台本・物語・歌詞
素材一覧
ひと言セリフ
お題集
ランダムに
セリフお題
ランダムに
エチュードお題
おススメ
エチュードお題
声劇スゴロク
劇多め / 劇少なめ
画像・背景
素材一覧
雲と空の
画像素材
楽曲など向け
歌詞素材
BGM素材一覧
ボイス素材一覧 作曲関連いろいろ ギャラリーです イラスト・マンガを
描くときのお題
利用の規約
です(`・ω・´)ゞ


※更新終了しました
  更新終了に関する詳細は コチラ

3人用台本 【男2 女1 】 トンデモSFコメディw あり得ない世界w 超展開ドラマ #061 どうなってんだっ! オマエんちの庭はっ!?

 

3人用台本 【 男性 2人女性 1人

台詞数 : 95
所要時間 : 約 15分



【 掛け合い台本 #061 タイトル 】

どうなってんだっ!
 オマエんちの庭はっ!?




【 配役 】 右の()内は セリフ数 です

A : コウジ ♂ ( 43 ) 少々攻め
B : ユミカ ♀ ( 37 ) 少々受け
C : ヒロキ ♂ ( 31 ) 少々解説担当

***********

() : ト書き
〔〕 : ナレーション
SE : 効果音



【 ジャンル 】

ブッ飛び設定系
超展開 異空間コメディ

少々 SFドラマ

最後にチョット叫び有りw



【 シチュエーション 】

ユミカ家の庭 ですw



【 キャラクター 】

セナカアカゲルミコウモリ
トゲジロシラガルミオオコウモリ
レッドプラキシスドラゴン




【 話の流れ的なモノ 】

最近 結構、生き物 がいっぱい居る 』 と、いう
ユミカ の話を聞いて

それなら行ってみたい 』 と、やってきた
コウジヒロキ

しかし、その ユミカ の 『 家の庭 』 で
彼らが 目撃したモノ とはっ!?

と、いう トンデモSFコメディ に成っていますw

はてさて、どんな 散策 に成りますコトやら…… (^^;ゞ☆w

□□□□□□□□□□□□□□




B 「 なんか最近 色々と居るのよ本当に

   妙なのが… ( ・`ω・´;)



A 「 本当かよ


B 「 本当よ!

   なんでアタシが自分の家の庭の
   ウソなんてつかないとイケないのよ! ( ・`ω・´;)



A 「 まぁ確かにな?


C 「 でもそんなに
   色々たくさん 『 いきもの 』 が居るんなら

   行って見たいですね



A 「 まぁな、やっぱ

   『 男子 』 は いくつ に成っても
    そういうのに 『 目 』 が、無いからな?♪



B 「 なによそれ… ( ・`ω・´;)

   なんか オモシロ半分 みたいなので
   来られるのはイヤなんだけど……



A 「 イイじゃネェかよ別によ…

   見に行って 『 へぇ~ 』 って言って
   帰って来るだけだよ♪w



B 「 完全に オモシロ半分
   じゃないのよ…… ( ・`ω・´;)


AC 「 ww


C 「 まぁでもとにかく
   興味はスッゴイあるので

   行くだけ行って見たいです☆


A 「 ほら、カワイイ後輩 が
   こう言っているワケだし、遊びに行かせろよw



B 「 アンタはなんかムカつくのよ
   いちいち… ( ・`ω・´;)

   まぁでもしょうがないわね… (´-ω-`; )



A 「 ヤッタ♪w

C 「 ww




**************




C 〔 と、いうコトで

   ボク達は センパイの家の 『 庭 』 に
   実際に 『 散策 』 に、出てみたのでした♪





SE : バサバサバサバサッ


B 「 あ、コウモリ だわ?


A 「 なんか、随分
   珍しい感じの 『 コウモリ 』 だったな?



