台本・物語・歌詞
素材一覧
ひと言セリフ
お題集
ランダムに
セリフお題
ランダムに
エチュードお題
おススメ
エチュードお題
声劇スゴロク
劇多め / 劇少なめ
画像・背景
素材一覧
雲と空の
画像素材
楽曲など向け
歌詞素材
BGM素材一覧
ボイス素材一覧 作曲関連いろいろ ギャラリーです イラスト・マンガを
描くときのお題
利用の規約
です(`・ω・´)ゞ


※更新終了しました
  更新終了に関する詳細は コチラ

3人用台本 【男1 女2】 学園ラブコメ 恋占い系 #072 結構、良く当たる占い屋にて Ep 2

 

3人用台本 【 男性 1人女性 2人

台詞数 : 120
所要時間 : 約 15分



【 掛け合い台本 #072 タイトル 】

結構、良く当たる
  占い屋にて Ep 2




【 配役 】 右の()内は セリフ数 です

A : トシノリ ♂ ( 61 ) 少々受け
B : アユミ ♀ ( 20 )
C : ラーカリエリの姉 ♀ ( 39 ) 少々攻め

***********

() : ト書き
【】 : モノローグ



【 ジャンル 】

学園ラブコメ
青春コメディ

恋占い



【 話の流れ的なモノ 】

Ep 1 』 で、2学期中間テストの後に
誰かから 『 告白 』 されるとされていた トシノリ

その相手が 『 幼馴染のアユミ 』 だったコトに驚き

この相手が 『 本当の相手? 』 かどうかを
もう一度 『 ラーカリエリの姉 』 に
占って貰いに行く という

学園ラブコメ? 系の 掛け合い台本作品 です☆




【 シチュエーション 】

学校 か、何処か?
  ↓↓

『 ラーカリエリの姉 』 のお店


【 出番率 】

トシノリ は 『 全般 』 出ています

アユミ は 『 前半 』 のみで
 セリフは少なめです

ラーカリエリの姉
 後半のみの 『 登場 』 です



□□□□□□□□□□□□□□




A 【 んで結局、誰に
   『 告白 』 されたのかというと…

   なんと、幼馴染の 『 アユミ 』 だった



*********


A 「 オマエか

B 「 なに、オマエかって

A 「 いや、あの、何でもネェよ… ( 汗 )


*********


A 【 そう、アユミ

   昔、オレがずっと
   『 片想い 』 をしていて

   中学のときに一度 『 告白 』 をしたが
   フラレているのだ

   その 『 アユミ 』 が何故… (´-ω-`; )

   っていうか
   コイツと付き合うのか? オレは…?


   これはもう一回
   シッカリと聞きに行った方がイイかな?

   『 ラーカリエリの姉さん 』 に…



*********


B 「 そんなに
   『 驚いた顔 』 しないでよネ?


A 「 いや、まさか、オマエだとは
   思わなかったからよ (´-ω-`; )



B 「 なんなのよそれ?

   誰かに 『 告白 』 されるっていうのを
   知っているような口ぶりね、さっきから?


A 「 ん、まぁ
   チョ、チョットな…… (´-ω-`; )



B 「 ふぅん、なにそれ

   まぁイイけど、で… どうかな?



A 「 お、おぅ (´-ω-`; )

B 「 アタシと… (´・ω・`)


A 「 チョ、チョット
   待って貰ってイイか? (´-ω-`; )


B 「 うん


A 「 明日か、明後日までには
   必ず 『 返事 』 をするから


B 「 そう、 『 期待 』 して

   イイのかな? (´・ω・`)



A 「 多分… (´-ω-`; )

B 「 なに、多分って

A 「 いや、あの、チョットな


B 「 結構 『 勇気 』 がいるんだぞ? 告白

A 「 そ、そうだよな


B 「 ま、でも、ユックリ
   考えてくれてイイけど


A 「 ウン、っていうかさ

B 「


A 「 アリガト☆

B 「 え?


A 「 いや、オマエだとは思わなかったし
   返事は、まだなんだけど…


B 「 うん


A 「 とりあえず
   気持ち打ち明けてくれてさ


B 「 うん

A 「 嬉しいよ、それは

B 「 そっか、良かった♪



A 【 そう言い
   嬉しそうに微笑む アユミ

   昔、スキになったときと変わらない
   『 明るい笑顔 』 だった

   やべ、チョット
    キュンとなっちまった…… (´-ω-`; )



********


B 「 もし…

A 「


B 「 断られたとしても

   その後も 『 友達 』 で居てくれる?



A 「 うん、それはモチロン!

B 「 良かった♪


A 「 それは、約束出来るよ

B 「 そっか


A 「 でも、とりあえず
   『 返事 』 は… 待ってくれ (´・ω・`)


B 「 わかった、じゃ、待ってるネ



A 【 そう言い、帰って行く アユミ

   いつもの 『 気が強い態度 』 とは違い

   素の状態というか

   あんな 『 素直な態度 』 の
   アユミ を見るのは 初めて だ

   チョット、キュンとなっちまった… (´・ω・`)

   ま、イイや、とりあえず
   姉さんに 『 お伺い ( おうかがい ) 』 を立てに行こう

   そう思い、オレはまた
   『 ラーカリエリの姉さん 』 の店へと向った



*************



C 「 当たらぬも八卦
  当たらぬも八卦……



A 「 相変わらず当たらねぇ
   ばっかりじゃネェかよ


C 「 んあ゛?


A 「 こんちは

C 「 なによ、アンタまた来たの?


A 「 それが 『 客 』 に対して
   言う言葉かよ? (´-ω-`; )


C 「 ま、イイけど


A 「 またチョット頼むよ


C 「 で、何よ

A 「 今日 『 告白 』 された


C 「 そういえば
   アンタ誰かから 『 告白 』 されるって

   『 結果 』 だったっけ?


A 「 覚えてろよ


C 「 お客さん、多いから
   イチイチ覚えてらんないわよ


A 「 そうか

C 「 で?

A 「 でさ、今
   『 本命の娘 』 は諦めている訳だが

   今日 『 告白 』 された娘で
   イイのかな? と、思ってさ



C 「 あぁ、そういうコトね

A 「 うん


C 「 はい、じゃ、5000円

A 「 しょうがネェ、払うか


C 「 アンタ 2回目なんだから

   ちゃんと 1占いにつき 『 料金 』 を貰うわよ?



