台本・物語・歌詞
素材一覧
ひと言セリフ
お題集
ランダムに
セリフお題
ランダムに
エチュードお題
おススメ
エチュードお題
声劇スゴロク
劇多め / 劇少なめ
画像・背景
素材一覧
雲と空の
画像素材
楽曲など向け
歌詞素材
BGM素材一覧
ボイス素材一覧 作曲関連いろいろ ギャラリーです イラスト・マンガを
描くときのお題
利用の規約
です(`・ω・´)ゞ


※更新終了しました
  更新終了に関する詳細は コチラ

1人用 朗読劇系台本 【女1 】 恋愛青春ロマン ちょっと力強いヒロイン系 モノローグ #164 アナタと出逢えて♪

 

1人用台本 【 女性 1人

所要時間 : 約 3分


【 朗読劇系台本 #164 タイトル 】

アナタと出逢えて♪


【 配役 】

ヒロイン ♀


―――――
アナタと出逢えて♪
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-578.html

ヒロイン ♀ :
―――――


【 ジャンル 】

恋愛青春ロマン系
チョット力強い ヒロイン系

少々キュンと来る?w
 夢見る乙女系 モノローグ




【 話の流れ的なモノ 】

逢えない時間 』 そんなトキは
いつも アナタの姿 を心に想い描いてしまう
少々夢見る乙女系なヒロイン、でも
アナタに逢うコトが出来て
  変わっていったワタシ
』 と自信を付け

恋と共に 成長していく ヒロインの姿 をつづった
恋愛系 モノローグ台本 です☆

良かったら、バンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆


□□□□□□□□□□□□□□□




I miss You アナタに逢いたくて…

遠い空を見つめ いつも想っている

気持ちはずっと アナタのそばに 。。。


【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【


  早く逢いたい♪


】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】


それだけが ワタシの願い 。。。


恋をするコト
人をスキに成るコト

ためらってきたワタシ

そんなチョット 『 ネガティブ 』 な
毎日を送っていたワタシ


そんなトキ、ワタシは
アナタと出逢った 。。。


優しい雰囲気
温かなまなざし

包み込んでくれるようなステキな声

そして色々なコトに
真摯 ( しんし ) に
真正面から向き合うアナタの姿 。。。


気がついたら…

とっくに 『 恋 』 に堕ちていた 。。。(笑)


ソコから、幸か不幸か
ふとしたコトを切っ掛けに
『 彼と付き合える 』 コトに成れたワタシ 。。。♪

本当にまさか? っていう
感じだったんだけど 。。。


だって、その頃…

さっきも書いたけど…
ワタシ 『 ネガティブ 』 だったから…

でも、段々と 『 彼の影響 』 で、かな?

前を向いて
しっかりと色々なコトに対して
向き合っていくコトの 『 大切 』 さが

知らず知らずの内に身に付いていった…


何かあったトキ
ソコで立ち止まってしまわずに

しっかりと毎日を
足を 1歩ずつ踏み出して進んで行く


【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【


  そういう風に
   過ごすように成れていった 。。。


】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】


コレってきっと
 彼のおかげ…? かな?♪


何も無かった毎日

『 ネガティブ 』 に過ごしていたワタシ 、、、

でも、ワタシは…


【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【【


  アナタと出逢って
   変わるコトが出来た 。。。


】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】】


優しい雰囲気
温かなまなざし

包み込んでくれるようなステキな声

気がついたら…

 とっくに 『 恋 』 に堕ちていた 。。。(笑)


彼と付き合えて
『 色々な意味 』 で 『 成長出来た 』 って
 思えるコトが多く成ったって感じているワタシ

そんなコトもあってか
日に日に大きく成って行く 『 彼の存在 』 …


だから、逢えないトキは
いつもこぅ想ってしまう…


I miss You アナタに逢いたくて

遠い空を見つめ 想ってしまう

気持ちはいつも アナタのそばに


早く逢いたいな♪

 それだけが、ワタシの願いだよって 。。。




   END
少々感動系 恋愛ドラマ系 切ない系 少々ほのぼの系 ヒロイン系 モノローグ系 恋愛ロマン系 少々青春ドラマ系 少々キュンと来る台本素材 少々秋の季節感系 少々片想い系 恋のトキメキ系 少々夢見る乙女系
男0女1不問0 ショートストーリー台本素材 寸劇系


 

2人用 短い掛け合い台本 【男1 女1 】 日常系 コメディ ラップ系 コントw マイペースキャラ系w #040 偶然の出来事と風前のともしびのラップな関係♪w

 

2人用 短い台本 【 男性 1人女性 1人

台詞数 : 39
所要時間 : 約 4分



【 短い 掛け合い台本 #040 タイトル 】

偶然の出来事と風前のともしびの
 ラップな関係♪w



【 配役 】

A : コウジ ♂ ( セリフ数 21 ) 少々受け ボケ
B : ユミカ ♀ ( セリフ数 18 ) 少々攻め ツッコミ

*********** : 歌w


―――――
偶然の出来事と風前のともしびのラップな関係♪w
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-579.html

A : コウジ ♂ :
B : ユミカ ♀ :
―――――


【 ジャンル 】

日常系 コメディ
コミカル マイペースキャラ系w

ラップ系 コントw


活用例として

短いですので、掛け合い台本 としてだけでなく
ゼヒ、マンガの練習用題材サンプルで提出する用 などの
簡単な ボイスドラマ用の原稿 等としても
バンバン、ご活用いただけたら幸いです (`・ω・´)ゞ☆

□□□□□□□□□□□□□□□□



A 「 おぃおぃおぃ、チョット聞いてくれよ

B 「 なによ

A 「 『 偶然の出来事 』 と 『 風前のともしび 』 って
   なんか似てネ?


B 「 は?

A 「 似てネ?

B 「 なにがよ… ( 苦笑 )

A 「 いゃよく聞けよ?

   『 偶然の出来事 』
   『 風前のともしび 』

    なんか似てネ?


B 「 あんね?

A 「 なんダヨ

B 「 どぅぅぅぅぅぅうぅぅううぅぅうっっっでもイイっ!w

A 「 ぇぇ?

B 「 そんなのホントw
   どぅぅぅぅううぅうぅぅぅぅうっぅぅっううううでもっ !!!!
   イイ !!!!!!w


A 「 なにがダヨ…
   なんかスッゲェ似てんじゃネェかよ



B 「 アンタ本当いっつも
   そんなコトばっかり考えているわネ…w ( 呆れ顔w )


A 「 いゃなんかよ
   リズムっつぅの? 『 語呂 』 っつうの?
   スッゲェ似てんダヨ


B 「 いゃもぅ、ほんっっっっと、どうでもイイからw

A 「 コレ、『 ラップ 』 とかにしたらマジスゲェよ

B 「 なに、じゃチョット
   ラップ にしてやってみなさいよw


*****************

A 「 オレの毎日は
   『 偶然の出来事 』 の連続♪

   でもそんな今のオレは
   『 風前のともしび 』 オゥイヤー♪

   『 偶然の出来事 』
   『 風前のともしび 』 Oh ! Yeah !!!!!!♪


*****************

B 「 wwwwww

A 「 よくネ?

B 「 いゃまァチョットなんかまァ
   『 わかんなくは無い 』 って感じには
    成ってきたけどw


A 「 ダロ? 似てんダヨ


B 「 アンタ、本当いっつも
   そんなコトばっかり考えているわネェ?w


A 「 イイじゃネェかよ

B 「 もっとちゃんと
   『 進路のコト 』 とかも考えなさいよ


*****************

A 「 『 偶然の出来事 』
   『 風前のともしび 』 Oh ! Yeah !!!!!!♪


*****************

A 「 イイだろ?