C 「 今のは 『 セナカアカゲルミコウモリ 』 ですね


AB 「 セ、セナカアカゲルミ……? (´-ω-`; )( 汗 )


C 「 フエルナカメ王国の 『 天然記念物 』 に
   指定されている 動物 で

   メッチャメチャ貴重な 『 コウモリ 』 ですよ



A 「 なんでそんなのがいんだよ

   オマエんちは…… ( 汗 )



B 「 し、知らないわよ
   アタシだって… (´-ω-`; ) ( 汗 )



C 「 世界中でも 『 フエルナカメ王国 』 の南端 に
   ごく少数しか居ないと言われています ( 汗 )



A 「 だから、なんでそんなのがいんだよ

   オマエんちはよ…… ( 汗 )



B 「 だから 『 知らない 』 って、言っているでしょ?
   アタシだって ( 汗 )



A 「 っていうか、オマエ詳しいな?

   なんか…… (´-ω-`; )



C 「 スイマセン
   『 天然記念物マニア 』 なんです、ボク (^^;ゞ



A 「 そうだったのか (´-ω-`; )

B 「 知らなかったわ? そんなの


C 「 今まで
   『 お披露目する機会 』 が、無かったですからね

    こういった 知識 は… (^^;ゞ



A 「 まぁな? 普通 あんな変な感じの
   コウモリなんてめったに見ないもんな…


B 「 そんなに 珍しいヤツ だったのね… (´-ω-`; )


C 「 いや本当スゴイですよ

   かなり希少な 『 コウモリ 』 ですので

   フエルナカメ以外の 他の場所 で
   『 棲息 ( せいそく ) 』 しているって成ると

    メッチャメチャ 『 大発見 』 ですよ? コレは…… ( 汗 )



A 「 良かったな? オマエw

   オマエんちの 『 庭 』 で 『 大発見 』 だとよw



B 「 なによそれ…… ( 汗 )

   変なコト 言わないでよね? もぅ… (´-ω-`; )




C 「 でも、本当なんでこんな
   1万km 以上も 離れたトコロ に居るんですかね…?

   まるでどっかで 『 異空間 』 にでも

   つながっているのか? って
    思っちゃいますよ…… (´・ω・`)



A 「 っていうかよ

   オマエがその ナントカ って国から
   『 連れて来た 』 んじゃネェのか?w



B 「 なんでアタシが 『 コウモリ 』 なんて
   連れて来るのよ…… ( ・`ω・´;)( 汗 )



A 「 オマエ 『 珍しい 』 のスキじゃネェかよw


B 「 だからって 『 コウモリ 』 なんて
   捕まえて来ないわよ、さすがにアタシでも ( ・`ω・´;)



A 「 じゃ、なんであんなのがいんだよ

B 「 だから 『 知らない! 』 って
   言ってるでしょうがっ! ( ・`ω・´;)( 汗 )




SE : バサバサバサバサッ


AB 「 っ!?

C 「 ぁ! またっ!? ( 汗 )


A 「 な、なんか 今のも

   『 変な感じのヤツ 』 だったな…? (´-ω-`; )



C 「 今のは! 『 トゲジロシラガルミオオコウモリ 』 ですよ!

   メッチャメチャ 『 珍しいヤツ 』 ですっ !!! ( ・`ω・´;)



A 「 どうなってんだよ

   オマエんち は、一体よ…… ( 汗 )



B 「 だから 『 知らない! 』 って言ってるでしょうが

   アタシだって……っ ( ・`ω・´;)




C 「 確か 『 キアエリハッハ公国 』 の
   ミッハ岬 っていうトコロで

   50年前に一度 『 2匹だけ確認 』 されたっていう

   メッチャメチャ
   『 希少な コウモリ 』 ですよ…っ !! ( ・`ω・´;)



A 「 しかし詳しいな?

   オマエ本当に……( 苦笑 )


C 「 スキなんです
   こういうのが、ボク…… (^^;ゞ



A 「 っていうか本当
   なんでそんな 『 超~珍しい 』 のが居るんだよ

   オマエんちの 『 庭 』 は



B 「 だから、知らない!って言ってるでしょうが

   アタシだって…!( ・`ω・´;)



A 「 やっぱオマエが
   『 連れて来た 』 んじゃネェのか?w



B 「 だからなんでアタシが
   『 コウモリ 』 なんて連れて来るのよっ!

