイペース男子キャラ系 #204 ぶっきらぼうなアイツとワタシの、バレンタイン・デー♪

 

2人用台本 【 女性 1人男性 1人

台詞数 : 158
所要時間 : 約 18分



【 掛け合い台本 #204 タイトル 】

ぶっきらぼうなアイツとワタシの、
 バレンタイン・デー♪




【 配役 】

A : ミカ ♀ ( セリフ数 88 ) 少々受け
B : アツシ ♂ ( セリフ数 70 ) 少々攻め

**********

【】 : モノローグ
〔 〕 : ナレーション


―――――
ぶっきらぼうなアイツとワタシの、バレンタイン・デー♪
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-657.html

A : ミカ ♀ :
B : アツシ ♂ :
―――――


【 ジャンル 】

バレンタイン・デーの話
学園ラブコメ 少々モノローグ進行系
告白の場面 一応両想い系

淡々とした、マイペース男子キャラ系



【 話の流れ的なモノ 】

バレンタイン・デー 』 を迎えるにあたり
マイペースに、なんていうか 『 告白 』 をしてくる
アツシ に翻弄?w されつつも、一応 『 OK 』 をしていく
ミカ といった感じの 学園ラブコメ調 の 台本作品 です☆

ゼヒ、バンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆♪

□□□□□□□□□□□□□□□□□




B 「 おぃ

A 「 な、なによ… ( 汗 )


*************

A 〔 と、イキナリぶしつけに
   話しかけて来たコイツは
   クラスメートのアツシ


*************


B 「 オマエ、バレンタインのとき
   誰かに 『 チョコ 』 渡すのかよ


A 「 ハァ~~~? ( 汗 )


A 【 なんて、ぶしつけなヤツなの…?
   コレまでにも 『 ぶしつけなヤツ 』 っていうのは
   重々承知ではいたけど……

   踏み込み過ぎでしょ
   今の 『 質問 』 は本当に…… ( 汗 )



B 「 誰かに 『 チョコ 』 渡すのか?
   って聞いてんだよ


A 「 そっ、そんなコト、なんでアンタに
   言わないとイケないのよ……っ


B 「 なんで? って、いゃ別に


A 【 『 いゃ、別に 』 じゃなくて
   ソコ 『 重要 』 でしょうよっ

   なんで、思いっきり
   『 はしょ 』 ってんのよ…っっっ ( 汗 )



B 「 もし渡す相手が
   『 居ない 』 ならよ?


A 「 なっ、なんで 『 居ない 』 って
   なってんのよ…



A 【 とにかくチョット
   踏み込み過ぎよアンタ

   そぅいうヤツだっていぅのは
   重々ワカってはいるけど… ( 汗 )



B 「 いゃだから

A 「 なによ

B 「 『 もしも 』 って言ったダロ?


A 【 そ、ソレは確かに……
   そぅいえば、言ってはいたけど… (´-ω-`; )



B 「 だから、だよ

A 「 だから、なによ

B 「 もしも 『 チョコレート 』 渡す相手が
   居ないっていぅんならよ


A 「 ぅ、ぅん……

B 「 オレにくれよ


A 「 ぇっ………………っっ!? ( 汗 )

   チョッ、ソレ
   ど、どぅいう意味……っっ!? ( 汗 )


B 「 いゃだから、バレンタインのときに
   特定の 『 そぅいう相手 』 が居ないって
   いぅんならよ、オマエの 『 チョコ 』 を
   オレにくれよ、って言ってんだよ



A 【 だから、ソレがどぅいう 『 意味 』 なの?
   っていぅのを聞いているんじゃないのよ……

   今のじゃ全然
   『 説明 』 に成っていないから……っ ><



A 「 いゃ、あの、だってアンタ ( 汗 )

B 「 なんだよ

A 「 アンタには サトミ が居るでしょ? ( 汗 )
   カノジョに貰えばイイじゃない
   そのちゃんとした 『 彼女 』 からの
   『 バレンタインのチョコレート 』 を…


B 「 あぁ、別れた

A 「 ぇっ?

