台本・物語・歌詞
素材一覧
ひと言セリフ
お題集
ランダムに
セリフお題
ランダムに
エチュードお題
おススメ
エチュードお題
声劇スゴロク
劇多め / 劇少なめ
画像・背景
素材一覧
雲と空の
画像素材
楽曲など向け
歌詞素材
BGM素材一覧
ボイス素材一覧 作曲関連いろいろ ギャラリーです イラスト・マンガを
描くときのお題
利用の規約
です(`・ω・´)ゞ


※更新終了しました
  更新終了に関する詳細は コチラ

2人用台本 【女1 男1 】 酔っ払い系w ラブコメディ 少々コミカルなマイペースキャラw お酒の席のハナシ #322 『 好き 』 って… ただ一言、そう言えたら、イイのに…♪

 

2人用台本 【 女性 1人男性 1人

台詞数 : 627
所要時間 : 約 48分



【 掛け合い台本 #322 タイトル 】

『 好き 』 って… ただ一言、
  そう言えたら、イイのに…♪



【 配役 】

A : ミホ ♀ ( セリフ数 325 ) 少々受け
B : サトナカ ♂ ( セリフ数 302 ) 少々攻め

**********

【】 : モノローグ
〔 〕 : ナレーション


【 役表 】
――――――――――
『 好き 』 って… ただ一言、そう言えたら、イイのに…♪
http://gramteril.blog.fc2.com/blog-entry-916.html

A : ミホ ♀ :
B : サトナカ ♂ :
――――――――――


【 ジャンル 】

酔っ払い系 ラブコメディw
少々コミカルなマイペースキャラw

お酒の席のハナシ


【 話の流れ的なモノ 】

同窓会 で、久しぶりに顔を合わせて
お酒が入っている場面
と、ある二人 の ちょっと ラブコメ的な おハナシ です☆

良かったら、バンバンやってみてください (`・ω・´)ゝ☆♪


【 シチュエーション 】

居酒屋カラオケ屋



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



A 〔 卒業してから
   2年ぶりの同窓会…

   ワタシが好きだった
   サトナカ君も来るっていう
   ハナシだったんですけど

   実際、来ていて顔を合わせるなり
   すぐに、ほとんど二人で飲み始めました♪


*******************


A 「 久しぶりだネ?♪

B 「 あァ…、結局アレ以来
   まったく連絡取って無かったっけ…?


A 「 そうだよ?
   電話…、くれるかな? って…
   待っていたのに……


B 「 ぇ? そ、そうなの…?

A 「 なァ~んてネ♪


*******************

A 【 久しぶりに逢って…
   イキナリ、自分の気持ちを
   おもてに出してしまうっていうのは
   なんか軽率けいそつな気がしたので
   チョット誤魔化しちゃいました…w


*******************


B 「 アレから、どうしてたの?
   仕事は順調?


A 「 ぅん、まァ…、サトナカ君は?

B 「 ソレがさ…、つとめていたトコ…

A 「 そういえば…、そっか……

B 「 ぅん…、イキナリだったから
   みんな慌てていたよ
   結局、最後の月は給料未払いで
   みんな散り散ち ぢりって感じだったし…


A 「 倒産しちゃったんだっけ?
   大手おおてだったのにネ…?


B 「 まァね…、でも 『 石油の値段 』 が
   あんだけ上がっちゃったらサ…
   一概いちがいに 『 会社だけの責任 』 って感じじゃ無かったから
   みんな 『 しょうがないか… 』 って感じだったよ


A 「 そぅ…、今…じゃァ、何しているの?

B 「 バイト三昧ざんまいだよw

A 「 えぇ? ホントに?
   就活のときあんだけ頑張ったのに?


B 「 うん…、まァな?
   でもサ、バイトって結構楽しいんだゼ?


A 「 そうなの? なんで?

B 「 なんていうか…、ココだけのハナシって感じだけどサ

A 「 ぅん、なに…?

B 「 責任とかが全くいらないっていうかサw

A 「 なにソレ…w

B 「 こんなに気楽に仕事をしていて
   金貰っちゃってイイのかな? って思うくらいw


A 「 へぇ~~~、なんか…
   チョット羨ましい……


B 「 三日に一回はバイト仲間と
   飲みに行っているような感じだし


A 「 なにソレ…、大学生の頃と変わんないじゃん

B 「 そうなんだよ、みんな超仲良くてサ
   今度 『 旅行 』 に行く計画とか立ててんだゼ?


A 「 ほとんどサークルみたい…

B 「 そう、も、ホント、働いているって感覚まるでゼロw

A 「 ww 変わんないネ? なんか

B 「 そう? 一応、社会人を経験して
   その 『 会社の倒産 』 とかも経験してとか…
   コレでも、色々あった方かなとは
   思ってはいるんだゼ?


A 「 だから、ソレがw

B 「 なに? どういう意味?

A 「 悪い意味じゃ無いから…、怒んないでよw

B 「 怒っては… 居ないけど……

A 「 いっつも、そうだったw

B 「 オレ?

A 「 ぅん、なんていうか、何があっても
   次の瞬間には笑っているっていうような


B 「 そんなんだったっけ?

A 「 うんw だから、みんな言っていたの

B 「 なんて?

A 「 サトナカ君は、多分地球が滅びても
   生き残っているってw


B 「 なんだよ、ソレ… ( 苦笑 )

A 「 ww

B 「 まァ、でも確かに…
   能天気なタイプといえばそんなような気もするけど…


A 「 『 気もするけど… 』 なんてレベルじゃないよw

B 「 そんなに?

A 「 ぅん…、だから……


*******************

A 【 そんな、何があっても
   いつも 『 楽しげ 』 なアナタのコトが
   ワタシは……♪


*******************


B 「 んで、そっちはどうよ?
   上手く行ってんの?


A 「 んと……、どっちのハナシ?

B 「 ぅんと……、そうだな
   ま、両方聞きたいけど…
   とりあえず、カレシのコトかな


A 「 気に成る?

B 「 まァ、少しはネ?

A 「 へぇ~~、気に成ってくれているんだ♪

B 「 いゃだってよ
   いっつも モテモテ だったからな? ミホ は


A 「 そうかな?

