台本・物語・歌詞
素材一覧
ひと言セリフ
お題集
ランダムに
セリフお題
ランダムに
エチュードお題
おススメ
エチュードお題
声劇スゴロク
劇多め / 劇少なめ
画像・背景
素材一覧
雲と空の
画像素材
楽曲など向け
歌詞素材
BGM素材一覧
ボイス素材一覧 作曲関連いろいろ ギャラリーです イラスト・マンガを
描くときのお題
利用の規約
です(`・ω・´)ゞ


※更新終了しました
  更新終了に関する詳細は コチラ

1人用 モノローグ系台本 【女1 】 青春ロマンティック モノローグ ほのぼのとしてカワイイ感じ #206 南の島の涼やかな風の中で~♪

 

1人用台本 【 女性 1人

所要時間 : 約 2分


【 モノローグ系台本 #206 タイトル 】

南の島の
 涼やかな風の中で~♪



【 配役 】

主人公 ♀

―――――
南の島の涼やかな風の中で~♪
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-660.html

主人公 ♀ :
―――――


【 ジャンル 】

青春ロマンティック モノローグ
ほのぼのとしてカワイイ感じ

日常からチョット
 離れての? トキメキ朗読劇



【 話の流れ的なモノ 】

何処までも広がる 『 青い空と海 』 を前に
南の島で、胸一杯に 『 気持ちのイイ空気 』 を
味わっている、そんな 『 晴れやかな気持ち 』 をつづった
ほのぼの系 モノローグ台本 です☆♪

良かったら、ゼヒやってみてください (`・ω・´)ゝ☆
完全に 『 季節外れな内容 』 ですが 。。。w


【 シチュエーション 】

気持ちのイイ空と海が広がる南の浜辺

□□□□□□□□□□□□□□□□□




南の島の空気に包まれて
何処までも広がる青い空と海

気持ちのイイ風が
ワタシのほほをかすめる

輝く太陽 照り返すひざし
でも不思議と心地よい感じ

いつまでも続くといいな?
このステキな気持ちが♪


ふと目に入る船影 ( ふなかげ
遠くを行く豪華客船

ゆったりと波に揺られて進んで行く

きっと何処かの
お金持ち達が乗っているのかな?

ちょっと羨ましい気分
でも、今はそんなコトは気に成らない

この何処までも広がる
青い空と海を見ていたら

ステキな気持ちが
自然と沸き出てくるから

とめどなく溢れる
このステキな気持ちと
ステキな空気

いつまでも続くといいな?
この晴れやかな気持ちが♪


南の島の空気に包まれて
何処までも広がる青い空と海

気持ちのイイ風が
ワタシのほほをかすめる

輝く太陽 照り返すひざし
でも不思議と心地よい感じ

いつまでも続くといいな?

今のこの…

  ステキな気持ちが♪



   END
ロマンティック系 少々青春トキメキ系 キュート系 ハッピー系 ほのぼの系 ヒロイン系 カワイイ系 モノローグ系 青春ロマン系 少々青春ドラマ系 少々非日常ドラマ系 少々夢見る乙女系 少々感動系 初夏の話?系 朗読劇系 歌詞っぽぃ詩系 少々ナルシシズム?系w 少々キュンと来る台本素材 ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材
男0女1不問0 ショートストーリー台本素材 寸劇系


 

2人用台本 【男1 女1 】 学園ラブコメ ハイテンション系w かみ合わない マイペースキャラw 少々間違った情熱 ボケキャラ主人公w #205 ソレだけの 『 根拠の無い自信 』 は、一体ドコから…w

 

2人用台本 【 男性 1人女性 1人

台詞数 : 62
所要時間 : 約 6分



【 掛け合い台本 #205 タイトル 】

ソレだけの 『 根拠の無い自信 』 は、
 一体ドコから…w



【 配役 】

A : コウジ ♂ ( セリフ数 31 ) ボケ 少々攻め
B : ユミカ ♀ ( セリフ数 31 ) ツッコミ 少々受け


―――――
ソレだけの 『 根拠の無い自信 』 は、一体ドコから…w
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-658.html

A : コウジ ♂ :
B : ユミカ ♀ :
―――――


【 ジャンル 】

学園ラブコメ ハイテンション系w
かみ合わない マイペースキャラ系w
少々間違った情熱 ボケキャラ主人公系w

少々叫び有りw


【 話の流れ的なモノ 】

自分を 『 モテている 』 と豪語する コウジ
ソレを 『 まったく、しょうがないわネェ…w 』 って感じで
渋々その 『 ハナシw 』 に付き合っている ユミカ との間での
学園ラブコメ ハイテンション系 な 台本作品 です☆w

良かったら、ゼヒやってみてください (`・ω・´)ゝ☆w

□□□□□□□□□□□□□□□□




A 「 オレはっ!
   オマエのコトが好きなんダヨっ !!!!


B 「 …………

A 「 どぅだ? 少しは 『 ドキッ 』 としたか?

B 「 いゃ 『 別な意味 』 で
   ドキッとしたわよ…w


A 「 なんダヨ 『 別な意味 』 でってのは

B 「 いゃ… もし、そぅなら
   『 迷惑 』 だな? って、思ってw


A 「 バッ! オマエっ!
   何、言ってんダヨっ!
   こんな、イケメンのオレに告白されて
   嬉しくないワケ無いダロっ!?


B 「 イケメンだったらネ?w

A 「 イケメンじゃネェか

B 「 何処がよ…… ( 苦笑 )

A 「 オマエ、ホントなんか
   かわいげがネェやつだなァ…
   少しは 『 ドキッ 』 としろよ


B 「 アンタに 『 かわいげ 』 があるとか
   想われたくないわよ、ゼッタイに…w


A 「 オマエっ! ホントにっ!
   しっ、失礼なヤツだなっ!


B 「 ww

A 「 オマエ、オレはなァ
   自分でこぅ言わないだけで
   モテているんだゾ? ホントは…


B 「 何処がよ……w
   アンタの何処を見れば
   『 モテている 』 なんて
   要素が見つかるのよ… ( 苦笑 )


A 「 バカっ、オマエ!
   んとに失礼なヤツだなっ!


B 「 だったら、彼女作んなさいよ
   そんな 『 モテている 』 っていぅんだったら
   全然モテてないから、一人も居ない
   じゃないのよ、アンタ高校入ってから


A 「 だから!

B 「 なによw

A 「 モテ過ぎて出来ネェんダヨっ!

B 「 ww
   しぬほど 『 バカ 』 って想ったわ?
   アンタのコトを、いまww


A 「 んとにっ! オマエっ!
   だからっ! こんなに 『 モテてる 』 オレが
   誰か一人と付き合っちゃったら
   他の娘達がかわいそうダロ!?


B 「 言ってなさいよ、勝手にもぅ…… ( 苦笑 )

A 「 みんなの 『 アイドル 』 っていぅのはな?
   特定の 『 恋人 』 を作んネェんダヨ
   みんなの 『 夢 』 を壊しちゃイケないダロ?


B 「 何処に居るのよw
   その 『 みんな 』 って、いぅのは……w
   影も形も見当たらないわよw
   アンタが誰かと仮に付き合ったとして
   泣いてしまぅような 『 女の子 』
   っていうのの 『 姿カタチ 』 が…w


A 「 バカっ! オマエっ!
   ワカってネェなっ!
   モテてんダヨ! オレはっ!


B 「 www
   まァ、そぅいう風に 『 想う 』 のは
   イイコトなのかもしれないけど… ( 苦笑 )
   自分のコトを 『 モテないモテない 』 って言って
   ウジウジしているような人なんかよりはネ?


A 「 ダロっ!?
   だから、モテんダヨ、オレは


B 「 ワカッタわよ、もぅ……w
   ハイハイ、アンタはモテてる、オメデトw


A 「 なんダヨ、ソレっ!

B 「 なによ ( 苦笑 )

A 「 そんな 『 投げやりな感じ 』 で言うなっ

B 「 ww
   だって全部アンタの 『 たわごと 』 なんだモノ
   正直 言って……w


A 「 んなコタねぇよ
   モテてんダヨ、オレは


B 「 じゃ 『 ラブレター 』 とか貰ったコトはあるの?

A 「 ラブ… レター………………?

B 「 wwww

A 「 ま、まだダヨ……
   ラブ… レターはまだダヨ……


B 「 認めなさいよ、イイ加減じゃァ…w
   モテているんだったら 『 普通 』 は
   ラブレターの 1枚や 2枚 貰っているはずでしょ?
   アンタ、ゼロなんでしょ?w


A 「 な、何がダヨ…… ( 汗 )

B 「 ラブレター、ゼロ枚なんでしょ?
   いままで生きてきて


A 「 ら、ラブ… レターは……
   ゼロ枚… だよ…………


B 「 だから、もぅ……w
   やめましょ? この中身の無いハナシ
   ホントにもぅ……w


A 「 だっ、なっ、オマエ!
   ココでやめちゃったら
   なんかオレが 『 モテないでいる 』 みたいな感じで
   終わっちゃうじゃネェかよっ!


B 「 『 モテないでいるみたいな感じ 』 じゃなくてっw
   イイ加減、認めなさいって言うのよ
   現実を……w


A 「 んダヨ、ソレ……
   オレはこぅ 『 夢 』 に生きたいんダヨ
   でっかく生きたいんダヨ?
   ワカルか? このオトコらしいロマンが


B 「 もぅイイわよ、ホントに……w
   いつまでアンタの 『 たわごと 』 に
   付き合ってないとイケないのよ
   アタシは…… ( 苦笑 )


A 「 だから 『 ドキッ 』 としたって言えよ

B 「 なにが?

A 「 さっき、オレがオマエに
   『 好きなんだ! 』 って言ったトキにサ


B 「 したわよ? ドキッと

A 「 そうダロ?

B 「 『 別な意味 』 でネ?w

A 「 んダヨ、オマエーーーーーっ! ><

B 「 『 迷惑だなァ? 』 って、そぅ想ったわよ?
   本気で……w


A 「 もぅっ !!!!!
   今度の 『 バレンタイン・デー 』 を見ていろ!
   『 チョコまみれ 』 に成ってきてやる


B 「 ハイハイ、そぅ成るとイイわネ?w

A 「 成る、今年はなんかイケそぅな
   気がするんダヨ、オレは……
   だから、そのトキになって後悔するなよ?