B 「 昨日、別れた
   『 しばらく距離を置きたい 』 だって

   まァ、社交辞令みたいなモンだよな?
   結局は 『 別れましょ 』 って意味だって
   すぐワカッタよ


A 「 そ、そぅ…だったの…… (´-ω-`; )
   そ、ソレは… ざ、残念だったわネ……?


B 「 いゃまァ、そぅ言ってくれるのは
   ありがたいっちゃァ
   ありがたいんだけどよ?


A 「 ぅ、ぅん……

B 「 オレ達、とっくにサ、終わっていたんだよ
   なんつぅの? 『 冷え切った関係 』 って
   いぅかサ


A 「 …………

B 「 で、昨日 サトミ からハッキリと
   『 距離を置きたい 』 って言って来てサ

   まァ、実質遅かれ早かれ
   こぅなっていたとは、思うんだけどな



A 「 そぅ… だったの……
   アンタ達、結構、仲良さそうに
   見えたんだけど……
   本当は、そぅいう風だったんだ…



B 「 お互い、気持ちとかそぅいうのが
   『 顔に出ないタイプ 』 だからな?
   人前ではなお更によ

   だから、ハタから観ている分には
   『 仲良さげ 』 に見えていたのかな?
   っとは、思うけど


A 「 そ、そぅ… とっ、とにかく……
   残念だったわネ…… ( 汗 )



B 「 まァな? 残念と言えば残念だけど…

   『 面倒なのが一個片付いた 』 って
   正直、言うと、今はそんな 『 心境 』 だよ


A 「 アンタって本当なんていうか
   『 ぶしつけ 』 なヤツね…


B 「 そぅかな?

A 「 サトミ のコトも少しは気遣ってアゲたりとか
   そぅいう 『 優しさ 』 は無いの?


B 「 あるように見えるか?
   このオレにそんな 『 デリカシー 』 みたいなモンが



A 「 み、見えない…… (´-ω-`; )

   まったく、アンタからは
   そぅいう 『 人への気遣い 』 みたいな
   『 優しさ 』 とかが
   微塵も感じられない…… (´-ω-`; )


B 「 ww

A 「 でも… とにかく残念だったネ…
   『 似合いの二人 』 だな?
   って思っていたのに……


B 「 そぅ言われるとあんまり
   『 悪い気 』 はしネェな?



A 【 何よ、もぅ……
   何でそんなに、アッサリしていられるのよ…



A 「 別れたの 『 昨日 』 なんでしょ?
   少しは 『 落ち込んだり 』 とか
   そぅいうのは無いの? アンタは本当に……


B 「 ぅ~~ん、まァ、どぅかなァ?
   なんせ 『 冷え切った関係 』 だったからな

   『 問題が一個片付いた 』 って感じで
   せいせいしている気分の方が大きいよ今は


A 「 そ、そぅなんだ……
   アンタってなんか…… (´-ω-`; )

   ホント、マイペースよネ……?


B 「 よく言われる、ま、でも
   何も 『 考えていない 』 って
   ワケでも無いんだゼ? オレだってよ


A 「 ホっ、ホントに……?
   全然、そぅいう風には
   見えないんだけど… (´-ω-`; )


B 「 と、いぅコトで 『 バレンタイン・デーのチョコ 』
   オレにくれよ


A 「 ハァ……?
   だから、なんでソレが
   『 と、いぅコトで 』 に成るのよ…


B 「 欲しいからだよ、オマエから

A 「 っっっ!? ( 汗 )


A 【 ホンッッットに単刀直入と、いぅか… ( 汗 )
   呆れるくらい、ぶしつけなヤツ
   この人、ホントに…… ( 汗 )



A 「 そ、ソレってだからどぅいうコトなの…?
   ちゃんと 『 話して 』 よ


B 「 ちゃんとって…?
   まァじゃあ話すけど…

   バレンタインっていぅのは
   『 女の子 』 から 『 ダンシ 』 に
   告る 『 イベント 』 だろ?