B 「 いゃ、そうだったでしょ?
   ウチのサークルでも
   みんなで 『 協定 』 結んでいたくらいだったしよ


A 「 なに、そのハナシ… ( 苦笑 )

B 「 今だからバラしちゃうけどサ

A 「 ぅん…

B 「 抜け駆ぬ がけ 』 は、ゼッタイ無し
   ミホ にアタックをするときは
   必ず、オレ達全員にまず報告してからって、さ


A 「 なに?w その変な 『 協定 』 …

B 「 独占禁止法ってあるジャン?
   なんかあんな感じでサ


A 「 どくきん法? アタシが?w

B 「 そう

A 「 なに、ソレ…、意味あるの? その協定…w

B 「 いゃ、とにかくサ
   誰かが仮に ミホ と付き合えるコトに成ったとしても
   ゼッタイに、オレ達との友情を壊すような
   『 付き合い方 』 はしないっていうようなサ


A 「 例えば?

B 「 さっきも言ったけど、三日に一回は飲んでいただろ?

A 「 うん…、みんないっつも二日酔いだったw

B 「 だろ?w

A 「 うんw

B 「 んでサ、まずはその 『 飲み会 』 に
   出来るだけ顔を出すコト


A 「 アタシと付き合ってもってコト?

B 「 そう、だって カノジョ が出来ちまって
   急にオレ達との 『 付き合い 』 が減っちまったら
   なんか寂しくなるだろ?


A 「 そういうコトか…

B 「 うん…、あとは…
   とにかく、いつの間にか 『 付き合っていた 』 とか
   そういうのはゼッタイ無し、みたいなサ


A 「 あァ、ぅん、なんかそういうのは
   ワカル気がする…


B 「 おぉ、ワカってくれるか?

A 「 ぅん…、アタシもソレで一度…
   高校生の頃だけど…、友達無くしてるから


B 「 なんだよソレ…、なんか切ないな?

A 「 ぅん…、もう少し酔いがまわって来たら
   ハナシてもイイかもって感じくらい
   チョット悲しかったかな? アレは……


B 「 よし! じゃ、今日はジャンジャン飲もう!

A 「 おぅ♪

B 「 イイぞ? っていうか
   ミホ 飲めないんじゃ無かったっけ?


A 「 いやソレがネ?

B 「 ぅん、なに?

A 「 カクテルなら飲めるってワカッタの

B 「 あァ……

A 「 なに?w

B 「 まァな? オレ達
   いっつもビールばっかり飲んでいたからな?w


A 「 そうw
   だから、ビールとか焼酎とかが
   なんていうか 『 お酒 』 っていうモノだっていう
   固定概念みたいなのがあったから…


B 「 カクテルだったら
   全然イイっていうのを見つけたってワケか?


A 「 ぅん…、そう、チョット高くついちゃうけどネ

B 「 ソレが、アレか? アイツと付き合ってから
   ワカッタとか、そういうコト?


A 「 ぅん、まァ…

B 「 野郎…、今日来てネェけど
   ミホ と色んなトコに出掛けて
   楽しんでいたっていうワケか


A 「 まァ…、そんな感じ…… かな?w

B 「 んで? 続いてんの? ミナミ とは

A 「 直球で聞いて来たネ?w

B 「 まァ、イイだろ? 酒の席だし

A 「 ホント、変わって無いw

B 「 そう?

A 「 そうだよ、何かっつぅと 『 酒 飲んでいるから 』
   なんでもアリだろ? みたいなノリ…w


B 「 まァ、大学生だったからな、あの頃は

A 「 ww でも、今でもあのときくらいの
   ペースで飲みに行っているんでしょ?


B 「 おぅ、ガンガン飲んでるゼ、へべれけだゼ

A 「 そんなんで、仕事出来るの?w

B 「 出来るんだよ、ソレがサ

A 「 イイなァ…? なんか…
   アタシも、今んトコ一旦いったん離れて
   フリーターやってみようかな…?


B 「 なんなら、ウチに来いよ

A 「 本気で言っているの?w

B 「 うん、ウチ 『 時給 』 も結構イイし
   場所柄も良くてサ、イイ客ばっかなんだゼ?


A 「 そうなんだ
   ちなみに、なんのバイトなの?


B 「 カラオケ屋

A 「 カラオケか…

B 「 客居ないときなんか、ヒマじゃん?
   だから、交代で歌 うたったりしているんだゼ?


A 「 なにソレ…w

B 「 しょうがネェだろ、だって客居ないときは
   そんなにするコトもネェんだし


A 「 んで、三日に一回は飲みに行っているの?

B 「 そう

A 「 ほとんど、遊びに
   行っているみたいじゃない、ソレ… ( 苦笑 )


B 「 『 みたいじゃない 』 っていうか
   ほぼ、ガチで 『 遊びながら 』 金貰っているって感じだよ


A 「 ww

B 「 だから、まァ、もしもだけど
   本当に仕事キツイとかで、辞めるっていうんなら
   ウチ紹介してやるよ、ソレによ


A 「 なに?

B 「 アルバイト出来るのって
   若いウチだけジャン?
   ある程度、年齢行ったらやっぱどっかに
   就職しとかないととかそんな風になっちまうだろ?


A 「 そうだネ…

B 「 なに、なんか仕事でつまづいてるコトでもあんの?

A 「 ……

B 「 まァ、そうだよなァ?
   オレも 『 コアナッグ 』 んときは
   休日返上とか深夜まで残業とか
   ほぼ当たり前みたいな感じだったしな


A 「 さすが大手おおて

B 「 うん…、馬車馬ばしゃうまのように働くっていうのは
   あんな感じだな? って、思うゼ
   特に今と比べちゃうとサ


A 「 ww ソレ、ホント 『 バイト 』 って呼べるの?w

B 「 呼べ… 無くも無いんじゃないかな?
   でもサ、どっちかっていうとサ、実はな?


A 「 うん、なに…?

B 「 今の方が 『 イイ働き方をしている 』 って感じがしてんだよ

A 「 そうなの?
   だって 『 コアナッグ 』 みたいな大会社で
   バリバリ残業して、っていうのと…
   さっき聞いたような、ヒマなとき
   『 カラオケ 』 してたりしてって…w


B 「 いゃ、ソレがサ…
   なんていうか…、そんな環境だから
   イヤでもみんな仲良くなんじゃん?


A 「 そういうモノかな?

B 「 そうじゃネ?
   オマエんトコ、今 『 友達 』 みたいな人って居るか?