   それにそんな 『 珍しい 』 のだったら
   おいそれと 捕まえられるワケ 無いでしょ!? ( ・`ω・´;)



A 「 いや、オマエなら

   捕まえかねネェよ……



B 「 どんな イメージ なのよ

   アタシは一体…… ( 汗 )


AC 「 ww



C 「 でももし、本当に自然にココに
   『 棲みついている ( すみついている ) 』 のだとしたら

   この 『 庭 』 は 『 貴重な存在 』 かもしれないですね?



B 「 なによそれ…… (´-ω-`; )



C 「 失われつつある

   『 大自然の何か 』 が 『 存在 』 しているか

   それかひょっとしたら
   センパイの家のこの 『 庭の下 』 に
   貴重な 『 鉱物 』 とかがあって

   ソレで、ココだけが 『 独特の生態系 』 を
   構築 ( こうちく ) しているのかもしれないですネ…?



B 「 ヤメテよもぅ本当に…

   なんなのよそれは…… (´-ω-`; )



C 「 とにかく!
   スゴイことですよ、コレは…っ! ( ・`ω・´;)



A 「 良かったな? オマエw


B 「 嬉しく無いわよ、全然…… (´-ω-`; )


A 「 なに言ってんだよw

   『 貴重な自然の財産 』って成ったら

   『 注目 』 を浴びるんだぞ?
   オマエんちの 『 庭 』 がw



B 「 イヤよ、そんなの…… ( 汗 )

   なんか ジロジロ いっぱい人が見に来そうで
   ゼンゼン、嬉しく無いわよ…… (´-ω-`; )( 汗 )


AC 「 ww



SE : ザバァーーーーーーーッ !!

庭の池に成っているトコロから

  なにやら 『 巨大な生物 』 が 姿を現すw




ABC 「 ウワぁーーーーーっ !!!!!! ( 汗 )


A 「 なっ! なんだよアレはっ!?? ( ・`ω・´;)

B 「 しっ! 知らないわよ!
   アタシだってっ !! ( ・`ω・´;) ( 汗 )



C 「 ア、アレは! ( 汗 )

   とっくの昔に 絶滅したっ と言われるっ!

   『 プラシアキナシスキッキ サウルス 』 !

   通称! レッドプラキシスドラゴン です !!! ( ・`ω・´;)



AB 「 レ、レッドプラキシスドラゴン……っ !!? ( 汗 )


C 「 メッチャメチャ
   貴重な! 『 恐竜 』 ですっ !!!!! ( ・`ω・´;)( 汗 )



A 「 なんで! 『 恐竜 』 なんて
   出てくんだよっ! どうなってんだっ !!

   オマエんちの 『 庭 』 はっ !!! ( ・`ω・´;)



B 「 だからっ !!

   アタシだって知るワケがっ
   無いって言ってんでしょうがっ !!! ( 汗 )




SE : アンギャーーーーーーーーーーッ !!!!

雄叫びをあげて、逃げる 3人に襲い掛かる
  レッドプラキシスドラゴンw



ABC 「 ウワァーーーーー
     ーーーーっ !!!!! ( ・`ω・´;) ( 汗 )



A 「 オマエんちの庭は 『 封鎖 』 しろ!

   今すぐにだっ !! ( ・`ω・´;)


B 「 イヤよ、そんなのっ !! ( 汗 )


C 「 メッチャメチャ 『 珍しい恐竜 』 ですからネっ !!

   ゼ! ゼヒ、何処かの 『 研究室 』 に、報告をっ! ( 汗 )



B 「 人が ジロジロ 見に来そうだから
   イヤだって言ってるでしょっ !! ( ・`ω・´;)



A 「 っていうか、なんで 『 恐竜 』 なんて
   昔のモンが、ウロついてんだよっ!? ( ・`ω・´;)


B 「 だから知らないわよ!
   アタシだってっ !!!! ( ・`ω・´;)



SE : アンギャーーーーーーーッ !!!!