A 「 そういうコトは覚えてんだな

C 「 商売だからネ


A 「 はい、じゃ、5000円

C 「 ハイハイ
   じゃ、診てあげるわ♪



A 「 たのんます… (´・ω・`)


C 「 ウンウン

A 「

C 「 ホゥホゥ

A 「 どうだ?


C 「 ナルホド…

A 「 なんて出た?


C 「 『 幼馴染の娘 』 だったのネ


A 「 スゲェなオマエ?

   本当によく 『 ワカル 』 んだな



C 「 当たり前でしょ
   誰だと思っているのよ



A 「 客が多いのもワカル気がするぜ


C 「 当然よ

   儲かって儲かって、しょうがないわよ♪


A 「 チョット、羨ましいな


C 「 まぁね、で、その娘とネ…☆

A 「 うん


C 「 どれどれ…

A 「 頼む


C 「 ずいぶんと気が強い娘 ネェ…


A 「 うん、かなりなんていうか

   『 ハッキリ 』 と
    したヤツなんだよ… (´・ω・`)




C 「 とりあえず……


A 「 ど、どうなんだ……? ( ・`ω・´;)


C 「 その娘で合っているわ☆

A 「 オォォォォ!


C 「 ま、『 当然 』 といえば
   『 当然 』 でしょ

   アンタみたいなセコいのが

   そんな一度に何人もから
   『 告白 』 なんてされる訳ないでしょ?



A 「 ハッキリと言うヤツだな (´-ω-`; )


C 「 ま、良かったじゃないw

   その娘よ、オメデト☆



A 「 そうか


C 「 で、そうネ

A 「 うん


C 「 アンタ 『 長続き 』 しないのよネ


A 「 そうだったけか

   んじゃ、次の娘 と付き合えるのは
   いつなんだ?



C 「 別料金 取るわよ?

A 「 チョット教えてくれよ


C 「 それより
   『 その娘 』 を大事にしなさい


A 「 そうか?


C 「 上手くすれば
   その娘とは結構

   『 長いお付き合い 』 が出来そうよ?


A 「 マジ?


C 「 ウン、ひょっとしたら

   一番 『 長く付き合う相手 』 に
    成るかもしれないわ?



A 「 結婚はしないんだろ? オレ


C 「 そうだけど…

   ま、大事にしなさい☆


A 「 そうか…


C 「 良かったわネ

A 「 だな、とりあえず
   頑張ってみるわ



C 「 そうしなさい、アンタ
   それなりに 『 恋人 』 は出来るけど

   そんなに多くは出来ないんだから
   一人一人を 『 大切 』 にしなさいヨ?


A 「 そうする


C 「 ハイ、じゃ、今日は終了

   また、なんかあったら
   イラッシャ~イ☆



A 「 聞けて良かった

   正直どうしようか……
   迷ったんだよ…… (´-ω-`; )



C 「 ww

   だから、アンタがそんなに何人もから
   『 告白 』 なんてされる訳ないでしょ?


A 「 悪かったな

C 「 ww


A 「 ま、イイや、アリガト
   またなんかあったら頼むわ


C 「 また、いつでもイラッシャ~イ☆




**********





A 【 そして、ラーカリエリ姉さんの
   店を出たオレ



   そうか… 『 アユミ 』 でいいのか……


   じゃ、明日 『 返事 』 するかな?


   まぁでも、そうか
   スキっちゃ好きだったんだよな?


   中学の時にはフラレたんだけど


   ずっと 『 憧れ 』 みたいなのは
   持っていたから


   でもなんで……

   今になって 『 告白 』
   してくれたんだろ… (´・ω・`)



   ま、イイや、それは
   後で 『 ユックリ 』 聞くことにしよう


   と、いうコトで
   次の日 早速 『 返事 』 をして


   オレは、アユミと晴れて

   『 付き合う 』 ことになった♪



   でも、アユミは
    本当に気が強くて… (´-ω-`; )


   姉さんに言われた娘だから

   これで 『 間違いでは無いんだ 』
   っていう 『 確信の元 』 に

   ある意味安心して
    付き合ってはいたんだけど…



   正直、ただ 『 大切 』 に
   するっていうだけでは

   ダメだったというか…


   『 一筋縄 』 では
    行かない相手なので (´-ω-`; )


   オレはかなり…


   苦労するコトに
    成っていったんだけど…… (´・ω・`)





  END

学園ドラマ 恋愛ドラマ 恋占い系コメディ ラブコメディ 占い師 告白の話 幼馴染との恋愛ドラマ
青春コメディ 声劇用台本 掛け合い3人 男1女2ナレ0



よろしければ ↓ の Ep 1 も合わせてご活用くだされば幸いです
 Episode 1

2人用台本 【 男性 1人女性 1人

#012 結構、良く当たるという 『 占い屋 』 にて Ep 1

所要時間 : 約 9分、台詞数 : 105

ジャンル : ラブコメ占い師
        学園青春系恋占い


 

2人用 短い掛け合い台本 【男2】 シュール系 コント作品 #014 何処がだよ…っ!

 

2人用 短い台本 【 男性 2人

台詞数 : 14
所要時間 : 約 2分



【 短い 掛け合い台本 #014 タイトル 】

何処がだよ…っ!



【 配役 】 右の()内は セリフ数 です

A : マツガ ♂ ( 7 ) ツッコミ
B : セステナ・スノウ ♂ ( 7 ) ボケ



【 ジャンル 】

シュール系
コント台本

マイペースキャラ



活用例として

短いですので、掛け合い台本 としてだけでなく
ゼヒ、マンガの練習用題材サンプルで提出する用 などの
簡単な ボイスドラマ用の原稿 等としても
バンバン、ご活用いただけたら幸いです (`・ω・´)ゞ☆


□□□□□□□□□□□□□□




B 「 どうも、こんばんは

   セステナ・スノウ、2歳です
   ヨロシクお願いします



A 「 いや、2歳じゃないだろ
   オマエ…



B 「 なんですか?