A 「 …… 居ない…、正直、そんな人が
   出来るような場所とは思えない……


B 「 だろ? オレも確かに 『 充実感 』 はあったよ?
   『 一流企業 』 でガンガン働いていてサ
   残業手当なんかもつくと
   給料も相当貰っていたしよ


A 「 じゃあ、なんかおごってよw

B 「 いゃだから、今はもう無いんだってば
   『 コアナッグ 』 はサ


A 「 そっか…、だから 『 電話 』 くれなかったの?

B 「 まァな? 正直、そんなヒマ無かったからな?
   忙し過ぎて


A 「 イイなァ…? ウチの会社…
   そんなに 『 給料 』 イイっていうワケでもないし…
   友達なんて出来るような 『 雰囲気 』 ゼロだし…


B 「 …………

A 「 どうしたの?

B 「 いゃ、オマエがどうすんのが
   一番イイのかな? って、今一瞬考えちゃってサ


A 「 そっか…、で、どういう風に考えてくれたの?

B 「 さっき、言い掛けたコト言ってイイか?

A 「 ぅん、なに?

B 「 正直、言うとな?

A 「 ぅん

B 「 オレは今の方が充実してる

A 「 ……

B 「 一流企業に就職決まったってときは
   オレ 『 勝ち組 』 じゃネ? とか、思っていたけどよ
   働き始めたら、つぅか
   正社員成っちゃうと仕事しか出来ネェんだよ


A 「 ぅん…、そんな感じだよネ……
   アタシも今、そんな感じ……


B 「 だろ? でも、今んトコはよ

A 「 ぅん…、どんな感じなの?

B 「 まず、バイト仲間が仲が良いと
   店の雰囲気が良く成るっていうのがあってよ


A 「 あァ…、ソレは…ワカル気がする……

B 「 そう成ると、だ

A 「 ぅん、なに?

B 「 来るお客さん達も、自然と楽しく成るんだよ

A 「 ……

B 「 ワカルか?

A 「 ぅん…、ソレ……
   一番、大事だよ、ネ……


B 「 そうなんだよ
   大事なんだよ、コレがサ、よし! 飲もう!


A 「 ww いゃだから、飲んでるから、もうw

B 「 いゃ、もっと飲もうゼってコトだよ

A 「 もう酔っ払っているでしょ?
   さっきのハナシの続きちゃんとしてよ?w


B 「 あァ、忘れてた

A 「 ww

B 「 んでな?

A 「 ぅん

B 「 何処までハナシたっけ?

A 「 ww 酔っ払い過ぎ…w

B 「 オレ、酔いまわんの早いな?

A 「 早過ぎw

B 「 んで、どこまで言ったっけ?

A 「 だから、バイトの人達が仲が良いと
   お店の雰囲気も良くなるよ、みたいな
   そういうコトを言ってたトコw


B 「 そうそう、そうなんだよ

A 「 酔っ払い過ぎだからw

B 「 酔ってネェよ

A 「 ソレ、酔っ払いが一番言う
   定番ゼリフだからw


B 「 そうか? じゃ、今オレは酔ってんのか?

A 「 うん…、かなり酔っていると思うけどw

B 「 んで、なんだっけ

A 「 もぅ…w

B 「 そう、そうなんだよ、ワカルか?
   大事なんだよ、そういうのがよ


A 「 ww ワカってちゃんと話してる?w

B 「 ハナシてるよ、愛してるよ ミホ

A 「 ww 抜け駆ぬ がけダメなんじゃ無かったっけ?

B 「 そうだった
   んで、どうなんだよ? ミナミ とはよ?


A 「 さっきのハナシはもうイイの?w

B 「 イイよ、またあとでタップリと聞かせてやるよ

A 「 なんか、スゴイ長く成りそうw

B 「 長い、オレ…、どうしたら短く成れるかな?

A 「 なにがよwww

B 「 いやw 『 長い 』 って言われたから
   なんかが 『 短く 』 成らないとイケないような気がしてよ


A 「 酔っ払い過ぎw

B 「 どう成ってんだよ、だから ミナミ とは?

A 「 もぅ…w
   とりあえず… 別れた……


B 「 ぇぇぇぇぇえええっ?
   付き合って、そして別れたのかよっ?


A 「 そうw
   付き合って、そして別れたのw


B 「 なんという…

A 「 ぅん…、色々… あってネ……

B 「 色々あったのか…

A 「 色々あった

B 「 そのアレは、なんなんだよ?

A 「 『 そのアレは 』 ってなによ?w

B 「 その 『 アレ 』 だよ、アレと言えばアレだろ

A 「 なに?w

B 「 新しいスニーカーで 『 アレミナ 』 って
   いうのがあってよ、スゲェいいんだよ


A 「 なんのハナシなのよ、もぅ…w
   酔っ払い過ぎ、サトナカ君…w


B 「 オマエも一度、いてみろよ

A 「 なんでよw

B 「 き心地がたまんネェんだゼ?
   今度、スキーでも行くか?


A 「 もう……w
   この 『 酔っ払い 』 が…w
   ハナシをちゃんと 『 一個 』 にしぼってw


B 「 なんだよ 『 一個 』 にしぼるって

A 「 なんで、この流れでイキナリ
   『 スニーカー 』 のハナシに成って
   そして、次の瞬間には
   『 スキーに行く 』 コトに成ってんのよw


B 「 ソレはだな、一言で言うとだ

A 「 なに?w

B 「 ひとめぼれっていうヤツだ

A 「 ww もうワカンナイw
   ちゃんとハナシを、なんていうか
   ちゃんとハナシをしてw


B 「 え~~~っと、だな…
   そうアレだ、アレってトコロから
   なんか 『 アレミナ 』 に成ったんだよ


A 「 思い出したかw

B 「 思い出した、ハイ!

A 「 もぅ… 酔っ払ってるなァw

B 「 ハイ!

A 「 何に 『 返事 』 をしているのよ…ww

B 「 とりあえず返事をしてみました

A 「 ww

B 「 だからな? アレだよアレ

A 「 『 スニーカー 』 のハナシはもうイイからネ?w

B 「 スニーカーじゃネェよ
   なんで今 『 スニーカー 』 なんだよ


A 「 自分で言ってたくせにw

B 「 だから、違うよ
   アレだよアレ、アレのコトだよ


A 「 だから、なんの 『 アレ 』 なのよ?