A 「 ぅん…

B 「 だから、オマエが特に誰か
   『 渡す相手 』 が居ないっていぅんなら
   オレに 『 告ってくれ 』 って言ってんだよ


A 「 チョッ! ソレっ!
   ぇっ! ぇぇ~~~っ!? ( 汗 )


B 「 なんだよ

A 「 そ、ソレって… だ、だって…… ( 汗 )

B 「 そんなに 『 動揺 』 するようなコトか?

A 「 アンタ、いまアタシに
   『 告白 』 しているのと一緒だよ?
   ソレ…… ( 汗 )


B 「 まァな?


A 【 ま、『 まァな? 』 って……

   なんでそんな淡々としていられるのよ
   そんな 『 大事なハナシ 』 をしているトキに
   この人、ホントに…… (´-ω-`; )



A 「 チョ、チョッ、チョット
   とりあえず、チョット待ってくれる? ( 汗 )


B 「 ぅん

A 「 とっ、とにかく考えさせて……

B 「 おぅ、幾らでも考えてくれよ

A 「 よ、要するに 『 友チョコ 』 じゃなくて
   ちゃんとしたヤツを 『 渡せ 』 って
   いぅコトよね……? ( 汗 )


B 「 まァな?


A 【 だから、その 『 まァな? 』 で
   アッサリ済まさないでよ
   こんな 『 大事 』 なコト…… (´-ω-`; )



B 「 チョコをくれよ、オレによ


A 【 だから何でそんな 『 簡単 』 に
   言って来ちゃえるのよ
   こんな 『 大事なコト 』 を
   この人はホントに… ( 汗 )

   そ、そりゃあ、アタシだって
   アツシのコト… そ、そぅいう風な目で
   見たコトが無いかっていぅと…
   ソレはウソに成るっていぅか…

   『 気持ち 』 が無いワケでは
   無いんだけど…… ( 汗 )

   ど、どぅしよ…… どぅしたらイイの……?
   コレ本当に…… (´-ω-`; )



B 「 とりあえずよ

A 「 ぅ、ぅん…… なに…? ( 汗 )

B 「 今、オマエは 『 チョコ 』 を渡したい
   『 特定の相手 』 っていぅのは
   居ないんだよな?


A 「 ぅ、ぅん…… まァ…… 一応……
   居ないけど……


B 「 ソレだけ聞けりゃ充分だよ


A 【 なによソレ……
   なんで勝手に 『 自己完結 』
   しちゃっているのよ…っ! ( 汗 )

   もぅ、『 マイペース 』 過ぎだから
   この人ホントに…… (´-ω-`; )



B 「 じゃ、そぅいうコトでよ?
   『 バレンタイン・デー 』
   楽しみにしているから、ヨロシクな?


A 「 チョッ、チョット、待ってよ! ( 汗 )

B 「 なんだよ

A 「 『 告白 』 なの? 今のは
   ソレだけ、チョットハッキリさせてっ!
   もぅ何が何だか…… ( 汗 )


B 「 まァな?


A 【 だから 『 まァな? 』 の一言で
   済まさないでと、何度言えば…… (´-ω-`; )



A 「 まっ、『 まァな? 』 ってどぅいうコトよ…

   もしちゃんと 『 告白 』 っていぅんだったら
   もっとこぅ… なんかあるでしょ?
   なんかこぅ…… もっとちゃんとした
   『 言い方 』 って、いぅモノが…… ( 汗 )


B 「 …………


A 【 なっ、なんで、黙るのよ…… ( 汗 )
   ぅぅぅぅぅ…… なんか 『 空気 』 が
   重くのしかかる…… ( 汗 )
   誰か、助けて…… (´-ω-`; )



B 「 オレ、前から 『 オマエのコト 』 が
   スキだったんだよ
   だからオレはオマエから 『 チョコ 』 が欲しい


A 「 っっっ!? ( 汗 )


B 「 ま、こんな感じか?

A 「 ぇっ、ぇっ?
   い、いゃあの…… ぇぇ~~っ
   えっと、ぇっと… えぇ~~~っ!? ( 汗 )


B 「 ハッキリ言えって言うからよ
   ハッキリ言ってみたんだけど



A 【 だから、なんでソコで
   そんなに 『 落ち着いて 』 いられるのよ?
   この人は本当に… (´-ω-`; )



A 「 モノっ凄い、単刀直入なのネ?
   アンタって本当に…… ( 汗 )


B 「 まァな?