A 「 どう見ても
   2歳児じゃないだろ、オマエは… ( 汗 )


B 「 そんなことはありません


A 「 2歳児がそんな
   落ち着いた 『 喋り方 』 をするかよ… ( 汗 )


B 「 最近の子供は
   『 成長が早い 』 とよく言われますれば



A 「 成長が早くたって
   2歳で 『 声変わり 』 はしてネェだろ…



B 「 魅惑の 『 低音ヴォイス 』 と
   呼ばれています



A 「 ゼッテェ 2歳児じゃネェよ
   オマエ… ( 汗 )


B 「 魅惑の 『 低音ヴォイス 』 で
   女性を 『 イチのコロ 』 です



A 「 2歳児はゼッテェ

   そんなコト言わネェよ…… ( 汗 )



B 「 イチのコロです、フォッホ~ゥッ !!♪

A 「 ゼッテェ、違ぇよ…… (´-ω-`; )



  END
寸劇 シュールドラマ コメディ 年齢に関する掛け合い
テンポ重視 コント系 短編作品 短い掛け合い2人 男2女0ナレ0


 

一人芝居用朗読台本 【女1】 ラブロマンス 恋愛系朗読台本 #071 この胸の高鳴りは… 多分きっと 『 恋 』 だと思うから

 

1人用台本 【 女性 1人

所要時間 : 約 5分


【 一人芝居用 朗読台本 #071 タイトル 】

この胸の高鳴りは…
多分きっと
 『 恋 』 だと思うから




【 配役 】

ヒロイン

***********

【】 : モノローグ



【 ジャンル 】

恋愛系 朗読台本
ラブロマンス

モノローグ



【 話の流れ的なモノ 】

片想いの恋

いつしか その想い は強くなって
思い切って 『 告白 』 をしようと
決心をし始める……♪

そんな 『 恋心 』 の流れを描いた
恋愛系朗読台本作品 です☆

ゼヒ、バンバンやって
 いただけたら幸いです
☆♪


□□□□□□□□□□□□□□





【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【



    『 好き 』 って……


      伝えたいな?



【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【




言い出せない気持ち

ずっと、続いている……




『 目と目が合った…? 』




それだけで

ドキドキ…… ( 照 )




私って……


こんなに
なんか……

『 乙女チック 』

だったっけ……? (汗)




正直、そんな自分に

少し引いているくらい…… ( 苦笑 )




だけど……


この 『 胸の高鳴り 』 は


おさえようが無い……




それが

今の正直な


ワタシの気持ち……♪





『 将来、どうするんだろう? 』


漠然 ( ばくぜん ) と思っていた…



これまで


『 人を好き 』 って

思うコトも無かった



そんな自分も

スキに成れない自分が居た……





【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【



    このままずっと


     一人なのかな……?



【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【




そんな覚悟と、いうか


『 諦め ( アキラメ ) 』

みたいな気持ちで
一杯だった私……



そんなとき…

私は



『 アナタと出逢った…… 』




『 目と目が合った…? 』



そう思うだけで

ドキドキ…… ( 照 )


いつしか、その想いが

つのっていって……





【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【




    『 好き 』 って…

      伝えたいな…




】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】





そう思うように

 成っていった…



もしも 『 告白 』 なんて

するとしたら


初めてだから
よくわからない部分も


一杯あるけど……




この 『 胸の高鳴り 』 は…

おさえようが無い……♪




それが

今の正直な


ワタシの気持ち



次、もしアナタと
一緒に成れる機会が来たら


思い切って言おうと思うよ




【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【




    アナタが

     『 好き 』 って☆




】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】




初めてだから

よくわからない部分も


一杯あるけど……




この 『 胸の高鳴り 』 は…

おさえようが無い……




それが

今のワタシの



正直な

 気持ちだから…♪



  END

学園ドラマ 純愛 恋愛ドラマ ピュアな気持ち 告白の台本 モノローグ系 朗読劇
乙女系 ラブロマンス 乙女チック系台本 思い切って告白 男0女1ナレ0


 

3人用台本 【女2 ナレ1】 片想い学園青春ラブコメ ハイテンション系 #070 片方の想いの、そのあのえっと!

 

3人用台本 【 女性 2人ナレーション

台詞数 : 47
所要時間 : 約 7分



【 掛け合い台本 #070 タイトル 】

片方の想いの、
  そのあのえっと!




【 配役 】 右の()内は セリフ数 です

A : ユミコ ♀ ( 21 ) 受け
B : ミサ ♀ ( 18 ) 攻め
C : ナレーション ♀♂ ( 8 ) 少々攻め

***********

【】 : モノローグ
〔〕 : ナレーション


【 ジャンル 】

青春系 ラブコメ
学園恋愛ドタバタ系

ハイテンション系
ナレーション系

叫び有り



【 話の流れ的なモノ 】

意中の人 である タカシ
借りていた ノート を返しに来た ユミコ

しかし、本当の気持ち 的に言えば
ノートを 返しに来た というのは 口実 でw

大好きな、タカシ と喋りたい
喋るキッカケが欲しいっ!><

そう思ってやってきた
ハイテンション系 片思い
 ドタバタ学園ラブコメ台本作品
です☆♪

ゼヒ、うぃうぃしい甘酸っぱい感じ
学園恋愛風景お楽しみください☆♪w




【 キャラクター 】

超、うぃうぃしい系 片想い女子♪w



【 シチュエーション 】

ミサ教室の前


【 出番率 】

ナレーション
ちょっとセリフが少ないです

□□□□□□□□□□□□□□



C 〔 とある教室の前

   一人の少女がノートを持ちながら
   何やらただならぬ 『 雰囲気 』 を


   かもし出しているw





A 【 きょ、きょ、今日は……

   ノ、ノ、ノッ、ノートを返しに……

   そ、そうよ……
   ノートを 『 返し 』 に来たのよ

   ただそれだけよ
   それだけのコトなのよ…… (´-ω-`; )

   ぉぉしっ!



C 〔 グッと 『 決意 』 を込めて
   コブシを握り締める ユミコ




B 「 あら、ユミコ

   タカシ? 今 居ないよ?


A 「 っっっっっっっ!? (汗)

B 「 ww


A 「 ちょ! あのっ!
   アタシはその!
   ノ! ノノっ! ノートをっっっ! (汗)



B 「 ん? 何?
   ノート借りてたの?



A 「 そ! その! あのっ!
   あ、頭良い人はその!

   ど、独特のノートのっ!
   その! あのっ! (汗)


B 「 ww


A 「 たっ! ただ!その!

   アタシはノートを!
   本当にただ! ノートを返しに!

   そ! その!
   来た!だ! だけで! ( 汗 )

   け! 決してそんな下心!
   じゃなくて! あ、逢いにき!

