台本・物語・歌詞
素材一覧
ひと言セリフ
お題集
ランダムに
セリフお題
ランダムに
エチュードお題
おススメ
エチュードお題
声劇スゴロク
劇多め / 劇少なめ
画像・背景
素材一覧
雲と空の
画像素材
楽曲など向け
歌詞素材
BGM素材一覧
ボイス素材一覧 作曲関連いろいろ ギャラリーです イラスト・マンガを
描くときのお題
利用の規約
です(`・ω・´)ゞ


※更新終了しました
  更新終了に関する詳細は コチラ

2人用台本 【男1 女1 】 SF系 ブラック・コメディw 時間旅行 マッド・サイエンティスト?系w #109 生半可な 『 タイム・トラベル 』 は、どうやらヤメテおいた方が良いような気がしていて……

 

2人用台本 【 男性 1人女性 1人

台詞数 : 93
所要時間 : 約 15分



【 掛け合い台本 #109 タイトル 】

生半可な 『 タイム・トラベル 』 は、
どうやらヤメテおいた方が
 良いような気がしていて……




【 配役 】 右の()内は セリフ数 です

A : メル博士 ♂ ( 46 ) 少々攻め ボケ
B : ディア ♀ ( 47 ) 少々受け ツッコミ

**********

【】 : モノローグ
() : ト書き
SE : 効果音



【 ジャンル 】

SF系 ブラック・コメディ
少々 マッド・サイエンティスト系

タイム・トラベル系



【 話の流れ的なモノ 】

いつも 『 大丈夫、大丈夫♪ 』 と、いった感じの
ノンキな 『 博士 』、ソレに対して
本当に、大丈夫なんですかァ……? (´-ω-`; ) 』 と
いぶかしみ続けている 『 助手 』 との間での

時間旅行系 の なんというかw
ブラックコメディ 』 なおハナシです (^^;ゞ☆w


おそらく 『 バッド・エンディング 』 と
成っているのですが… (^^;ゞw

 良かったら、やってみてください (^^;ゞ☆w



【 シチュエーション 】

博士の研究所

□□□□□□□□□□□□□□□




A 「 よし、じゃあ
   ヒマだし 『 タイム・トラベル 』 でも
   始めようじゃないか



B 「 ヒ、ヒマだからですか……? (´-ω-`; )


A 「 そうだ、何か 『 問題 』 でもあるのか?


B 「 いや、あり過ぎる程、あり捲くっていると
   思うんですけど 『 問題 』 が…… (´-ω-`; )


A 「 そうなのか?


B 「 『 そうなのか? 』 じゃ
    無いですよもぅ… (´-ω-`; )



A 「 なんかイケないトコロでもあったか?


B 「 いや… あったかドコロじゃなくて
   『 山積み 』 ですよもぅ…… (´-ω-`; )



A 「 そんなにもか

B 「 『 そんなにもか 』 ですネェ…… (´-ω-`; )


A 「 なんだよ、せっかく今から
   楽しい 『 タイム・トラベル 』 を
   始めようと思ったというのに



B 「 いや、っていうか 『 誰一人 』 として
   戻って来ていないじゃないですか… (´-ω-`; )



A 「 そうだっけ?


B 「 『 そうだっけ? 』 じゃないですよもぅ… (´-ω-`; )

   例え、内の 『 研究員 』 とはいえ
   みんな一人の 『 人間 』 なんですよ?


A 「 うむ


B 「 それが 『 誰も戻って来れていない 』 ってコトは
   どういうコトだか、ワカッテいるんですか…?

   本当にもぅ… (´-ω-`; )



A 「 どういうコトなんだ?


B 「 少なくとも何人かの 『 人生 』 を
   メチャクチャにしてしまったのではないか?
   って、いうコトですよ

   この 『 タイム・マシーン 』 が… (´-ω-`; )



A 「 そんなコトは無いゾ?

B 「 何がですか…… (´-ω-`; )


A 「 行く前に皆ちゃんと
   『 行きたい時代 』 を聞いておいただろ?