B 「 なにがよ… ( 苦笑 )

A 「 あのトキ、ちゃんと 『 素直 』 に
   『 ドキッ 』 としたって
   言っておけば良かったな? って


B 「 ワカッタから、もぅホントにィーーーっ!ww



   END
学園コメディ系 ラブコメ系w 学園ドラマ系 少々恋愛ドラマ系w コミカル系w ボケキャラ主人公系w マイペースキャラ系w 少々間違った?w情熱系w テンション高い系w 少々ドタバタコメディ系w 少々ほのぼの系w ナルシシズム系w 少々情熱系w 少々切ない系w 少々負けたくない気持ち系w 少々未来を夢見る気持ち系w サークルの部室系 放課後系 少々よくワカラナイ信念? のハナシ系w かみ合わない系w ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材
掛け合い台本2人用 男1女1不問0 ショートストーリー台本素材 寸劇系


 

2人用台本 【女1 男1 】 学園ラブコメ 少々モノローグ進行系 告白の場面 一応両想い 淡々とした、マイペース男子キャラ系 #204 ぶっきらぼうなアイツとワタシの、バレンタイン・デー♪

 

2人用台本 【 女性 1人男性 1人

台詞数 : 158
所要時間 : 約 18分



【 掛け合い台本 #204 タイトル 】

ぶっきらぼうなアイツとワタシの、
 バレンタイン・デー♪




【 配役 】

A : ミカ ♀ ( セリフ数 88 ) 少々受け
B : アツシ ♂ ( セリフ数 70 ) 少々攻め

**********

【】 : モノローグ
〔 〕 : ナレーション


―――――
ぶっきらぼうなアイツとワタシの、バレンタイン・デー♪
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-657.html

A : ミカ ♀ :
B : アツシ ♂ :
―――――


【 ジャンル 】

バレンタイン・デーの話
学園ラブコメ 少々モノローグ進行系
告白の場面 一応両想い系

淡々とした、マイペース男子キャラ系



【 話の流れ的なモノ 】

バレンタイン・デー 』 を迎えるにあたり
マイペースに、なんていうか 『 告白 』 をしてくる
アツシ に翻弄?w されつつも、一応 『 OK 』 をしていく
ミカ といった感じの 学園ラブコメ調 の 台本作品 です☆

ゼヒ、バンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆♪

□□□□□□□□□□□□□□□□□




B 「 おぃ

A 「 な、なによ… ( 汗 )


*************

A 〔 と、イキナリぶしつけに
   話しかけて来たコイツは
   クラスメートのアツシ


*************


B 「 オマエ、バレンタインのとき
   誰かに 『 チョコ 』 渡すのかよ


A 「 ハァ~~~? ( 汗 )


A 【 なんて、ぶしつけなヤツなの…?
   コレまでにも 『 ぶしつけなヤツ 』 っていうのは
   重々承知ではいたけど……

   踏み込み過ぎでしょ
   今の 『 質問 』 は本当に…… ( 汗 )



B 「 誰かに 『 チョコ 』 渡すのか?
   って聞いてんだよ


A 「 そっ、そんなコト、なんでアンタに
   言わないとイケないのよ……っ


B 「 なんで? って、いゃ別に


A 【 『 いゃ、別に 』 じゃなくて
   ソコ 『 重要 』 でしょうよっ

   なんで、思いっきり
   『 はしょ 』 ってんのよ…っっっ ( 汗 )



B 「 もし渡す相手が
   『 居ない 』 ならよ?


A 「 なっ、なんで 『 居ない 』 って
   なってんのよ…



A 【 とにかくチョット
   踏み込み過ぎよアンタ

   そぅいうヤツだっていぅのは
   重々ワカってはいるけど… ( 汗 )



B 「 いゃだから

A 「 なによ

B 「 『 もしも 』 って言ったダロ?


A 【 そ、ソレは確かに……
   そぅいえば、言ってはいたけど… (´-ω-`; )



B 「 だから、だよ

A 「 だから、なによ

B 「 もしも 『 チョコレート 』 渡す相手が
   居ないっていぅんならよ


A 「 ぅ、ぅん……

B 「 オレにくれよ


A 「 ぇっ………………っっ!? ( 汗 )

   チョッ、ソレ
   ど、どぅいう意味……っっ!? ( 汗 )


B 「 いゃだから、バレンタインのときに
   特定の 『 そぅいう相手 』 が居ないって
   いぅんならよ、オマエの 『 チョコ 』 を
   オレにくれよ、って言ってんだよ



A 【 だから、ソレがどぅいう 『 意味 』 なの?
   っていぅのを聞いているんじゃないのよ……

   今のじゃ全然
   『 説明 』 に成っていないから……っ ><



A 「 いゃ、あの、だってアンタ ( 汗 )

B 「 なんだよ

A 「 アンタには サトミ が居るでしょ? ( 汗 )
   カノジョに貰えばイイじゃない
   そのちゃんとした 『 彼女 』 からの
   『 バレンタインのチョコレート 』 を…


B 「 あぁ、別れた

A 「 ぇっ?

B 「 昨日、別れた
   『 しばらく距離を置きたい 』 だって

   まァ、社交辞令みたいなモンだよな?
   結局は 『 別れましょ 』 って意味だって
   すぐワカッタよ


A 「 そ、そぅ…だったの…… (´-ω-`; )
   そ、ソレは… ざ、残念だったわネ……?


B 「 いゃまァ、そぅ言ってくれるのは
   ありがたいっちゃァ
   ありがたいんだけどよ?


A 「 ぅ、ぅん……

B 「 オレ達、とっくにサ、終わっていたんだよ
   なんつぅの? 『 冷え切った関係 』 って
   いぅかサ


A 「 …………

B 「 で、昨日 サトミ からハッキリと
   『 距離を置きたい 』 って言って来てサ

   まァ、実質遅かれ早かれ
   こぅなっていたとは、思うんだけどな



A 「 そぅ… だったの……
   アンタ達、結構、仲良さそうに
   見えたんだけど……
   本当は、そぅいう風だったんだ…



B 「 お互い、気持ちとかそぅいうのが
   『 顔に出ないタイプ 』 だからな?
   人前ではなお更によ

   だから、ハタから観ている分には
   『 仲良さげ 』 に見えていたのかな?
   っとは、思うけど


A 「 そ、そぅ… とっ、とにかく……
   残念だったわネ…… ( 汗 )



B 「 まァな? 残念と言えば残念だけど…

   『 面倒なのが一個片付いた 』 って
   正直、言うと、今はそんな 『 心境 』 だよ


A 「 アンタって本当なんていうか
   『 ぶしつけ 』 なヤツね…


B 「 そぅかな?

A 「 サトミ のコトも少しは気遣ってアゲたりとか
   そぅいう 『 優しさ 』 は無いの?


B 「 あるように見えるか?
   このオレにそんな 『 デリカシー 』 みたいなモンが



A 「 み、見えない…… (´-ω-`; )

   まったく、アンタからは
   そぅいう 『 人への気遣い 』 みたいな
   『 優しさ 』 とかが
   微塵も感じられない…… (´-ω-`; )


B 「 ww

A 「 でも… とにかく残念だったネ…
   『 似合いの二人 』 だな?
   って思っていたのに……


B 「 そぅ言われるとあんまり
   『 悪い気 』 はしネェな?



A 【 何よ、もぅ……
   何でそんなに、アッサリしていられるのよ…



A 「 別れたの 『 昨日 』 なんでしょ?
   少しは 『 落ち込んだり 』 とか
   そぅいうのは無いの? アンタは本当に……


B 「 ぅ~~ん、まァ、どぅかなァ?
   なんせ 『 冷え切った関係 』 だったからな

   『 問題が一個片付いた 』 って感じで
   せいせいしている気分の方が大きいよ今は


A 「 そ、そぅなんだ……
   アンタってなんか…… (´-ω-`; )

   ホント、マイペースよネ……?


B 「 よく言われる、ま、でも
   何も 『 考えていない 』 って
   ワケでも無いんだゼ? オレだってよ


A 「 ホっ、ホントに……?
   全然、そぅいう風には
   見えないんだけど… (´-ω-`; )


B 「 と、いぅコトで 『 バレンタイン・デーのチョコ 』
   オレにくれよ


A 「 ハァ……?
   だから、なんでソレが
   『 と、いぅコトで 』 に成るのよ…


B 「 欲しいからだよ、オマエから

A 「 っっっ!? ( 汗 )


A 【 ホンッッットに単刀直入と、いぅか… ( 汗 )
   呆れるくらい、ぶしつけなヤツ
   この人、ホントに…… ( 汗 )



A 「 そ、ソレってだからどぅいうコトなの…?
   ちゃんと 『 話して 』 よ


B 「 ちゃんとって…?
   まァじゃあ話すけど…

   バレンタインっていぅのは
   『 女の子 』 から 『 ダンシ 』 に
   告る 『 イベント 』 だろ?


A 「 ぅん…

B 「 だから、オマエが特に誰か
   『 渡す相手 』 が居ないっていぅんなら
   オレに 『 告ってくれ 』 って言ってんだよ


A 「 チョッ! ソレっ!
   ぇっ! ぇぇ~~~っ!? ( 汗 )


B 「 なんだよ

A 「 そ、ソレって… だ、だって…… ( 汗 )

B 「 そんなに 『 動揺 』 するようなコトか?

A 「 アンタ、いまアタシに
   『 告白 』 しているのと一緒だよ?
   ソレ…… ( 汗 )


B 「 まァな?


A 【 ま、『 まァな? 』 って……

   なんでそんな淡々としていられるのよ
   そんな 『 大事なハナシ 』 をしているトキに
   この人、ホントに…… (´-ω-`; )



A 「 チョ、チョッ、チョット
   とりあえず、チョット待ってくれる? ( 汗 )


B 「 ぅん

A 「 とっ、とにかく考えさせて……

B 「 おぅ、幾らでも考えてくれよ

A 「 よ、要するに 『 友チョコ 』 じゃなくて
   ちゃんとしたヤツを 『 渡せ 』 って
   いぅコトよね……? ( 汗 )


B 「 まァな?