   来た訳じゃ無く!
   ノオトぉがあgrじゃおあwh:えf! (汗)



B 「 ふ~んw

   ノート返しに来た、だけなんだ?w



A 「 そ! そっ! その、ノォトォ!
   か、返しに! タカシ君に!

   あ!逢いにき!来た訳じゃ無く!
   ぁf;じゃおうぇjf !!! (汗)



B 「 んじゃ、アタシが

   返しといてアゲよっか?w



A 「 っ !!!!!??????
   ぇっ!? えとっ! あのっ! (汗)



B 「 タカシ、今 居ないから
   アタシが預かっといてアゲよっか?♪

   そのノートw



A 「 っっっ !!!!!!!?????
   えっ! えとっ!
   ぇぇtじゃせ;fじゃ;っ! (´;ω;`)ブワッ


B 「 www


A 「 い、一応! そ、その!
   お、お礼をっ! えと! いっ、イイ!

   イイイイイイ! 言った方がそのっ!
   あの! 『 あとあとの為に 』 もあの! (><;) !!



B 「 なに 『 あとあとの為に 』 って?♪w


A 「 !!!!!!!!!

   い、イイ! 言ってなっ! (汗)
   い! イィ、言ったけど! (滝汗)

   今のはその! 言葉の
   ああああやああああ! o(-`д´- ;。) !!

   で、あやああああでっ!
   言葉のあああっややや!

   お! お礼をきちんと!
   そのあのっ! (汗)




B 【 相変わらず

   ワカリやすい子だわw



A 「 とにああっかく、あのっ! ( ・`ω・´;) !!!


B 「 『 授業前 』 には戻ってくるから
   中で待っていれば?♪



A 「 な!中で!?
   っっぅぅっぅっ !!!!!???? ( ・`ω・´;)!


B 「 やめとく?w


A 「 イイんですかっ !!!!!!! (; ・`д・´)

B 【 ワカリやすいwww


B 「 そりゃあ
   休み時間に 『 他のクラスの子 』 が
   教室に居ても別に問題ないし♪w



A 「 じゃ、じゃあ
   お言葉に甘えて… o(-`д´- 。)



B 【 結構、積極的だわ?w



C 〔 この後、ユミコ と タカシ 二人の

   ちぐはぐの?

   少々甘酸っぱい? 恋の?

   『 三角関係 』 が?♪w



A 「 さっ! 三角関係っ !!!!!!!!????????
   (´;ω;`)ブワッ !!!!!???



C 〔 始まるかも知れない?w


A 「 も! もう一人の
   相手っていうのは

   だ! 誰なんですかっ !!!!!
   ?????? ( ・`ω・´;) !!!



B 「 ちなみに
   アタシじゃ無いわよ?w



A 「 逆に恐い!

   知らない人の方が
   『 厄介 』 な気がする! (汗)


B 【 厄介とかww


C 〔 三角関係がっ!

A 「 (´;ω;`)ブワッ


C 〔 始まるかも知れない?

A 「 誰なんですくぁあぁおおおお !!!!!?
   (´;ω;`)ブワッ



C 〔 もしかしたら四角?
   いや、五角、いや七角関係がっ!?


A 「 そ! そんなに
   たくさんっっっ!? (; ・`д・´) !!!!



C 〔 始まっているかも知れない?♪

A 「 (´;ω;`)ブワッ


B 「 www




  END

ハイテンション系 片想い学園ラブコメ 学園ドラマ 恋愛ドラマ ドタバタ系 ラブコメディ 暴走キャラ 青春ドラマ
テンポ重視 ナレーション系 掛け合い2人 男0女2ナレ0


 

3人用 短い掛け合い台本 【男2 女1】 ラブコメアクション 対決場面 チョイ叫び有りw #013 オレの女には指一本触れさせねぇ!

 

3人用 短い台本 【 男性 2人女性 1人

台詞数 : 24
所要時間 : 約 4分



【 短い 掛け合い台本 #013 タイトル 】

オレの女には
 指一本触れさせねぇ!




【 配役 】 右の()内は セリフ数 です

A : ディ・エイ ♂ ( 11 ) 少々受け
B : ジ・ウベ ♂ ( 11 ) 少々受け

C : モ・ノカ ♀ ( 4 ) 攻め

***********

() : ト書き
SE : 効果音
〔〕 : ナレーション



【 ジャンル 】

ラブコメ
アクション系

対決場面

叫び有りw




活用例として

短いですので、掛け合い台本 としてだけでなく
ゼヒ、マンガの練習用題材サンプルで提出する用 などの
簡単な ボイスドラマ用の原稿 等としても
バンバン、ご活用いただけたら幸いです (`・ω・´)ゞ☆


□□□□□□□□□□□□□□




B 「 男が 『 命を賭けて 』
   闘う理由なんてッ!

   一つに決まってんだろッ !!!


SE : ズガァアァアアアンッ!


A 「 女ってぇ訳かッ!?


B 「 ッたりめぇだ!

SE : ガガァアァァアァンッ!


A 「 そんな理由で 『 オレの女 』 にッ!

   チョッカイ出すんじゃぁ! ネェッ !!



SE : ガァアァアアアンッ!


B 「 おとなしく差し出せッ!
   それがオマエの!

   『 身の為 』 だッ !!!


SE : ズガァアァアアアンッ!


A 「 んなわきゃぁ! あるかァッ!

SE : ガガァアァァアァンッ!


B 「 さっさと観念しろッ !!!

SE : ズガァアァアアアンッ!


A 「 そればっかりはッ!

   出来ネェッ! なッ !!!?


SE : ガガァアァァアァンッ!


そこへ突然、モ・ノカ が現れるw


C 「 うるッ !! っさいッ !!!! ( 怒 )

AB 「 ぇ…っ? (汗)



C 「 アンタ達、うるッ !!

   さいんだけどッ !!! ( ・`ω・´)



SE : バシバシバシバシーーッ !!!

二人をひっぱたくw



C 「 ご近所に 『 迷惑 』 でしょッ!?

   やるんならッ!
   もうちょっと静かに闘いなッ !!! ( ・`ω・´)



AB 「 は、はぁ…い…… (´-ω-`; )(汗)


SE : バーーーーーーーンッ !!!!

モ・ノカ

  モノ凄い勢いでドアを閉めて
  家に戻っていくw




A 「 ど、どうする…? (汗)

B 「 どうするって言われても… (´-ω-`; )(汗)


A 「 騒いだら
   またすぐに怒られるぞ…?