A 【 出たお得意の 『 まァな? 』 の一言…
   ホントに全部いつも
   ソレで済ましちゃうんだから…… (´-ω-`; )



A 「 わ、ワカッタ…
   と、とにかく…… アリガト……

   『 付き合う 』 とか… そぅいうのとは…
   また… 『 別 』 なのかな?

   だって、別れたばっかりなんでしょ?
   アンタ今……


B 「 まァ、そぅだなァ?
   確かに、ソレはそぅだけど……
   オマエに 『 特定の相手 』 ってのが
   居ないんだったらサ
   この際、付き合っちゃおうゼ?



A 【 だから! ( 汗 ) なんで、なんで!
   そんなにアッサリとして言えるのよ
   そんな 『 大事なコト 』 を
   アンタは本当に……っ! ( 汗 )



A 「 チョッ、チョットっ、待って
   とにかく待って……っ! ( 汗 )


B 「 ぅん

A 「 『 チョコレート 』 の件はワカッタ
   一応、あの 、オ、OK だよ…?
   特に渡す相手居ないから……
   『 欲しい 』 って言ってくれた
   アンタに 『 チョコレート 』 を用意する…


B 「 おぅ、マジか、そりゃ願っても無い


A 【 『 願っても無い 』 って
   アンタが 『 欲しい 』 って
   言って来たんでしょうよ…

   なんでそんなに 『 他人事 』 みたいな
   ひょうひょうとした感じでいられるのよ
   この人は本当に…… (´-ω-`; )



A 「 と、とりあえず…
   『 チョコ 』 は… 渡す…よ?


B 「 おぅ、サンキュ♪


A 【 かっ 『 軽いなァ~っ、もぅ… ( 汗 ) 』

   本当にスキなワケ?
   アタシのコト、この人は本当に… ( 汗 )



A 「 で、でも… ソレで 『 付き合う 』 か
   どぅかっていぅのは…


B 「 ぅん

A 「 もぅ少し考えさせて……


B 「 ワカッタ、でもさ

A 「 ん?

B 「 オレ、こぅ想うんだ

A 「 な、なに……?

B 「 『 バレンタイン・デー 』 って 1年に 1回だろ?

A 「 ぅん……

B 「 しかも 『 普通 とは 逆 』 にっていうか…
   『 女の子 』 から 『 男に告白する 』 っていぅ
   珍しい 『 内容 』 なワケじゃん?


A 「 ぅ、ぅん… 改めて言われてみれば…
   なんかチョット 『 普通じゃないイベント 』
   だよネ……


B 「 だろ? だとしたら、サ
   『 誰も渡す相手が居ない 』 なんて
   勿体ないコト言っていないで

   とりあえず… って人でもイイから
   この 『 1年に 1回の数奇なイベント 』
   楽しんで欲しいな? って想うんだよ、オレは


A 「 ……

B 「 さっきも言ったけど…
   サトミとはもぅ… 『 とっくに終わっていた 』 って
   いぅかサ… その 『 寂しさ 』 とかがあるから
   っていぅのも、実は少しはあるんだけど……


A 「 ぅん……

B 「 年に 1回の 『 女の子からの告白 』
   今のオレには… スゴイ、そぅいうのを
   とにかく 『 して欲しい 』 っていぅ
   『 心境 』 っちゃあ 『 心境 』 なんだよ


A 「 …………

B 「 まァ、勿論 ソレだけで… っていぅ
   ワケじゃ無いんだけど…


A 「 わ、ワカッタ……

B 「 今… 誰から 『 告白 』 して貰えたら
   イチバン嬉しいかな? って考えたとき


A 「 ……

B 「 オレは… オマエから…
   ミカから 『 チョコが欲しいな 』 って
   想ったんだ


A 「 …………っ

B 「 だからサw
   楽しみにしているよ♪ バレンタイン・デーw


A 「 チョッ、チョット……


A 【 なによ、イキナリ…
   なんかスッゴイ 『 マジメに
    語ってくれちゃった 』 んだけど
   いつになく…… ( 汗 )