A 【 だから、その 『 まァな? 』 で
   アッサリ済まさないでよ
   こんな 『 大事 』 なコト…… (´-ω-`; )



B 「 チョコをくれよ、オレによ


A 【 だから何でそんな 『 簡単 』 に
   言って来ちゃえるのよ
   こんな 『 大事なコト 』 を
   この人はホントに… ( 汗 )

   そ、そりゃあ、アタシだって
   アツシのコト… そ、そぅいう風な目で
   見たコトが無いかっていぅと…
   ソレはウソに成るっていぅか…

   『 気持ち 』 が無いワケでは
   無いんだけど…… ( 汗 )

   ど、どぅしよ…… どぅしたらイイの……?
   コレ本当に…… (´-ω-`; )



B 「 とりあえずよ

A 「 ぅ、ぅん…… なに…? ( 汗 )

B 「 今、オマエは 『 チョコ 』 を渡したい
   『 特定の相手 』 っていぅのは
   居ないんだよな?


A 「 ぅ、ぅん…… まァ…… 一応……
   居ないけど……


B 「 ソレだけ聞けりゃ充分だよ


A 【 なによソレ……
   なんで勝手に 『 自己完結 』
   しちゃっているのよ…っ! ( 汗 )

   もぅ、『 マイペース 』 過ぎだから
   この人ホントに…… (´-ω-`; )



B 「 じゃ、そぅいうコトでよ?
   『 バレンタイン・デー 』
   楽しみにしているから、ヨロシクな?


A 「 チョッ、チョット、待ってよ! ( 汗 )

B 「 なんだよ

A 「 『 告白 』 なの? 今のは
   ソレだけ、チョットハッキリさせてっ!
   もぅ何が何だか…… ( 汗 )


B 「 まァな?


A 【 だから 『 まァな? 』 の一言で
   済まさないでと、何度言えば…… (´-ω-`; )



A 「 まっ、『 まァな? 』 ってどぅいうコトよ…

   もしちゃんと 『 告白 』 っていぅんだったら
   もっとこぅ… なんかあるでしょ?
   なんかこぅ…… もっとちゃんとした
   『 言い方 』 って、いぅモノが…… ( 汗 )


B 「 …………


A 【 なっ、なんで、黙るのよ…… ( 汗 )
   ぅぅぅぅぅ…… なんか 『 空気 』 が
   重くのしかかる…… ( 汗 )
   誰か、助けて…… (´-ω-`; )



B 「 オレ、前から 『 オマエのコト 』 が
   スキだったんだよ
   だからオレはオマエから 『 チョコ 』 が欲しい


A 「 っっっ!? ( 汗 )


B 「 ま、こんな感じか?

A 「 ぇっ、ぇっ?
   い、いゃあの…… ぇぇ~~っ
   えっと、ぇっと… えぇ~~~っ!? ( 汗 )


B 「 ハッキリ言えって言うからよ
   ハッキリ言ってみたんだけど



A 【 だから、なんでソコで
   そんなに 『 落ち着いて 』 いられるのよ?
   この人は本当に… (´-ω-`; )



A 「 モノっ凄い、単刀直入なのネ?
   アンタって本当に…… ( 汗 )


B 「 まァな?


A 【 出たお得意の 『 まァな? 』 の一言…
   ホントに全部いつも
   ソレで済ましちゃうんだから…… (´-ω-`; )



A 「 わ、ワカッタ…
   と、とにかく…… アリガト……

   『 付き合う 』 とか… そぅいうのとは…
   また… 『 別 』 なのかな?

   だって、別れたばっかりなんでしょ?
   アンタ今……


B 「 まァ、そぅだなァ?
   確かに、ソレはそぅだけど……
   オマエに 『 特定の相手 』 ってのが
   居ないんだったらサ
   この際、付き合っちゃおうゼ?



A 【 だから! ( 汗 ) なんで、なんで!
   そんなにアッサリとして言えるのよ
   そんな 『 大事なコト 』 を
   アンタは本当に……っ! ( 汗 )



A 「 チョッ、チョットっ、待って
   とにかく待って……っ! ( 汗 )


B 「 ぅん

A 「 『 チョコレート 』 の件はワカッタ
   一応、あの 、オ、OK だよ…?
   特に渡す相手居ないから……
   『 欲しい 』 って言ってくれた
   アンタに 『 チョコレート 』 を用意する…


B 「 おぅ、マジか、そりゃ願っても無い


A 【 『 願っても無い 』 って
   アンタが 『 欲しい 』 って
   言って来たんでしょうよ…

   なんでそんなに 『 他人事 』 みたいな
   ひょうひょうとした感じでいられるのよ
   この人は本当に…… (´-ω-`; )



A 「 と、とりあえず…
   『 チョコ 』 は… 渡す…よ?


B 「 おぅ、サンキュ♪


A 【 かっ 『 軽いなァ~っ、もぅ… ( 汗 ) 』

   本当にスキなワケ?
   アタシのコト、この人は本当に… ( 汗 )



A 「 で、でも… ソレで 『 付き合う 』 か
   どぅかっていぅのは…


B 「 ぅん

A 「 もぅ少し考えさせて……


B 「 ワカッタ、でもさ

A 「 ん?

B 「 オレ、こぅ想うんだ

A 「 な、なに……?

B 「 『 バレンタイン・デー 』 って 1年に 1回だろ?

A 「 ぅん……

B 「 しかも 『 普通 とは 逆 』 にっていうか…
   『 女の子 』 から 『 男に告白する 』 っていぅ
   珍しい 『 内容 』 なワケじゃん?


A 「 ぅ、ぅん… 改めて言われてみれば…
   なんかチョット 『 普通じゃないイベント 』
   だよネ……


B 「 だろ? だとしたら、サ
   『 誰も渡す相手が居ない 』 なんて
   勿体ないコト言っていないで

   とりあえず… って人でもイイから
   この 『 1年に 1回の数奇なイベント 』
   楽しんで欲しいな? って想うんだよ、オレは


A 「 ……

B 「 さっきも言ったけど…
   サトミとはもぅ… 『 とっくに終わっていた 』 って
   いぅかサ… その 『 寂しさ 』 とかがあるから
   っていぅのも、実は少しはあるんだけど……


A 「 ぅん……

B 「 年に 1回の 『 女の子からの告白 』
   今のオレには… スゴイ、そぅいうのを
   とにかく 『 して欲しい 』 っていぅ
   『 心境 』 っちゃあ 『 心境 』 なんだよ


A 「 …………

B 「 まァ、勿論 ソレだけで… っていぅ
   ワケじゃ無いんだけど…


A 「 わ、ワカッタ……

B 「 今… 誰から 『 告白 』 して貰えたら
   イチバン嬉しいかな? って考えたとき


A 「 ……

B 「 オレは… オマエから…
   ミカから 『 チョコが欲しいな 』 って
   想ったんだ


A 「 …………っ

B 「 だからサw
   楽しみにしているよ♪ バレンタイン・デーw


A 「 チョッ、チョット……


A 【 なによ、イキナリ…
   なんかスッゴイ 『 マジメに
    語ってくれちゃった 』 んだけど
   いつになく…… ( 汗 )



B 「 じゃ、そぅいうコトで ヨロシクな?♪


A 【 そ、『 そぅいうコトで 』 って……
   あ、アタシにだって
   一応、き、『 気持ちの整理 』 とぃうか
   そぅいうのが、必要っていぅのが
   ワカラナイのか、この人はホントに… ( 汗 )



B 「 『 付き合う 』 『 付き合わない 』 とかは
   抜きにしてサ、とにかくオマエから
   欲しいんだ


A 「 ……っ

B 「 バレンタイン・デーのチョコレートをサ♪

A 「 ……………っっっ!


A 【 直球でキターーーーーーーーーーっ! ( 汗 )
   飾り気も何も無く
   なんて真っ直ぐな物言い…………っ! (´-ω-`; )



B 「 じゃ、そぅいうコトでヨロシクな?♪
   オレの中では、だけど…

   とにかく今、イチバン誰から
   『 チョコレート 』 貰えたら嬉しいかって
   いぅのが 『 オマエ 』 っていぅのだけは…


A 「 ……

B 「 なんていうか知っていて欲しい

A 「 ぅ、ぅん…… ワ、ワカッタ……
   そ、ソレはワカッタ……

   何ていうか… アリガト……


B 「 おぅ、じゃヨロシクな♪


A 【 なんか 『 軽いなァ…… 』
   ホントにスキって想ってくれているの?
   この人は…… (´-ω-`; )



*************


A 【 とか、想いつつも…

   そんなこんなで
   アツシに振り回されつつ迎えた…
   バレンタイン・デー 当日……

   チョコレートは渡したけど…
   『 付き合う 』 『 付き合わない 』
   っていぅのは
   まだ、『 据え置き 』 に……って
   コトにはして貰ってはいたんだけど……

   『 チョコ 』 を渡してからは…

   実質……、一緒に帰ったり
   デートしたり、頻繁に連絡取ったり… で……

   ほぼ… 今
   『 付き合っているような状態 』 に
   成っている…
   ワタシとアツシの二人… (´-ω-`; )


   一応 『 ホワイト・デー 』 に向こうから
   正式に… 『 告白 』 みたいのを
   してくれたら…

   そのときはちゃんと……

   この人と…
   暫く 『 付き合おうかな? 』 って
   そぅいう風に考えているのが……

   今のアタシの…
   『 正直な心境 』 です……♪



*************


A 「 チョコレート食べてくれた?
   一応、ちゃんと 『 手作り 』 で
   作ったんだからネ?
   アンタの為にって……


B 「 まァな?


A 【 もぅ……っ! そのいつもいつも
   『 まァな? 』 の一言で済ますのっ!