B 「 オマエの女、恐ぇな… ( 汗 )

A 「 うん、やっぱり欲しかったら
   連れてってくれちゃってイイぞ… (´-ω-`; )(汗)



B 「 … (汗)

A 「 やめとくか……? (汗)


B 「 な、なんか
   イメージ と違った… (´-ω-`; )(汗)


A 「 そか…… (汗)


B 「 うん…… (´-ω-`; )(汗)



C 〔 こうして 命を賭けた?

   男達の 『 闘い 』 は…?w

   あっけなく 『 終了 』 したとか…


   しなかった とか…… (笑)




  END
寸劇 恋愛ドラマ ラブコメディ アクション系 ドタバタ系 テンション高め 対決場面 戦闘場面
テンポ重視 少々コント系 短編作品 短い掛け合い3人 男2女1ナレ0


 

2人用台本 【男2】 ファンタジーコメディ SFドラマ #069 大人気 新生命体 その名は、スーパーUJ ( ユージェイ )

 

2人用台本 【 男性 2人

台詞数 : 55
所要時間 : 約 9分



【 掛け合い台本 #069 タイトル 】

大人気 新生命体
 その名は、スーパーUJ ( ユージェイ




【 配役 】 右の()内は セリフ数 です

A : アーディット ♂ ( 26 )
B : ルーアビー ♂ ( 29 )

***********

() : ト書き
SE : 効果音
〔〕 : ナレーション



【 ジャンル 】

ファンタジーコメディ
SFドラマ

スペースアドベンチャー



【 話の流れ的なモノ 】

某惑星 にて、巨大生物 に遭遇
宇宙船を破壊され途方に暮れていた
宇宙飛行士達

彼らが遭遇したその
巨大生物 』 にまつわる

SFファンタジーコメディ作品 と成っています☆w

ぜひ、バンバンやって
 いただけたら幸いです




【 キャラクター 】

何処か遠い星に居る 巨大生物



【 シチュエーション 】

別の惑星
 ↓ ↓

自分たちの星☆



活用例として

短めですので、掛け合い台本 としてだけでなく
ゼヒ、マンガの練習用題材サンプルで提出する用 などの
簡単な ボイスドラマ用の原稿 等としても
バンバン、ご活用いただけたら幸いです (`・ω・´)ゞ☆


□□□□□□□□□□□□□□




B 「 んで?
   船が 『 動く 』 見通しは?



A 「 さぁな……?


B 「 『 冒険 』 ってのはちゃんと
   戻って来るコトが出来てはじめて

   『 冒険 』 と認められる…か



A 「 あぁ

   それが出来なきゃ



B 「 タダの 『 無謀 』
   ってワケだなァ… ( 苦笑 )




A 「 誰も行ったコトの無い場所に行くんだ

   科学者だってどんなに
   色んな場面を 『 想定 』 したとしても



B 「 ……


A 「 人間の 『 想像力 』 には
   『 限り 』 があるのサ



B 「 ……

   しかし、あんな 『 でっかい化けモン 』 が

   出てくるなんてなァ…? (汗)



A 「 …… ( 苦笑 )


B 「 誰が 『 想像 』 出来るか
   ってんだ…… ( 苦笑 )



A 「 確かにな? ( 苦笑 )

   『 重力 』 とか 『 物理法則 』 とか
   全く 『 無視 』 している

   50m は超えるだろうっていう
   『 巨体 』 で

   時速 1000km は出る
   この 『 ダイア・ブースターUJ 』 を
   追い抜くんだから……



B 「 しかも
   ちょっと 『 空飛んでた 』 よな? ( 苦笑 )



A 「 あぁw

   あの 『 映像 』 が届いたら
   連中、大騒ぎするだろう…



B 「 ww

   っていうか、アレか?


A 「 ん?


B 「 オレ達が

   『 第一発見者 』 ってコトに成るのか?



A 「 まぁな?



B 「 じゃ、何て 『 名前 』 にするよ? (笑)


A 「 ww

   そうだなぁ……?

   ダイア・ブースターUJ よりも速くて
   宙に浮かぶ
   なんか 『 デカイやつ 』 ……




B 「 『 ジャイアント・スーパーUJ 』
   っていうのは、どうだ?


A 「 なんだそれは……w


B 「 Daia Booster UJ を超える
   なにやら 『 巨大なヤツ 』 っていう意味で

   ダイア・ブースターUJ の 『 UJ 』
   を取って 『 ジャイアント・スーパーUJ 』



A 「 おぉ……w

B 「 どうだ?


A 「 ちょっとイイかもしれない……w

B 「 ww



A 「 『 スーパーUJ 』 ってのがイイな?

   特撮番組 とかに出てくる
   キャラクター名 みたいだ



B 「 だろ?♪

   んじゃ、それで送っとくか?



A 「 うむ、ひょっとしたら
   本当に 『 採用される 』 かもしれない (笑)




B 「 よし、じゃ

   その 『 名前 』 に決まるかどうかは
   『 連中 』 に任せるとして

   とりあえず オレ達の間 では
   もぅアイツのコトは今度から

   『 スーパーUJ 』 と呼ぶコトにしよう


A 「 ww



B 「 スーパーUJ が
   殆どの 『 機材 』 を破壊して飛び去ったと


A 「 ww



B 「 しかし、アイツら
   どうやって生きている?

   大気 だってロクに無いってのに
   あの 『 巨体 』 を何で支えているんだ…?




A 「 さぁな…?

   ま、とにかく、これを観た
   科学者達は大喜びするだろう

   完全に新しい
   『 研究対象 』 だろうからなァ…?



B 「 うむ…


A 「 色々な 『 常識を覆す 』 可能性が
   余りにもあり過ぎる……

   まるで 『 SF 』 だよ…( 苦笑 )


B 「



A 「 さ、何でもイイ

   オレ達は、オレ達で

   こっから無事に
   『 帰る方法 』 を考えるとするか?