B 「 聞きましたけど…… (´-ω-`; )


A 「 だから、みんな自分が 『 行きたい時代 』 に
   トラベってったワケだ


B 「 …… (´-ω-`; )


A 「 だから、おそらくみんな今頃
   向こうで 『 楽しく 』 やっているのサ♪



B 「 あのですネ…… (´-ω-`; )


A 「 なんだ?


B 「 彼らは 『 お金 』 も
   『 身分証 』 みたいなのも
    一切持っていないんですよ? ( 汗 )

   そんなトコでどうやって
   『 楽しくやって行ける 』 って言うんですか

   それにっ! (´-ω-`; )



A 「 な、なんだ? まだあるのか?


B 「 向こうにちゃんと 『 着けた 』 のかどうかも
   ワカっていないじゃないですか ( 汗 )

   現時点では、生きているかどうかだって
   怪しいモノですよ、もぅ…… (´-ω-`; )



A 「 まぁ、ソレに関しては
   オマエもワカッテはいるとは思うが
   おそらく 『 大丈夫 』 だろう?


B 「 …… (´-ω-`; )


A 「 現時点で 『 タイム・マシーン 』 は
   壊れていない、と、いうコトはだ

   アッチにちゃんと行き着くだけは
   行き着いてはいるハズなんだ



B 「 ま、まぁ確かにそういうコトに
   成るのかもしれないですけど…… (´-ω-`; )



A 「 一応、『 行けない 』 と判断された場合には
   『 自動停止 』 するように成っているからな



B 「 確かにそういう 『 システム 』 には
   してあったとは思いますけど…… (´-ω-`; )



A 「 そうだ、だから 『 タイム・マシーン 』 が
   壊れたワケでも無く 『 タイム・トラベル 』 自体が
   済んでいる、というコトはだ


B 「 …… (´-ω-`; )


A 「 まぁ、少なくとも
   みんな 『 向こう 』 にちゃんと
   行くだけは行っているハズなのさ♪



B 「 …… (´-ω-`; )


A 「 それに、もし 『 タイム・トラベル 』 が
   『 失敗 』 した場合にはきちんと
   『 失敗です 』 と表示されるようにしておいたしな


B 「 本当ですか? それは… (´-ω-`; )


A 「 あぁ本当だ
   ワタシとてプライドを持った
   『 科学者 』 の端くれだ

   試用テストで 『 失敗 』 という結果が出るような
   『 マシーン 』 に人を乗せたりはしないゾ



B 「 本当なんでしょうネ?
   その話は…… (´-ω-`; )



A 「 あぁ、だから
   彼らは戻って 『 来れない 』 のではなくて
   『 自分の意思 』 で戻って 『 来ない 』 だけなのだろう

   おそらくなァ?♪



B 「 んもぅ…… (´-ω-`; )


A 「 と、いうワケで
   早速行ってみやうじゃないか♪



B 「 どうも博士が色々な点を
   『 都合よく 』 解釈しているようにしか
    思えないんですけど…… (´-ω-`; )



A 「 オマエは本当に
   『 心配性 』 だなァ?☆



B 「 いや 『 博士 』 が一般の人に比べて
   『 大雑把過ぎる 』 だけです

    ソレも、あり得ない位のレベルで…… (´-ω-`; )



A 「 よし、まぁ、ゴチャゴチャ言っていても
   何も始まらないし、まぁそういうワケだから

   とにかく早速 『 タイム・トラベル 』 を
   始めやうじゃないかァ♪



B 「 何がどう 『 そういうワケだから 』 っていうような
   展開に持っていけるんですか
   今の 『 話の流れ 』 からまったく…… (´-ω-`; )



A 「 ん、なんだ?
   オマエはノリ気じゃないのか?