B 「 その…、アレだ?

A 「 なに?

B 「 別れた理由はなんだったんだよ

A 「 急に戻ったww

B 「 急に戻りました

A 「 いま、ハナシて
   ちゃんと聞いてくれるのかな…?w


B 「 ハイ!

A 「 返事スゴイいいw

B 「 返事スゴイいいです

A 「 ww、あのネ?w

B 「 おぅ、だから、なんで別れたんだよ

A 「 ちゃんと聞いてくれるの?

B 「 ちゃんと聞いて、その、ちゃんと、その、聞く
   オレは今からちゃんと聞く
   オマエのハナシをちゃんと聞く


A 「 ww

B 「 ソレで? どんなコトがあったんだよ?

A 「 そう…、あのネ?

B 「 うん

A 「 って、チョット待ってw

B 「 なんだよ

A 「 コレ言えないかもしれないww

B 「 なんだよ、オマエ…
   オレはちゃんとオマエのハナシを聞く
   決心を固めたトコロだっていうのによ


A 「 いゃ、ソレはアリガタイんだけどw

B 「 まァ、アレか

A 「 なに?

B 「 まだ、あんまり人に言いたくない時期とか
   あと、言えない事情とかが色々とあるっていうワケか


A 「 ぅん……、もう少ししたら……
   っていうか…、チョット、サトナカ君が
   酔っ払っていないときに言いたいかも……


B 「 だからオレは酔って無いって

A 「 いやゼッタイ酔っ払っているからww

B 「 じゃ、今度スキー行くか

A 「 ww

B 「 オレ滑れるように成ったんだゼ?

A 「 ww こっからは 『 スキーのハナシ 』 って
   いうコトでイイのかな?


B 「 まァ、だってよ、ミナミ のコトは
   言いたくネェんだろ?


A 「 ぅん…、まァ……

B 「 まァ、そのアレだ

A 「 なに?

B 「 仕事で、なんかとかも言っていたワケだしよ?
   マジで行かネェ?


A 「 何処に?

B 「 スキーだよ

A 「 ソレ、本気で言っているの?w

B 「 おう、オレは本気で今言っているよ
   今のオレは本気で言っているよ
   本気のオレが今オマエをスキーに連れてって


A 「 なに、ソレ…

B 「 オマエをスキーに連れてって
   カミングスーン


A 「 映画…?w

B 「 映画です、今春カミングスーン

A 「 ww

B 「 気晴らしだよ、イイ気晴らしになんだろ?

A 「 どうだろ…? 日帰りとかのだったら
   まァ、いつでも行けるとは思うけど…


B 「 よっしゃ、じゃ、ワカッタ! ハイ!

A 「 だから、何に返事をしているのよ
   さっきから…w


B 「 こないだオレさ

A 「 www また、ハナシ変わるの?w

B 「 いや、そのチョットまァ、変わんだけど

A 「 まァ、いいよ、なに?w

B 「 サトナカって 『 何、考えているのかワカラナイ 』 とか
   言われたんだけどよ、どう思うよ、ひどくね?


A 「 アタシも今、おんなじようなコトを
   思っているかもしれないw


B 「 なんだよ、オマエもヒドイのかよ
   ったく、オマエだけは
   この世の中でオレのコトを
   ワカってくれていると想っていたのによ


A 「 まァ、ワカってアゲたいとは想うけど…w

B 「 じゃ、ワカってくれよ

A 「 なにをよw

B 「 チョット、さっきからオレばっかり飲んでネ?
   オマエも飲めよ


A 「 いや、結構飲んでいると思うんだけどw
   まァ、イイ…、じゃ、なんか頼もっか?


B 「 おぅ、頼もう! タノ・モー 47歳 職業 軍人!

A 「 ワカッタから、もぅ…ww


*******************

A 〔 サトナカ君が
   急にそんなコトを言い出したので
   とりあえず、店員さんを呼びましたw


*******************


B 「 えっと、トマトのあの冷やしたヤツと
   サイコロステーキ、2つ


A 「 2つも頼むの?

B 「 ………… 2つ

A 「 ワカったわよw
   じゃ、えっとサイコロステーキを 2つと
   サトナカ君、何飲むの?


B 「 オレ? オレはオマエの愛情が欲しい

A 「 ww この酔っ払いが、じゃビールでイイ?w

B 「 ハイ!

A 「 ww 返事イイw
   じゃ、ビールと…、アタシは カシオレ で



*******************

A 〔 と、そんな感じで店員さんに注文しましたw

*******************


B 「 カシオレって何の略か知っているか?

A 「 ぇ?w いゃ、カシスオレンジ でしょ?w

B 「 違うんだよ…

A 「 いゃ、違く無いと思うんだけど…w

B 「 カンパリソーダ・オレの略だよ

A 「 いやゼッタイ違うと思うんだけど…w
   何ソレw 『 シ 』 は何処に行ったのよ…w


B 「 『 シ 』 は… 『 しばらく実家に帰らせて貰います 』 の 『 シ 』 かな

A 「 なにソレ、切ない……w
   ソレと最後の 『 オレ 』 は何よw


B 「 オレ? 『 オレ 』 の意味は
   『 オレは将来、オマエと結婚する! 』 かな?


A 「 意味が、ワカラナイんだけど… ( 苦笑 )w
   なにw カンパリソーダ・オレは将来、オマエと結婚する! って…
   なんの 『 略 』 なのよ…w
   っていうか、サトナカ君ホント酔っ払い過ぎw


B 「 いゃ、やっぱりサ…
   ミホ とこうやって久しぶりに飲めるって成るとサ…
   なんていうかこう…、テンションが
   やっぱいつもと変わるワケよ、ワカルか?


A 「 イイ意味で言ってくれているの?

B 「 イイ意味、オレはイイ意味で言った
   今オレはイイ意味で、ミホ にイイ意味を言った


A 「 ww

B 「 悪い意味では言ってはいない
   オレは今、イイ意味で ミホ にイイ意味を言った


A 「 ワカッタから、もぅ…w

B 「 んで、なんだ? オマエ

A 「 ん、なに?

B 「 カレシとは別れたワケだし

A 「 ぅん…

B 「 仕事もなんか、イマイチって感じなのか…
   どうすんだよ、マジでウチのバイト来るか?