B 「 あぁ…… ( 苦笑 )



A 〔 その後、オレ達は度々襲い来る
   スーパーUJ を何とかやり過ごし

   重力ブースターを改良した
   簡易的な 『 乗り物 』 で
   何とかその惑星の
   『 重力圏 ( じゅうりょくけん ) 』 を脱出し

   『 帰還の途 ( きかんのと ) 』 に着いた



B 〔 星に帰ったとき
   スーパーUJ は既に世界中で
   『 関心の的 ( かんしんのまと ) 』 に成っており

   オレ達は、ちょっとした
   『 有名人 』 に成っていた




A 「 本当に 『 スーパーUJ 』 って
   名前に成ったんだな…… (笑)


B 「 うむ……w



B 〔 ちまたでは
   『 スーパーUJ 饅頭 ( まんじゅう ) 』 や
   『 スーパーUJ Tシャツ 』 などが
   販売されている( 苦笑 )




A 「 大人気だ……w

B 「 うむ……w



A 「 ナゾに満ちていて

   しかもあの 『 巨体 』 でありながら
   時速 1000km 以上で飛行する

   この辺の 『 キャッチー 』 さが
   ウケたのかもしれないな……?w


B 「 あぁw



A 「 あいつら自身は

   まさか遠く 『 70億光年 』 も離れた星で
   自分達が 『 人気者 』 に成っているなんて

   夢にも思わないだろうなァw


B 「 ww



B 〔 その後 『 スーパーUJ 3D シミュレーション 』 や
   『 スーパーUJ アタックブースター 』 等の

   3DCG ホログラム の 『 スーパーUJ 』 を
   撃ち落したり闘ったり出来る

   巨大アミューズメント施設 なども登場していく




A 「 本当に大人気だな?
   スーパーUJ は…w


B 「 うむ……w




  END
寸劇 SFドラマ ファンタジーコメディ 新生物に関する掛け合い 未来の話 宇宙の話 宇宙旅行 宇宙探検 スペースアドベンチャー系 ナゾの巨大生物
宇宙空間 宇宙船 宇宙飛行士 宇宙生物 短い掛け合い2人 男1女1ナレ0


 

3人用掛け合い台本 【 男1 女1 不問1 】 の一覧

 

#133 二人を結んだプレゼント☆
所要時間 : 約 4分、台詞数 : 51

ジャンル : ツンデレ ほのぼの系青春恋愛ロマン系
       告白の場面系 夕暮れ両想いナレーション

男1 女1 不問1 Top △
 

4人用台本 【男2 女2 】 学園コメディ #068 そのサークルは主に 『 節操が無い 』 メンバーによって構成されていて

 

4人用台本 【 女性 2人男性 2人

所要時間 : 約 8分
台詞数 : 91




【 掛け合い台本 #068 タイトル 】

そのサークルは主に
 『 節操が無い 』 メンバーによって
  構成されていて




【 配役 】 右の()内は セリフ数 です

A : アカネ ♀ ( 22 ) 少々ツッコミ
B : ユキナ ♀ ( 22 ) 普通
C : ケンイチ ♂ ( 24 ) ボケ
D : シュウジ ♂ ( 24 ) ボケ

**********

() : ト書き
〔〕 : ナレーション



【 ジャンル 】

学園コメディ

サークル発足当時の話
新メンバー参加の背景



【 話の流れ的なモノ 】

かなり 『 女好き? 』 なw
メンバーを抱えるサークルの

後にメンバーに成る 『 女の子 』 との
最初の 『 出会い 』 の場面の
ちょっと 『 節操の無い? 』 w感じの お話 ですw


□□□□□□□□□□□□□□




C 「 おぉぉっ!


A 「 な、なによアンタいきなり
   すっとんきょうな声をアゲて? (´-ω-`; )



C 「 み、見ろ! ( ・`ω・´;)

D 「 なんですか?


C 「 前方、1時の方向、美少女だ!

D 「 おぉぉぉ~~~っ!


A 「 …… ( 汗 )


C 「 近年まれに見るような透き通った感じの
   それに加え清楚な雰囲気漂う
   素晴らしい 『 美少女 』 だ!


D 「 『 素晴らしい美少女 』 ですネェ~!


A 「 …… ( 汗 )


C 「 なにやら 『 困っている様子 』 だぞ?

D 「 『 困っている様子 』 みたいですネェ


A 「 …… ( 汗 )


C 「 よし、コレは 『 声を掛けるべき 』 では
   無いのだろうか


D 「 『 掛けるべき 』 だと思いますネェ


C 「 よしでは行くぞっ !!!

D 「 ハイっ !!!


A 「 チョ、チョットアンタ達
   何考えてんのよっ !! ( ・`ω・´;)




C 「 どうも、突然ですが
   サドンリィ


D 「 サドンリィ


B 「 っぇっ!?


C 「 ボク達この近くの
   風ノ宮高校 ( かぜのみやこうこう ) の
   ストュ~~デンツでして

   何やら 『 お困り 』 のようでは
   無いかと存じまして!


D 「 無いかと存じましてっ !!!


B 「 あ、えっと……


C 「 なんなりと (-。-。)

D 「 なりと (-。-。)


A 「 チョットアンタ達
   何考えてんのよ! ( ・`ω・´;)



B 「 あのっ

CD 「 はい


B 「 風の宮 ( かぜのみや ) の
   生徒さんなんですか?



C 「 いかにも (-。-。)

D 「 かにも (-。-。)


A 「 …… ( 汗 )


B 「 あ、えっと、ワタシ
   明日から 『 転校 』 してくるコトに
   成ってまして



C 「 なんですとーーーーーーーっ !!!! ( ・`ω・´;)

D 「 ですとーーーーーーーっ !!! ( ・`ω・´;)


A 「 転校生?


B 「 はい、えっとワタシ
   キタジマ ユキナって言います


C 「 実に素敵な 『 お名前 』 ですネ

D 「 ですネ


B 「 ww

   ありがとうございます♪w



A 「 まったくもぅ…… (´-ω-`; )


B 「 チョット 『 下見 』 というか……
   どんな街なのかな?とかを見つつ

   あと、『 学校 』 も少し見ておこうかなと
   思いまして



C 「 そうでしょう、そうでしょう~~

A 「 …… ( 汗 )

D 「 実に素晴らしい 『 下見 』 です

A 「 …… ( 汗 )


B 「 ww

   あ、えっと、学校の場所
   教えて貰ってもイイですか?



C 「 ウィイイイですとも~~~~~!♪

D 「 ですとも~~! (-。-。)♪


A 「 …… ( 汗 )


B 「 ありがとうございます♪w


C 「 アナタのようなお美しい
   『 美の極み 』 とでも呼べるような
   透き通るようなそのお美しす


A 「 何言ってるか
   ワカンナイわよ? アンタ…… (´-ω-`; )


B 「 ww


C 「 お美しゅうござります☆

D 「 ござります☆

B 「 ww


C 「 喜んで! う案内をば!
   いたしたくそうろうえばと!