B 「 だから、そんなコトばっかり言っていないでw
   『 進路 』 とかそういうコトもちゃんと
   『 考えなさい 』 って言っているじゃないのよw



A 「 イイんダヨ 『 進路 』 とか
   そぅいうのも大事だけどな?
   オレは今 『 ラップ 』 に目覚めてんダヨ


*****************

A 「 オレの毎日は
   『 偶然の出来事 』 の連続♪

   でもそんな今のオレは
   『 風前のともしび 』 オゥイヤー♪


*****************

B 「 『 そんな今のアンタは
    風前のともしび 』 なのネ…w

   アンタ 『 消えて無くなっちゃいそう 』 じゃないのよww


A 「 ソコが 『 わびさび♪ 』 ってヤツよ

B 「 ww

A 「 よくネ?

B 「 まァ… 歌にしたらネ…?

   でも、言葉として 『 似てるかどうか 』 とか
   そぅいう 『 点 』 に関しては
   ホントっ! 心底どぅぅぅぅっぅっでもイイけどww


A 「 んなコタねぇよ、よく聴けよ?

*****************

A 「 『 偶然の出来事 』 の連続♪
   『 風前のともしび 』 Oh ! Yeah !!!!!!♪


*****************

B 「 ワカッタからもぅ…w



   END
学園ドラマ コメディ系 日常ドラマ系 少々コント系 寸劇 コミカル系 少々マイペースキャラ系w ラップ系コントw
短い掛け合い2人 男1女1不問0 ショートストーリー台本素材 簡単な台本素材


 

4人用台本 【男3 女1 】 or 【男2 女2 】 学園祭ドラマ モノローグ青春群像系 #163 後夜祭 the ダンス・パーティ!♪

 

4人用台本 【 男性 3人女性 1人 】 or 【 男性 2人女性 2人

台詞数 : 203
所要時間 : 約 25分



【 掛け合い台本 #163 タイトル 】

後夜祭 the ダンス・パーティ!♪


【 配役 】

A : コウジ ♂ ( セリフ数 80 ) モノローグで話の進行役
B : ユミカ ♀ ( セリフ数 35 ) ステージの司会 ヒロイン的な感じ
C : シズク ♀ ( セリフ数 55 ) サークルのメンバー
D : 生徒達 ( モブ ) ♂ or ♀ ( セリフ数 33 ) ナレーション と 歓声

**********

【】 : モノローグ
〔 〕 : ナレーション
SE : 効果音


【 役表 】
―――――
後夜祭 the ダンス・パーティ!♪
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-577.html

A : コウジ ♂ :
B : ユミカ ♀ :
C : シズク ♀ :
D : 生徒達 (モブ) ♂ or ♀ :
―――――


【 ジャンル 】

学園青春ドラマ系
学園祭 ヒロイン系

少々青春群像 ハッピー系
サークル活動 モノローグ


【 話の流れ的なモノ 】

文化祭の後に行われた 後夜祭の最後の方
盛り上がりの場面 です♪

ゼヒ、バンバンやってみてください! (`・ω・´)ゝ☆♪


【 シチュエーション 】

学校の体育館


【 出番率 】

生徒達 ( モブ の人は余り セリフ らしい セリフ は無く
ナレーション と 歓声 が メイン と成っています

かなり 『 比率の悪い形 』 に成ってしまっていますが
どうしても 書きたかった内容 なので、ゼヒやってみてください (^^ ゞ


□□□□□□□□□□□□□□□



C 「 センパイ!

A 「 おぅ

C 「 お疲れ様です♪

A 「 アリガトw でもまだオレ
   何にもやってないや…w


C 「 そうですかw

A 「 うんw、頑張っているのは ユミカ だな

C 「 そうですネ♪

A 「 今日はアイツから
   なんていうか 『 才能 』 を感じたよw


C 「 ですネw
   とりあえず、『 飲み物 』 れに来ました


A 「 おォ、アリガト♪

C 「 ハイ、どうぞ

A 「 ユミカ にもついでやってくれよ

C 「 はぁい♪


A 【 今日、一番頑張ってるの アイツ だからな…


D 〔 奇術部のステージが終わり
   ソコから DJ が 『 トランス テクノ 』 で
   更にまたガンガンに会場を盛り上げる♪

   そして、イベント終了まで残り 15分となった頃…

   音楽が止み
   パッと会場が明るくなり ユミカ のMCが始まる



B 「 ハイ!皆さん! 
   今夜のダンス・パーティ !!

   そろそろ…!そろそろ… !!
   終了の時間が近くなってきましたァ~~~~ !!


D 「 ええェェエエェェエエェエエェ~!

B 「 みんなで盛り上がってきた今夜のパーティ !!
   楽しんでくれたかな~~~ !??


D 「 イェエエェェエエエェイッ!♪

B 「 心から楽しんで
   もらえましたか~~~~~ !!?


D 「 ハァァァ~~~~~イッ !!♪

B 「 アリガト~~~!♪w
   ソレでは、本日最後の 『 イベント 』 に
   入りたいと思います !!
   えぇとですね、さっきパートナーになった人!
   覚えていますか?

   その人をもう一度見つけてください !!♪


D 「 どよどよどよどよどよ…

B 「 はいはい、そこの男子達!?w
   照れない照れないw



D 〔 そう言われながらも
   恥ずかしさからナカナカ自分とパートナーと成った
   女子に 『 声 』 を掛けられない生徒が
   まだ何人か 『 どよどよ 』 としているw



D 「 どよどよどよどよどよ… ( 汗 )


B 「 見つかりましたか~~~~~ !!?♪w
   本当に本当にもうコレで最後です !!

   さっき、一緒になったパートナーさん
   見つけてあげてください !!

   シャイな 『 男の子 』 が多いかもしれないので

   女の子のみんなァ !!!!?

   女の子の方からもさっきのパートナーさんを
   見つけてあげてください !! w



D 〔 ユミカ の MC を受けて
   パートナーに成っている男子に
   自分から声を掛ける女子の姿も現れ始める 。。。



D 「 ザワザワザワ…♪

B 「 ソレじゃ、イイかなァ~~~~~ !!?

D 「 ハァア~~~~~イッ!♪

B 「 はい、じゃあ!
   無事、パートナー見つけられた? よ、ネ?♪w

   では!皆さん !!♪
   本日最後の 『 イベント 』 をコレから開始します !!

   ソレは !!!!!!!!!


D 「 ザワザワ………

B 「 いまアナタの隣に居るパートナーと !!!

D 「 ザワザワザワザワ……

B 「 手をつないでください !! w

D 「 ええェエエエェェェッェエエェェッ!w


D 〔 どよめく客席w


A 「 手ぇ、つなぐのかよ…w

B 「 はい、照れない照れないw

   みんなァ !! 今日
   本当に本当に本当の最後よ!?♪

   ワカッテる !!?w

   最後精一杯盛り上がって
   今日をイイ 『 想い出 』 にするために~~~ !!

   ハイ!手をつないで~っ!♪w



D 〔 かなりざわめく客席w


B 「 ではァ~ !!! 今夜のトリを紹介しますっっ !!

D 「 ワアアァアアアアアァッ~!