   ホントにやめてくれーーっ !!!!
   って言いたいっ! ><


   って、想っているのも……

   アタシの今の…

   この人に対する
   『 正直な心境 』 です……♪w




   END
ラブコメ系 恋愛ドラマ系 学園ドラマ系 告白の場面系 一応両想い系w 少々コミカル系w 日常会話風 日常の風景 マイペースキャラ系 日常のやりとり風 モノローグ系 ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材 一応ハッピーエンド系w バレンタイン・デーのハナシ
掛け合い台本2人用 男1女1不問0 ショートストーリー台本素材 寸劇系


 

歌詞素材 【 男女不問 青春ポップス系 】 青春ロマントキメキ系? 熱い情熱 未来を夢見る気持ち系 #027 明るい未来へ、その一歩を踏み出して♪

 
歌詞素材 #027

【 いちおうのタイトルです (^^ゞ 】

明るい未来へ、
  その一歩を踏み出して♪



合いそうかな? と、いう ジャンル例です (^^ゞ♪

青春ロマン トキメキポップス系?
熱い情熱 バラード系にも?
未来を夢見る気持ち系 など


歌詞のイメージ例 です (^^ゞ♪

男女兼用 ヴォーカル向け 歌詞素材 』 です

  『 明るい夢 』 ソレを胸に想い描いたなら
  希望を前に 『 一歩 』 を踏み出して、進んで行こう♪
  って、いぅような つづった感じの青春系歌詞素材 です♪




利用規約的なモノです♪

とにかく、ジャンジャン使ったってくださいっ!☆

もし、歌詞素材を使っていただける際は

[ 記載例 です ]
*****************************

歌詞素材 : らむりて台本部

一部素材 : らむりて台本部

原詩 : らむりて台本部

作詞 : らむりて台本部


*****************************

↑ と、いった感じの いずれか、それか URL などを
  何処かに 記載 していただけたら幸いです☆

『 どう書いたらイイか、よくワカラナイよ 』 と、いうときは
とにかく 『 リンク表記 』 だけしていただければ

当サイトの素材 利用規約 に沿っていただく限り
いかように使ってもらっても 構いません ! (`・ω・´)ゝ

( 詳しく規約内容をチェックしてくださるときは
  利用規約 を、見てみてください☆ )



素材作品の改変・アレンジ・タイトル変更
アドリブ・内容やその他の設定変更 などなど
思いっきり自由に変えてくださって構いません! (`・ω・´)ゝ☆♪


もちろん、ボカロ曲や色々な楽曲 他、オールジャンルに
構わずバンバン使っていただいて構いません! (`・ω・´)ゝ☆♪


とにもかくにも、皆様のこの素材を 使っていただける作品
ステキな形に仕上がるコトを ネットの向こうから
メッチャ期待しております ! (`・ω・´)ゝ☆♪



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 歌詞素材 スタート
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


まずは、その一歩を踏み出そう

今、どんな場所に立っているか
ソコだけ見ていたら きっと

明るい夢は広がらないから

その悩みの答えが
すぐに見つからなくたって

踏み出す一歩
ソレを忘れずに
ソレをきっと諦めずに

今はまだ、ひらけない扉
そのカギを探して どこまでも

夢が叶うかどうかなんて
立ち尽くしているだけなら きっと

ずっとこの先も
ワカラナイままだから

窓を開けて カーテンを開けて
明るい日差しを受け止めて

明日につながる
その一歩を踏み出して

何処に向かったら イイのかなんて
きっと、どんな地図にものっていない

だから目的地を
その胸に感じたのなら

その想いを風にして 前に進もう

頭上に広がる空 何処までも

重たい気持ちに負けずに
その空を見上げたなら

広がっていくよ
きっとその夢どこまでも

答えがのっている地図
ソレが見つからないのなら

新しく造って行こうよ その胸に

夢が叶うかどうかなんて
立ち尽くしているだけなら きっと

ずっとこの先も
ワカラナイままだから

頭上に広がる空 何処までも

重たい気持ちに負けずに
その空を見上げたなら

広がっていくよ
きっとその夢どこまでも

だから踏み出す一歩
ソレを忘れずに
ソレをきっと諦めずに

まずは、その一歩を踏み出そう

今、どんな場所に立っているか
ソコだけ見ていたら きっと

明るい夢は広がらないから♪

 


▲ 素材部分 #027 Top   △ Page Top
青春系歌詞素材 ポップス向け?な歌詞系素材 ほのぼの系 青春トキメキ系 楽曲用歌詞素材 ボカロ曲向け歌詞素材 バラード調にも? 青春ドラマ系 一生懸命の青春系 熱い話系 少々人生の話系歌詞素材 未来を夢見る気持ち系 青春ロマン系 少々情熱感動系 少々キュンと来る系歌詞素材
歌詞素材 男0女0不問1 楽曲用の詩素材 歌詞素材


 

1人用 モノローグ系台本 【女1 】 恋の想い出 恋愛ドラマ 少々切ない失恋系 悩めるヒロイン #203 恋と 『 別れ 』 のその後に 。。。

 

1人用台本 【 女性 1人

所要時間 : 約 5分


【 モノローグ系台本 #203 タイトル 】

恋と 『 別れ 』 のその後に 。。。



【 配役 】

ヒロイン ♀

―――――
恋と 『 別れ 』 のその後に 。。。
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-655.html

ヒロイン ♀ :
―――――


【 ジャンル 】

恋の想い出 モノローグ
恋愛ドラマ 少々切ない失恋系

悩める主人公 ヒロイン系



【 話の流れ的なモノ 】

恋の終わり 』 を迎え…
ソレに対して 『 色々なコト 』 を考えて…
少しずつ 『 成長していけたらイイな 。。。?
と、いぅような 『 気持ち 』 を想い巡らせていく
ヒロインの心情 』 を描いた
恋愛ドラマ失恋系 の モノローグ台本 です☆

良かったら、ゼヒやってみてください (`・ω・´)ゝ☆♪

□□□□□□□□□□□□□□□□□




一つの 『 恋 』 が
終わりを告げる…

アナタとの 『 想い出 』 …
どれも忘れたくない 『 想い出 』 ばかり…

肩を並べて歩いた街角…

色んなコトをアナタと話した…

二人だから言えるコト…
ソレに世間話や
ちょっとバカみたいな話も…

一杯一杯… アナタと
たくさんの 『 時間 』 を過ごした 。。。


時間は流れゆくけど…
ワタシの気持ちは……

正直 まだ…
『 整理 』 がついたかっていぅと…

微妙な感じ…… ( 苦笑 )


別れるトキが来るなんて…

想っていなかったから 、、、

どぅすれば… 良かったのかな…?
まだ、その 『 答え 』 がワカラナイ…


ワタシの 『 気持ち 』 はまだ…

アナタのコトを…
想っているみたいだから 。。。


『 もっとワガママに成れれば
 良かったのかな…? 』 とか

そんなコトもちょっと想ったりするよ…


恋って難しいよネ…?

一人ひとり…
お互いが 『 別なコト 』 を考えて…
『 別なコト 』 をして生きている

そんな 『 二人 』 が
ずっと 『 一緒 』 に居るのって

よくよく考えると……
スゴク 『 不自然なコト 』 ……?

そんな風にも
想ってしまったりもするけど…

『 別なコト 』 を考えている人と人とが

肩を並べていつまでも
『 一緒 』 に過ごすコト……

ソレをさせてくれるのが
『 恋愛 』 のフシギで…
また 『 魅力 』 なのかな? って想う…


こぅして 『 色々なコト 』 を
今に成って考えている 。。。

ワタシ… 少しは 『 大人 』 に
成れているかな…?


そぅだったらイイな? って
心から想う……

だって、そぅじゃないと
この 『 一つの別れ 』 が
ムダなモノに
成ってしまぅような気がするから…


アナタと過ごした
たくさんの 『 想い出 』 …

ワタシはソレをけっして
ムダなモノにはしたくない…

今はハッキリとそぅ強く…

想っているよ 。。。


一つの 『 恋 』 が
終わりを告げる…

アナタとの 『 想い出 』 …
どれも忘れたくない 『 想い出 』 ばかり…

時間は流れゆくけど…
ワタシの気持ちは……

正直 まだ…
『 整理 』 がついたかっていぅと…

微妙な感じ…… ( 苦笑 )


別れるトキが来るなんて

想っていなかったから 、、、

どぅすれば… 良かったのかな…?
まだ、その 『 答え 』 がワカラナイ…


ワタシの 『 気持ち 』 はまだ…

アナタを…

 想っているみたいだから 。。。




   END
ヒロイン系 恋愛ドラマ系 モノローグ系 少々恋愛ロマン系 少々シリアス系 切ない系 少々青春ドラマ系 失恋ドラマ系 少々夢見る乙女系 少々悩める主人公系 想い出系 少々片想い要素 ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材
男0女1不問0 ショートストーリー台本素材 寸劇系


 

1人用 ナレーション系台本 【男女兼用 1人】 SF 宇宙戦争 戦艦砲の詳細設定系 #202 大戦時、恐れられた戦艦兵器、その名は 『 エネルゲン サーヴィライト砲 』

 

1人用台本 【 男女兼用 1人

所要時間 : 約 3分


【 ナレーション系台本 #202 タイトル 】

大戦時、恐れられた戦艦兵器、
 その名は 『 エネルゲン サーヴィライト砲 』



【 配役 】

ナレーション ♂ or ♀

―――――
大戦時、恐れられた戦艦兵器、
 その名は 『 エネルゲン サーヴィライト砲 』
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-639.html

ナレーション ♂ or ♀ :
―――――


【 ジャンル 】

SF宇宙戦争 ナレーション系
戦艦砲の 詳細設定 系


【 話の流れ的なモノ 】

宇宙大戦時、最も恐れられた 『 対宇宙戦艦砲 』 の
詳細設定系 Wikipedia風の ナレーション系 台本作品 です☆

完全に 『 架空の対戦艦兵器w 』 の内容ですがw

良かったら、ゼヒやってみてください (`・ω・´)ゝ☆♪

□□□□□□□□□□□□□□□□□



[ エネルゲン サーヴィライト砲 ]

Energenia Survielight Iariedia
エナジェニア サーヴィーライト アイアリディア

ESI砲 ( イーエスアイ砲

対宇宙戦艦砲
~ イエイミアの凶眼 ( きょうがん ) ~

****************


周囲に浮遊物のほとんど無い 『 宇宙域 』 で
最も威力を発揮する為にと開発された長距離砲

浮遊物の 『 少ない空域 』 では
重力場が軽く安定しない為

地上や惑星域に比べ
敵に対する 『 ダメージ効率 』 が低下する

例え、いくら 『 強烈な砲 』 を
撃ち込んだとしても

重力場が軽い状態では
『 衝撃 』 を受けた船体が後方へ押しやられるだけで
艦自体へ 『 充分なダメージ 』 を与えるコトが難しく

銀河から離れた 『 宇宙域 』 での
戦闘においては

巨大砲塔を持つ戦艦は
『 時代遅れの産物 』 となりつつあった


しかし、その欠点を補う為

一時的に 『 周辺空域 』 を惑星帯のような
バランスが取れた 『 擬似重力空間 』 に
見せかけるコトで

エネルギー砲の威力を
『 最大限発揮 』 出来るようにと
開発されたのがこの砲であり

その威力は 『 数々の戦闘 』 において
既に十二分に実証されている


しかし、エネルゲン サーヴィライト砲の持つ
『 空間力学 』 『 重力場操作 』 といった
詳細なしくみは当時、重要な 『 機密事項 』 であり

更には、『 人為的な重力場への干渉 』 が
周辺空域に与える 『 影響 』 なども含め

エネルゲン サーヴィライトの
『 実戦使用 』 に対しては疑問視されるコトも多く

この砲を持つに至った 『 戦艦数 』 は多くない


しかし、いまだ有効な 『 バリアシステム 』 が
存在していなかったこの頃の大戦時において

衝撃をモロに受けるコトになる
この 『 巨大砲 』 の威力は

当時の 『 宇宙戦闘軍 』 に対して
充分に畏怖 ( いふ ) を与える存在であり

神話に登場する 『 破壊魔神 ( はかいましん ) 』 の
一人である リアライエム にちなみ

『 イエイミアの凶眼 ( きょうがん ) 』 と、呼ばれ

非常に恐れられた 『 戦艦兵器 』 であった



   END
宇宙戦争系 ナレーション系 SFドラマ系 戦争ドラマ系 宇宙空間系 近未来系 空中戦 戦場系 少々謎の世界観系 トンデモSF設定系w 未来系 詳細設定系 ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材
男0女0不問2 ショートストーリー台本素材 寸劇系