B 「 じゃ、そぅいうコトで ヨロシクな?♪


A 【 そ、『 そぅいうコトで 』 って……
   あ、アタシにだって
   一応、き、『 気持ちの整理 』 とぃうか
   そぅいうのが、必要っていぅのが
   ワカラナイのか、この人はホントに… ( 汗 )



B 「 『 付き合う 』 『 付き合わない 』 とかは
   抜きにしてサ、とにかくオマエから
   欲しいんだ


A 「 ……っ

B 「 バレンタイン・デーのチョコレートをサ♪

A 「 ……………っっっ!


A 【 直球でキターーーーーーーーーーっ! ( 汗 )
   飾り気も何も無く
   なんて真っ直ぐな物言い…………っ! (´-ω-`; )



B 「 じゃ、そぅいうコトでヨロシクな?♪
   オレの中では、だけど…

   とにかく今、イチバン誰から
   『 チョコレート 』 貰えたら嬉しいかって
   いぅのが 『 オマエ 』 っていぅのだけは…


A 「 ……

B 「 なんていうか知っていて欲しい

A 「 ぅ、ぅん…… ワ、ワカッタ……
   そ、ソレはワカッタ……

   何ていうか… アリガト……


B 「 おぅ、じゃヨロシクな♪


A 【 なんか 『 軽いなァ…… 』
   ホントにスキって想ってくれているの?
   この人は…… (´-ω-`; )



*************


A 【 とか、想いつつも…

   そんなこんなで
   アツシに振り回されつつ迎えた…
   バレンタイン・デー 当日……

   チョコレートは渡したけど…
   『 付き合う 』 『 付き合わない 』
   っていぅのは
   まだ、『 据え置き 』 に……って
   コトにはして貰ってはいたんだけど……

   『 チョコ 』 を渡してからは…

   実質……、一緒に帰ったり
   デートしたり、頻繁に連絡取ったり… で……

   ほぼ… 今
   『 付き合っているような状態 』 に
   成っている…
   ワタシとアツシの二人… (´-ω-`; )


   一応 『 ホワイト・デー 』 に向こうから
   正式に… 『 告白 』 みたいのを
   してくれたら…

   そのときはちゃんと……

   この人と…
   暫く 『 付き合おうかな? 』 って
   そぅいう風に考えているのが……

   今のアタシの…
   『 正直な心境 』 です……♪



*************


A 「 チョコレート食べてくれた?
   一応、ちゃんと 『 手作り 』 で
   作ったんだからネ?
   アンタの為にって……


B 「 まァな?


A 【 もぅ……っ! そのいつもいつも
   『 まァな? 』 の一言で済ますのっ!

   ホントにやめてくれーーっ !!!!
   って言いたいっ! ><


   って、想っているのも……

   アタシの今の…

   この人に対する
   『 正直な心境 』 です……♪w




   END
ラブコメ系 恋愛ドラマ系 学園ドラマ系 告白の場面系 一応両想い系w 少々コミカル系w 日常会話風 日常の風景 マイペースキャラ系 日常のやりとり風 モノローグ系 ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材 一応ハッピーエンド系w バレンタイン・デーのハナシ
掛け合い台本2人用 男1女1不問0 ショートストーリー台本素材 寸劇系


 

2人用台本 【女2 】 カワイイ感じの学園ラブコメ系 Xmas 前の日常会話 少々ツンデレ? 要素 #185 Xmas は、パ~ッと騒いじゃお?♪

 

2人用台本 【 女性 2人

台詞数 : 60
所要時間 : 約 8分



【 掛け合い台本 #185 タイトル 】

Xmas は、パ~ッと騒いじゃお?♪


【 配役 】

A : ミキ ♀ ( セリフ数 31 ) 受け
B : カナ ♀ ( セリフ数 29 ) 攻め

**********

【】 : モノローグ


―――――
Xmas は、パ~ッと騒いじゃお?♪
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-613.html