B 「 うちのダメ会長!♪w


A 〔 ドッと笑いが起こる会場w

   その 『 笑い 』 の中w
   照れながら弱々しく 『 客席 』 に手を振るオレw



B 「 はい、相変わらず 『 弱々しい 』 ですネ?w
   彼がウチの 『 ダメ会長 』 です!w


A 「 ウルセェよw

B 「 ww はい、この会長がw
   最後 『 トリの曲 』 を流してくれます !!!♪

   皆さん!今日出逢ったパートナーと
   最後の!最後の !! 最後の !!! 想い出をっ !!!♪
   コレから一緒に作ってください !!☆

   みんな!手をつないだァ?!
   ソレでは、行きますよ~~~~~っ !!!


D 「 ハァアァ~~~~~~~~~イッ!♪

B 「 ではァっ、ミュージック~~~ぅ !!♪


A 〔 コッチを見て目で合図する ユミカ
   ソレに対し 『 OK 』 と目配せをするオレ



B 「 スタートっ !!!!!♪w


A 〔 ユミカ の 『 スタート! 』 を合図に
   オレは、とっておきの !!
   と、言っても 『 アニソン 』 なんだけど♪w

   最高に元気のイイ
   『 ガールズダンスポップ 』 をスタートさせた !!♪



D 〔 一瞬、客席は 『 ? 』 といった感じになったが

   徐々に、『 あァ、あの曲か? 』 といった感じで
   ノリ始める生徒達



A 「 イイぞ !!♪


C 〔 曲を知っている 『 生徒達 』 が
   『 合いの手 』 を入れ始め
   徐々に盛り上がっていく客席♪


A 〔 オレも両手を上げて
   客席をあおるように手を叩くっ !!♪


D 〔 VJ の映像もノリノリの映像が流れ
   会場は 『 手拍子と熱気 』 に包まれていく☆


A 〔 曲の中の 『 ハイッ♪ ハイッ♪ 』 と
   『 合いの手 』 が入るトコロで
   ユミカ がマイクを使って
   一緒に、『 ハイッ♪ ハイッ♪ 』 と
   『 合いの手 』 を入れてくれたため


D 〔 段々と、会場が
   『 一体感 』 に包まれていく…♪



A 【 ココから、サビの部分 !!

   一挙に 『 加速 』 していくこの曲
   みんなノッてくれっ !!♪



D 〔 曲を知らなかった生徒達も
   段々と一緒になって 『 合いの手 』 を入れ始め
   会場は次第に盛り上がっていく…♪


A 〔 オレも両手を思い切り振って
   客席を精一杯あおるっ !!!♪



C 〔 さっきまでは照れてw
   手をつないでいなかった生徒達も
   段々と手をつなぐようになり
   一緒になって飛び跳ね始めていく光景も…♪☆


A 〔 ユミカ の入れる 『 合いの手 』 に
   会場が一つに成っていく中、二回目のサビ♪



B 「 みんな歌ってぇ~っ !!♪


C 〔 センパイがマイクで叫ぶ!♪

D 〔 その声にのって、会場が一瞬
   ワァァァアア~~っとザワめき♪



A 【 みんなが声をそろえて
   一緒に 『 歌い始めて 』 くれた…

   やべぇ、なんか感動してきた… !!♪



A 〔 最後、3回目のサビで
   少し 『 音量 』 を上げる…!♪


D 〔 ソレにともなって思いっきり
   ヒートアップしていく会場…♪



A 【 くぅ、…たまんネェ…!♪

   盛り上がった気持ちを抱えながら
   『 そろそろ終わるゾ? 』 と、ユミカ に合図するオレ


B 「 OKよ

A 〔 ソレに対し、目で合図する ユミカ

   最後、効果音をかぶせて 『 曲 』 が終了する…♪



SE : ド~~~~~~~~~~~~~ン♪

D 「 ウワァァァアァァァァアアァァァアッァァッ !!!!!☆♪


C 〔 拍手で盛り上がる会場~!☆♪


A 【 チョット感動して 『 涙 』 が出てきた…w

   やべぇ、なんだよコレ…
   なんかスゲェよ、スゲェ感動しちまってる、オレ…w



C 〔 センパイを始め会場のみんなが
   盛り上がった 『 感動 』 をかみ締めて

   しばらく 『 歓声と拍手 』 が
   鳴り止みませんでした 。。。♪



A 【 ふと、気がつくと
   涙が 行く筋 も流れ出ていた

   オレ、泣いちまってる…w
   やべぇ、なんだよ、コレ…w♪



C 〔 そして センパイ から
   イベント最後の MC が… 始まりました



B 「 今日は !! 集まってくれて
   本当に!アリガトーっ !!♪

   さっきも言ったけど
   私達は 『 準備 』 をしただけっ!

   集まってくれたみんなが
   盛り上がってくれなかったら

   何にも始まらなかったの~っ !!


D 「 ウゥワアアアアアアアアァアア !!♪

B 「 今夜のパーティ!
   楽しんで !! くれたよね !!??♪


D 「 ウゥワアアアアアァアァアァ !!♪

B 「 今日ここで 『 一つ 』 になって
   こんなに盛り上がることが出来て
   すっごくイイ 『 想い出 』 になったと思うけど!

   みんな !! 心の中にっ!
   大事な何かが! 残っってくれた !!!???


D 「 イェェェェエェエエエエイッ!♪

B 「 今日のコトいつまでも忘れないで!
   また、次、必ずきっと !!

   また、こうして逢えるとき !!♪

   もう一度!精一杯今夜みたいに
   みんなで一緒に !! 盛り上がろうね !!♪


D 「 ウゥゥオオオオオオオオッ!☆♪

B 「 今日は本当に!最後まで楽しんでくれてっ!
   アリガトウございましたァ~~~ !!♪



D 〔 パチパチパチパチパチパチ~ !!! と
   会場内に 『 拍手 』 の音が鳴り響く



B 「 みんなァっ !! 大好きだよっ !!! !!! !!!♪w

D 「 ウワアアアアアアアアァアアァ !!♪w


C 〔 再び、鳴り止まない 『 歓声と拍手 』 が
   会場をめていきました…♪

   そして、音響さんに 『 合図 』 を送る ユミカ先輩


D 〔 ソレにこたえて
   客出し用の曲が流れ始め

   段々と、明るくなっていく会場…☆


********


B 「 ふぅ~~♪

A 「 お・つ・か・れw

B 「 アンタもね♪w

A 「 オレはほとんど何にもやってネェやw

B 「 そうネ♪w

A 「 アハハ♪w

B 「 他の DJ さん達も、お疲れ様ァ♪


C 〔 ユミカ先輩に挨拶をされて
   ハイタッチをする DJ と VJ さん



A 【 イイ パーティになったな……
   しみじみ、そんなコトを想った 。。。


**********


B 「 疲れちゃった♪w

A 「 ww いや、でも良かったよ、オマエ の MC♪

B 「 そぅ?♪

A 「 うん、マジで、
   チョット オマエ から 『 才能 』 を感じたよw


B 「 今頃 気づいたか?♪

A 「 ぅんw

B 「 今日みんな、楽しんでくれたよネ?♪w

A 「 いや、相当 『 イイ感じ♪ 』 だったと思うゾ?

B 「 そっか…、良かった 。。。♪


A 〔 そういう ユミカ の眼には
   涙がにじんでいた…



A 【 こ、コイツ、…泣いてんのか…?
   信じられん、あの ユミカ が…w

   でも、今日本当に
   メチャメチャ良かったからな
   感極まるモノがあったんだな、きっと…♪

   良かったよ、ユミカ

   コレまでに オマエ が 『 発案 』 してくれた中で
   間違いなく今日のが最高の 『 イベント 』 だったと想う

   本当に、お疲れ様、ユミカ…♪


********


B 「 さっ、じゃ、時間が無いから
   後片付けしましょ?