 

2人用台本 【女1 男1 】 社会人青春ラブコメ 少々ロマンティック・コメディ系 純情青年 片想い?マイペースおねいさんキャラ系 #201 大胆で多忙な 『 あの人 』 への片想い

 

2人用台本 【 女性 1人男性 1人

台詞数 : 85
所要時間 : 約 8分



【 掛け合い台本 #201 タイトル 】

大胆で多忙な 『 あの人 』 への片想い



【 配役 】

A : ミユキ ♀ ( セリフ数 41 ) 少々攻め
B : ノブヒコ ♂ ( セリフ数 44 ) 受け

**********

【】 : モノローグ
〔 〕 : ナレーション
SE : 効果音


―――――
大胆で多忙な 『 あの人 』 への片想い
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-650.html

A : ミユキ ♀ :
B : ノブヒコ ♂ :
―――――


【 ジャンル 】

社会人ラブコメ
少々ロマンティック・コメディ系
純情青年 少々青春片想い?

マイペース おねいさんキャラ系



【 話の流れ的なモノ 】

会社のプレゼンをサボりw
突然、自分の車 』 に乗ってきた 憧れの人♪
その人への 『 想い 』 にドキドキしながら
と、ある 『 1日 』 を過ごした、純情青年? wの
社会人ラブコメ系 掛け合い台本作品 です☆

良かったら、バンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆♪

□□□□□□□□□□□□□□□□□




A 「 あ、ノブヒコくんっ!

B 「 っ!?

A 「 ちょうどイイわ
   チョット乗っけてってくれる?♪


B 「 ぇ、ぇっ? ( 汗 )

SE : バタン

B 〔 ドアを開け 『 助手席 』 に
   飛び乗ってくる ミユキさん



B 【 ぉぉぉぉぉ…… ( 汗 )

   開発部でも有名な 『 美人 』 である
   ミユキさんとの
   この突然の 『 エンカウント 』 に焦るオレ… ( 汗 )



A 「 やっぱり営業の人って得よネ?
   『 社用車 ( しゃようしゃ ) 』 で
   好きなトコロに
   いつでも出掛けられるんだから♪


B 「 いゃあの…っ! ( 汗 )

A 「 ん?w

B 「 ミユキさん、今日 『 プレゼン 』 じゃ
   なかったでしたっけ……っ? ( 汗 )


A 「 まァねw

B 「 いゃあの
   わ、『 笑うトコロ 』 じゃないような
   気がするんですが…… ( 汗 )



A 「 早く出して♪

B 「 は、ハイ…… ( 汗 )

A 「 ソレとも 『 ドライブ 』 行くのに
   アタシみたいなのと一緒じゃイヤ?♪w


B 「 ぇっ! いゃ、あ、あのっ!
   ぇっと、そっ、ソレはっ! ( 汗 )


A 「 ほら、早く♪

B 「 あ、ぇっと、えっと……っ! ( 汗 )

A 「 まァ、本当に 『 ダメ 』 って言うんなら
   降りるけど…


B 「 っ !!!!
   いや、OKですっ !! (; ・`д・´)


A 「 ww

B 「 どっ、どちらに参りましょうっ! (; ・`д・´)

A 「 ww じゃ、とりあえず
   『 ユノワガワ 』 までお願い♪


B 「 高速乗りますかっ!? (; ・`д・´)

A 「 オネガイ するわ♪w

B 「 了解ですっっ !! (; ・`д・´)

A 「 ww

SE : ブゥゥウウウウウウウウン !!!!

B 〔 颯爽 ( さっそう ) と走り出し高速に乗る

   しばらくすると、ミユキさんが窓を開け
   車内に風が吹き込んでくる



A 「 気持ちイイわネェ~♪

B 「 は、ハイッ! (; ・`д・´)

A 「 そんなに緊張しないでイイのにw


B 「 いゃ! でも!
   『 開発部の方達 』 あっての
   わが社ですし! そ、ソレに……っ ( 汗 )


A 「 ん?

B 「 いゃ! な、なんでもありませんっ !! ( 汗 )

A 「 ww

B 「 でも、本当にイイんですか…?
   会社抜け出して 『 こんなコト 』 していて… ( 汗 )


A 「 ん?

B 「 ひょっとして
   プレゼン 『 間に合わなかった 』 とか…… ( 汗 )


B 【 おそるおそる聞くオレ…


A 「 まァね、そんなようなトコかな♪ ( 笑 )

B 「 いゃ、あの…… なっ、なんか
   楽しそうに見えるんですけど…… ( 汗 )


A 「 風が 『 気持ちイイ 』 っていぅだけよ♪w

B 「 そ、そぅなんですか… ( 汗 )

A 「 ソレに ノブヒコ君 と一緒に
   こうして 『 ドライブ 』 よ?
   女の子なら、普通みんな大喜びするわよ♪w


B 「 マっ! マジっっすかっ !!!!? (; ・`д・´)

A 「 www

B 「 か、からかわないでください!
   ボクはっ! ボクは…っ !! (´;ω;`)


A 「 www ネ、でもw

B 「 は、ハイッ! (; ・`д・´)

A 「 ちゃんと 『 前見て 』 運転してよネ? ( 笑 )

B 「 スイマセンっ! ( 汗 )

A 「 www


B 〔 結局、その日 『 ミユキさん 』 は
   自分の 『 プレゼン 』 を
   すっぽかした理由を話すコトは無かった…


   そして、一日いろいろと
   遊びまわってから社に戻ると…
   案の定 というか、モチロン というか… ( 汗 )

   ミユキさん と ボク は
   開発部長 と 営業主任 から

   死ぬ程 怒られたのでした…… (´-ω-`; )


   説教が終わり
   自分の課に向かう ボク と ミユキさん



A 「 ふぅ~、ようやく 『 おこごと 』 から
   解放されたわネ?♪w


B 「 ミユキさん は
   大胆過ぎますよ…… (´-ω-`; )


A 「 そっかな?♪w

B 「 コレまでにも 『 大胆かつ破天荒 』 な
   『 性格を秘めた方 』 だっていぅのは
   色々と 『 ウワサ 』 で
   うかがってはいましたけど…… ( 汗 )


A 「 なァにィ? 大胆な 『 おねえさん 』 はキライ?♪w

B 「 い、いゃ、あのっ!
   けっして、そんなコトはっ !! ( 汗 )


A 「 ん?w

B 「 むしろ、ダイスキですっ !!! (; ・`д・´)

A 「 www

B 「 良かったら、また 『 ドライブ 』 してください!
   ボクの 『 社用車 ( しゃようしゃ ) 』 でっ! (; ・`д・´)


A 「 また今度ネw
   あんまり 『 こんなコト 』 ばっかりやっていると
   本気で クビ になっちゃぅからw


B 「 いゃあの、そ、そぅですよネ…… ( 汗 )

A 「 ゴメンね
   アタシが 『 付き合わせた 』 せいで
   怒られちゃって


B 「 いゃあのっ! 何処までも
   ボクはっ ミユキさん に!
   っていぅか、ミユキさん とっ !! (; ・`д・´)


A 「 ありがと♪w

B 「 なんていぅか、やっぱり…
   ウチの会社は…っていぅか


A 「 ん?

B 「 やはり 『 開発部 』 あっての
   わが社ですし

   ミユキさんは…… その
   他の 『 開発部の人達 』 とは違ってその…


A 「 ん? なに?w


B 「 ぃ、ぃえ、なんでもありませんっ !!! ( 汗 )

A 「 ww

B 「 こっ! コレより、オカダ・ノブヒコ 業務に戻り!
   コレまで以上に 『 営業 2課 』 にて
   成果を挙げられるよう精進していきますっ! (`・ω・´;)ゝ


A 「 ぅん♪

B 「 アリガトウございました!
   とても楽しかったです !!


A 「 コチラこそ♪
   そぅいう風に 『 言ってくれる 』 のが
   ノブヒコくん のイイとこネ♪


B 「 うぉぉぉぉぉぉぉおぉぉぉぉぉっ!
   アリガトウございます !! ( 汗 )
   その 『 お言葉 』 ウレシィですっ !!
   なんていぅか、そんな風に言っていただけるのは
   身に余る 『 光栄 』 に想いますっ !!! (; ・`д・´)


A 「 ww

B 「 とっ、とにかくっ!
   今日、ホント楽しかったです!♪
   アリガトウございましたっ !!!