A 「 なんかハナシ聞いていたら
   チョット本気でそんな風にもって想っちゃうかも…


B 「 ウチの場合、コネっていうか
   知り合いとか友達とかだと即採用だゾ?


A 「 そうなの?

B 「 うん、ほとんどそんなんで
   入って来ているヤツばっかだし


A 「 そうなんだ
   なんかイイなァ? ホントに楽しそう
   そのカラオケ屋さん


B 「 イイなんてモンじゃ無いって感じかな?
   マジでサ


A 「 ぅん、なに?

B 「 客居ないとき、歌 うたえるし…
   あんまりヒマなときは勝手に酒作って
   飲んだりしているときもあるんだゼ?


A 「 ww ソレ、イイの? ホントに…w

B 「 金曜日が忙しいからよ
   そのときに、とにかくみんなが代わる代か  がわる
   酒を色々と作れないとイケないワケよ


A 「 うん、で? ソレで何でお酒飲んじゃうの?

B 「 だから、その 『 練習 』 とかが必要じゃん?
   だから 『 練習 』 をしてんだよ


A 「 ww で、その作ったヤツを飲んでいるとw

B 「 そう

A 「 なに、ソコのカラオケ屋さん、ホントに…w

B 「 なんか歌いたく成って来たな?

A 「 カラオケのハナシをしていたから?

B 「 うん、って、とにかくなんか歌いたくネ?

A 「 歌いたく無いっていうコトは無いけど… いま?w

B 「 そうだ、じゃ、今からよ
   ウチのバイトんトコ行かネェか?


A 「 まだ、みんな飲んでるよ? 抜けるの?

B 「 なんだよ、オレと二人で
   抜け出すのはイヤなのか?
   だとしたら、オレは悲しむゾ?


A 「 いゃ、まァソコまで言うんなら… ( 苦笑 )
   じゃ、1次会っていうか
   同窓会がお開きに成ったら… イイよ?
   カラオケ連れてって?


B 「 よし! じゃ、そうしよう!
   オトコに二言にごんは無しだゾ?


A 「 一応、オンナなんですけど、アタシw

B 「 じゃ、武士に二言にごんは無しだゾ?

A 「 ww 武士でも無いんだけどアタシ…w

B 「 オマエ、武士じゃないのか?

A 「 当たり前でしょ?w

B 「 『 武士 』 でもなく 『 オトコ 』 でも無いんだとしたら
   オレは今、誰と酒を飲んでいるんだ?


A 「 オンナの子ですw

B 「 『 オンナの子 』 には二言にごんがあるのか

A 「 ぅん…、結構あるかもw

B 「 だとしたら、オレは悲しむゾ?

A 「 ソレなんなの? さっきから…w
   サトナカ君を意地でも悲しませちゃイケないの? 今…


B 「 比較的… 悲しませてはイケません

A 「 何と、比較してなのよw

B 「 行こうぜ、カラオケ

A 「 まァ、イイけど…w
   とりあえず、同窓会終わったらネ?


B 「 ワカッタ、早く終わんネェかな? 同窓会

A 「 ww 身勝手みがって過ぎww

B 「 バカ、オマエな?身勝手みがってなくらいの方が
   ちょうど良く出来ているんだよ
   世の中っていうのはよ


A 「 そんなかたよった 『 世界 』 はイヤですw

B 「 そうか? じゃ、ソレについてはあとで教えてやる

A 「 なんで今 『 説明 』 してくれないの…?

B 「 イチゴのショートケーキってあるだろ?

A 「 あるけどw って、またハナシ飛ぶの?w

B 「 飛ばネェよ、ちゃんと今、あの、その、ちゃんとだよ

A 「 ショートケーキが、じゃあ、なに?w

B 「 オレはな?

A 「 ぅん

B 「 イチゴは最後まで取って置くって
   そう言いたかったんだよ


A 「 もぅw 酔っ払い過ぎてて、チョット着いてイケないw

B 「 ミホ…

A 「 なに…?

B 「 オレを見捨てるな……

A 「 ww

B 「 アレ、イチゴの? ってコトはよ?

A 「 うん、なに?

B 「 イチゴがのっていないヤツの部分が
   『 ショートケーキ 』 っていうコトなのか?


A 「 知らないわよ、そんなの…w

B 「 バカ、オマエ、コレは超大事なコトだろ

A 「 何処がよ…w

B 「 イチゴのショートケーキってコトはサ
   『 ショートケーキをください 』 って言ったら
   イチゴがっていないのを
   出されるかもしれないじゃネェか


A 「 だから、知らないって、そんなの…w

B 「 オマエ、家に帰ってイチゴがっていなくて
   ただの三角形のあの白いののヤツだけが
   箱に入っていたらどうすんだよ
   怒られちゃうじゃネェかよ


A 「 誰によw

B 「 みんなにだよ

A 「 何処の誰よ、だからソレはw

B 「 みんなにだよ
   親戚とか、友達とか、親戚一同とか


A 「 www

B 「 『 ショートケーキ 』 っていうのは
   『 ショートケーキ 』 っていう食いモンなのか?


A 「 知らないってだから、もぅホントに…w

B 「 早くカラオケ行きてぇな

A 「 もう…w サトナカ君… 自分の世界で動き過ぎ…w

B 「 ワールド・ワイド・サトナカ …… 8時間スペシャル
   片時かたときも眼が離せない、そんな 8時間


A 「 ww


*******************

A 【 アタシ、なんでこの人のコト…
   好きなんだろ…w
   チョット、ワカラなく成って来ています
   正直、いま……w


*******************


B 「 お、サイコロステーキ来た♪

A 「 嬉しそうw

B 「 サイコロステーキトークをしてやろうか?

A 「 またハナシ変わるの?w

B 「 え? いゃ、サイコロが来たからサ

A 「 サイコロが来た、っていうと
   なんか、食べ物じゃないみたいな感じがする


B 「 そうか? オレん中ではサイコロも食べ物だぜ?

A 「 なにソレ… もぅイイw、じゃ、サイコロステーキトークを して?
   ホントにそんな 『 トーク 』 があるんならネ?w


B 「 あるよ

A 「 じゃ、して?w

B 「 初めて 『 旅行 』 をしたハナシ~
   略して~


A 「 なに?w

B 「 ハジバナ!