C 〔 涙を軽くぬぐいながら、言う センパイ


A 「 そうだな

A 【 鬼の目にも涙か…

   チラッとそんなコトを思ったオレが居るw



A 〔 オレは、まず自分の ノートPC や DJの機材 を撤去し
   ステージ上から PC を乗せていた机を降ろし始めた


C 〔 驚いたコトに、イベントに
   参加した人達が何人も残ってくれていて
   紙コップのゴミ捨てなど
   他いろいろな 『 後片付け 』 を
   率先して手伝ってくれていました♪



D 「 コレ何処に運べばイイんですか?

A 「 あ、ソレ、B棟 2階 の 『 会議室の机 』 なんだ
   ソコに持って行ってもらえるかな


D 「 了解です

A 「 いや、アリガト 助かるよ♪

D 「 いや、今日すんっごい楽しかったですよ !!☆
   コレ位、手伝わせてくださいw
   本当に、本当にスッゴイ楽しかったです♪


A 「 そ、そうか、アリガト♪
   楽しんでもらえてスゴイなんていうかw
   言葉が見つからないよw


D 「 アハハハw
   でも本当に良かったです
   またやってくださいネ !!♪w



A 【 そう言って、その生徒は
   机を運び出して行ってくれた

   うん、必ず、
   またいつか、きっと必ずな…

   タイチのためにと思って始めた
   今回のイベントだったけど…

   なんか、高校生活で 『 最高の想い出 』 に
   なったんじゃないかな? って思う

   ユミカ…、ソレにみんな アリガト 本当に…



C 〔 そして、21時になり
   賑やかだった 『 体育館 』 は
   電気が消え戸締りされました

   外に出たあと
   最後、ユミカ先輩がみんなにもう一度 挨拶 をして

   その日は、解散と成ったのでした…♪



A 〔 そのあとオレは 『 事務室 』 に行って
   『 体育館の鍵 』 を返してから

   一人、下駄箱に向かった


********


C 「 センパイ

A 「 !?

C 「 お疲れ様でした♪

A 「 シズクか♪

C 「 フフフ

A 「 待っててくれたのか?

C 「 ハイ♪

A 「 そっか♪

C 「 センパイと一緒になんか
   今日の余韻よいんにひたりたくてw


A 「 そっかw

C 「 ハイ♪

A 「 ユミカは?

C 「 たくさんの 『 男の子達 』 に囲まれて
   帰って行きましたw


A 「 ハハハw アイツまた ファン が増えたなw

C 「 ですネw

A 「 アハハハw


C 「 楽しかったですね、今日♪

A 「 ぅん…、本当にスゴかったな
   オレ、一生忘れないと思う、今日のコト♪


C 「 私も、そうなりそうです♪

A 「 ハハハw ところで、タイチは?

C 「 なんか女の子と一緒にw

A 「 マジで?w

C 「 はい、イベントのパートナーになった女の子と
   仲良くなれていたみたいです♪


A 「 そっかw

C 「 ええw

A 「 ソレは良かった

C 「 そうですネ♪

A 「 一応、アイツのための
   イベントみたいなモンだったからな


C 「 そうでしたネ♪ でも 『 結果的 』 に
   スッゴイ 『 たくさんの人達 』 にとってもきっと…


A 「 ぅん

C 「 忘れられないステキな
   『 イベント 』 に成ったと思います☆


A 「 そうだなァ、本当に…


C 「 センパイ

A 「 ん?

C 「 私、この 『 サークル 』 に入って良かったです♪

A 「 オォォォッ!

C 「 とっても♪

A 「 ソレはいっちばん 『 嬉しい言葉 』 だな♪w

C 「 ウフフフ♪


A 「 ……

C 「 ……


A 「 …… この… サークル、始めたときにサ

C 「 ハイ…、なんですか?

A 「 … なんか…、なんかが……
   とにかく… なんかが… 出来たらイイな? って
   そう、想っていたんだ……


C 「 ハイ……

A 「 …… ソレが…、少しかなった気がするよ
   今日……♪


C 「 ……♪ そうですネ…
   でも、ワタシ達だけじゃなくて
   今日来てくれた人達みんなが…
   きっと…、何か 『 大切なモノ 』 を
   持って帰ってくれたのかなっていう気がしています♪


A 「 …… そっか♪

C 「 ハイ♪

A 「 …… やっぱ、始めて良かったってコトなのかな?
   このサークル……


C 「 …… そう想います、ホントに
   スゴク… そういう風に想います…♪


A 「 ハハハw そう言って貰えると、なんか…
   言葉が見つからないな…w


C 「 ウフフフ♪
   じゃ、もう一回 改めて、言いますネ?♪


A 「 ぉ、ぉう、なんだ?

C 「 センパイ♪

A 「 うん

C 「 ワタシ、この 『 サークル 』 に入って、良かったです♪

A 「 …… そ、そう言ってくれるか…♪

C 「 ハイ♪

A 「 アリガト♪

C 「 いえいえ、どういたしましてです♪w

A 「 ハハw … まァ、でも…
   今日、一番頑張っていたのは ユミカ だな…


C 「 そうでしたネ…

A 「 この 『 サークル 』 はやっぱ…
   アイツ で持っているようなモンだなァ?

   アイツ に感謝だなァ、本当に♪


C 「 そうですネw


A 「 正直、オレはほとんどいつも
   何もやってないや…w


C 「 そうですか?

A 「 ぅんw

C 「 でも、ワタシには…

A 「 ん?

C 「 なんでも、ないですw

A 「 そっかw


C 「 さ、帰りましょう♪

A 「 おぅ♪


***********


A 〔 そして、シズク と駅まで一緒に行き
   ホームで別れて
   オレは自分の電車に乗り家に帰った



A 【 『 このサークルに入って良かった♪ 』 か…
   一番 『 嬉しい言葉 』 を言ってもらえた気がするな…

   やってて良かったな、サークル…♪

   よしっ、寝るとするか…


   オレは布団に入り
   ユックリと、深い眠りについた…

   賑やかだった今日一日を

   振り返りながら……♪




   END
学園ロマン系 ハッピー系 ヒロイン系 モノローグ系 ナレーション系 学園ドラマ系 文化祭 学園祭 青春群像ドラマ系 少々青春ドラマ系 少々キュンと来る台本素材 学校系 サークルの話系 テンション高い系 ロマン系の物語 秋の季節感系 サークル活動系 少々ほのぼの系 少々恋愛ドラマ系
掛け合い4人 男3女1不問0 男2女2不問0


 

3人用台本 【男2 女1 】 学園コメディw 少々間違った?情熱系w マイペースキャラ #162 バリンジャー行こうゼ!?

 

3人用台本 【 男性 2人女性 1人

台詞数 : 41
所要時間 : 約 4分



【 掛け合い台本 #162 タイトル 】

バリンジャー行こうゼ!?



【 配役 】

A : コウジ ♂ ( セリフ数 13 ) 少々攻め
B : ユミカ ♀ ( セリフ数 13 ) 少々受け
C : タイチ ♂ ( セリフ数 15 ) 少々受け


―――――
バリンジャー行こうゼ!?
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-576.html

A : コウジ ♂ :
B : ユミカ ♀ :
C : タイチ ♂ :
―――――


【 ジャンル 】

学園コメディw 日常風景
少々間違った? 情熱系w

マイペースキャラ



【 話の流れ的なモノ 】

いつもながらに 『 バリンジャー行こうゼ!? 』 と
突然、言い出した コウジ
ソレに対して、毎度のコト なので
少々対応するのが 面倒くさく成って来ている?w
他の サークルメンバー との 掛け合い のおハナシですw

ゼヒ、バンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆

□□□□□□□□□□□□□□□




A 「 バリンジャー隕石孔
   ( いんせきこう )、行こうゼ?