B 「 い、イイですよ、ワタシは…… (´-ω-`; )


A 「 勿体無い、せっかくの
   『 タイム・トラベル 』 チュァ~ンスなのに♪



B 「 少なくとも誰か一人くらい
   戻って来てからじゃ無いと

   とてもじゃ無いですけど 『 恐ろし過ぎて 』
   そんなのに 『 身 』 を任せられませんよ (´-ω-`; )



A 「 まったく、オマエは
   本当に 『 心配性 』 だなァ?♪



B 「 いや多分そういうコトでは
   無いと思いますよ…… (´-ω-`; )

   コレがいわゆる、現段階のその 『 タイム・マシーン 』 の
   『 性能 』 に対する、世間一般 普通の人が普通に思う
   『 反応 』 だと思いますよ? おそらく… ( 汗 )



A 「 そうなのか?


B 「 えぇ、今、この現時点で
   その 『 タイム・マシーン 』 には

   『 とりあえず、乗りたくはない 』 っていう
    この 『 気持ち 』 が… (´-ω-`; )




A 「 よし、ではオマエがそこまで
   『 心配 』 だと言うのならだ


B 「 な、なんですか…… (´-ω-`; )


A 「 『 超次元通話機 』 を持って行くとしよう☆

B 「 な、なんですか、ソレはまた (´-ω-`; )


A 「 要はアッチの世界に行っても
   コッチと 『 連絡 』 を取れる機械だ


B 「 そ! そんなのが
   あったんですか? ( ・`ω・´;)



A 「 あぁ、あったぞ?


B 「 じゃ、何でみんなにも
   ソレを持たせてアゲなかったんですか! ( ・`ω・´;)



A 「 いや、コレはな? 向こうに行ってから
   コッチに 『 声 』 を届かせるようにする為には
   アレやコレやと 『 調整 』 をしないとイケないんだが

   その部分がメッチャメチャ難しいんでな

   おそらく 『 持ってった 』 としても
   誰も使えんだろう、と思って言ってなかったんだ

   ソレに結構 『 高い機械 』 だから、数も無いしなァ


B 「 本当でしょうネ……? ( ・`ω・´;)


A 「 あぁ、オマエにはワカランだろうが
   『 次元 』 の向こう側から 『 自分の居る座標 』 なんかを
   『 正確 』 にマッチさせるのはメッチャメチャ難しいんだゾ?

   なにせ 『 超次元 』 だからなァ?

   誰でも 『 使える 』 ってんなら
   そりゃあワシだって
   みんなにもとっくに持たせていたサ



B 「 クドイようですけど
   本当なんでしょうね? その話は…… (´-ω-`; )



A 「 あぁ、本当だ♪ と、いうワケでだ

   一応、現状を見る限りでは
   『 タイム・トラベル 』 はある程度
   『 成功 』 しているハズなワケだから



B 「 あ、『 ある程度 』 て…… (´-ω-`; )


A 「 何が原因でモニターに
   『 成功です 』 と表示されないでいるのか
    確かめんと、スッキリせんコトもあるし

    そこでワシもチョット行って
    見て来やうというワケさ♪



B 「 ちょ、『 チョット行って 』 って…… (´-ω-`; )


A 「 だからオマエはそうだなァ?
   まぁ 『 留守番 』 でもしていてくれw

   ちゃんと 『 残業扱い 』 にしてやるから
   『 出前 』 でも取ってユックリしているのがいいサ♪



B 「 な、なんというか

   本当に…… (´-ω-`; )



A 「 ん? なんだ?


B 「 博士は 『 大雑把 』 な人ですネ…… (´-ω-`; )


A 「 オマエなァ?
   『 科学の研究 』 と、いうのは

   どんなモノでも、とにかく途方も無く
   『 時間を要するモノ 』 ばかりなんだゾ?

   そういうコトもあってかだw

   ワシも、いつの間にやら
   こういった 『 ノンビリ 』 とした
   『 性格 』 に成ってしまったというワケだw


B 「 そ、そうなんですか…… (´-ω-`; )


A 「 ワーッハッハッハッハ♪
   まァ、『 案ずるより産むが~ 』
   というコトワザもある!