D 「 そうろうえばと!

A 「 …… ( 汗 )


B 「 ww

   じゃ、じゃあ お願いします♪





***********



A 「 まぁ、そういえば
   そんなんだったわね?



B 「 アレからもぅ 1年経つんですネ?

A 「 全く恥ずかしいったら
   無かったわよ



B 「 ww

   でも、アレがキッカケと言えば
   キッカケでした♪

   この 『 サークル 』 に入るw



A 「 そうね?

   でも、本当に恥ずかしかったわよ
   あのときは…… (´-ω-`; )


B 「 ww


A 「 にしてもアンタ
   随分スゴイタイミングでの
   『 転校 』 だったわネ?



B 「 チョット話せば
   長いんですけど……w



A 「 そう、まぁイイわ

   貴重な 『 女子戦力 』 として
   これからも頼むわネ?


B 「 ハイ♪


部室の奥の方で
  なにやら雑誌を見ながら盛り上がっている
  ケンイチシュウジ




D 「 センパイ、この娘
   スゴイっすよ!


C 「 おぉぉぉぉ、こ、この娘が
   1番、の 『 ミスグランデ 』 かぁ?



D 「 今年はこの娘で
   決まりですかネェ~~?


C 「 おぅ、おそらくそうだなぁ
   にしてもスゴイなぁ♪


D 「 スゴイですネェ……♪


A 「 まったく、恥ずかしいったら
   無いわよ (´-ω-`; )


B 「 ww


D 「 うぉおぉぉぉお
   センパイ 『 この娘 』 もなかなか!


C 「 うおぉぉぉ
   コッチが 『 ミスグランデ 』 かぁ!?


D 「 かもしれないですネェ


C 「 スゴイなぁ、今年のミスグランデ
   『 熾烈 ( しれつ ) 』 だな? コレは


D 「 『 熾烈 ( しれつ ) 』 ですネェ、うぅぃおおぉ


A 「 まったく…… (´-ω-`; )

B 「 www



B 〔 あんまり触れて来なかったですが

   センパイとシュウジくんは
   結構、と、いうか… かなりw

   女の子に 『 眼が無い 』 タイプですw




D 「 うぃぃぃぉぉぉぉぉぉお!
   センパイこっちもなかなか!


C 「 うぃぃぃぉぉぉぉおおおお!
   この娘もスゲェ~~っ !!!



A 「 (´-ω-`; )

B 「 www



  END
学園ドラマ ラブコメ 恋愛ドラマ
サークルの話 新人勧誘 節操が無い 掛け合い4人 女好きメン 男2女2ナレ0


 

3人用 短い掛け合い台本 【男1 女1 ナレ1】 異世界ファンタジー アクションシーン #012 キラマガサウラの闘い ~ 綺羅紛装羅の闘い ~

 

3人用 短い台本 【 男性 1人女性 1人ナレーション

台詞数 : 28
所要時間 : 約 5分



【 短い 掛け合い台本 #012 タイトル 】

キラマガサウラの闘い
 ~ 綺羅紛装羅の闘い ~



【 配役 】 右の()内は セリフ数 です

A : 拿儀由宇 ( ナギユウ ) ♂ ( 12 ) 少々受け
B : 駕出那 ( カデナ ) ♀ ( 11 ) 少々攻め
〔〕 : ナレーション ♂♀ ( 7 )

***********

SE : 効果音



【 ジャンル 】

対決場面
異世界アクションファンタジー

魔法戦闘

ちょい中二病系w



【 シチュエーション 】

おそらく 異世界荒れ果てた林の中



活用例として

短いですので、掛け合い台本 としてだけでなく
ゼヒ、マンガの練習用題材サンプルで提出する用 などの
簡単な ボイスドラマ用の原稿 等としても
バンバン、ご活用いただけたら幸いです (`・ω・´)ゞ☆


□□□□□□□□□□□□□□




SE : チュキィィィイーーン !!!


ナレ 〔 『 怪音 ( かいおん ) 』 と共に

     とつぜん、拿儀由宇 ( ナギユウ ) の前に
     姿を現す 駕出那 ( カデナ




A 「 なっ! なんだぁ、テメェは!? ( 汗 )


B 「 フッフッフッフ、さしずめ
   『 用心棒 』 とでも

   言ったトコロですかネェ?w



A 「 んあ゛? ( ・`ω・´;)



B 「 コチラにもその
   いろいろと 『 事情 』 というものが

   ございましてネェ♪



A 「 事情だァ? ( ・`ω・´;)


B 「 ココを通って
   いただく訳には……♪

   行かないんですよォ?w



A 「 んだと…? ( ・`ω・´;)



B ( 綺羅紛鎖羅… 雅陀双鎖鵜羅…♪
  ( キラマガサラ… ガダソウサウラ…♪

B 「 ハァーーーーッ !!!☆



A 「 何やってんだ? オマエ…っ ( ・`ω・´;)


B 「 フッフッフッフ
   ノンビリとしていてイイのですかァ?♪

   そろそろ、お足元がほら…w




SE : ズガガガーーーーーーーン!

ナレ 〔 一瞬の後、地面から
     無数の 『 鎖 』 が襲い掛かる




A 「 グァ~~ッ!? ( ・`ω・´;)


ナレ 〔 すんでの所でなんとか
     『 鎖 』 の攻撃をかわす ナギユウ




A 「 この一帯には
   妙な 『 術 』 を使うヤツが潜んでいるとか
   なんとかかんとか… ( 汗 )

   どうやら 『 テメェ 』 のこと
   らしいなぁ! ( ・`ω・´;)



B 「 オッホッホッホッホ
   それはそれは光栄な♪w



SE : ズガガガーーーーーーーン!

ナレ 〔 再び、地面から
     無数の 『 鎖 』 が襲い掛かる




A 「 チキショーーッ !!! ( 汗 )

   獣装光牙ッ !!
   ( ジュウソウコウガッ

   ハァーーーッ !!! ( ・`ω・´;)



ナレ 〔 手の先から 『 光り 』 を放ち

     カデナ を攻撃する ナギユウ



SE : ズガガガガーーーーン !!