C 「 またですか…?

A 「 なんだ、『 また 』 ってのは

B 「 アンタ本当、相変わらずネェ… ( 苦笑 )

C 「 その突然 『 言い始める 』 部分ですよw


A 「 バリンジャー隕石孔 ( いんせきこう )、行こうゼ?

C 「 あの、なんかデッカイ 『 隕石の跡 』 のヤツですか?

A 「 そぅだよアレだよ、凄くネ?

C 「 いゃまァ、スゴイとは思いますけど… ( 苦笑 )

B 「 イキナリ過ぎるのよ、アンタのはいつも…w

C 「 そぅですよ、なんでそんなにイキナリ
   『 バリンジャー隕石孔 ( いんせきこう ) 』 に
   食いついたんですか……w



A 「 だって、オメェスゲェじゃネェかよ
   デッケェんだゼ?


B 「 まァね? 確かに
   『 壮大な眺め ( そうだいなながめ ) 』 らしいけど…



C 「 本気で、『 行きたい 』 って思ってます?w

B 「 そぅよ、行くったって大変よ?w
   あんなトコまで、お金もすっごい掛かりそうだし



C 「 他になにかあるんですか?

A 「 他に?

B 「 いゃだから、行ったついでに
   『 他になにかをするのか 』 ってコトよ


A 「 いゃ?

B 「 ww

C 「 イヤですよ、そんなの…w

B 「 ソレ 『 観に行くだけ 』 ってのは
   チョットねぇ……w


A 「 バッカ! スッゲェんだゾ? オマエ
   直径 1.5km だぞ オマエ



C 「 いゃまァ、確かに
   チョット 『 観てみたい 』 とは
   思わなくも無いですけど…… ( 苦笑 )


B 「 ソレだけ 『 観に行くだけ 』 ってのは
   チョットねぇ… ( 苦笑 )


C 「 そぅですネェ…
   なんか 『 面倒くさい 』 って思っちゃいますネェ…w


A 「 面倒くさいコトねぇよ!
   行ったらスゲェよっ、ゼッタイ!



B 「 とにかく全然ワカンナイのよ

   アンタのそのいつも 『 何か 』 に食いつく
   突然の 『 切っ掛け 』 が…w


C 「 そぅですよw
   いつもイキナリ過ぎますよ、本当に…w



A 「 バッカ! オマエ! 隕石だゾ!?
   ソレがオマエなんかとにかくスッゲェんだゾ!?
   空から観んダゾ!?


B 「 空から、てw

C 「 空から観たらw ソレこそ
   スっゴイ掛かりますよ? お金が、きっと…w



A 「 なんか 『 安いツアー 』 とかあるだろ?
   そぅいうの探してくれよ


C 「 イヤですよw

B 「 自分で探しなさいよww


A 「 バリンジャーだよ……

B 「 思いつきで発言し過ぎよ
   アンタは本当に…w


C 「 本当ですよw
   毎回ソレに 『 付き合う 』 コッチの身にも
   成ってくださいよ、たまには…w


A 「 バリンジャー、スゲェよ……

B 「 本当にもぅ… ( 苦笑 )

C 「 ww



   END
学園コメディ系 少々ツンデレ系?w 間違った?情熱系w コメディ系 少々ほのぼの系?w 少々コント系w 学園ドラマ系 少々日常ドラマ系 サークルの話系 かみ合わない系w コミカル系 チープ系 日常会話風 日常の風景 少々濃いキャラ系 サークル活動系 マイペースキャラ系
掛け合い3人 男2女1不問0 ショートストーリー台本素材 寸劇系


 

3人用台本 【女1 男2 】 王族ロマン 少々ツンデレハートフル系 職人気質な庭師 少々叫び有りw #161 庭師と王妃と職人気質と

 

3人用台本 【 女性 1人男性 2人

台詞数 : 61
所要時間 : 約 7分



【 掛け合い台本 #161 タイトル 】

庭師と王妃と
 職人気質 ( しょくにんかたぎ ) と




【 配役 】

A : マーガレット ( 王妃 ) ♀ ( セリフ数 30 ) 少々攻め
B : カイル ( 庭師 ) ♂ ( セリフ数 15 ) 少々受け
C : スティーブ ( 執事 ) + ナレーション ♂ ( セリフ数 16 ) 受け

**********

【】 : モノローグ
〔 〕 : ナレーション


―――――
庭師と王妃と職人気質と
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-574.html

A : マーガレット ♀ :
B : カイル ♂ :
C : スティーブ ♂ :
―――――


【 ジャンル 】

王族ロマン系
少々ツンデレ ハートフル系

ナマイキ 職人気質キャラ
少々叫び有りw



【 話の流れ的なモノ 】

かなり ナマイキで職人気質 なモノの腕は ピカイチカイル
最初は 怒っていたモノ の段々とその腕を認め始める 王妃
と、いった感じの少々 ハートフル王族ドラマ台本 と、成っています

ゼヒ、バンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆

□□□□□□□□□□□□□□□




A 「 ちょっとソコの庭師?

B 「 なんだ

A 「 な、『 なんだ 』 ですって?( 怒 )

B 「 なんだ? なんの用だ

A 「 アナタ、ワタシを誰だと思っているの!( 怒 )

B 「 マーガレットだろ?

A 「 マっ! 王妃をなんだと思っているのっ!?( 怒 )

B 「 だから、なんだ、なんの用だ

A 「 スティーブ!

C 「 は、はい、なんでございましょう! ( 汗 )

A 「 この男を即刻クビにしなさい!

C 「 ……

A 「 聞こえないのっ!?
   この男をサッサと追い出しなさい!


B 「 誰が出ていくもんか
   オレはイヤだね、例え 『 クビ 』 と言われようが

   オレはココを出て行く気はネェよ


A 「 っ !!!!!!!!!!( 怒 )


B 「 で? 何の用なんだ、王妃さんよ

A 「 『 王妃さんよ 』 、て! ( 怒 )
   スティーーーーーーーーブ !!!!


C 「 は、はいーーーーっ! ( 汗 )

A 「 んなんなのっ!? この男はっ!( 怒 )

C 「 は、ウチの 『 専属の庭師長 』 でして

   先代の頃からココの屋敷の庭は
   全て彼が取り仕切っている次第です…… ( 汗 )


A 「 まったくっ!
   先代から仕えてるかなんだか知らないけど
   クチの 『 聞き方 』 が成ってないったらないわっ!
   即刻クビにしなさいっ!( 怒 )


B 「 だからなんだ、なんの用なんだ?
   用があるから呼んだんだろ


A 「 用があるからって、もう無いわよ
   アンタはクビよ、サッサと出て行きなさい


B 「 へっ、やなこったネ
   オレはココが気に入っているし
   ココの仕事に 『 誇り 』 を持ってやっている

   ソレをアンタごときにとやかく言われる
   覚えはネェよ


A 「 アっ、『 アンタごときに 』 てっ!
   スティーーーーーーーーーーーーーーーブっ !!!!!!!!!! ( 怒 )


C 「 は、はいーーーーーーっ! ( 汗 )

A 「 この男をとにかくすぐにつまみ出してっ !!!
   どうにもお腹のムシが収まらないわっ! ( 怒 )


C 「 は、はい… ですが
   そ、そぅ言われましても…… ( 汗 )


A 「 なによ、なんなのよ

B 「 おぃ、王妃

A 「 お、『 おぃ、王妃 』 て… アンタねぇ!
   本当にクチの聞き方ってのをわかっていないわネェ!