   では、行って来るゾ!☆



B 「 は、はぁ…… (´-ω-`; )


A 「 向こうに着いて暫くしたら 『 連絡 』 を入れるから
   まぁスマンが、オマエは 『 待機 』 をしていてくれ

   その分、好きな 『 出前 』 を
   好きなだけ頼んでイイんだからなァ?

   ワーッハッハッハッハ、嬉しいだろう?
   ワーーッハッハッハァッ♪



B 「 いや全然、笑うトコじゃ
   無いような気がするんですけど… (´-ω-`; )



A 「 心配はいらん☆

   なんせ、ワシはこう見えても
   自他共に認められている 『 天才科学者 』 じゃからナ?♪



B 「 本当に 『 大丈夫 』
   なんでしょうネェ? (´-ω-`; )



A 「 あぁ大丈夫だ☆

   なんせワシは 『 博士号 』 も
   ちゃんと持っているんだからなァ?♪



B 「 いや、当たり前じゃないですかそれ… ( 汗 )

   何にも 『 説得力 』 に成っていないですよ
   今のこの 『 シチュエーション 』 で…… (´-ω-`; )




A 「 よぉしでは、行って来るゾォ!☆

   タァァーーーーイム・トラッ !!!



SE : シュィィィィッィィンッ…………

タイム・マシーンが 稼動 する



B 「 …… (´-ω-`; )



*********




B 【 そして、その後…… (´-ω-`; )



   案の定というか……



   博士からの 『 連絡 』 は


   まだ、届いておりません…… ( 汗 )



   …… (´-ω-`; )




   あれからもぅ 『 1ヵ月 』 が
   経とうとしているのですが…


   一応、ひょっとしたら?
   博士から 『 連絡 』 が届くかも?
   しれない?と、いうコトもあるのと


   みんなの 『 人生 』 が掛かっている
   この 『 タイム・マシーン 』 を
   勝手に 『 処分 』 するコトも出来ない為


   あの日から
   ただただ 『 出前 』 を取りながら

   『 待機 』 をし続けるという


   ワタシのこの 『 残業 』 は……



   今後も暫く




   終わりそうには


    ありません………… (´-ω-`; )





   END
あり得ない世界観系 コメディ系 少々サスペンス系 タイムトラベル系 時間旅行系 SFドラマ系 異世界 研究所 トンデモ設定系 少々未来の話系 少々狂気系 マッド・サイエンティスト系 助手 マイペース・キャラ系
掛け合い2人 男1女1ナレ0

関連記事

 

著作権使用フリーのオリジナルの、声劇やボイスドラマ・演劇など以外にも、是非マンガ、ゲーム、小説、ライトノベル等のシナリオやプロット案や劇中劇等にも使用していただきたい、短い掛け合い台本素材、短い声劇台本素材、短いボイスドラマ用台本素材、ナレーション素材や、朗読劇向け台本素材、朗読劇台本素材、ラジオドラマ用台本素材、一言セリフ素材、一人芝居用台本素材、ボイスサンプル用セリフ素材、 ボイスサンプル用台本素材、寸劇用台本素材、ナレーション練習用素材、他にも演劇練習、お芝居練習、声優さんの練習や演劇部活動・サークル活動・舞台・パフォーマンス等にも是非どんどん使っていただきたいエチュードお題、他にネットラジオや生放送等のスゴリーミング放送等で使っていただけるような質問お題や放送ネタお題等も作っています・デザインパターン素材・BGM素材や 効果音素材等も使っています、是非、声劇や舞台・演劇・お芝居やゲーム・マンガ・小説・ライトノベルなどなど、様々な用途に発想自由にどんどんご活用いただければ幸いです

 






















メニューテーブル
一言セリフ素材関連
ナレーションお題
エチュードお題関連
画像・背景
バナー素材関連
BGM素材・ジングル
効果音素材関連
ネットラジオや
生放送などの
ネタ関連
発想支援コンテンツ
 
 
話題とお題  
 
 
  サイトのコト
 などなど
利用規約
Q & A

素材や作品の
 使用例示