A 「 ぅん♪w
   アタシも楽しかった、ホントにゴメンね?
   無理やりつき合わせちゃってw


B 「 いっ、ぃぇ、けしてそんなコトはっ !!
   そ、ソレでは…、失礼します……っ! (; ・`д・´)


A 「 ぅん♪w


*************


B 【 しかし、その後すぐ
   やはり 『 さすが 』 と、いうか…

   ミユキさんの 『 課の開発品 』 は
   『 プレゼン 』 するまでも無く
   いつものように 『 アッという間 』 に
   製品化が決まり

   コレまでにも忙しかった 『 彼女 』 は
   海外拠点の 『 指導 』 も任されるなど
   更に 『 多忙な人 』 に成っていきました…

   その為というか 『 責任 』 も
   以前とは比べ物に成らない程増え

   今までのような
   『 プレゼンをすっぽかしたり 』 と、いぅような
   大胆 で フリーダム な 行動 は…… ( 苦笑 )

   あの日以来
   取ってはいないようでした…

   まぁソレが モチロン 『 当たり前 』 と言えば
   当たり前 なんだろうけど…


   でも…… いつも 『 外回り 』 から
   社に戻って来たときに…
   会社的に、更には
   『 仕事中 』 にあっては成らないとはいえ

   ひょっとしたら、また 『 ミユキさん 』 に
   突然、運転手を命ぜられて
   あちこち 『 連れまわされる 』 なんてコトが……

   あったら 『 イイなァ~? 』 って
   心のどこかで期待してしまっている
   ボクが居るのは…

   隠しようの無い…


   事実です… (´-ω-`; )♪




   END
ラブコメ系 少々青春トキメキ系 恋愛ドラマ系 社会人の話 少々ほのぼの系 片想い系 少々青春ドラマ系 会社系 デート系 多少両想い系?w 大人の恋系 大人の話系 おねいさん系 オフィスラブ系 少々テンション高い系 少々恋のトキメキ系 職場内系 少々マイペースキャラ系 少々アネゴキャラ系 純情青年系 少々ロマンティック・コメディ系 同僚系 少々モノローグ系 キュンと来る台本素材 ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材
掛け合い台本2人用 男1女1不問0 ショートストーリー台本素材 寸劇系


 

1人用 朗読劇台本 【女1 】 or 【男女兼用 1人】 青春ロマントキメキ系 情熱ハッピー 熱い気持ち ちょっとカワイイ感じの 未来を夢見る気持ち系 #200 Brand New Day ~ 今日を夢見て♪ ~

 

1人用台本 【 女性 1人 】 or 【 男女兼用 1人

所要時間 : 約 4分


【 朗読劇系台本 #200 タイトル 】

Brand New Day
 ~ 今日を夢見て♪ ~



【 配役 】

主人公 ♂ or ♀

―――――
Brand New Day ~ 今日を夢見て♪ ~
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-637.html

主人公 ♂ or ♀ :
―――――


【 ジャンル 】

青春ロマン トキメキ系 朗読劇
情熱ハッピー 熱い気持ち系

ちょっとカワイイ感じの
  未来を夢見る気持ち系




【 話の流れ的なモノ 】

新しい 1日が始まる♪
くじけるコト 』 もあるけれど
チャレンジ精神 忘れず に♪ 前を向いて進んでいくよ
だってまた… 新しい 1日が 始まっていくんだから♪
って、いぅような 青春系の朗読劇台本 です☆

ゼヒ、バンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆♪

□□□□□□□□□□□□□□□□



カーテンを開けて
新しい 1日が始まる

今日も元気イッパイ
新しい 『 今日 』 を迎えたよ

空を翔けるような この気持ち
胸イッパイに 吸い込んで

夢見るような気持ちを
胸に秘めて

Brand New Day
新しい 1日がいま…

始まっていくから♪


いつもいつもが
上手く行くとは限らない

でも負けない気持ち
ソレを忘れずに

困難にだって
元気にブツかって行こう

そぅ、だって…
立ち止まっていたって

なんにも変わらないし
なんにも起こらない

誰かが言っていたよネ?

Believe the New Day.

やまない雨なんて
何処にも無いよ、って♪

だから、どんなトキでも
明るい気持ちで きっと

前を向いていたい
そぅ想うよ 心の底から


ときには愛情 優しさ必要
でも、ソレだけじゃ きっとダメ

真剣に何かに向かうコト
ソレもとっても大事なコト


ソレでもたまには
やっぱり何かに
行き詰っちゃうコトもある

そんなトキは
気持ちを一新

新たな気持ちでそぅ
チャレンジ精神 発揮して

どんなコトにも さァ今
思い切って、飛び込もう♪

そぅすれば、いつかきっと 、、、
高いと想っていた あのカベも…

きっときっと飛び越えて
行けるから♪


カーテンを開けて
新しい 1日が始まる

どんなトキでも
明るい気持ちで きっと

前を向いていたい
そぅ想うよ 心の底から


だから、今日も元気イッパイ
新しい 『 今日 』 を迎えたよ

空を翔けるような この気持ち
胸イッパイに 吸い込んで

夢見るような気持ちを
胸に秘めて

Brand New Day
新しい 1日がいま…

また…
始まっていくから 。。。♪




   END
青春ドラマ系 青春トキメキ系 未来を夢見る気持ち系 情熱ハッピー系 朗読劇系 少々ほのぼの系 青春ロマン系 少々キュート系 情熱系 少々感動系 少々テンション高い系 モノローグ系 憧れの話系 熱い話系 少々カワイイ系 少々ヒロイン系 少々キュンと来る台本素材 熱い話系 少々負けたくない気持ち系 少々人生観系 少々人生の話系 ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材
朗読劇系 1人用 男0女0不問1 男0女1不問0 ショートストーリー台本素材 寸劇系


 

3人用台本 【男2 女1 】 ナンセンスコメディ 少々ドタバタ ボケキャラ系 ある意味、悩める主人公系w #199 その 『 マッド・サイエンティスト? 』 は 『 個性的な人 』 と呼んで欲しくて…w

 

3人用台本 【 男性 2人女性 1人

台詞数 : 82
所要時間 : 約 7分



【 掛け合い台本 #199 タイトル 】

その 『 マッド・サイエンティスト? 』 は
  『 個性的な人 』 と呼んで欲しくて…w




【 配役 】

A : ヨシダ ♂ ( セリフ数 34 ) 受け ボケ
B : サヤカ ♀ ( セリフ数 26 ) ツッコミ
C : アツヒト ♂ ( セリフ数 27 ) ツッコミ


―――――
その 『 マッド・サイエンティスト? 』 は
 『 個性的な人 』 と呼んで欲しくて…w
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-636.html

A : ヨシダ ♂ :
B : サヤカ ♀ :
C : アツヒト ♂ :
―――――


【 ジャンル 】

ナンセンス コメディ
少々ドタバタ ボケキャラ系w

ある意味、悩める主人公系w



【 話の流れ的なモノ 】

いつも周りから 『 普通の人 』 と言われ続けていたらしく?
ソレを 『 何とか変えたい? 』 と 頑張っている?w
一生懸命な 『 マッド・サイエンティスト? 』 のおハナシですw

良かったら、ゼヒやってみてください (`・ω・´)ゝ☆♪w

□□□□□□□□□□□□□□□□




A 「 どうも 『 マッド・サイエンティスト 』 です

BC 「 ぇ?

A 「 『 マッド・サイエンティスト 』 です

B 「 普通…、自分で自分のコトは
   『 マッド・サイエンティスト 』 って
   あんまり言わないんじゃないの?


A 「 そんなコトは無いですよ
   ワタシは 『 マッド・サイエンティスト 』 ですよ


B 「 そぅなの?

A 「 はい

C 「 オマエ、名前なんていうの?

A 「 ぇ?

C 「 名前、名前なんていうの?

A 「 ヨシダです

C 「 普通の名前だな?w

A 「 どうも、ヨシダです

B 「 スッゴイ 『 普通 』 なんだけど…w

A 「 『 スッゴイ普通 』 とか言わないでくださいよ


B 「 アンタ本当に
   『 マッド・サイエンティスト 』 なの?


A 「 そうです

C 「 全然、そんな感じがしない…w

B 「 なんかスッゴイw
   『 普通の人 』 に見えるんだけど……w


A 「 だから、そんなコト言わないでくださいって
   言っているじゃないですか! ><



C 「 いゃ、なんていうかモノっ凄い
   『 普通 』 なんだもんオマエ……w


B 「 っていうか、まず 『 科学者 』 にすら
   見えないし…w


A 「 そんなコト無いですよ
   充分 『 マッド 』 じゃないですか


C 「 何処がダヨw

B 「 普通の 『 背広 』 を来た
   若者って感じなんだけど…w


A 「 だから 『 普通 』 じゃ無いって
   言っているじゃないですかっ! ><


C 「 普通さァ

A 「 なんですか?

C 「 『 マッド・サイエンティスト 』 って言ったら
   もっとこぅ… 汚い 『 白衣 』 とか着ていて…
   髪ボッサボサで
   しかもソレが全部 『 白髪 』 でヒゲとか生やしてて
   もっと 『 歳 』 もいってて… っていぅのが

   一般的な 『 マッド・サイエンティスト 』 の
   イメージっていぅかサ
   そぅいうモンだと思うんだけど


A 「 ソレはあくまで 『 一般的なイメージ 』
   っていぅだけですよ、ワタシは 『 スゴイ 』 ですよ
   スゴイ 『 マッド・サイエンティスト 』 ですよ


B 「 だから、そぅいうのは
   自分で言うコトでは無いと何度言えば……w


C 「 んで、名前、なんていったっけ?

A 「 ヨシダです

C 「 普通だなァ…w

B 「 ww

A 「 だから 『 普通 』 じゃ無いって
   言っているじゃないですかっ! ><


B 「 じゃ、どんなの造ってるのヨ?w

A 「 ぇ?

C 「 いや、ぇ? じゃなくてさw

B 「 ww いゃだから、どんな、ネ?
   世間からは 『 危険視 』 されてて
   ゼッタイやっちゃイケないみたいな
   『 危ない発明 』 をしているのかっていぅコトよ


A 「 ま、まァソレは……まァ、色々と…… ( 汗 )

C 「 なんで、ソコが 『 自信無さ気 』 なんダヨ……w

A 「 なっ、何がですか!? ( 汗 )

C 「 いゃだから、普通は
   『 マッド・サイエンティスト 』 だったら
   ソコが一番 『 得意 』 になって
   饒舌 ( じょうぜつ ) に色々なコトを
   喋るトコだろって言ってんダヨw


A 「 ま、まァ…、いゃ、まァその…… ( 汗 )
   色々、あの…、まァ、色々こぅ…、ネ?
   何ていぅか 『 手広く 』 やっていますよ 『 手広く 』


BC 「 www

C 「 オマエ、ゼッタイ
   『 マッド・サイエンティスト 』 じゃ無いわw


B 「 なんか 『 普通 』 なのよ、とにかくアンタ…w

A 「 そんなコトないですよ! 『 マッド 』 ですよ!
   モノ凄く 『 マッド 』 ですよっ! ボクはっ !! ><



B 「 アレなんじゃないの?