B 「 なんの用だ? って聞いてんだよ
   用があるから呼びつけたんだろ
   どうせ、ロクでもネェ内容だろうが
   コッチは忙しいんだ、サッサと用件を言え


A 「 まったく…… ( 怒 )
   そこの 『 木の形 』 が気に入らないのよ

   もっと短く剪定 ( せんてい ) して頂戴


B 「 いいやダメだ

A 「 ハァ? ( 怒 )

B 「 ソコを切ると、この辺全体に影響が出る
   ソコを直したら見るも無残な
   センスの無い庭の出来になっちまぅ


A 「 あのねっ! アタシが切れって言ったら
   アンタは切ればイイのよ
   アタシはココの主人よ!
   主人の言うコトが聞けないっていうのっ!? ( 怒 )


B 「 聞くも聞かネェもあるもんか
   そんなセンスの悪い注文は
   どこの三流剪定師 ( せんていし ) だって
   受け付きゃしネェよ

   アンタはセンスがネェ、庭のコトはオレに任せて
   どっかで茶でもユックリ飲んでりゃイイ


A 「 アンタねぇっ !!!!!!!!!!!!!!!!! ( 怒 )
   本当に誰に向かってクチを聞いているのかァ!


B 「 言っただろう!
   ソコを短くしたらバランスが崩れるんダヨ
   モノゴトには 『 調和 』 ってモンがあって
   良い 『 加減 』 ってのが肝心なんだ

   ソレをワカラン素人に四の五の言われる覚えはネェんだ
   引っ込んでろ


A 「 スティーーーーーーーーーーーーーーブっ !!!!!!!!
   即刻この男を! 即刻この男をっ !!!
   クビにしなさいっ !!!!! ( 怒 )


C 「 は、ははは、はい、そのあの、えと
   どぅしましょうか…っ!

   と、とりあえず、ココは一度 屋敷に戻られて
   お茶でも飲んではいかがなモノでしょうか… ( 汗 )



A 「 ふん! まったく、なんでこんなヤツをかばうのよ
   まァいいわ、アンタのせいでネェ
   楽しい 『 散歩の時間 』 が台無しよ!

   本当に覚えておきなさいよ!
   お父様が来たら即刻アンタを追い出してやるんだから


B 「 ふん、出来るモンならやってみろってんだ
   オレはな、ココと 『 この仕事 』 が気に入ってんだ
   死んだって出て行くモンかよっ



A 「 うぬぅぅぅううううううううううううう!
   スティーーーーーーーーブ!
   早く戻って 『 お茶の用意 』 をっ !!!!! ( 怒 )


C 「 は、はい、お嬢様っ!



C 〔 屋敷に戻り、部屋で
   少し落ち着きを取り戻すマーガレット

   ふと、窓の外に眼をやると
   キレイに整然と手入れされた 『 庭の様子 』 が眼に入る



A 「 ふん…、ナカナカ
   キレイに手入れされているじゃない…


C 「 そぅでございます、お嬢様……

   カイルは頑固で扱いづらいトコロはありますが…
   腕はピカイチでして……


A 「 ……

C 「 この広さの庭園ですと
   普通であれば半年に一度ほどで
   デザインを変更するのが 『 普通 』 なのですが

   カイルの場合、ひと月に一度は
   庭のデザインを変えるコトが 『 出来る 』 という
   他では得られない人材でして
   そういうコトもあって先代も
   大層カイルを気に入っておりまして……


A 「 ふん、だからって態度が悪いにも程があるわ


C 「 お嬢様がお生まれに成った際も記念にと
   雨の中急いで庭全体のデザインを
   たった 1日で 『 祝賀のデザイン 』 に
   変更したというコトもございました…


A 「 ……


C 「 態度に対してはよく含め言っておきますので
   どうか先ほどのカイルの無礼に関しては
   水に流していただけないかと……


A 「 …… アンタまでアイツの肩を持つっていうの?

C 「 ……

A 「 しょうがないわネェ…
   庭のデザインにケチをつけたのは
   アタシが悪かったのかもしれないけど…

   とにかく王妃に仕えるモノとしての態度は
   きちんとさせなさい、いいわネ?


C 「 は、はい! かしこまりましてございます!


C 〔 部屋を出て行く執事スティーブ

   少しお茶を飲んでから再び庭の方に
   眼を向けるマーガレット



A 【 本当に… くやしく成るくらいキレイな庭……

   自分の仕事に 『 誇り 』 を持って
   のぞむコトの出来る人にとっては
   『 身分の違い 』 なんて
   とるに足らないモノなのかもしれないわネ…


   でも、観てみたかったな…

   ワタシが生まれたときに
   『 お祝い 』 として作ってくれたっていう


   ステキな庭の、デザインを……♪




   END
少々ツンデレ系 王族ロマン系 少々感動系 ほのぼの系 少々漢 ( 男 ) 系 一応w執事・メイド系 キュンと来る台本素材 少々情熱系 少々ハッピーエンド系 ヒロイン系 少々モノローグ系 王国ドラマ系 王族ドラマ系 貴族ドラマ系 少々日常ドラマ系 豪華なお屋敷系 貴族のおハナシ系 少々トキメキ系 王家の一族系 高飛車キャラ系 ナマイキキャラ系 職人気質キャラ系 マイペースキャラ系
掛け合い2人 男2女1不問0 ショートストーリー台本素材 寸劇系


 

2人用台本 【女1 男1 】 社会人恋愛ドラマ系 職場内でのやりとり 大人の恋の話系 #160 女子を怒らせた 『 代償 』 は高くついて?w

 

2人用台本 【 女性 1人男性 1人

台詞数 : 79
所要時間 : 約 7分



【 掛け合い台本 #160 タイトル 】

女子を怒らせた
 『 代償 』 は高くついて?w




【 配役 】

A : リンダ ♀ ( セリフ数 40 ) 攻め
B : フリッグス ♂ ( セリフ数 39 ) 受け


―――――
女子を怒らせた 『 代償 』 は高くついて?w
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-573.html

A : リンダ ♀ :
B : フリッグス ♂ :
―――――


【 ジャンル 】

社会人恋愛ドラマ系
職場内でのやりとり

大人の恋の話系



【 話の流れ的なモノ 】

自分の恋人が 『 他の人 』 と
キスをしているトコロ を目撃してしまった リンダ
その 『 怒り 』 をどうにか静めようとしている フリッグス との
オフィスでのやりとり を描いた 社会人恋愛系の台本作品 です ☆

ゼヒ、バンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆


【 シチュエーション 】

オフィス

□□□□□□□□□□□□□□□□




A 「 キスをしてたのよっ!? ( 怒 )
   ソレもトビっきり濃厚なヤツ!



B 「 リンダ…っ

A 「 なによっ! ( 怒 )

B 「 言いたかないけど…

A 「 だからなによっ! ( 怒 )

B 「 男ってのは
   そぅいうモンなんだよ… ( 汗 )


A 「 ハァ~? ( 怒 )

B 「 イイ雰囲気のバー
   お酒も入っている
   そんなときに 『 美女 』 に言い寄られて…
   こばめる男なんて……


A 「 なによっ! ソレっ !! ( 怒 )

B 「 だから聞けってリンダ!