A 「 『 旅行 』 が入ってない…ww

B 「 サイコロステーキトークだよ

A 「 全然 『 ステーキ 』 関係無く成っているしw

B 「 アレはオレが 5歳の頃だった…

A 「 始まるんだ?w

B 「 うん、始まる

A 「 ww

B 「 思えば 5歳のオレはまだガキだった…

A 「 ソレはみんなそうですw

B 「 その 5歳のオレは旅に出た

A 「 で?w

B 「 旅を楽しんだ

A 「 ww


*******************

A 【 アタシ、ホントに
   なんでこの人のコトが好きなんだろ… ( 苦笑 )w
   いま本気でチョット
   悩み始めているみたいな感じがしているワタシです…w


*******************


B 「 そして 6歳に成ったオレは小学校に入学した

A 「 ww

B 「 無事、入学した

A 「 いや、大体普通みんな
   無事、入学するからw


B 「 もうカラオケ行かネ?

A 「 ww ハジバナはどう成ったのよ…w

B 「 小学校に無事入学しただろ?

A 「 うん、で?

B 「 ソレで終わりだよ

A 「 ほとんど 『 旅の内容 』 が
   語られて無かったんだけど…ww


B 「 ハジバナだよ

A 「 ワカッタから、もぅ…w


*******************

A 【 この 『 酔っ払い 』 が…w

*******************


A 「 じゃもぅ、しょうがないなァ…
   今からすぐカラオケ行く?


B 「 おう、行こうゼ?
   オマエの為にっていう
   とっておきの曲があるんだよ


A 「 本当に?

B 「 こうこう曲だよ

A 「 交響曲こうきょうきょくでしょ?w

B 「 そう、ソレソレソレ

A 「 カラオケでどうやってやるのよ…w

B 「 こうこう曲、ジェームズ・シアード 第一楽章 7番

A 「 本当にあるの? そんな曲… ( 苦笑 )

B 「 あると言えば、ある

A 「 じゃ、無いと言えば?ww

B 「 無いかもしれない

A 「 じゃ、無いんじゃないのよww


*******************

A 〔 ホントに、この 『 酔っ払い 』 が…w
   とか、そんなコトを思いながらw

   とりあえず、そんな感じで
   酔っ払いに酔っ払ったサトナカ君と
   彼のバイト先である
   カラオケ屋さんにやってきました♪

   サトナカ君は 『 バイトの人達 』 と
   なにやらやりとりをしている様子

   空いている部屋があるので
   使わせて貰えるみたいです


*******************


A 「 本当にイイの?
   タダで使っちゃえるっていうコト?


B 「 あァ、いっつもこんな感じだよ


*******************

A 〔 お店に着くまでに
   少し酔いがめてくれたらしく
   ようやく少し、ちゃんとハナシが
   出来るように成って来ているサトナカ君です…w


*******************


B 「 さすがに酒とか食いモンとかまで
   タダっていうワケには行かネェから
   チョット買ってくるわ


A 「 ぇ? ど、どういうコト?

B 「 オマエ、適当に何か歌ってろよ
   10分くらいで戻ってくっからよ


A 「 わ、ワカッタ…


*******************

A 〔 そんな感じで、お酒、と食べ物を
   適当に色々と買って来てくれました

   い、イイのかな…? 本当に…
   とか、チョットそんな風にも思ったけど…

   せっかく、二人に成れたので
   チョット甘えてご馳走に成っちゃうコトにしました♪


*******************


A 「 みんな、イイ人そうだネ?

B 「 おう、イイ人っていうか
   やっぱ、ココの店がそんな感じだからな
   他のヤツもよ? 夜中フラッとやってきて
   空いている部屋で
   歌って行ったり良くしているんだゼ?


A 「 そうなんだ…
   店長さんとか何も言わないの?


B 「 あァ…、なんだろうなァ?
   ココって、そういうの言う社員 居ないんだよなァ…


A 「 イイなァ、なんか… じゃ、ホントに…
   歌っちゃってイイのかな…


B 「 おう、イイよ、なんだよ
   オマエ、待っているあいだ
   歌っていなかったのかよ?


A 「 ぅ、ぅん…、だって……
   なんか…、ホントにイイのかな? って思っちゃって…


B 「 オマエって相変わらずだな?

A 「 そ、そう? なにが…?

B 「 自己主張みたいなの、全然しないよな?
   まァ、ソレがオマエの
   モテる理由なのかもしれないけどよ


A 「 ん? そ、そうなの……?

B 「 まったく、ミナミ の野郎は
   なんで、こんなイイ娘を……


A 「 …………

B 「 って、そのハナシはヤメとくか
   湿っぽくなってもしょうがネェからな


A 「 ぅ、ぅん……


*******************

A 【 一応、ハナシたいとは想うんだけど…
   『 別れた理由 』 を言っちゃうと……

   『 サトナカ君のコトが… 』 だからな…… ( 苦笑 )w


*******************


A 「 交響曲こうきょうきょく 聞かせてよw

B 「 ぇ?

A 「 さっき、言ってたじゃん?w
   交響曲こうきょうきょく 歌うって


B 「 オレ、言ってたの? そんなコト


*******************

A 【 どうやら、酔っ払っていて
   憶えて居ないようです… ( 苦笑 )w


*******************


A 「 イイよ、じゃ、もぅ…w
   普通に歌おう?♪


B 「 おう! まず何からいっかな?


*******************

A 〔 そのあと、サトナカ君の
   買って来てくれた、お酒を飲んだり
   カラオケをしたりで二時間ほど過ごして…
   なんとなく一段落したので

   ユックリとおしゃべりを始めました…


*******************


B 「 オマエが、また大学生の頃みたいに
   自由に遊べる時間が増えたら
   ココとか色んなトコにしょっちゅう行けるのにな?


A 「 ぇ?

B 「 いゃ、まァ、オレ個人の願望なんだけどサ

A 「 さっき言っていた 『 協定 』 っていうの…

B 「 ぇ? あァ、抜け駆ぬ がけして
   オマエに 『 告白 』 をしないっていうヤツ?


A 「 そう、ソレ……

B 「 ソレが、なに?

A 「 その 『 協定 』 の中に
   サトナカ君も… 入っていたの…?


B 「 ………… ぇっ!?

A 「 あのネ?