A : ミキ ♀ :
B : カナ ♀ :
―――――


【 ジャンル 】

カワイイ感じの学園ラブコメ系
Xmas 前の日常会話系

少々ツンデレ? ゆり要素



【 話の流れ的なモノ 】

クリスマス… 』 彼氏が居なくたって
パ~ッと騒いじゃおーーっ!♪ 』 っていう
明るい感じの ラブコメ調 学園ドラマ系台本 です☆

ゼヒ、バンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆♪

□□□□□□□□□□□□□□□□




A 「 Xmas …

   そぅいや…、そんな 『 季節 』 だっけ…?


B 「 なによ、その反応は…
   クリスマスよ、ク・リ・ス・マ・ス!



A 「 なにって…… ( 汗 )
   アタシ達 『 カレシ 』 居ないじゃないのよ……


B 「 『 クリスマス = カレシ 』 って
   その 『 考え 』 はもぅ古い!


A 「 そ… そぅなの……? ( 汗 )

B 「 むしろ 『 新しい 』 わ?

A 「 どっちなのよ…… ( 汗 )


B 「 いゃだから! クリスマスに
   『 カレシと過ごさない 』 っていうコトの方が
   『 新しい 』 って言ってんのよ


A 「 どこがよ……
   どこが 『 新しい 』 のよ、ソレの…… ( 汗 )



B 「 とにかく 『 カレシ、カレシ 』 とか言ってないでサ?
   居ない人達で集まってパーっとやろぅって
   言ってんのよ


A 「 ……

B 「 1年の 『 特定の日 』 に
   盛り上がっている人達が他に居るってんなら
   アタシ達だって楽しまなくちゃ、そぅじゃない?


A 「 …… ま、まァ… ソレも
   イイかもしれないわネ……? ( 汗 )



B 「 そぅよ、お菓子でもケーキでも
   ソレかホットプレート用意して焼肉とか♪
   あと鍋なんかもイイっ♪


A 「 盛り上がっているわネ?
   なんか…… ( 汗 )


B 「 色々やりたいコト考えていたら
   テンション上がっちゃって♪w



A 「 なんかフシギ……

B 「 なにが?

A 「 アタシ、カナのそぅいうトコ好きよ?

B 「 そぅ? アリガト♪

A 「 って… ( 汗 )
   あっけらかんとしているわネ?
   なんか…… ( 汗 )


B 「 なによ、なんて言って欲しかったのよ

A 「 いゃ… 『 アタシも… 』 とかサ
   言ってくれんのかと思っちゃった


B 「 なに言ってんのよ
   『 好き 』 じゃなかったら
   クリスマスの 『 お誘い 』 になんて
   来るワケがないじゃないのよ、って… あ、そっか♪w


A 「 な、なによ…… ( 汗 )

B 「 ミキは 『 言葉にしてハッキリと言って来て
   くれないとワカラナイ タイプ 』 なんだ?♪w


A 「 な、なによ、ソレ… ( 汗 )

B 「 言い寄ってくるっていぅか
   ミキのコト、気に入っている人は
   イッパイ居るのにw


A 「 なっ、そ、そんなワケ…… ( 汗 )

B 「 ハッキリと言って来てくれないから
   つぃ 『 ツンケン 』 しちゃって
   いっつも男の子、遠ざけちゃうじゃない
   カッワイイんだから、もぅw


A 「 ちょっと、からかわないでよ!

B 「 ww

A 「 そんなんじゃないわよ
   アタシは別に……
   そりゃあハッキリと 『 好き 』 って
   言って来てくれたらな? とかっ てっ…

   って、なに言わせんのよっ! ( 汗 )


B 「 アタシは別になにも?w

A 「 そ、そぅだけど… ( 汗 )

B 「 カッワイイんだ?♪w

A 「 ちょっと !! ( 怒 )

B 「 そぅやって、すぐに 『 怒っちゃう 』 トコロを
   直せば… いくらでも 『 カレシ候補 』 は
   居そぅなのになァ…? とか
   また更に 『 余計 』 なコトを言ってみたりすると?w


A 「 そんなワケ無いでしょ!( 怒 )
   単にモテないだけよ!