A 「 ……

B 「 男ってのは、そぅいうモノなんだよ
   アイツは今でもキミのコトが好きで
   キミのコトを一番 『 大事 』 に想ってる
   ソレは断言するよ


A 「 なんなのよ、ソレ……

B 「 だから言っただろう
   男ってのは


A 「 だからって、キスよっ!?
   しんっじらんないっ !! ( 怒 )



B 「 あぁもぅ……

   じゃあこぅ考えてくれ


A 「 なによ


B 「 キミがお酒に酔っているとする
   ソコへフラリと美男子が現れてキミに言い寄る

   腕には高級そうな腕時計
   高そうなスーツ
   話を聞いてみれば有名な大富豪の次男で
   家を継ぐ必要は無く
   毎日、ホンモノの出会いを探して
   バーに繰り出したりしている


A 「 ……

B 「 ソレでやっと見つけた運命の人、ソレがキミだ……
   なんて言われてみたら、どんな気分だよ?


A 「 …… な、なによソレは……


B 「 だから 『 例えば 』 の話だよ

A 「 ま、まァ、そんな
   悪い気はしない、わネ…


B 「 だろ?

   女の子はお金持ちのハンサムに弱い
   男は魅力的な美女には弱いんだよ

   無条件でそぅ成っているっていうだけで
   本気の 『 浮気 』 とかそぅいうのとは
   別次元の問題なんだよ


A 「 話がとっぴ過ぎるわよ


B 「 だから、昨日のアイツが
   そのとっぴなトキだったっていうだけの話だよ


A 「 なんで、そんなにアイツの肩を持つのよ…?

B 「 いゃ、そりゃボクは…
   男だから… つぃ弁護してしまうというか……


A 「 そぅいう経験があるの?


B 「 いゃだからソレはっ

A 「 あるのネ?w


B 「 いゃ、あのっ、えっと
   ちょ、チョット前に 1度だけ…


A 「 ジーナに言っちゃおうかしら?w


B 「 ちょ、チョット待て! 待てってっ! ( 汗 )

A 「 どんな理由があるにせよ
   浮気は浮気よ、許せないわ


B 「 ワカッテくれよ
   男ってのは、美人には弱いんだよ
   本能のっていうか… もっと奥底の部分でも… ( 汗 )


A 「 ……

B 「 だからコレだけは言っておく

A 「 なによ

B 「 アイツは今でもキミのコトを好きでいるし
   一番 『 大切 』 だと想っているよ
   ソレだけは保証する



A 「 ……

B 「 じゃ、仕事の話に戻ってイイか?

A 「 何処まで行ったの?w

B 「 ぇ?

A 「 いゃだから、その美女としたんでしょ?
   キスをw んで、それから?w


B 「 いゃまァ… ボクだってその男だから…
   まァ、その……するコトはしたサ……


A 「 しんっじらんないっ!


B 「 あぁもう! もぅイイ
   チョットやめにしないか? この話は


A 「 …… ふぅ……
   どぅしたらイイの…?
   どぅしたら彼を許せるかしら?



B 「 何にも無い
   何にも無かった
   本当に何にも無いんだよ

   男にとって 『 キレイな人 』 と
   一瞬、そぅいうようなコトに成るっていうのは


A 「 まったく……

   ジーナに今のコト話したら
   どぅなるかしら


B 「 ヤメてくれ!

A 「 ほら、慌てているじゃないw
   全然、『 何にも無い 』 ってコトには
   成っていないじゃない


B 「 だからってワザワザ
   バラす必要は無いだろ!?


A 「 まったく男ってのは本当に……


B 「 とにかく、信じてくれ
   デリクはキミのコトが好きだよ
   今でも変わらずにね、ソレだけは断言してイイよ


A 「 …… 本当に?

B 「 あぁ、男だからワカル
   美女とキス… もぅとにかくやめようこの話は…



A 「 仮にそぅだったとしても
   アタシの気はまだ収まらないのよ
   どぅしてやろうかしら



B 「 まぁな… 一時の衝動だったとしても……
   確かにきちんと 『 謝罪 』 はすべきだろうな……


A 「 でしょ?
   どぅしてやろうかしら


B 「 う~~ん……
   キミの気が収まるっていうんなら
   なんか 『 高い買い物 』 でもねだってみたら
   イイんじゃないか?


A 「 そぅネ… 欲しいバッグが
   あるっちゃあるのよネ?


B 「 ちなみに、幾らくらいのヤツなんだ

A 「 6200アレリア

B 「 高っ! ( 汗 )


A 「 ソレ買ってくれるっていうんなら
   まァ、許してアゲてもイイかな?


B 「 たっかぃなァ…… ( 汗 )

A 「 当然でしょ?
   理由はなんであれ、恋人の目の前でキスよ?
   本当だったらとっくに別れているわよ


B 「 … まァ、確かにな……
   後でソレとなく言っておくよデリクには

   でも、たっかぃなァ……


A 「 そぅよ?
   女を怒らせたら 『 恐い 』 ってワカッタでしょ?


B 「 充分ね
   んじゃあ、そろそろ仕事の話に戻ってイイか?


A 「 ワカッタわよ、イイわ
   ソレにしてもアンタが美女とネ…?w


B 「 ヤメテくれその話は
   ボクだって一応、後悔というか
   そぅいう気持ちが無くは無いんだから


A 「 1個貸しにしとくわ

B 「 なんのダヨ!

A 「 ジーナに黙っておいてアゲるネ?w
   アンタにも 『 ブランド品 』 をおねだりしようかしらw


B 「 勘弁してくれ、もぅ本当に…っ!

A 「 ww



   END
社会人ドラマ系 恋愛ドラマ系 社会人の話 オフィス 少々会議中 少々残業中?系 職場内系 大人の恋系 テンポ重視系 日常会話風 日常のやりとり風 少々男の友情系 OL系 社会人系 少々ほのぼの系 少々ラブコメディ系 同僚系 キュンと来る台本素材
掛け合い2人 男1女1不問0 ショートストーリー台本素材 寸劇系


 

2人用台本 【女1 男1 】 SFファンタジー系 少々冒険ドラマ 宇宙空間トンデモ設定系 #159 かつて 『 地球 』 と呼ばれたその星で☆

 

2人用台本 【 女性 1人男性 1人

台詞数 : 60
所要時間 : 約 7分



【 掛け合い台本 #159 タイトル 】

かつて 『 地球 』 と
 呼ばれたその星で☆




【 配役 】

A : デイナ ♀ ( セリフ数 30 ) 少々攻め
B : ヒューム ♂ ( セリフ数 30 ) 少々受け

**********

〔 〕 : ナレーション


―――――
かつて 『 地球 』 と呼ばれたその星で☆
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-569.html

A : デイナ ♀ :
B : ヒューム ♂ :
―――――


【 ジャンル 】

SFファンタジー系
少々冒険ドラマ 宇宙空間系

未来の話 少々トンデモ設定系



【 話の流れ的なモノ 】

かつて 『 地球 』 と呼ばれたその星に
と、ある 調査 にやってきた 調査船の船員
研究所員 とのやりとりを描いた SF作品 です☆

良かったら、ジャンジャン
 やってみてください
(`・ω・´)ゝ☆

□□□□□□□□□□□□□□□




B 「 こちら、アリーデ・クライト XL-1 ( エックスエルワン
   目的の座標に到達した

   ソレで? 何を探せばイイ?



A 「 まず何が見えているかを報告して

B 「 右斜め前の方に崩れてはいるが
   大きな四角すいの 『 建造物 』 が見えている


A 「 やったっ!♪


B 「 目標のモノってのはアレでイイのか?

A 「 ドンピシャよっ!
   計算通りだわ?