B 「 お、おぅ、なんだよ急に改まって…

A 「 ミナミ君 と別れた理由……

B 「 お、おぉぉっぉぉぉ、な、なんだよ
   話す気に成ったか? イキナリ


A 「 …………

B 「 いゃ、でも無理すんなよな?
   まだ気持ちの整理が付いていないなら
   またあとで気が変わるっていうようなコトも
   あるかもしれないゾ?


A 「 そう…、優しいよネ?
   サトナカ君って、ふとしたときに…


B 「 なんだよオマエ急に… ワカッタ、聞いてやるよ
   話すと楽に成るっていうコトもあったりするからな


A 「 うん…、アリガト……

B 「 んで? 何があったんだ? アイツと…

A 「 ぅん、えっとネ…

B 「 おぅ

A 「 『 別れよう 』 って言い出したのは…
   アタシの方からなの……


B 「 んあ゛? マジで?

A 「 ぅ、ぅん……

B 「 オマエから? オマエが…
   っていうか、なんでだったんだ?


A 「 …………

B 「 …… オマエから言ったっていうのは
   意外だったな……


A 「 そ、そう……?

B 「 ぅん…、オマエって
   誰かと付き合ったりとかしたら
   その人に一途いちずに成るタイプって感じだったからよ…


A 「 そ、そういう風に、見えているんだ…
   アタシって……


B 「 ぅん…、さっきも言っていたけどよ?
   オマエ 『 自己主張 』 とかしないで
   トコトン人に 『 合わせてくれるタイプ 』 って感じだからよ?


A 「 そ、そっか……

B 「 別れる 『 切っ掛け 』 はなんだったんだ?

A 「 …… そ、そうだよネ…
   ソレを言わないと、伝わらないよネ……


B 「 まァな? 無理に話せとはモチロン言わネェけど…
   せっかくだから、全部聞きてぇな、ココまで来たら…


A 「 …… 驚かないで聞いてくれる……?

B 「 んあ゛? あ、あァ…、ワカッタ……
   でも 『 実はアタシはオトコなんです 』 とか言われたら
   チョット驚いちまうかもしれネェけどw


A 「 そっ、そんなコト言わないよ…w
   オンナの子だよ? アタシは… 武士でも無いし…w


B 「 オマエ 『 武士 』 じゃネェのかよ

A 「 違うって言っているでしょ?w

B 「 なんだよ…、武士じゃネェのかよ……

A 「 なんで、ソコで残念がるのよ…
   アタシが 『 武士 』 なワケ無いでしょ?w


B 「 『 武士 』 でも無い 『 オトコ 』 でも無いって成ると
   残された選択肢は 『 カレーハウスの店長 』 くらいに成るゾ?


A 「 なんなのよ? ソレ……w
   普通に 『 オンナの子 』 って
   選択肢も入れて置いてよ…w


B 「 ワカッタよ、まァ、じゃオマエは
   普通のオンナの子なんだな? ワカッタ
   じゃ、大抵たいていのコトでは驚かネェよ


A 「 ソレ、あの、どういう 『 世界観 』 なの…?w
   いつかちゃんと聞かせてくれないと
   到底とうてい 理解出来ないんだけど…w


B 「 まァ、イイよ驚かネェって約束するから話せよ

A 「 ぅ、ぅん……

B 「 で、何があったんだ?

A 「 好きな人が居るって… 気づいちゃったの……

B 「 んあ゛? ミナミ のヤツ、浮気をしていたのかっ?

A 「 ぇ? いゃ、あの、そっ、そうじゃなくて…… ( 汗 )

B 「 ん? 『 好きな人 』 がってのは、じゃあその……

A 「 ぅん…、アタシ…… が、って、コト……

B 「 っ!?

A 「 やっ、やっぱり驚かせちゃった……?

B 「 いゃっ、うぇあっ、いやっ!
   ベイベー、イェー、チェケラッチョっ!


A 「 何、言ってんの?w

B 「 いゃ、チョット自分を落ち着かせる為にな…… ( 汗 )

A 「 そんなコトを言うと落ち着くの……?ww

B 「 うん

A 「 どういう 『 つくり 』 をしているの?
   サトナカ君ってホントに……w


B 「 『 チェケラッチョ 』 って言うと落ち着く つくり かな…

A 「 ソレ、ホントわかんないんだけど……w
   『 世界観 』 が独特過ぎて……w


B 「 まァ、イイよ落ち着いたよ
   オマエがじゃあ 『 他の誰か 』 のコトが…
   って、いうコトか……


A 「 ぅ、ぅん… そう……

B 「 ふぅ~~ん、まァ、でもしょうがネェんじゃネェかな?
   ソレは… 人の心に 『 くさり 』 は掛けられネェしよ


A 「 ぅ、ぅん……

B 「 そっか、でも、まァなんか、チョット安心したよ

A 「 ぇ? な、なんで…?

B 「 いや、ミナミ のヤツが何か 『 勝手なコト 』 をして
   オマエが傷ついて別れたってんなら
   一回、文句言いに行ってやらネェとって
   思っていたんだけどよ


A 「 ぅ、ぅん……

B 「 オマエから 『 別れよう 』 って言ったっていうコトは…
   傷ついてんのは ミナミ の方ってコトに成るワケだろ?
   一回、酒瓶さけびんでも持ってアイツんトコ行ってくるわ


A 「 …………

B 「 ま、オマエも気にすんなよ
   『 悪いコト 』 したっていうワケじゃネェんだし
   自分に正直に、ソレに 『 本当に好き 』 って
   想っている相手じゃないんなら
   無理して付き合う方が
   もっと相手を傷つけちまうってコトにも
   成っちまったりするからな


A 「 …… あ、アリガト……
   ホントに… 優しいよネ… サトナカ君、って……


B 「 ったく、しょうがネェなァ?
   オマエら…、せっかく モテモテのオマエ を
   射止いとめたってんで
   ミナミ は、みんなから羨ましがられていたのによ


A 「 …………

B 「 まァ、気にすんな
   でも良かったよ、ちゃんと、何ていうか
   その… 『 理由 』 が聞けてよ?


A 「 ぅ、ぅん…、アリガ… ト……

B 「 こう成ったら意地でも
   オマエを 『 スキー 』 に連れて行かネェとな?


A 「 ぇ? な、なんで? ( 苦笑 )

B 「 新しく 『 好きな人 』 が出来たにせよよ?
   まだ、ソイツと付き合えているって
   いうワケじゃネェんだろ?