A 「 なんですか?

B 「 本当は、ネ?
   本当は、スッゴイ 『 マジメ 』 で
   思いっきり 『 普通の人 』 なんじゃないの?w


A 「 ぇぇっ !!!!!?? ( 汗 )

B 「 ソレで、スッゴイ 『 普通 』 で
   みんなからいつも 『 個性が無いなァ? 』
   みたいなコトを言われていて


A 「 ぅぅぅ…… ( 汗 )

C 「 ww

B 「 ソレで、そんな 『 自分を変えたい 』 とか
   そういう風に想って
   じゃあ 『 マッド・サイエンティスト 』 って
   名乗っちゃえば、みんなから 『 個性的 』 とか
   そぅいう風に言ってもらえるかな? とか
   そぅいうような 『 考え 』 で今そぅ言っているんじゃないの?


A 「 なっ !!!! ( 汗 )
   いゃ! そのっ! あのっ !!!!!
   ぇぇ~~~~~っ !!!!!?? ( 汗 )



C 「 図星みたいだな…w

B 「 やっぱり、そぅいうコトなのネ……w

A 「 な、ぅぇっ、ちがっ !!! ぇぇ~~~~~っ !!!? ( 汗 )

C 「 モノっ凄い 『 動揺している 』 ジャン……w

A 「 そんなコトは無いですよ!
   ボクは 『 マッド 』 な 『 サイエンティスト 』 !
   『 マッド・サイエンティスト 』 ですよっ !!! ><


C 「 まだ言うかw

B 「 ww

A 「 だって、だって…… (´;ω;`)

C 「 んで、オマエ 『 名前 』
   なんていったっけ?w


A 「 名前ですか?

C 「 うん

A 「 ヨシダです

BC 「 www

C 「 やっぱり 『 普通 』 だよ オマエ……w

A 「 ぇぇ~~~~~っ !!!? ( 汗 )

BC 「 www


B 「 まァ、強いて言えば? だけど……ネ?w

A 「 なんですか?

B 「 そのツッコまれたトキに
   『 ぇぇ~~~~~っ !!!? ( 汗 ) 』 って言って
   驚くトコロは、まァ
   アンタなりの 『 キャラクター性 』 が
   出ていないコトも無いかなァ? とは
   チョット想ったりはするけど…w


A 「 ありがとうございますっ !!!♪
   そぅいう風に言ってもらえると
   なんて言うかっ! 『 感無量 』 ですっ !!


B 「 やっぱり 『 そういうコト 』 だったのネ……w

C 「 ただ単に 『 個性的 』 って
   言って欲しかっただけか、オマエ……ww


A 「 ぇぇっ!? いゃソレはっ! ちがっ !!!
   そのっ! あのっ! ぇぇ~~~~~っ !!!? (´;ω;`)


BC 「 ww




   END
コメディ系 コント系 ナンセンス系 シュール系 少々研究室系 少々研究所系 少々切ない系w 少々キュート系w よくワカラナイ世界観の中系w かみ合わない系w コミカル系w チープ系 少々テンション高い系 少々ドタバタ系w ボケキャラ系 少々濃いキャラ系w 少々叫び有り系 少々マイペースキャラ系 科学者?w ボケキャラ主人公系 ある意味、悩める主人公系w ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材
掛け合い台本3人用 男2女1不問0 ショートストーリー台本素材 寸劇系


 

2人用台本 【男1 女1 】 学園恋愛ドラマ 少々青春系 恋愛積極系? 女子キャラ 日常会話風 #198 恋をするなら 『 一瞬のタイミング 』 が勝負の決め手?♪

 

2人用台本 【 男性 1人女性 1人

台詞数 : 118
所要時間 : 約 16分



【 掛け合い台本 #198 タイトル 】

恋をするなら
 『 一瞬のタイミング 』 が勝負の決め手?♪



【 配役 】

A : ナオヤ ♂ ( セリフ数 59 ) 少々攻め
B : ミサキ ♀ ( セリフ数 59 ) 少々受け

**********

【】 : モノローグ


―――――
恋をするなら 『 一瞬のタイミング 』 が勝負の決め手?♪
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-635.html

A : ナオヤ ♂ :
B : ミサキ ♀ :
―――――


【 ジャンル 】

学園恋愛ドラマ 少々青春系
恋愛積極系? 女子キャラ

クラスメート 日常会話風



【 話の流れ的なモノ 】

本人は 気付いていない といぅだけで
実は 『 結構モテていたミサキ
ソレに驚きながらも 『 それならいっそ 』 と
恋愛に対して 『 積極的 』 に成っていく
学園恋愛ドラマ系 の 掛け合い台本 です☆

良かったら、バンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆♪


【 シチュエーション 】

学校の教室

□□□□□□□□□□□□□□□□□




B 「 ウッソ!? ( 汗 )
   ヤナギハラくんがっ!?
   なんでっ!? ( 汗 )


A 「 なんでってオマエ…
   オマエ、自分で気付いていないだけだろうが
   結構モテてんだゾ? ( 汗 )


B 「 ウッソ!
   ぜっ、全然気付かなかった…… ( 汗 )


A 「 だからっていうワケでもネェけどよ
   オマエを 『 狙っているヤツ 』 は
   山ほど居るってコトだ


B 「 ウソ…… ほ、本当に
   そんな風に成っていたなんて
   全然気付いて無かった…… ( 汗 )


A 「 オマエ、本当に…… ( 汗 )
   で、なかったら 『 休み時間のたんび 』 に
   ワザワザ隣のクラスから
   オマエに話し掛けに来たりするワケねぇダロ…


B 「 ぅ、ぅん… な、なんか
   この人 『 よく来るなァ~ 』 とかは
   思ってはいたけど…… ( 汗 )


A 「 ww だから、オマエのコトが
   スキだからダロw
   まァ、コレはオレが
   『 言うべきコトじゃない 』 コトなのかも
   しれないけどヨ……


B 「 な、なんでアンタが 『 言うべきじゃない 』 のよ…

A 「 いゃ、こぅいうのは本人が
   『 直接 』 言うべきダロ、本当だったら…
   でも、オマエ、モテているから
   みんな、なんていうか 『 気おくれ 』 してヨ?

   誰も 『 ハッキリ 』 と態度に出したり
   コトバにして言うヤツが居ネェみたいなんだよなァ


B 「 ア、アタシの知らないトコロで
   そっ、そんなコトに成っていたなんて…… ( 汗 )


A 「 ww で、どぅだ?
   オマエは 『 誰かをスキ 』 とか
   そぅいうのは無いのか?


B 「 ぇっ !!!!!!!? ( 汗 )

A 「 ww 居るのかw

B 「 い、居るわヨ、そりゃ……
   アタシだって 『 年頃の女の子 』 なんだから…
   『 スキな人 』 の一人や二人居たって
   オカシクないでしょ…?


A 「 まァな、んで、どぅなんだ?
   ソイツとは上手く行きそうなのか?


B 「 いゃ… っていうか……
   喋ったコトも…… 無い…… ( 照 )


A 「 おぉおぉ~、普段はズバズバものを言うオマエも
   こと 『 恋 』 に関しては 『 奥手 』 っていぅワケかw


B 「 そ、そぅよ……
   だ、だから言ったでしょ?
   アタシは 『 年頃の女の子 』 だって……

   でも、みんな普通そぅでしょ?


A 「 なにが

B 「 いゃ 『 何とも想っていない相手 』 とだったら
   普通に喋れるけど… 『 スキな相手 』 って成ると
   途端に 『 勝手が変わる 』 っていぅか…( 照 )


A 「 まァな?
   まァ、ソレはソレでイイや
   頑張れや


B 「 ぅ、ぅん、アリガト……
   一応… 『 頑張りたい 』 とは
   想っているんだけど… ( 汗 )


A 「 じゃ、ヤナギハラ の方はどぅするよ?

B 「 ぇ!?

A 「 いゃ、まァその 『 モテているオマエ 』 に
   対しての 『 筆頭 』 と、いぅかよ

   オマエに 『 恋心を抱いているダンシ 』 の
   急先鋒に居るのが、まァなんていうか
   ヤナギハラ なんじゃネェのかな? って
   そんな感じなワケよ


B 「 ど、どぅしよ…… ( 照 )
   どぅしたらイイの…? だって、アタシ
   他に 『 スキな人 』 が居るんだよ?


A 「 ってコトは、ヤナギハラ は 『 撃沈 』 かァ
   可哀想になァ……


B 「 や、やっぱり、そぅ…?
   『 可哀想 』 っていぅコトに成っちゃうの…?


A 「 まァな?
   オマエだって、その今 『 スキ 』 って
   想っている人に、もしもフラレたら
   どんな 『 気持ち 』 に成るよ


B 「 か、考えたくない…
   そんな 『 哀しいコト 』 …… ( 汗 )


A 「 ダロ? だから、ヤナギハラ は
   今、そぅいう状態っていぅワケだ


B 「 ど、どぅしたらイイの?
   アタシからハッキリ言った方がイイのかな?

   だって 『 可哀想 』 じゃない?
   何にも知らないワケでしょ?
   アタシが 『 スキな人 』 が居るって…


A 「 まァな? どぅしたモンかなァ…?

B 「 でも、向こうが 『 何か 』 を言って来ないのに
   アタシの方から 『 ゴメンなさい 』 みたいなコト
   言うのってなんか違く無い?
   『 勘違いオンナ 』 って思われそう…


A 「 ソレもそぅだなw

B 「 どぅしたらイイの…
   っていうか何ソレ……
   なんで、アタシがモテているなんて
   そんなコトに成っているのよ、そもそも……


A 「 いゃだって別にオマエ可愛いし
   話していて面白いし、何ていうか
   裏表が無いダロ?
   いっつも思ったコト、ハッキリ言うし


B 「 そ、そぅいうのは、ぅん……
   一応、心がけていると、いぅか……


A 「 ww だから、そぅいうのが
   イイんじゃネェかな?


B 「 そ、そぅだったの……

A 「 オトコってよ

B 「 ぅん、なに…?

A 「 率直に色んなコトを女子から言ってもらえると
   なんていうか 『 ソレだけで嬉しい 』 モンなんダヨ


B 「 そ、そぅいうモノなの……?