B 「 コレが噂の 『 ピラミッド 』 ってヤツか…


A 「 その 『 建造物 』 の出来るだけ
   詳細なデータを取りたいの
   座標と大きさ
   どの方角に向いているかなどの



B 「 了解、にしてもアレだな?
   カメラに残して置きたい光景だ


A 「 しょうがないわw
   CG技術が極まっている今の時代じゃ
   カメラ映像じゃ証拠に成らないし
   余計な部品を載せる余裕は無かったんだから


B 「 何万光年も旅をしてきたのに
   『 記念撮影 』 を出来ないってのは
    チョット酷だな (笑)


A 「 確かにそうネw
   アナタ達には感謝しているわ
   でも今は、とりあえず仕事を優先して


B 「 了解


A 「 正確な座標が取れたら
   全体をスキャン、練習した通りにお願い
   誤差があると、発表出来なくなるから
   シッカリとお願いネ


B 「 ワカッタよ
   データ、データと厳しい時代に成ったモノだな
   今、オレ達の目の前には
   昔、造られたとは思えない程の
   巨大な 『 建造物 』 が
   実際に見えているっていうのに


A 「 しょうがないわよw
   レーザー計測の記録以外は
   幾らでも手を加えられちゃうから
   証拠に成らないモノ


B 「 まったく面倒な時代に成ったモンだ
   っと、そろそろ 『 建造物 』 の真上だ



A 「 シッカリお願いネ
   誤差があったら使い物に成らなくなるの
   何度も言っているようだけどw


B 「 ワカッテるよ
   何百回と練習させられたからな
   今、真上に着いた、機体を固定する



A 「 了解、慎重にお願いネ

B 「 あぁ、この 『 計測 』 に
   全てが掛かっているって思うと
   このプロジェクトに掛けられている
   予算の重みがジックリと手に伝わってくるようだ


A 「 そうよw
   ざっと 120億レリア
   アナタ達の腕次第で
   ソレがゼロにも100にも成るって寸法よ?w


B 「 プレッシャー掛けないでくれ
   頼むから (笑)



A 「 掛けたくも成るわw
   十年の歳月と膨大な研究開発費
   ソレにこの研究所の未来が
   掛かっているんだから


B 「 ワカッタよ、慎重に進める

A 「 ありがと
   機体の固定が完了したら合図を頂戴
   『 スキャン 』 を開始するから


B 「 あぁ、了解だ
   っと、アレは、なんだ…? ( 汗 )


A 「 なにっ?


B 「 いゃちょっと
   何かが動いたような…… ( 汗 )


A 「 ハァ?

B 「 なんか… でっけぇのが
   うご、めい、て……っ! ( 汗 )


A 「 なにっ!? 何が居るのっ!?


B 「 ワカラン!
   とりあえず機体の固定は完了したから
   『 スキャン 』 を急いでくれっ!
    コッチに向かっているようだっ! ( 汗 )



A 「 了解! 一体、なんなの…っ!? ( 汗 )

B 「 コッチだってソレを知りてぇよ!
   生物が居るなんて聞いてネェぞっ! ( 汗 )



A 「 居るハズ無いわ!? ( 汗 )
   何百万年も前に 『 灼熱の惑星 』 に
   成っているっていうのに
   そんなトコロに一体何が居るっていうのよ!


B 「 コッチだって
   ソレを教えて欲しいくらいだっ!
   とにかく急いでくれっ! ( 汗 )
   なんだかワカランが
   オレ達の機体に興味を持ったようだ!


A 「 あと少し!
   あと少しだから頑張って! ( 汗 )



B 「 回収はまだかっ! ( 汗 )
   コッチに向かってくるっ!


A 「 もう少しだから頑張ってっ! ( 汗 )


B 「 ダメだっ! 一旦離脱するっ!



A 「 もぅ少しっ! ……っとっ、……ギリッギリで
   データは…… 取れて、る、みたい……



B 「 ふぅーーー……、本当か? ( 汗 )

A 「 えぇ、一応、全体の 9割以上は
   正確におさえられているわ?


B 「 9割……、もぅチョイだったのにな……


A 「 イイのよ、何より人命尊重よ
   アナタ達の身に何かあったら
   晴れやかな顔でデータを
   公開出来なく成るトコロだったモノw


B 「 ハハハハw
   随分と 『 優しい 』 じゃないかw


A 「 ソリャそうよw
   『 冒険 』 っていうのは無事に戻って来て始めて
   『 冒険 』 って言えるでしょ?
    帰って来れなければ
   『 無謀 』 って言われちゃうんだから


B 「 まぁな


A 「 もしそう成ったら
   この 『 成果 』 を元に入ってくる
   莫大な 『 研究予算 』 を
   使いづらく成るトコロだったわよw

   コトあるごとに、うらめしや~みたいな感じで
   アナタ達の 『 顔 』 が頭の中でチラつきそうでネw


B 「 ハハハハハハw
   なんとか無事に戻れそうだ
   機体に損傷は無い
   ただ固定器の一部を残してきちまった


A 「 ソレは… まぁ仕方ないわ
   でも、大丈夫よ 『 灼熱の惑星 』 だから
   何年かすれば自然に溶けて無くなるでしょ
   だからおそらく問題無いわネw


B 「 上機嫌だな?w

A 「 ソレはそぅでしょう?♪
   このデータがあれば
   ココの研究員のほとんどが
   一生遊んで暮らせるようなおカネが
   転がり込んで来るんだから♪w


B 「 カネ、カネ、カネか…w

A 「 まぁね、前にも言ったけど…
   『 科学はおカネが掛かる 』 でしょ?w


B 「 あぁ、そうだったな (笑)
   ソレじゃ帰還する
   9割取れていれば問題無いんだな?


A 「 充分よ?
   気をつけて帰っていらっしゃいw


B 「 了解した


***********


A 〔 その後、無事 私たちの惑星に帰還した
   アリーデ・クライト XL-1 ( エックスエルワン

   持ち帰られたその他の 『 データ 』 なども合わせて
   私達の研究グループはその 『 成果 』 を発表

   かつて 『 地球 』 と呼ばれた
   その星に関する研究に
   新たな 1ページが刻まれたのでした

   ただし、彼らが遭遇した? という
   『 巨大な生物 』 に関しては


   そのナゾを、残したままで 。。。




   END
宇宙航海系 スペースアドベンチャー系 ファンタジー系 SFドラマ系 少々ナレーション系 冒険ドラマ系 宇宙空間系 未来の話系 少々テンション高い系 トンデモ設定系 謎の世界観系 研究所員系
掛け合い2人 男1女1不問0 ショートストーリー台本素材 寸劇系


 

著作権使用フリーのオリジナルの、声劇やボイスドラマ・演劇など以外にも、是非マンガ、ゲーム、小説、ライトノベル等のシナリオやプロット案や劇中劇等にも使用していただきたい、短い掛け合い台本素材、短い声劇台本素材、短いボイスドラマ用台本素材、ナレーション素材や、朗読劇向け台本素材、朗読劇台本素材、ラジオドラマ用台本素材、一言セリフ素材、一人芝居用台本素材、ボイスサンプル用セリフ素材、 ボイスサンプル用台本素材、寸劇用台本素材、ナレーション練習用素材、他にも演劇練習、お芝居練習、声優さんの練習や演劇部活動・サークル活動・舞台・パフォーマンス等にも是非どんどん使っていただきたいエチュードお題、他にネットラジオや生放送等のスゴリーミング放送等で使っていただけるような質問お題や放送ネタお題等も作っています・デザインパターン素材・BGM素材や 効果音素材等も使っています、是非、声劇や舞台・演劇・お芝居やゲーム・マンガ・小説・ライトノベルなどなど、様々な用途に発想自由にどんどんご活用いただければ幸いです