A 「 ぅ、ぅん……

B 「 じゃあ、やっぱ 『 失恋 』 したっちゃァ
   『 失恋 』 したコトには変わりはネェんだ
   なんか 『 気晴らし 』 とかした方がイイだろ?


A 「 ぅ、ぅん… そうだよ、ネ……

B 「 よっしゃ! 酒が残り少なく成ってきたけど
   『 気晴らし 』 の前哨戦ぜんしょうせんだ!
   あと 1時間くらいノンストップで歌いまくるゾっ!


A 「 ぅ、ぅん…♪w

B 「 お互い10曲くらいは歌いてぇな?
   間奏かんそうが長いヤツは出来るだけ無しな?


A 「 ぅん、ワカッタ♪


*******************

A 〔 と、そんな感じで
   残り、と、いうか 1時間くらいサトナカ君と
   思いっきりカラオケをして楽しんでから
   充分、満足して 『 バイトの方達 』 にお礼を言って
   お店を出ました♪


*******************


A 「 今日 居た人達と行くの?

B 「 ん? なにがだ?

A 「 『 スキー旅行 』

B 「 お、行く気に成ったか?

A 「 うん♪

B 「 そうだな、フジシロ と ヒロト と
   あと…、ナツミ も行くとか言っていたし
   全部で、7、8人くらいに成るかな


A 「 そっか、大勢だネ? 楽しみ♪

B 「 だな? その 『 好きな人 』 っていうのも
   連れて来てイイゾ?


A 「 ぇ? ぅ、ぅん……


*******************

A 【 連れて来てもイイ、っていうか…
   サトナカ君… なんだけど……♪ ( 苦笑 )


*******************


A 「 多分、呼ばないと想う♪

B 「 そっか、ま、自由にしてくれ

A 「 ぅん♪


*******************

A 【 呼ばなくても来てくれるから… ネ…♪w

*******************


B 「 じゃな? あんまりクヨクヨすんなよな
   ミナミ のコトはオレに任せとけ
   酒持って押し掛けてって
   元気付けに行って来てやるからよ


A 「 ワカッタ♪
   ホント、アリガト… サトナカ君って……


B 「 ん? なんだ?

A 「 うぅぅん、なんでもない♪

B 「 おぉぉぉ

A 「 なに?w

B 「 いゃ、なんか 『 オンナの子 』 の
   『 なんでもない♪ 』 って言うのって
   カワイイなって想ってよ


A 「 ww

B 「 オマエが 『 武士 』 じゃ
   無いっていうのはワカッタよ


A 「 だから、当たり前でしょ?w
   大体、今の時代に 『 武士 』 なんて居ないからw


B 「 いやワカンネエぞ?

A 「 いゃ、ゼッタイ居ないからw

B 「 そっかw ま、そんじゃな
   時間あるとき、いつでも電話でもなんでもしてくれよ
   オレいつでも、時間空けられるからよ
   アソコのバイト融通ゆうずうきき捲くるから


A 「 ぅん、ワカッタ♪

B 「 久しぶりに モテモテのオマエ と
   タップリと遊べて楽しかったよ


A 「 アタシも、楽しかった♪

B 「 おぅ、じゃ、またな

A 「 うん♪


*******************

A 【 そう言って、サトナカ君と別れて
   家路いえじに着きました

   なんだか、凄く楽しかった…♪

   やっぱり、好きな人と二人で
   一杯 過ごせたから、かな…?♪

   『 本当に好き 』 って想える人…
   その人と 『 過ごせる時間 』 って
   スゴイなァって、改めて想いました…♪

   でも…、一杯一緒に居れたけど…

   結局、最後まで
   言えなかったです… まだ… ( 苦笑 )

   ただ 一言ひとこと… 『 好き 』 っていう…
   その… 一言ひとこと を 。。。♪




   END
ラブコメ系 ラブコメディ系 コメディ系 恋愛ドラマ系 社会人の話 ほのぼの系 少々恋愛ロマン系 少々モノローグ系 少々ヒロイン系 少々ハッピー系 少々ナレーション系 少々青春群像系 少々大人の恋系 少々大人の話系 同窓会系 居酒屋系 マイペースキャラ系w 少々ほのぼの系 ハッピー・ラブコメ系 少々ハイテンション系 少々日常会話風 少々日常の風景 少々日常のやりとり風 少々ナンセンス系w 少々超展開系w 少々友情ドラマ系 社会人 フリーター アルバイター コミカル系 カワイイ系 片想い?系 少々モノローグ進行系 少々かみ合わないやりとり場面ありw 少々日常ドラマ系 少々社会人の悩み系 少々濃いキャラ系w 少々シュール系w 少々コント系 ボケキャラ系w 少々キュート系 ラジオドラマ・声劇・ボイスドラマ用台本素材
掛け合い台本2人用 男1女1不問0 長編台本素材 二人芝居用台本系 寸劇系

関連記事

 

著作権使用フリーのオリジナルの、声劇やボイスドラマ・演劇など以外にも、是非マンガ、ゲーム、小説、ライトノベル等のシナリオやプロット案や劇中劇等にも使用していただきたい、短い掛け合い台本素材、短い声劇台本素材、短いボイスドラマ用台本素材、ナレーション素材や、朗読劇向け台本素材、朗読劇台本素材、ラジオドラマ用台本素材、一言セリフ素材、一人芝居用台本素材、ボイスサンプル用セリフ素材、 ボイスサンプル用台本素材、寸劇用台本素材、ナレーション練習用素材、他にも演劇練習、お芝居練習、声優さんの練習や演劇部活動・サークル活動・舞台・パフォーマンス等にも是非どんどん使っていただきたいエチュードお題、他にネットラジオや生放送等のスゴリーミング放送等で使っていただけるような質問お題や放送ネタお題等も作っています・デザインパターン素材・BGM素材や 効果音素材等も使っています、是非、声劇や舞台・演劇・お芝居やゲーム・マンガ・小説・ライトノベルなどなど、様々な用途に発想自由にどんどんご活用いただければ幸いです

 






















メニューテーブル
一言セリフ素材関連
ナレーションお題
エチュードお題関連
画像・背景
バナー素材関連
BGM素材・ジングル
効果音素材関連
ネットラジオや
生放送などの
ネタ関連
発想支援コンテンツ
 
 
話題とお題  
 
 
  サイトのコト
 などなど
利用規約
Q & A

素材や作品の
 使用例示