ナレ 〔 しかし、その攻撃を
     ヒラリとかわす カデナ



B 「 ハッハッハッハッハ

   オォモシロォイ 『 技 』 を
   お持ちじゃないですか~っ♪

   ナカナカ 『 出来る方 』 の!
   ようですわネェ~~!?♪w



A 「 ウルッセェ !!
   次は逃がさネェぞ!? ( ・`ω・´;)



B 「 あ~~ら、それは~w
   コッチのセリフ~

   ですわッヨっ !!!♪



A 「 だりゃああああああああ!

AB 「 ハァーーーッ !!!


SE : ズガァァァーーーン !!!


ナレ 〔 放たれる撃光 ( ゲキコウ ) に
    包まれる 『 林の中 』

    二人の闘いは
     『 果てしなく 』 続いていく……



AB 「 ダリャァーーッ !!!

SE : ズガガガガガァーーーーン !!!



  END
魔法ドラマ 戦闘シーン 戦闘場面 対決場面 アクション系 ファンタジー バトル 寸劇
テンポ重視 短編作品 シリアス系 異世界ファンタジー 短い掛け合い3人 男1女1ナレ1


 

1人用朗読台本 【男1】 or 【男女兼用 1人】 青春系 チョットうぃうぃしい? ラブロマンス系モノローグ #067 踊ろう、君と共に空高く♪

 

1人用朗読台本 【 男性 1人 】 or 【 男女兼用 1人

所要時間 : 約 4分


【 一人用モノローグ台本 #067 タイトル 】

踊ろう、君と共に空高く♪



【 配役 】

主人公



【 ジャンル 】

ミュージカル風
 青春ドラマ朗読


うぃうぃしい系
 ちょいラブロマンス


モノローグ作品



【 話の流れ的なモノ 】

君が 『 ステップ 』 を踏みだせば♪

街中みんなが踊りだす~~♪

っていう感じの

ちょい、中二病的? 感じが
しなくも無い? かな? っていうの
かもしれないかもしれない? (^^;ゞw

青春ロマンス系
 朗読台本作品
と成ってますが (^^;ゞw

うぃうぃしい感じの明るい作品☆

ではありますので
 ぜひぜひ、バンバンやってみてください ☆♪




【 シチュエーション 】

ミュージカル映画的な
感じの街中?♪w


□□□□□□□□□□□□□□




夜が明けるまで
踊り明かそう

君と一緒に


止まらない
『 ステップ 』 を踏んで

今宵 ( こよい )、高らかに
『 明日 ( あす ) 』 を歌おう


道行く人は足を止め

君の笑顔に 街中が踊りだす


夢見る 『 君の瞳 』 に誘われて


ボクらの 『 終わらない夜 』 は


いつまでも続くよ



君の想いを
空へと広げれば

『 夢の扉 』 はすぐ目の前に

輝いた 『 明日 ( あした ) 』 を

ボク達に約束してくれる


そうさ
未来へと続く 『 階段 』 は

何処までだって止まらない


だから今日も

変わらない 『 願い 』 を
気持ちに乗せて


明日 ( あす ) へと続く
ステップを踏みだそう


そうすれば

身体一杯にリズムを感じて

世界中が君と、踊りだす



溢れる想いは何処までも

伝えたい
この 『 気持ち 』 を乗せて


ボクたちは空に向けて

終わらない 『 ステップ 』 を

踏み出そう


そうすればまた

身体一杯にリズムを感じて


世界中が君と



【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【



  踊りだすから♪




】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】



  END

青春ドラマ ダンスパーティ ミュージカル風 ラブロマンス系 Dancing with Me♪系
うぃうぃしい恋愛ドラマ系 モノローグ 朗読劇台本作品 男1 or 女1


 

2人用 短い掛け合い台本 【男1 女1】 片想い?系ラブコメw #011 アンタに 『 嫉妬 』 ? しないわネ!

 

2人用 短い台本 【 男性 1人女性 1人

台詞数 : 26
所要時間 : 約 3分



【 短い 掛け合い台本 #011 タイトル 】

アンタに 『 嫉妬 』 ? しないわネ!



【 配役 】 右の()内は セリフ数 です

A : ナオト ♂ ( 12 ) 受け
B : ハルカ ♀ ( 14 ) 攻め

***********

() : ト書き
SE : 効果音
【】 : モノローグ



【 ジャンル 】

ラブコメ

片想い? 系
 チョット切ない? コントw




2人用 短い掛け合い台本 【男1 女1】 片想い?系ラブコメw #011 アンタに 『 嫉妬 』 ? しないわネ! 挿絵 400px × 358px



活用例として

短いですので、掛け合い台本 としてだけでなく
ゼヒ、マンガの練習用題材サンプルで提出する用 などの
簡単な ボイスドラマ用の原稿 等としても
バンバン、ご活用いただけたら幸いです (`・ω・´)ゞ☆


□□□□□□□□□□□□□□




A 「 オマエに聞きたいコトがある

B 「 なによ?


A 「 オレが病院に行って
   もし 『 美人看護士 』 さんに恋をしたら

   嫉妬するのかよ?


B 「 しないけど?


A 「 ……

B 「


SE : ドンっ

机を叩く



A 「 もう一度だけ聞く

B 「 うん


A 「 オレが病院に行って、な?

   もし 『 美人看護士 』 さんに恋をしたら

   嫉妬するだろ?



B 「 ……


A 「 どうなんだ?

B 「 しないわネ


SE : ドンっ!

ドンっ! と、机を叩く


B 「 ww


A 「 もう一度だけ聞く!

   嫉妬するかしないかでいったら…


   どうなんだ!?



B 「 しないわネ?w

A 「 もう!

B 「 ww


A 「 してよ! (´;ω;`)ブワッ

B 「 www


A 「 オレが他の女の人と
   喋っているのを観て
   『 ムキーーッ! 』 って
    ヤキモチを妬いてよ!(´;ω;`)ブワッ


B 「 www



B 【 相変わらず
   ワカリやすいわネェ?w



A 「 ムキーーーーッ!
   嫉妬しろっ !! (´;ω;`)!



B 「 アンタが
   『 ムキーーッ! 』 って
    言ってんじゃないのよw



A 「 イイからジェラれっ !!
   オレにジェラれっ !!! (´;ω;`)!


B 「 www




  END
恋愛ドラマ コメディ 片想いに関する掛け合い ジェラシー
テンポ重視 少々コント系 短編作品 短い掛け合い2人 男1女1ナレ0


2人用 短い掛け合い台本 【男1 女1】 片想い?系ラブコメw #011 アンタに 『 嫉妬 』 ? しないわネ! 挿絵 500px × 448px