雄叫びをあげて、必死に逃げる 3人に襲い掛かる
  レッドプラキシスドラゴンw



ABC 「 ウワァーーーーー
     ーーーーーーっ !!!!! ( ・`ω・´;)



A 「 と、とにかく!
   なんとかしてくんネェとっ !! ( 汗 )


C 「 このままじゃ!
   食べられちゃいますねっ !!!? ( 汗 )



A 「 オマエんちの 『 庭 』 なんだから!

   オマエが なんとか しろよっ !!! ( ・`ω・´;)( 汗 )



B 「 だからっ !!

   アタシだってっ!
   そんなコト出来るワケが

   無いでしょうにっ !!! ( 汗 )



SE : アンギャーーーーーーーッ !!!

更に、雄叫びをあげて
  3人に襲い掛かる レッドプラキシスドラゴンw



ABC 「 ウッワァーーーーー
     ーーーーーーっ !!!!! ( ・`ω・´;)



A 「 オマエんちの 『 庭 』 はっ!

   間違いなくどっか 『 異次元 』 と
   つながってんだろっ !! ( ・`ω・´;)( 汗 )



C 「 そ! そうですねっ!? ( 汗 )
   でないと、ちょっともう

   『 説明 』 が付かないですね、コレはっ !! ( ・`ω・´;)



A 「 オマエいったい

   何をやったんだーーっ !!? ( ・`ω・´;)( 汗 )



B 「 だからっ !!

   アタシだってっ!『 知らない 』 って!

   言ってるでしょうがっ !!! ( 汗 )



SE : アンギャーーーーーー
    ーーーーーーーーッ !!!!


雄叫びをあげて、逃げていく 3人に迫り来る
  レッドプラキシスドラゴンw




ABC 「 ウッワァアアアアアアアア !!
    タァスケテくれェェーー !!
    ダァレかァアアアーーーっ !!!!
    ( ・`ω・´;)( 汗 )



  END
学園ドラマ、あり得ない世界観系、恐竜に関する掛け合い、異空間系ドラマ台本、
コメディ系 寸劇 超設定モノ ファンタジー系 ドラゴン 天然記念物 多少SFドラマ 掛け合い3人 男2女1ナレ0

関連記事

 

著作権使用フリーのオリジナルの、声劇やボイスドラマ・演劇など以外にも、是非マンガ、ゲーム、小説、ライトノベル等のシナリオやプロット案や劇中劇等にも使用していただきたい、短い掛け合い台本素材、短い声劇台本素材、短いボイスドラマ用台本素材、ナレーション素材や、朗読劇向け台本素材、朗読劇台本素材、ラジオドラマ用台本素材、一言セリフ素材、一人芝居用台本素材、ボイスサンプル用セリフ素材、 ボイスサンプル用台本素材、寸劇用台本素材、ナレーション練習用素材、他にも演劇練習、お芝居練習、声優さんの練習や演劇部活動・サークル活動・舞台・パフォーマンス等にも是非どんどん使っていただきたいエチュードお題、他にネットラジオや生放送等のスゴリーミング放送等で使っていただけるような質問お題や放送ネタお題等も作っています・デザインパターン素材・BGM素材や 効果音素材等も使っています、是非、声劇や舞台・演劇・お芝居やゲーム・マンガ・小説・ライトノベルなどなど、様々な用途に発想自由にどんどんご活用いただければ幸いです

 






















メニューテーブル
一言セリフ素材関連
ナレーションお題
エチュードお題関連
画像・背景
バナー素材関連
BGM素材・ジングル
効果音素材関連
ネットラジオや
生放送などの
ネタ関連
発想支援コンテンツ
 
 
話題とお題  
 
 
  サイトのコト
 などなど
利用規約
Q & A

素材や作品の
 使用例示