A 「 ぅん… コイツにだったら何でも話せるとか
   そぅいう風に想ってサ
   で、そっから段々と気持ちがたかぶっていって…
   その内に 『 スキなのかもっ!? 』 みたいなサw

   そんな風に成ってっちゃうトコがあんダヨ
   なんていうかヨ


B 「 そ、そぅだったの……
   とにかく、全然気付かなかった……

   このアタシが知らず知らずの内に
   『 オトコの子受け 』 が良くなっていたなんて


A 「 ww ソコがまたw
   オマエのイイとこじゃネェかな?w

   『 計算 』 でそぅいうコトしているヤツだったら
   オレもきっと、こぅしてオマエと
   友達やってたりはしてネェよ、きっと


B 「 そ、そぅなんだ……
   な、なんかアリガト……
   友達… そぅだよネ…… 友達って
   想ってくれてるんだモンね……
   でも本当に全然気付かなかった……
   ねぇ


A 「 ん? なんだ?

B 「 どぅするのが 『 イチバンいい 』 と想う?
   率直に聞かせて


A 「 何を

B 「 いゃ… アタシがその……
   『 スキな人 』 はネ? ソレこそスゴイモテるの
   競争率高過ぎて… だから、正直コレまで
   話し掛けるコトすら出来ていなかったの……


A 「 そぅだったのか…

B 「 ぅん… だから、正直
   そっちはホントに『 望み薄 』 で
   ただの 『 片想い 』 に終わっちゃうのが
   目に見えている感じなの


A 「 ふ~~ん、まァでも 『 行ってみない 』 と
   どぅなるかなんて
   ワカランもんだとも想うけどな?


B 「 そ、そぅ……?

A 「 そりゃあそぅダロ
   アタックしてみないコトには
   どんな 『 結果 』 が出るかなんて
   ゼッタイわかりっこないって想うゾ?


B 「 そ、そっか… そぅだよネ…… って
   んで、あと…… ソレと… ね?


A 「 ぅん

B 「 コレはホントに 『 ココだけのハナシ 』 に
   して欲しいんだけど……


A 「 ワカッタよ、内緒にするから
   『 何でもイイよ 』 言ってみろよ


B 「 もし本当にその…
   アタシがモテているっていぅんなら
   逆にコッチから 『 選べる 』 って
   コトだよネ……


A 「 ww まァな?
   『 ずい分イイご身分だな? 』 とか
   チョット言ってやりたくも成るけどな?w


B 「 オネガイ、茶化さないで聞いて

A 「 ワカッタよ、ゴメンw

B 「 アタシ 『 恋愛 』 って
   スゴク大事なコトだと想うの
   だから、誰かと 『 付き合ってみたい 』 って
   いぅ気持ちもスゴクあるの…


A 「 そっか…

B 「 だから、もしホントにアタシが
   モテてるっていぅんだったら……
   ソレこそ 『 恋愛 』 をするチャンスは
   イッパイあるってコトでしょ?


A 「 まァ、そぅなるな?

B 「 だったら、その 『 望み薄 』 な
   『 スキな人 』 に一途にとかしていないで
   色んな人と 『 お付き合い 』 してみたいな?
   とかも… ソレも同じ位に強く想うの…


A 「 へぇ~、オマエに
   そんな 『 考え 』 があったなんて
   全然知らなかったな


B 「 ぅ、ぅん、だって… ナオヤ とは
   あんまりっていうか、コレまで
   全然 『 恋ばな 』 したコト無かったし…


A 「 まァ、そぅだな?
   だから、オマエが 『 モテている 』 ってのも
   今まで言ってなかったワケだもんな?w


B 「 そ、そぅ… ぅん……でしょ?
   だから…… とにかく、アタシ……
   どぅするのが 『 イチバン 』 イイと想う? ( 汗 )


A 「 ……

B 「 ……

A 「 とりあえず 『 一晩 』 くらい
   ユックリ考えた方がイイとは思うが


B 「 ぅん……

A 「 オレとしてはだ

B 「 ぅん

A 「 何ていうか 『 後者 』 に賛成だな

B 「 後者って、コトは、どっち?

A 「 『 色んな人と付き合う 』 って方だよ

B 「 そ、そぅ? 本当にそぅ想う?

A 「 ぅん… せっかくモテているんだからよ
   オマエから 『 告白 』 して
   フラレる可能性がほぼゼロってヤツが多いんだゼ?

   ソレをその 『 望み薄 』 な人
   一人にしぼっちゃって
   何も出来ないで居る位ならよ?

   せっかく、こぅやってほぼ毎日
   男女が顔を合わせるコトが出来るっていう
   『 学園生活 』 を送っている内に
   出来るだけイッパイ
   『 色んな人と付き合う 』 っていぅ方がよ
   『 中身の濃い時間 』 を過ごせるって気がするゼ


B 「 おぉぉぉぉぉぉ……

A 「 なんダヨw

B 「 説得力あった、今の、スゴイ

A 「 ww まァ、そぅ想ってくれりゃ 『 おんの字 』 だよ
   一応、こぅやって 『 相談 』 にノっているって
   今の状況からすればなw


B 「 じゃァ… ワカッタ……
   アタシが 『 告白 』 してイケそぅな人って
   ちなみに、誰なの……?


A 「 おぉ、もぅ 『 行動開始 』 か?w

B 「 ぅ、ぅん… なんか……
   せっかく… そぅいう
   『 機会 』 があるんだって想ったら
   居ても立ってもって感じで♪


A 「 ww そぅいうワカリやすいトコも
   オマエのいいトコだな?

   とりあえず、ウチのクラスだったら…
   タケウチ と ササキ は多分イケると思うゾ?


B 「 ウソ!? 全然気付かなかった…… ( 汗 )

A 「 オマエ少しは気付けよ……w
   ワカリやす過ぎるダロ、あの二人は……w


B 「 そ、そぅかな…… ( 汗 )

A 「 オマエと喋っているときの
   あの二人の 『 テンション 』 の上がりっぷりは
   誰がどぅ観てもバレバレだよww


B 「 そ、そんなに? だったの……
   全然、気付かなかった…… ( 汗 )


A 「 ww とりあえず、あの二人ダロ?
   あと、他のクラスで言えば
   ヤナギハラ はモチロンのコトだし…
   D組の イトウ ってワカルか?


B 「 ぅん… バスケ部の人でしょ?

A 「 そぅ、アイツも多分……
   オマエのコトを気に入っているような
   っていうか、チョット 『 オマエのコト 』 を
   聞かれたコトがあるんダヨ


B 「 ど、どんなコト……?

A 「 オマエに 『 付き合っている人が
   居るか、どぅか 』 ってよ
   こんなコト聞いてくる位だから
   まァ、その気が無いワケでは無いと思うゾ?


B 「 他のクラスにも、アタシのコト
   気に入ってくれている人が居たなんて…
   そんな 『 奇特な人達 』 が居たのネ……


A 「 ぅん… だから
   オマエが気付いて無いだけで
   オマエは 『 モテている 』 と何度言えば……w


B 「 とにかく、全然わかんなかった…… ( 汗 )
   じゃァとにかく…
   アタシから 『 選り好み 』 をしなければ
   『 よりどりみどり 』 ってコトなのネ……


A 「 あぁ、一応ホントにそぅダヨ
   コレは 『 冗談で言っている 』 んじゃなくて
   ホントのハナシだよ
   まァ、とりあえず タケウチ と ササキw
   あの二人はマジで 『 確実 』 だなw


B 「 そ、そぅなんだ……
   どぅしよ、チョット 『 一晩 』 考えてはみるけど…

   もしかしたら、もぅ明日には
   誰かに 『 アタック 』 してみるかもしれない


A 「 おぉっぉぉ、マジか

B 「 ぅん… アタシとにかく
   誰かと 『 付き合う 』 っていぅのをしてみたいの
   だから、どぅするのが一番イイのかな? っていぅのを…
   今夜一晩ジックリ考えてみる……


A 「 ぅん…、何度も言うが
   オマエは気付いていないだけで
   かなり 『 モテている 』 から安心しろ
   あとさ


B 「 なに

A 「 その、誰かに 『 告白 』 みたいのを
   するんだったら、とりあえず
   そぅいう風に 『 スキだから 』 とか
   うんぬんかんぬん言う以前に

   とにかく 『 誰かと付き合いたい 』 っていぅのを
   イチバンに想っている、って
   言っちゃえばイイんじゃないかな?
   そぅしたら、向こうは向こうでソレで考えるダロ


B 「 そ、そっか……

A 「 ぅん、まァ応援しているよ
   イイ 『 学園生活 』 を送れるようにってな


B 「 ワカッタ… アリガト……♪


******************


A 【 そぅして、数日後…

   晴れて、と、いぅか ミサキ は
   バスケ部の イトウ と付き合うコトに成った

   ミサキは、タケウチ、ササキ、ヤナギハラ
   イトウ の全員に 『 自分と付き合ってみる気があるか 』
   っていう 『 ハナシ 』 をしたんだそうだ

   その中で 『 誰かと付き合ってみたい 』
   その気持ちだけでも 『 充分 』 と
   真っ先に応えてくれたのが イトウ だったんだそうで

   後の 3人は 『 残念な結果 』 に… って
   成っちまったワケだが……

   コレばっかりはしょうがないよな?

   なんせ… 『 恋 』 ってのは
   『 待ったナシ 』 の出たトコ勝負なんだから

   迷うコトなく
   すぐに 『 返事 』 をした イトウ

   やっぱり 『 恋愛 』 ってイチバン大事なのは…

   『 一瞬の機会を逃さないタイミング 』 なのかな?
   とか、改めて思わされた

   『 鉄は熱い内に打て 』 と、いぅか……

   と、いぅワケで
   『 暇つぶし 』 をよく一緒にしていた ミサキ が
   ふさがってしまったので
   色んな時間がヒマに成っちまったオレ……w

   なので、オレも探してみよっかな…?
   『 恋のタイミング 』 がバッチリ合って

   こんなオレの
   『 彼女に成ってくれる 』 っていぅような感じの…

   奇特な人を…w





   END
積極的女子 恋愛ドラマ系 学園ドラマ系 少々青春ドラマ系 少々モノローグ系 学校系 教室系 クラスメート系 ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材 日常会話風 日常の風景 少々ヒロイン系 日常のやりとり風
掛け合い台本2人用 男1女1不問0 ショートストーリー台本素材 寸劇系


 

2人用 短い掛け合い台本 【男2 】 シュールコメディ かみ合わないやりとり系w #046 どぅしても 『 言えない? 』 秘密の場所w