B 「 ww

A 「 もぅ! 本当にすぐにからかぅんだから…っ ( 怒 )

B 「 カっ、カワイイ…… (*´ω`*)
   本当にウチのクラスの男子達は
   見る目が無いわネ…
   勿体ないな? アタシが男子だったら
   ダダをこねるミキに 『 壁ドン 』 くらいしちゃうのに♪w


A 「 チョット、変なコトばっかり言わないでよ、もぅ……
   クリスマスのハナシだったでしょ!? 最初は!
   何処まで反れる ( それる ) のよ…
   本当に… ( 苦笑 )


B 「 そっ、そっ、そのクリスマス♪
   ねっ、どぅする? みんなでサ
   『 オトコ居ないモン同士 』 だって
   『 リア充 』 以上に盛り上がれちゃうっていぅのを
   やっちゃおうっていぅハナシなのよ♪


A 「 ぅ、ぅん… まァ、悪いハナシでは…
   無いと想う……


B 「 でっしょ?♪
   じゃ、まず 『 ミキは参加 』 で決まりネ?


A 「 ぅ、ぅん… 本当に……
   とにかく 『 好きなモノ 』 ばっかり
   食べちゃってイイの……?


B 「 当たり前じゃない
   誰かに怒られるワケでも無いでしょ?

   クリスマスに焼肉したって鍋やったって
   とにかく 『 彼氏 居ないモン同士 』 で
   楽しく過ごしちゃえば、ソレでイイのよ
   誰に気兼ねするっていぅのよ


A 「 そ、そぅネ…… ( 汗 )


B 「 じゃ、あとはサチとユキに
   声掛けてみる、やると成ったら
   徹底的に楽しんじゃうんだから♪


A 「 ぅ、ぅん… そぅだよネ……

B 「 じゃ、とりあえず 24日に
   アンタんちに 『 集合 』 するから
   お母サマにヨロシク♪


A 「 なっ、なんでアタシんちなのよ!
   そぅいうのは普通 『 言い出しっぺ 』 の人の家で
   やるモンでしょ!? ( 汗 )


B 「 かたいコト言わないの
   アンタんちの 『 台所 』 なんか使いやすいんだモン
   ウチのとは大違い、広々としていて

   そぅいうワケだ・か・ら♪
   お母サマにヨロシクね?w


A 「 も、もぅ……っ!
   単に 『 料理 』 したいだけなんじゃないの?
   ウチで……


B 「 フッフッフ、今頃きづきやしたか
   おでぇ官サマ ( お代官 ) w


A 「 誰が 『 おでぇ官 』 よっ!

B 「 ww じゃ、そぅいうコトで
   24日、ヨロシクね♪


A 「 ぅ、ぅん……


A 【 アタシこそフシギよ…

   こんなに元気で明るくて…
   いっつもなんか 『 楽しいコト 』 考えていて…
   料理も出来て、さらに家庭的で… って
   何でもそろっているカナに
   『 カレシ 』 が居ないっていぅコトの方が…… ( 汗 )


   はぁ~ぁ、クリスマスか……

   でも、やっぱり 1度は過ごしてみたいかな?
   誰かとラブラブな…

   って… 1人に成った途端

   すぐにこぅいう風にクヨクヨ悩んじゃったり
   するのがダメなんだろぅなァ…

   アタシって…… (´-ω-` )




    END
少々ツンデレ系 恋愛ドラマ系 学園ドラマ系 少々青春群像ドラマ系 少々青春ドラマ系 日常ドラマ系 学校系 教室系 ほのぼの系 キュート系 ハッピー系 ヒロイン系 モノローグ系 日常会話風 日常の風景 日常のやりとり風 少々友情系 カワイイ系 少々ゆり系 百合系 少々アネゴキャラ系 ラブコメ系 少々両想い系w 少々学園コメディ系 キュンと来る台本素材
掛け合い2人 男0女2不問0 ショートストーリー台本素材 寸劇系